FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



ひらけゴマ!

昨日のブログの続きです。

ちょっと前まで、浄化(統合)はもっぱら並木さん方式を使っていました。

重いエネルギーを対象化したら、それを自分の前に持ち出して、(えらく重いものに関してはクレーンを使ってました ^^)地球の中心に送ると浄化され、本来のエネルギーとして宇宙の中心から帰ってくるという。

それが、浮上してきた重いエネルギーに気づいて浄化しようとした時、「これって、この人生で体験したかった事なのよね。。。」と思ったら、一瞬で消えてしまいました。。。

慌ててもう一度呼び出そうとしましたが、本当に無くなっちゃったらしく、呼び出せませんでした(^^;)

「ひらけゴマ」並みのシンプルさでびっくりですが、本当にこれだけ、なんです。

ふと「これって、この人生で体験したかったのよね。。。」と思っただけなのに、その瞬間にワーク完了で、何回やってもおんなじ。。。

地球や宇宙を持ち出さなくても、自分自身の中に、ブラックホール / ホワイトホールがあるようなものですね。全てはホログラムですから、宇宙に存在するものは、私たちの中にも存在しているでしょう。

勿論、ネガティブな感情が纏わりついた記憶に対し、聖なる死の次元から見た時と同様、本当に体験したかったことができて満足、という真実の実感が無いと難しいでしょう。

こんな風にエネルギーが急速に変わると体験も即変わってゆくので、ちょっと過激で、本当に面白いです。

この体験も是非経験してみたくて、このタイミングで地球に来たのでしょう。
宝くじ並みの倍率を、どうしてかくぐり抜けて、ですね☆

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


聖なる死の次元の流入

ここ最近一番強く感じる変化が、二元性の感覚がどんどん薄まっていることです。

母がこのタイミングで別次元に移行したのも、とても助けになりました。

今はもう落ち着いてきていて、お葬式前後ほどでは無いですが、聖なる死の次元と言ったらよいでしょうか、彼岸のエネルギーが此岸=日常に流れ込むことで、日常までが彼岸化するような感覚が続いていました。

その間に一層、この世的な二元性の感覚が失われ、全てが素晴らしい、全てがよい、というワンネスの感覚が優越するようになりました。

これは便利です。

浄化統合が、二元性から抜けきれないままだった頃とは比較にならないほど、楽になりました。

ネガティブなエネルギーや記憶に対して、全く拒絶感が無いため、単純に手放すことができます。

拒絶感は抵抗感なので、結局そのエネルギーに強くリンクし直してしまう可能性があります。

嫌い、こんなの要らない!、あっち行って、と思っても、そうした強い拒絶感は、対象とその関係にエネルギーを与えますから、ちっともあっちに行かないなんてこともね ^^

ネガティブでもポジティブでもなくて、ただ手放すタイミングなので手放す、みたいなニュートラルな状態なら、これが単純に手を離すだけなので、しこりません。

ほんと、びっくりするくらい手間がかからなくて早いんだわ、これが。

「死」と言うと、あれこれ余分な解釈がまとわりつきますが、要は、この世界で見ている夢を対象化して、端正な距離感でもって起こっていることを見るのを可能にしてくれる、永遠の生命の世界です。

本来私たちすべてが、この二重の世界を同時に生きているはずなのに、この物質界があまりに強烈な感覚に満ちているため、対となっているもう一つの世界を完全に忘れてしまう。。。

それで一層物質界の体験を濃厚に出来ますが、その偏った世界という牢獄に繋がれた囚人だと信じ込み、本来の自由を見失ってドロドロに苦しんだりもします。

そして、それもまた得難く貴重で意義深いことです。
永遠の生命から見れば。。。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


苦痛への執着

悲しみや苦しみに対して執着するのは、どMだけだと思いますか?

おそらく、多くの人が、無意識にネガティブなエネルギーや、経験に対する執着を持っています。感情をひどく揺さぶるようなドラマが、毎日テレビや映画館で繰り返し見られていたりする理由の一つがこれでしょう。

軽やかで、何が起こっても宇宙への信頼から堅固に安定している前向きな精神に満ち、感動や喜びはあっても、ネガティブな深い感情に裏打ちされた深い深い喜びや感動とは、比較にならないほど淡い感情しか体験できない。。。

明るくて晴れ晴れとして、胸をえぐるような苦しみやドラマはどこを探しても無い、淡々と進んでゆく調和に満ちた世界。。。どこまでも清々していて、淀みのようなものは勿論、陰影のかけらも無い。。。

忘れちゃった?
そういう世界にいたこと?

死にたくなるほど苦しいことが多かった半生でも、私がこの地球にわざわざ来て、それが本当に経験したかった事だというのが、今になって実感としてよくわかります。

散々やって満足したというより、もう懲りたわあ、と思っていた筈なのに、昨日のブログのような事があると、まだ多少の執着が残っているのがわかっちゃったりして…。

苦しみや悲しみにも純粋なものがあり、それはとても美しく、ネガティブでも濃い感情を体験することには、官能的と言ってよいような満足感というか、蠱惑的な魅力があります。

実際、続けたかったら、古い地球もまだ十分機能しているので続けることもできます!

それでも、世界のエネルギーが怒涛の勢いでポジティブに向かっている時に、ネガティブ側へ渡留まろうとするのは摩擦がひどくて消耗して大変でしょ? 

旧いエネルギーは手放すのが、やはり自然の流れなのだと思います。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


新しい調べ

昨日、ふと外出先でバーバーの「弦楽のためのアダージョ」を耳にしました。

ケネディ大統領の葬礼に使われたり、映画「プラトーン」にも流れていた哀切な曲です。

これ、2003年に生きるか死ぬかみたいなことをやっていた最中、ロンドン行きの飛行機の中で聴いていました。

ヒースロー近くに差し掛かって飛行機が高度を落とし、美しい田舎町と田園風景を眺めながら、インフライトエンターテイメントで流れていたのを聴いていて、涙が止まらず、止めようもなくて途方にくれたまま、声を殺してボロボロ泣いているのを、フライトアテンダントの女性が気遣わしげに見ていましたっけ。。。

とても美しい調べです。

どうにもならない宿命に首を締められて、虚しく死ぬのを受け入れるしかない、どんなにあがいても光には手が届かず、死んだ後にしか希望はないのかもしれないみたいな諦念と、その奥にある慟哭のような悲しみが、透明感のある美しい響きとなっています。

昨日、ものすごく久しぶりにその、美しいけれども重くて悲しい調べを聴いて、ハッとしました。

もうこのエネルギーにはシンクロしない、というか、できなくなりつつある、と。

今、自然にシンクロするのは、ちょっと前にアップした「ハールリキーア」のような軽くて力に満ちたエネルギーです。

無力感や悲しみ、怒りや苦悩でいっぱいで、重く不自由だった古い地球特有のエネルギーが変わりつつある、というよりも、全く別の周波数帯が確固として存在している時に、どちらを選ぶかで即自分自身の世界が変わります。

以前は、その新しい周波数帯が不安定だったか、私が慣れていなかったのか、自分の意志次第で選択できると繰り返し教えられ、一応理解していても、なかなかうまくできませんでした。

でも、ここに来てそれがクリアーになり始め、やはり世界自体のエネルギーがものすごく変わったことを実感します。

バーバーの「アダージョ」はとても好きな曲なので、「ああ、もうこのエネルギーともお別れしなければならない」と思った時には、軽い執着を感じました。

素晴らしく美しい、でももうその周波数帯で私は生きたくない。辛過ぎるから。

それでも、宇宙全体からするときわめて稀な、重くて地獄のように苦しい周波数帯を、この体と人生を通して体験できたことを大変貴重だと感じます。

だから、「有り難う」を言って、そっと手を離そうと思います。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


15日(土)午後1時よりギャザリング開催です☆

今週末土曜日開催のギャザリングのお知らせです!
最後のギャザリングになります。

時間  午後1時〜4時
場所  川崎市アートセンター3階研修室
参加費 4000円

いつものエネルギー調整をして、たっぷり瞑想をした後、ご一緒に光のワークを致しましょう。

その後は、最後ですので、ご質問にお答えする形で、必要であれば追加のワークなども致します。

今現在の自分自身の状態を把握する誘導瞑想も用意してゆきますが、時間があれば、笑いヨガも、などと考えています。

オラクルカードは、どのデッキにするか読んで決めますので、お楽しみに!

ご参加のお申し込みは、前日14日(金)までに
mirusclub@gmail.com
宛にお願い致します。

最後になりますが、初めての方もどうぞご参加ください。大歓迎です。

  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -