フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



緑の恵み

手入れを怠ったために弱ったり、薮のようになっていた鉢植えの植え替えを、昨日していただきました。

これ、実は、あれこれ有難いシンクロが重なって実現したんです。

煉獄期間とそれに引き続く後遺症で体調もひどいし、気持ちにも余裕が無く、傷んだ枝を切ったり、水遣りを辛うじてするくらいで、年単位で放置せざるを得なかった植物家族をどうにかしなければ、とずっと思っていて、巨大化してしまった人たち(日当たり&風通し良すぎな部屋… )は自力では無理かも…と頭と抱えていました。

それが、ひょんな事からご一緒した方が植栽のプロで、トントン拍子で話が決まり、とてつもなくお安い手間賃で来ていただける事になりました。

それでも、まだ気掛かりが。。。

風です。

このウチは、一種住専地域のマンションなので、最上階でも3階ですが、前が駅までど〜〜〜んと下っていて、南から風が吹くと、高層マンション並みの風当たりになります。

そんでもって、最近は風が強くて、お洗濯物ですら外に干せないような日も多く、ベランダで作業をしていただくのに大丈夫ですかね。。。と。

最初お約束した日は強風の予報が出たので延期しましたが、昨日もお昼からすごい風の予報が出ていたものの、早く来ていただけたので、作業中は全く問題なし!

バリで購入したプンゴセカン派の花鳥図風なお気に入りの絵の下を、絵とリンクさせてちょっと熱帯っぽい雰囲気のグリーンコーナーにしていましたが、伸び放題で姿形がすっかり乱れ、見苦しくなっていました。

それが、緑の指をお持ちのプロに素晴らしく仕立て直していただけたので、元のアレンジよりも美しく収まりました。

これを書きながらもチラチラ見て、ニンマリしています。

お世話をしていただいた方のお話では、全部が全部、植え替えしなければならないギリギリの時期に来ていたとのこと。。。

こんな風に宇宙は、必要な助けを、タイミングを外さずにちゃんと恵んでくれるのですね。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


おめでとう、Miriam & Allen !!!

先月の21日、Mがロスで華やかな結婚式を挙げました。

私も招待を受け、勿論行きたい気持ち満々だったのですが、行くのならそろそろ準備を始めなきゃ、の段階で、父の健康状態というか精神状態がひどく不安定になり…親子ですからね〜、彼も神経系は脆弱で、この春の乱気流でしたから、自律神経の誤作動だったと思います。

「それは神経系のトラブルで、肉体の問題じゃないから、私もそんなんで絶不調だから心配ないです!」といくら言ってもダメで、夜中に大学病院の夜間外来に付き合ったりと、そういう時でしたから、命綱だと固く信じている娘がそんな遠い所にとんでもない!と予想通りパニックを起こしかけたので、あっさり諦めました。

でも、自分自身もそんなんで絶不調が全く収まらず、父のコンディションで諦めたものの、それで良かったようでした。

彼女が早速写真集のリンクを送ってくれて、それはもう素晴らしく美しくて華やかで、喜びや幸せのエネルギーが弾けるようでした。

実は、肉体での参列が叶わなかったので、エネルギー体で参加して、その際もすっごく楽しいお祝いのエネルギーが満ち溢れているのを感じましたが、写真にもその同じエネルギーが写り込んでいました。

新婦は69歳、新郎は71歳です!

Mは小柄なので、シンプルで可愛らしいウェディングドレスがとてもよく似合っていました。長身のがっしりした新郎のAはおしゃれなスーツがぴったりで、映画俳優のようなダンディさでした。Mはさぞかし満足だったことでしょう(そのうちたっぷり惚気を聞かされるはず… ^^)

ほんと、歳ってあんまり関係ないな…とつくづく思います。

Mの幸せのエネルギーをもらって、私も気分が上がるようです。
深いところで人生をシェアできるお友達というのは、本当にかけがえがなく、有難いものですね。。。

表面的な付き合いなら、「まあ、おめでとう!」でお終いでしょうが、今までの彼女の長い旅路を聞かせてもらっていますから、心底嬉しい気持ちになります。

Mは絶望したり自暴自棄気味になることもありましたが、決して諦めず、穏やかな晩年を共にする夢のパートナーを手に入れました。Aは「自分のことなど誰も愛してくれない」と思い込んで、長年の孤独を耐えた後、最高の女性と出会い、正式に結婚しました。

真実お似合いの二人で、彼と付き合い始めてすぐに、「あ、とうとう彼女は本物に出会ったに違いない」と感じましたが、本当にその通りでした。

これからまた一段と深く愛し合い、支え合って、その調和と喜びのエネルギーで、私たち周囲も幸せにしてくれるに違いありません♡

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


こんな事で…

先日、百合ヶ丘で午前午後と2件ほどあった用事の間が予想外に空いてしまい、ランチを食べてもまだ時間が余っているので、近くのごく小さな公園に行ってみました。

団地の中にある、本当に何のフリルも無い、子供用遊具が少しとベンチ、昔風の植栽があるだけのいたってイケていない、退屈を絵に描いたような公園です。

幸い木陰のベンチが空いていて、瞑想でもするか、とそこに腰をおろしてみると…

わあ、気持ちいい。。。

本を持っていたので、それを読んでもよかったのですが、あまりに気持ちがよくて、そのまま1時間近くぼーっとしていました。

珍しく風の無い穏やかな日で、戸外に長時間いても快適だったし、小さくても自然のエネルギーが元気で、もしかすると風水的にもエネルギーの高い場所だったのかもしれません。

最初、時間が空きすぎる事に気付いた時点で、ランチの後はカフェにでも、と思っていたのですが、お昼をいただいたお店のサービスのお茶が美味しくてお代わりをしたため、もうお茶は充分。。。

それで致し方なく公園…と思ったのですが、ちょっとした衝撃でした。

本当に何も特別なものは無い、勿論費用はただで、何という満たされ方だったでしょう。。。

慢性疲労がまだ相当残っているらしく、この春の激しすぎる季節の変わり目ストレス、T土星のN金星に対するプレッシャーなども加わっているのか、神経系の誤作動が激しかったりすると、旅行か何か特別な事でもしないとダメかな、などと考えたりします。

それでもこんなに調子が悪いと、旅行などという、両親やらミルスやらあれこれ高いハードルをクリアーすることを考えるだに億劫で、モチベーションが全く上がりません。

でも!

何でよ…

さえない児童公園でまったり、それだけでこんなに幸せになれるって…(@@)

ちょっと気分がいいな、くらいじゃなかったんです。
心底解放された感じがして、満足で幸せでした。

常々、何かがしたいとか欲しいじゃなくて、
ただ清々として晴れ晴れとした気分で生きていたい、とよく思います。

特に神経系の誤作動で、ストレスが無くても、まるで強度のストレス下にあるような反応が出ている時は、絶叫するようにそう思います。

外側は本当にどうでもいいんです。
ただ、内側に輝く太陽が、顔を出していてくれさえすれば。。。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


歳をとると…

日本では、若さというより、この齢になってみると、子供じゃないの?というような年齢層がもてはやされる傾向が異様に強くて、そういう私自身も多かれ少なかれ影響されています。

でも、今と昔とどっちがいいか、と言われれば、今の方がいいです!
絶対今の方がよくて、ほんの少し前にでも戻りたくはありません。

これは多分人それぞれで、愛情に恵まれて楽しいことの多い幼年時代や青春時代を送った方たちには、また違った思いがあることでしょう。

以前研究対象だった吉田健一は、「若い頃というのは悲惨過ぎて、余生に入ってからの方がどれだけましか知れない」と書いています。彼の研究を始めたのは30歳近くになってからですが、その頃でも、全くその通り!と思っていました。

戦後長く首相を務めた吉田茂の長男で、そのプレッシャーたるや私の比ではなく、弱音なんか死んでも吐かないプライドの陰で、どれほど辛かったかと思います。

最近びっくりしたのが、滅多に映画は見ないのですが、「ペンタゴン・ペーパーズ」を見たくて映画館に行ったら、55歳以上はシニア割引だと書いてあった。。。

あれま〜シニア!?(@@)

でもいいわねえ!!
1800円の鑑賞券が1100円でした〜\(^o^)/

「ペンタゴン・ペーパーズ」を見たいと思ったのは、実話なのと、主演の二人が好きな女優・俳優さんだったからです。

メリル・ストリープって、もう70歳近くなるのに…
いつ見ても本当に品が良くて綺麗〜 (#^.^#)

彼女は整形しない主義だそうで、整形する方がフツーなハリウッドでは珍しいそうです。自分のありのままを愛して受け入れていること、そして私生活が穏やかで充実していることも、彼女の美貌に寄与しているに違いありません。

しかも、若い頃の写真を見ると、どこにでもいるようなただの美人なのに、中年を過ぎると、どこから見てもメリル・ストリープという個性がくっきりはっきりして、彼女にしかない抜群の魅力が輝いているよう。。。

「ペンタゴン・ペーパーズ」では、背水の陣のような厳しい状況で、役員たちの反対を押し切って自分自身の決断を下し、その結果新聞社と報道の自由を守ることに成功した社主を演じていました。

夫の自殺で思いがけず社主となったものの、おどおどとして自信の無さ丸出しだった女性が、「この会社は父のものでもなく、夫のものでもなく、私のものです。そう思えない役員は要りません」と啖呵を切って自分の意思を通した場面は印象鮮やかで、あれこれの葛藤を乗り越えた主人公の精神的な軌跡が魅力的でした。

また、投獄覚悟で、戦争を止めるために機密書類を公にする志を貫いた人々の誠も心に触れました。

いつの時代でも、どこの国にもこうした人たちがいて、全く歴史には残らず、永遠に人目に触れることが無くても、その誠は、人間という種の中に受け継がれているのだと思います。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


幸せ

あまりにも人生ゲームが面白すぎて(--;)、ネットゲームなどはしませんが、時々おバカな心理テストや占いで遊びます。

当たっても当たらなくてもおかしくて、結構笑えるので好きです。

「行動ルーレット」なる、その日すると良い行動が示されるというものを試した時は、あまりに馬鹿げていて大笑いしました。

スルスルと回るルーレットを止めると

どこで
どのように
何をするか

が示されるのですが、
この時に出たのが

どこで=知人の前で
どのように=全力で叫ぶ
何をする=嫌いな人の名前を

\(^o^)/

んな、バカな…(爆www)

ひとしきり受けて笑った後、ふと気づきました。

ん?いない…

嫌いな人がいません!

合わない人たちというのはいて、相互利益のために離れていましょう、ということはあっても、「嫌い」のレベルじゃありません。まあ、人間関係が限定されているからかもしれませんが。。。

逆に「好きな人の名前を叫べ」と言われれば、あの人も、この人も、この鳥も…とすぐに名前が浮かびます。あ、肉体着用組じゃなければ、もっと増える。。。いつも超元気な、あの目のおっきな灰色の人とか。。。

この春の乱気流やら星の配置やらで、神経系の不調が出て参っているので、気づかなかったけれど、もしかしたらえらく恵まれているのかもしれません。体、動かないけどね。。。(;;)

あ、一か八かのルーレットやってみたい人、サイトはこちらです(^^)

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

7月度 ご予約受付中!
1日(日)  13時〜16時

8月度
4日(土)  13時〜16時

9月度
1日(土)  13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

7月度 ご予約受付中!
14日(土) 13時〜16時

8月度
18日(土) 13時〜16時

9月度
15日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

対面は原則としてMirus Club月例会後、スカイプの日時につきましては、ご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30