フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



かさぶたは剥がさない方が。。。

先日、友人とお茶をしていて、びっくりするようなシンクロがありました。

ここ2年ほど、それぞれ大変な変容期間を過ごして、それが抜けたのも同じ昨年末というシンクロは既に知っていましたが、今回のはその後のこと。。。

彼女はご両親の介護とその周辺のものすごく大変なあれこれでダウン寸前というか、ほとんどダウンしながら、フルタイムの仕事も休職せずに何とか乗り越え、今は必要な休養ができるようになりました。

それで一月ほど前に、その2年間の介護日記を再読し始めたところが、まるでかさぶたを剥がしたら、血がどくどく流れるような具合で、完全にクラッシュして復旧に数日要したそうです。

でもね〜、これ、私もやったんです。
全く同じことを同じ時期に(@@;)

言葉の誇張ではなく、本当に凄まじい変容期間でした。

小説じみた突飛な経験もたくさんしましたし、霊的な途轍もない体験もありました。

あまりに大変であまりに豊かで、数ヶ月経って、一体私は何を経験したのだろうと思い、おさらいをして整理したかったのです。

ところが、夢を含めてかなり詳細な日記を読み返しはじめたところが、どんどんエネルギーが落ち、心がひどく苦しみ始めて、今はまだ無理だったんだ、とびっくりして止めました。

が、後の祭。。。
私も復旧に何日かかかりました。

二人で納得したのは、2年かそこらでもこんなに苦しんでしまうと、それがトラウマレベルになってしまい、これが癒えるのにはまだ随分時間がかかる、ということです。

かさぶたが元のきれいな皮膚になるまで、無理なことはしないで、休めるだけ休んで養生しましょうね、と言って彼女はバスに乗り、私は電車に乗って帰ってきました。

ほんと、ここは五次元の入り口でも、何でも時間がかかるわあ。。。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


白龍の愛

先日、心底リラックスしながらお風呂に入っていて、瞑想モードに入った途端、チームミルスの白龍とつながりました。

地球時間換算で数千歳とのことですが、キャピキャピな少女のエネルギーで、人間で言えば、せいぜいが二十歳かそこらな感じなのですけれどね。

白いもふもふの体に、アクアマリンかブルートパーズのような大きな青い目が輝く、ものすご〜〜〜く美しい龍です。

彼女とつながったのは久しぶりだったのですが、あちらは年中私と一緒にいて、私と一緒に笑ったり泣いたりしているのだから、もっとつながってちょうだい!と言われてしまいました。

そう言われたってね、過労状態が続いた後で時々ひどくエネルギーが低迷する時に、よほどしっかりエネルギー調整したり、恩寵のような気分の良い瞬間を狙わなきゃ、高次のエネルギーには繋がれないんだってば。。。

などと話していて、ふと彼女が「あなたのことが大好きなんだから!」と。。。

そのエネルギーの入り方が特殊で、ハートにまっすぐドカン!と来るようなエネルギーでした。しかもただの愛情とは違う、純粋な無条件の愛であることが感じられました。

彼女はもちろんテレパシーでエネルギーを送っていますから、私が自分の脳にある語彙を使って翻訳しているだけで、「大好き」という言葉は、多分彼女のエネルギーを正確に翻訳できていません。「大好き」をはるかに超える天使の絶対的な愛を感じました。

彼女は、私のことは全てお見通しです。

あんまりひどく、しかも延々苦しんでいたりすると、チームミルスに「あんた達が自分で地上に降りてやって!あたしは引退させてもらう(`ω´ )」などと、ぶち切れてたりするのもみんな知っています。

私は自分を無条件に受け入れて愛せると思ってきましたが、彼女の眩しく強烈な光のような無条件の愛が入った時に、もしかして私のはまだ条件が残ってたりする?と気づきました。エネルギーが違いすぎるんです。

強い光に照らされると、小さな影も容赦なくあぶり出されるようで。。。

いやあ、まだまだだなあ。。。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


秘密の花園

神経系の不調で七転八倒していた時、それでも瞑想に入ってしまえば、少なくともその間はどうにかなるし、瞑想中のエネルギー補給で改善される可能性もあるので、なんとか入ろうとして呼吸に集中し始めても、状態が悪すぎてなかなか集中できない。。。

それでもなんとか〜!って、こんなに力が入ってたら逆効果だってば…と力を抜いたりして、などとえらく苦労してようやく入ってみれば…

やっぱり世界が変わったように、ラク〜  (*´v`)

心身が緩み、呼吸がほどけて、リラックスして…そのうち体の感覚も薄れてゆき、闇の中のチラチラしている動きも止まって、完全な静寂に包まれます。。。

ここは秘密の花園。

咲き乱れる花々は無くても、柔らかな花びらのような温みに包まれ、木々の緑や明るい陽光のような癒しのエネルギーに満ちています。

秘密の花園という語彙は、私がよく使う引き出しに入っているものでは無いので、多分ガイドが囁いてくれた言葉です。

左側から来たような記憶があるので、プレアデスのガイドかな。。。

秘密の花園は高い塀に囲まれてもいず、お高いチケットを買う必要もありません。

いつでもどこでも、行こうと思えば行ける。

でもねえ、ダイビングで水中に入る時の面倒さに似たものを感じるのは、別次元への敷居を跨ぐその億劫さかもしれません。

水中に入ってレギュレーターの呼吸に移行してしまえばなんでも無いし、瞑想も入ってしまえば気分いいんですけどね。。。

それでも、あんまりひどい状態が続く時なんかは、疲れすぎてお手上げです。

「あんた瞑想のプロだろ!」とマインドだか誰だかが言うのを無視して、口に薬を放り込んだりすることもありますが、できれば副作用一切なしの瞑想だけで、人生何とかしたいものです。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


勝ち負け

勝ち組負け組なる表現、最近あまり目にしなくなったような気がしますが、それは私の周りだけ?

エネルギー的に言えば、同語反復のようなもので、勝ち負けという判断のパラダイムにいる限り、どっちの極にいようが、同じことです。

戦争に勝者がいないのと同じで、勝ち負けという判断基準で生きる限り、勝っていても、負けからは逃がれられません。

永遠に勝ち続けるのは不可能で、負ける日を先延ばしにするために、どれだけの犠牲が払われるでしょう?

五輪四連覇の水泳選手マイケル・フェルプスは、五輪が終わるたびに重い不調に見舞われ、アルコールや薬物への依存を経験しました。ひどいうつ病だったそうです。(CNN.co.jp : フェルプス、うつ病との闘いを語る「命を断たなくてよかった」

その後、マレーシアの奥地で未知の言語が採集されたというニュース(マレーシアで未知の言語発見 AFPBB News)も読みました。

言語は、その言葉を使う人々の文化、価値観をもろに反映しますので、分析すれば、どのような生活がなされているのかがよくわかります。

この話者わずか280人という未知の言語を分析したところが、男女差別が無く、暴力もほとんど無い、さらに子供たちには「競争しない」ことが奨励される文化であることがわかりました。

古来から、そして今もなお、勝ち負けが相変わらず幅をきかせているような地上にも、このような暮らしが既に存在していたという事実は、改めて人間の持つ可能性の幅を思い知らせてくれるようです。

選挙などというシステムが本来不要な場で、売り上げのためでも何でも、順位をつけて、メンタルの専門家を雇う羽目になっても、人を物並みに扱って尊厳を著しく傷つけていることに気づかない、そんな不感症社会への解毒剤のような気がしました。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


カード・リーディング

カード・リーディングと言えば、普通はタロットや、オラクル・カードを使っての質問に答える形のリーディングを指します。

今日のブログは、先日の永珠さんの会で初めてしてみて、わお!だったカード自体を伏せておいて、それを透視するというリーディングについて、です。

物質を透視する訓練は殆ど受けていないのと、必要が無いのとで、今までスルーしていました。

先日の初体験がえらく面白くて、しかも、エネルギー・リーディングの応用だとわかった事で、あ、これならできるかも。。。と昨夜、自分でやってみました。

絵を肉眼で見るように見るのではなく、そのカードの象意(本質)をエネルギーとして読めばいい、というなら、いつもやっていることです。

毎日のように使っているお気に入りのル・ノルマンを1枚引いて伏せたまま目の前に置き、さてね。。。とエネルギーを読んでみました。

36枚ですから、タロットの大アルカナよりも枚数は多くても、一枚一枚の象徴はずっと単純なので、ズバッとわかりやすい感じです。

スッと情報が入って来ました。

まず「安定」とか「安心」という言葉とともに、すご〜くどっしりとした強力なグラウンディング感。。。

「安心」なら「家」のカードかな、とマインドが考え始めようとするのを、すかさず「あ〜たの出番じゃありません!」とお引き取りを願って、そのどっしりずっしり来る感じに集中したら、今度は大地に何かが刺さるような、そしてがしっと掴むような感じと絵が見えました。

しかも最初に来た安心の感じは、アットホームなホワホワ感とは違い、もっと硬質な確実性のエネルギーで、あ、これは多分「錨」ね、と思ってカードをひっくり返してみると、はい、正解。

これ、訓練次第で誰でもできることですし、エネルギーを読むという能力は、そのうち読み書きパソコン並みに一般化される可能性は十分ありますから、楽しく遊びながら能力開発しとくのはオススメかもしれません☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

6月度 ご予約受付中!
9日(土)  13時〜16時

7月度
1日(日)  13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

5月度 ご予約受付中!
26日(土) 13時〜16時

6月度
23日(土) 13時〜16時

7月度
14日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

対面は原則としてMirus Club月例会後、スカイプの日時につきましては、ご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2018 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -