FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



時空を超える

昨日のキャサリンの記事で、あちら側に帰られた息子さんからの素晴らしい連絡方法について、ちょっと書きたくなりました。

私たちは本質的に多次元な存在なので、本来時間と空間に縛られていません。

ただし、この肉体、特に波動が十分に高くない重い密度では、肉体を脱いだ意識ほどの自由を享受できず、直線的な時間と空間を超えられません。

過去ログにも何回か書きましたが、実際に瞑想会などで、わざとタイミングをずらし、遠隔で参加したりすると、それがよくわかります。

リラックスして意識を解放し(敢えて瞑想とは言いませんが)、過去や未来に意識を飛ばして、そこでのことを体験することは可能なのです。

波動が高まり、意識のクリアーさ、自由度が上がれば、上がるほど、その体験はリアルに精密になるでしょう。

キャサリンの息子さんは肉体が無い意識なので、軽々と時間と空間の制約を乗り越えてしまいます。

愛する母が「あなたが存在するサインを送ってちょうだい」というのを聞いた時点で、過去へと飛び、自分のサングラスを消しておいて、数ヶ月後、誰でもが疑えないように、自分の命日ジャストに、そのサングラスを現象化させる…それは何でもないことだったに違いありません。

自分と世界の波動が、ガンガン上がってゆく時、これが肉体を脱いだ後まで待たなくても良いことがわかります。実際に生きて経験できる可能性すら、今はでてきました。

さあ、どうなるかしらね(^^)
 
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


変容の波に揉まれる時

2016、2017と丸々2年ほどをきつい浄化に費やした後、去年一年はその後遺症というか、保養と調整に費やしました。tashiさんも、去年一年えらくしんどい浄化でフラフラだったそうで(しばらくどうぞお大事に ^^)、今というタイミングで、とんでもない思いをしていらっしゃる方が多いのかもしれません。

常識的には、何を苦しんでいるのか理解されにくいので、こういう場があるのは本当に貴重です。

怒涛のような光に飲み込まれていて、今生だけじゃ話が済まず、別の転生なんかまで芋づる式に引っ張り出されてきたり、そうこうするうちに自律神経系までおかしくなり、もう訳がわからず苦しいのなんのって……

年単位でしっちゃかめっちゃかでしたけどね、なんとかなったわあ。。。

自分自身の浄化は、地球の浄化であり、世界の浄化です。

今まだ「どんだけ続くっ!?」と呻吟していても、どうぞトンネルの先に見えている光を無視しないでください。

光に融合するための光の洪水に揉まれている最中なのです。

それもきっと、そんなに長くは続かない。。。

複数のソースが、最終コーナーに差し掛かったと伝えてきています。今まで、あるいは今、ひどく苦しい大掃除中だとしたら、素晴らしい希望に向かっている証拠。

消耗戦になったら、一旦退却して再度チャレンジ。。。そのうちに、驚くほど楽になり、軽くなったご自分と人生に気づくでしょう。

だからね、どうか諦めずに、おきばりやす!(なんで京言葉かね ^^;)

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


憎しみの重荷を下ろす

憎しみや嫌悪のエネルギーは、それ自体が重く厄介で、保持者のエネルギー的な健康を損ないます。

一瞬、感情として込み上げるのは致し方なくても、それをいつまでも握りしめていて、ろくなことはありません。

さっさとお払い箱にするのが一番!

そして、それには鏡の法則がうってつけです。

大学院を出たか出ないか、という頃、母に先輩の方が優秀で認められているのではないかと、真顔で心配されたことがありました。

学部ですら、学年が上がると成績表がシンプルになってしまい、努力の成果が見えにくくなりますが、院ともなれば、成績表などというものは形だけ、論文の一発勝負みたいなところがあります。

母からすれば、私の努力がずらりと並ぶAや単位数で見えなくなって、不安になったのでしょうが、こちらはたまったものではありません。今ならバカバカし過ぎて、一瞬(@@)になって終わりですが、私も未熟もいいところだったのでトラウマになりました。

その時の、やりきれない怒りや悲しみ、苦痛は楔のように私のどこかに打ち込まれて、思い出すたびに、どんなにきちんと表現しても、こちらの気持ちをわかってもらえなかった他の思い出と一緒になって、ひどい痛みを感じました。

これがまあ、ごく最近まで生き残っていて、ふと思い出した途端、ひどい痛みや怒りが込み上げたので呆れました。

でもね、今の私には「鏡の法則」がある!
水戸のご老公様の紋章よろしく(^^)

母の不安は、私の内面の不安の鏡に過ぎません。
エネルギーの反映を理解するのは、えらく簡単でした。

母が比較した先輩に対しては何も感じていませんでしたが、どんだけ努力しても、天井すらよくわからない不安というのは、いつも感じていました。

そうして、母よろしく自分に対し無理解で、一生懸命やっていてそれで十分なのに、もっともっと、と自分自身に鞭打っていました。自分を愛していなかったんです。

これだよ〜。。。

と解けた途端、感情は大人しくなりました。

相手に非がある、というその思いが、非難や嫌悪、憎しみの感情に油を注ぎます。

「鏡の法則」で、そのエネルギー補給を絶ってしまえば、後の始末はずっと楽になります。ホントよお〜☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


自信と信頼

自信が無くてこれができない、あれができない、新しいことにチャレンジするのが怖い、というのはよく聞く話です。

自信は、時に倨傲や慢心につながり、ドツボにはまるきっかけになり得るので、あってもなくても良いような気がします。

私たちを本当に支えてくれるのは、自信じゃなくて、人生への信頼ではないでしょうか。

人生を丁寧に生き、起こっていることを意識の光で見る時、人生は必要な事を送ってくれていることに気づきます。

どんなにネガティブに見えても、どんなに辛くても、その中に輝く宝があることを信じて探せば、必ず見つかるし、それを自分自身を磨く糧とする事を繰り返しているうちには、人生への信頼が培われるでしょう。

何が起こっても、それは人生が送ってよこす恵みで、自分で経験するのを決めてきたことだから、と腹をくくる。。。

そうして、もがきながら、ガイドに愚痴を言いながらでも、乗り越えるべきことは乗り越えられるし、その乗り越えた体験が、また人生への信頼につながります。

実際、上には上がいる、下には下がいる時に、自信なんて、どれだけあてになるでしょう?

人生を信頼して、人生が送ってよこすポジティブ・ネガティブ双方の豊かさを安心して/覚悟を決めて体験する、それが一番スッキリしません?

みなさんがご自身の人生を信頼して、その豊かさを受け入れ、日々を満足して生きられるようにと、心をこめて祈ります。メリークリスマス!

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


理由がある vs 理由がない

満足感や幸福感を覚える時、一般的には理由があっての事です。

昨日のマイケルのメッセージにもありましたが、理由のある幸福感は長続きしません。

変化することのみが不変なこの世界にあって、どんなに望ましいものでも、遅かれ早かれ変わってしまいます。

勿論、そうした移ろうものから得られる喜びや幸福感を否定する必要は無く、その瞬間を100%喜び、楽しめば良いでしょう。

「儚い」喜びであっても、それをどうせすぐに終わる、なんて貧血したような発想で生きれば、人生も貧血気味になり、色あせて不健康なものになります。

それでも、その理由のある喜びや幸福感とは別に、私たち全員にアクセス可能な不変の満足や幸福感があることを知る必要があります。

瞑想などで、その本質的な無条件の満足や幸福感を体験すれば、その感覚を頼りに、その状態を復元できます。

あまりにひどい困難に揉まれている最中は、ちと難しいこともありますが、逆にそれだけの強い刺激を受けることで、ふと次元を飛び超えるように、この恩寵的な状態に入ることだってあります。

それは、日常を離れた魂の次元であり、そこにくつろぐ時、全てがありのままで完璧で、何も足し引きする必要のないことをありありと感じるのです。

そこから、私たちは自分自身も、自分の人生も、そして他者や世界も肯定することができます。

正真正銘の天国じゃないでしょうか。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

2月度 ご予約受付中!
2日(土)  13時〜16時

3月度
2日(土)  13時〜16時

4月度
13日(土) 13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

2月度 ご予約受付中!
16日(土) 13時〜16時

3月度
16日(土) 13時〜16時

4月度
27日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2019 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -