FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



睡眠は薬でした

去年、一昨年は、煉獄期間中で辛いのは当たり前でも、年末に土星が山羊座にイングレースした途端、憑き物が落ちたように、どっしりと背負っていた重いものが抜け、「ああ、終わったんだ」と直感的したものの…

そうでなくても最初からトチ狂っている神経系が負担に耐えきれなかったのか、後遺症のような状態が続き、その上、この夏の尋常でない暑さは、マジできつかったです。一旦涼しくなってからは、夏日でも十分な破壊力です。

敬老の日には、日頃の感謝を込めて、いろいろご馳走を作って実家へ持参しました。両親がすごく喜んでたくさん食べてくれたので、心底満足して帰ったところが、夜になってから、ひどい悲しみに襲われました(@@;)

癒しきれていない古い悲しみが浮上したと言うよりは、暑さがぶり返し、30度超えした日でしたから、神経系の誤作動です。

これ、経験したことが無いと、???でしょうが、神経系が誤作動しまくると、悲しいなんてものじゃなく、死ぬほどの苦悶感でひどいことになります。

「自律神経系が誤作動してるだけでしょ」と笑えるだけ、深刻にならずに済みますが、それで苦痛が軽減されるわけでもありません。

更年期のホルモンのアンバランスもベースにありますが、年単位で観察してきてわかったことは、疲労、睡眠不足、暑さが引き金になる、ということです。

そして一番の薬が、たっぷりとした気持ちの良い睡眠!だということもわかりました。

それと、軽い運動。
ストレッチやヨガではダメで、歩くと心身の状態が改善され、質の良い睡眠の助けにもなるようです。

眠剤も使っていないのに、目覚ましでは起きられず、ようやく起床したら12時間も寝てた!みたいなことがあると、この歳でね(@@;)と呆れますが、そうやって長時間寝たあとは、確実に回復します。

皆様も夏のお疲れが出ている頃でしょう。
さらに、気温が急に下がるなど、神経系が弱くなくても、体には負担がかかり過ぎだと思います。

特に睡眠負債を抱えていらっしゃる方は、どんな工夫でもして、睡眠を確保なさってくださいませ。

苦行のような夏を乗り越えた後の、爽やかな秋を、どうぞお元気に楽しまれますように☆

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


樹木希林さんの遺した言葉

先日、樹木希林さんが故郷へ旅立たれました。

テレビドラマは昔から興味が無く、名画座で3本立てを見ていた学生時代も、洋画が多かったせいか、あまり樹木さんの演技を見たことはありません。

それでも、強烈な個性や、破天荒な配偶者の方が起こす騒動などで、私の世界でもれっきとした有名人でした。

亡くなる前後から、ご本人や周囲の方達のインタビューを読む機会が増え、改めてこの方の人間力に圧倒されるようです。

『おごらず、他人と比べず、面白がって平気に生きればいい』

この言葉に接し、その覚悟というか、筋の通った清々しさを感じました。

円環を閉じて、一層その人間性が輝くような生き方を、誰もができるわけではないでしょう。

周囲の思惑に動かされず、自分の信念に正直に、忠実に生きる芯の強さ、しかも倨傲にならないこと、これは努力とか何とかではなくて、魂の質かもしれません。

人はそれぞれのブループリントを持ち、それを体験するために地上に降りるので、自分自身であることが何より大切だから、樹木さんの真似をする必要は無いです。

それでも、「おごらず、比較せずに」というのは勿論その通りで、その上「面白がって、ヘーキ、ヘーキ」で生きたらいいのよ、という言葉は、本当に胸に沁みます。

彼女の笑い声と共に、背中を押されている気がしません?

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


神様のプレゼント

台風と地震で被災された皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

自分のことでも社会の出来事でも、「まあ人生、そういう事もあるでしょう」と、相当ひどい事があっても、割と落ち着いていられるようになりましたが、昨日、お昼の天気予報を見ようとテレビをつけた時には、さすがに混乱しました。

ん?土砂崩れ?
台風の影響?

「震度6強」の文字を見て、初めて地震だったことに気づいて唖然としました。

大好きな関空がえらい事になってしまい、京都では美しかった文化財の無残な姿を見て「やれやれ --;」と思っていたその翌日に、北海道で激震とは。。。

しかも大して揺れなかった場所も含めて、あの広大な北海道全土で停電(@@;)

おまけにお友達が家族旅行の最中で、彼女は私のような太々しいメンタルではないので、あまりひどい目に遭わないように、と祈る思いでした(幸い、彼女は奇跡のように頑強な旭川空港に辿り着き、夜の便で帰れそうだとメールがありました)。

さすがにショックで、しばらく呆然としましたが、つい最近、別のお友達の発表会を見に行き、その「像の鼻のミケ」というミュージカルの子ネコのセリフを思い出しました。

「起きることには、すべて意味がある」
「辛いことはね、もっと元気になれるようにって、神様がくれたプレゼントなんだよ!」

これを心の中で唱えながら、正気に戻りました。
(どうか皆さんが、この最悪のピンチをチャンスに変える事ができますように。。。)

ミュージカルでは、ちょっとオツムが足りないとバカにされたり、いじめられていたその子ネコが、実は天使のような存在だったという事が最後にわかります。

その子ネコは、「辛い時には笑うと元気になれる、ちょびっとだけだけどね!」と言って、いじめられた後に、いつもの歌を歌い、踊って、笑うのです。そしてその周りには天使が舞いながら、彼を癒しているようでした。

来週のギャザリングでは、このタイミングなので、光のワークで被災地に祈りを届け、笑いヨガも取り入れて、エネルギーを上げたいと思います。

東北でもそうでしたが、この過酷な状況でも辛抱強くきちんと列を作り、お互いを助け合う、忍耐と秩序が国民性に深く根付いていることに嬉しく感謝すると共に、できることをしたいと思います。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


違いの有り難さ

先日、大学病院で母の入院手続きを終えた後、エネルギー補給で、近くの大きな公園に久しぶりに寄ってみました。

緑が濃くて、木の種類によってその濃淡が違い、グラデーションが見事でした。お天気も良く、ちと暑かったですが、幼稚園や小学校の遠足で広場は大混雑です。

眺めの良いカフェで一服していると、幼稚園児を引率して、園児に負けず劣らずの元気な保母さんが前を通りました。。。

笑顔に楽しさが溢れています。。。子供達と一日中一緒にいてお世話をするのがお好きなのでしょう。

ふと、あ、これも仕事なんだ。。。と思いました。
勿論、保母さんの仕事がある事くらい知っていますが、リアルに実感した、というか、かなり激しい違和感を初めて感じました。

あたしだったら、3日で疲労困憊して音をあげるだろうし、無理して一月続けたら、ストレスで過労死するかも。。。(^^;)

私も自分の仕事はとても好きです。

リーディングやエネルギーワークなどを教えるのも好きですが、特に書いたり読んだりは、肉体が疲れるので途中で切り上げるものの、本当は飽くなき好奇心に引き摺り回されながら、延々続けたいと思ったりします。

昔は、古びた紙と埃の匂いのする巨大な大学図書館を徘徊している時に、至福を感じたものですが、今も一番しっくりくるのは、机の前に座って、情報に埋もれて好奇心を満たしている時かもしれません。

こうやって人それぞれがうんと違って、だからこそ、それぞれ必要なパーツが揃い、うまく世界が回っているのでしょう。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


トランスジェンダーという事実は取るに足らない、と認識された日

実の母親でも、子供が自分自身の肉体とは違う性だと言い張るのを長年理解できず、しかし、一旦彼が彼女で、ニコルという娘なのだということを受け入れた後も、心は晴れませんでした。

たとえ家族がトランスジェンダーの子供をあるがままに理解し、受け入れたとしても、ニコルが関わる社会には、まだ分厚い偏見の壁が残っているからです。

ところが、その不安は見事に覆されました。

まず、ニコルが少年から少女として登校することになった中学では、万全の準備がなされてスムースに変化がサポートされただけでなく、校長先生がこう言いました。

「ニコル、あなたは私の最高の先生です」

最高の先生!校長先生はニコルから、自分に嘘をつかずに生きること、勇気を持つこと、忍耐力を持つこと、つらい時で正しく生きることを、学んだと言ってくれたのだ。

それでも高校に進学する際、再び、ニコルの母は心配になりました。
そして、再び、その不安は見事に覆されました。

「ニコルがトランスジェンダーであるという事実は、彼女について一番とるに足らないことです」と、校長先生は言ったのだ。

シンプルだけど強力なメッセージが含まれている言葉だ。トランスジェンダーは、普通の人だ。家族を持ち、友人を持ち、趣味があり、才能にあふれ、何より夢に向かって生きる人たち。私たちと何も変わらない。

https://www.huffingtonpost.jp/satoko-yasuda/principals-said-about-my-transgender-daughter_a_23424175/
(Jeanne Talbot HUFFPOST JAPAN)
より引用

こうして記事になること自体が、まだマイノリティーに対する意識が過渡期であることの証拠ですが、本来の道筋に戻っていることは間違いなく、いずれ、LGBTなどという名称も時代遅れとなり、誰もが普通で自然で、ただそれぞれの顔が違うように、色々なセクシュアリティを纏っているという共通理解が、社会のベースとなるのでしょう。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

1月度 ご予約受付中!
5日(土)  13時〜16時

2月度
2日(土)  13時〜16時

3月度
2日(土)  13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

1月度 ご予約受付中!
19日(土) 13時〜16時

2月度
16日(土) 13時〜16時

3月度
16日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -