FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



無条件に愛すること by キャロリン・ローズ

マイケル・ローズ夫人のキャロリンのメッセージです。
マイケルローズjapanより全文転載します。(9月18日分)

マイケルのセミナーに参加する人たちは、毎瞬、愛を選ぶことで、素晴らしい変化の生きた手本となって、愛のエネルギーを広げています。
 
無条件の愛を表す、それは、私たちの本質です。
愛は、私たちから溢れる創造のパワーです。だから、どこか他に求める必要は、ありません。それは、生命の原理です。
 
愛を選ぶことと、人にいいようにされる玄関マットになることを勘違いしている人たちが時々います。自分の欲求不満や怒りを抑圧し、他人の要求に屈しているのに、笑顔を装いながら、愛を選択していると思っている人がいます。
 
それは違います。
 
愛の選択を、今、流行の言葉と感じる人、それではナイーブで、騙されやすいだけだと感じる人、また、パートナーを無条件に愛したら、彼は、私の望みをかなえてくれるだろうか、と考える人もいます。
 
いいえ、無条件にパートナーを愛する、誰かを愛するとは、相手をまったく変える必要なく、彼等のあるがままを、受け入れることです。
 
あなたがそうであるように、彼等も、自分が選んだように表現する、そのままでいる権利があります。
あなたは、彼等の個性よりも、彼等である魂の存在を愛します。
  
そして、もし、彼等の行動や表現を受け入れることができない、共に暮らすことができないなら、非難や批判をすることなく、あなたの人生を次へと進めることです。
  
「死が私たちを分かつまで」この考えは、とても人間的です。
しかし、二人がもはや成長しなくなったとき、あるいは、お互いの人生を豊かにしあう、高めあうことがないのに、間違った理由、変化への恐れや、一人になりたくないなどの理由でそのまま共にい続けるときは、勇気を出して新しさへ向いましょう。
 
そうでなければ、人々は、変化ではなく、静かな絶望を生きることになります。停滞が、あなたの人生の舵取りをするとき、そこに成長はありません。
  
とはいえ、助けを求める魂の叫びがハートからであるなら、愛が、人生を粉々にするでしょう。
そのため、地獄にいるように傷つくかもしれませんが、愛は、あなたに、自分を大切にしない状況から抜け出て、成長するようにと強いるでしょう。
 
愛、宇宙の創造的でパワフルなエネルギーは、人間の感情的な愛とは全く違います。
 
愛は、私たちのハートから流れる純粋なエネルギーです。愛のエネルギーは、私たちである大いなる存在の深みから湧き出る調和、平安、純粋さ、受容、感謝で、地球上のあらゆる生き物と、私たちをつなげます。
 
愛は、私たちを純粋な喜びで満たします・・豊かであることの喜び、あらゆること、あらゆる状況が完全であることの喜びで満たします。愛は、不足、恐れ、知る必要性を打ち砕きます。
愛が全ての幻想を変容させ、幻想を超えていくため、私たちは、自分を制限する信念や、意見を手放すでしょう。
 
愛は、私たちを頭からハートへ、混乱から透明さに、二元性からワンネスへと、私から私たちへ・・と押し進めます。
輝きに満ちた大いなる愛には、一つのハート、その鼓動があります。それが、全ての生命の本質です。
 
「私の人生の目的は?」とたくさんの人が質問します。
マイケルと私、二人の目的は無条件に愛することです。
輝く愛と光のなかで キャロリン 

日本語訳 大亀安美
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。

現実界では、東京大学大学院(人文科学研究科)修了後、都内の大学にて十年間教壇に立った後退職。
縁あって、タイのチェンマイでエネルギーリーディングとセルフヒーリング / エネルギーワークを学び、スピリチュアルカウンセリングを始めて今に至っています。

このブログと違い、日常のおバカなあれこれも呟いています。
X   LMirusclub816
真面目な呟きも始めました。
X   LMirusclubスピリチュアル


月例集会Mirus Clubを開催しています。

詳細は、ページをスクロールして左側のカテゴリー「Mirus Club」をご覧ください。

詳細など、一週間くらい前にこのブログでお知らせしています。
次回は2月24日(土)午後1時より開催、ご参加お待ちしております。

その後の予定
3月19日(火)
4月23日(火)

各種個人セッションも受付中。
メニューその他は、カテゴリの「個人セッション」をご覧ください。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』
(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』
(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』
(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

« 2024 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -