FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



純粋な光を送る by クライオン

とても長いメッセージの中のごく一部です。余裕のある方は、是非オリジナルサイトライトワーカー・ジャパン(https://lightworkerjapan.wordpress.com/2015/09/06/the-eight-shifts-of-enlightenment-part-two/)に飛んで、全文どうぞ。それも後半部分になりますので、前半部分と合わせてお読みくださいな〜☆

悟りへの8つのシフト(2/2)

よく私は、パートナーにその時々に私が感じるエネルギーを感じてもらうようにします。多くの感謝や愛、畏敬の念やインスピレーションがベールの向こうから、実際に自分の光で地球を変えている人たちに届くことがあります。そういう人たちが今ここに座っています。そういう人たちは光を送る仕組みを知りました。その人たちは、随分前に、自分たちは瞑想をしながら、あるアイデアや思惑、イメージを送るのではないということを知りました。イメージといっても、誰かのために自分の考えで創り出したものをイメージすることになるからです。そうではなく、光を送って地球を変える人は、そのメカニズムを習得した人たちです。その仕組みとはこうです。純粋な光はバイアスや考え・知識なしで送られます。だから、一切バイアスがそこに付着していません。「クライオン、ちょっと待って。私は地球が平和になってほしい。だから、地球平和の光を送っています。それでいいんですね?」。そうであれば、そこにはあなたの考えが付着しています。どんなに素晴らしい考えでも、それはあなたの考えです、違いますか? そうではなくて、自分の考えを交えずに神の光を送ってはどうですか? そうすると、神というものを成す何兆もの存在がその光を今日相応しい所に持って行きます。本当にわざわざイメージングをしたいですか、それともそれを忘れて、正しい時、正しい場で巨大なシンクロニシティが生まれる完璧なシナリオをイメージできますか? それが、光を送る方法です。

また、それは簡単なことではありません。バイアスのない地点に行かなくてなくてはなりません。そして神の外套というエネルギーを着るのです。それは感じることができます。その光が白い光になるのが感じられ、自分自身の考えや思惑がきれいに洗い流されます。その時に、想像しうる最も暗い所に光を送ります。バイアスがなければ、その光はその時にその暗いところを完璧な神聖なブループリントで照らしだします。その暗い所に人がいれば、その人は見たこともない光景を目の当たりにするようになります。だから、そこにいる人は自分の意思でそれまで闇にあったものを使えますが、それが今度は輝きだしているのです。その時に、その人はそれで望むことをするでしょう。輝きだしたものの中には、知恵や平和的な解決方法、人生を変えるもっといい考え方などがあります。

そうやって光を送ります。想像もつきませんね。今説明したように、その時の皆さんのすることには真心(誠心誠意)があります。考えやアイデアを送るのではなく、単に照らし出すだけなのです。
日本語訳 ライトワーカーマイク
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。

現実界では、東京大学大学院(人文科学研究科)修了後、都内の大学にて十年間教壇に立った後退職。
縁あって、タイのチェンマイでエネルギーリーディングとセルフヒーリング / エネルギーワークを学び、スピリチュアルカウンセリングを始めて今に至っています。

このブログと違い、日常のおバカなあれこれも呟いています。
X   LMirusclub816
真面目な呟きも始めました。
X   LMirusclubスピリチュアル


月例集会Mirus Clubを開催しています。

詳細は、ページをスクロールして左側のカテゴリー「Mirus Club」をご覧ください。

詳細など、一週間くらい前にこのブログでお知らせしています。
次回は5月18日(土)午後1時より開催、ご参加お待ちしております。

その後の予定
6月8日(土)
7月14日(日)


各種個人セッションも受付中。
メニューその他は、カテゴリの「個人セッション」をご覧ください。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』
(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』
(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』
(文芸社 2013.10)

最新トラックバック

月別アーカイブ

« 2024 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -