フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



多次元モードです。

お蔭さまで、昨日も本当に充実したMirus Clubになりました。祝杯をあげるのにふさわしいような事が重なりましたので、思わず、ビアガーデンいっちゃう!?などと、自分は飲めもしないのに舞い上がって素っ頓狂に叫んだ人がいて、しかもその人は近所にビアガーデンがあるかどうか知らなくて、しょうがなくて駅近のちょっといい居酒屋さんに皆さんをご案内して、何とか乾杯にこぎつけました(^o^;)

その祝い事とは別に、ここ二回ほど光のワークのベース作りというか何と言うか、準備瞑想のような事をしているんですが、それがまた面白いことになっていて、こっちもお祝いしたいくらいの成果?だったような…。

前回、準備段階と当日に同じ白い光の渦を見た人が複数出て、ああ、やっぱりね、多次元モードだから、きっとそうなのね、とは思ってたんですが、今回はもうはっきりもはっきり!出ちゃいました、証拠。。。

光のワークが終わって、瞑想や光を受けるワークもして、十分にあちら側を堪能してからこちらに戻ってきた後、話を聞くと、事前に虹色のエネルギーを見ていた人がお二人いました。tomokoは、事前瞑想では虹色のエネルギーには気づかなかったんですが、そのかわり深い紺色のプールのようなものは見ていて、それを見ていた人がやっぱりいました。

で、虹色のエネルギーなんですが、さあワークをしましょうと思った途端、白衣観音がスタンバイされているのが見えて、紺色か金の混じったインディゴのような光のボールを手渡されたので、ああ今日のポータルはこれですか?などと思っているうちに、虹色のエネルギーを感じて、ワークをガイドしながら、ああ、そう言えば、アメリカのお姉ちゃんが私たちのワークと彼女の所をつなぐ虹の橋がどうとかって書いてきてたっけ…などと思い出していたんです。

その虹色を見た方達には勿論そんな事は事前に伝えなかったし、私自身がガイドを始めるまで忘れていました。実は、今回の光のワークは、彼女の住むカウアイ島にフォーカスしていて、それでそんなやりとりがあったんです。

3日午後10時の集合ポイントを設けてはいても、みんなそれぞればらばらな時間帯に瞑想していて、それでもお一人は、始めた途端、すごく強いエネルギーを感じて「ああ!みんなもやってる!」と思われたそうです。

以前、月例のポンドの瞑想集会(アイーシャ・ノース主宰)に多次元モードで参加していて、その度に、半日遅れとか一日遅れで参加して、それもエネルギー体での参加でしたから、「ほんとに参加できたんだか」と最初は思ったりしたものの、少し遅れてネットに流れるアップデートを読むと、「あら?この象徴なら見たわよ」とか、「あ、絵は違うけど、内容は一緒の情報を取ってた」なんてことが毎回で、それで何となく、多次元モードってほんとなんだ…と思えるようになっていました。でも、何となくね…。

でも前回に続き、今回もこんなで、やっぱり多次元モードはもう当たり前で、フツーなことになりつつあるのかもしれません。要はこちらの意識の問題で、時間や空間に縛られているという幻想からいかに自由でいるか、ということなのでしょう。面白くなってきたぞ〜〜〜☆
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

10月度  ご予約受付中!
28日(土) 13時〜16時

11月度
26日(日) 13時〜16時
18日(土)から変更しました。

12月度
16日(土) 13時〜16時

1月度
20日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -