FC2ブログ
  • 2024_02
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2024_04

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



自分が一番好き…

今日本を読んでいたら、またまた自分を一番大事にするという情報が。。。

 娘のアンジェリーナが四歳の頃に言ったことがあります。「ママ、世界中でママが一番好き。宇宙でも一番だよ。でも…」。ここで口をつぐんだ娘はとても悲しそうな表情をしました。「どうしたの?」と聞くと、娘はこう続けました。「でも、ママよりも自分のことが好きなの」。娘は少し間を置いて私を見つめました。「ほんの少しだけだけど。だって自分のことを一番好きじゃないと、ほかの人のことも好きになれないでしょ」。私は胸がいっぱいになり、娘の素朴な洞察力に感動しました。
 多くの人にとって、自分を愛することは自己発見、自己受容、深い内省への壮大な旅路です。「自分を愛する」という言葉をスピリチュアルな世界ではよく聞きますが、その本当の意味を知る人は少ないかもしれません。言葉に拒絶反応してしまわずに、それがどういうことを意味するのか探ってみましょう。

(イナ・シーガル『魂が伝えるウェルネスの秘密』菜尾英理訳 ナチュラルスピリット刊 p48)

毎回のように、Mirus Clubにオラクルカードを持参しますが、著者のイナ・シーガルの『カラー・カード』も時々使っています。『体が伝える秘密の言葉』という彼女の本も、以前このブログで紹介していると思います。前作も非常にボリュームのある本ですが、今度のも相当読み応えがありそうで、五分の一くらいしか読んでいませんが、相当使えそうな本です。

このエピソード、お嬢さんの素朴な洞察というより、あちらの常識をまだお嬢さんが辛うじて維持していた、という感じがします。たった四年間でも、こちら側の宇宙の非常識=自分を愛してはいけない、それより他の人をもっと大事にしなければ、拒絶されたり非難されたりする、という地球の常識に既に感染しかけていて、自分が一番好き=大切ということを直裁に表現できなくなっている様子が感じ取れます。

やれやれ…、皆ほんとに苦労して、苦労して、苦労し過ぎて、おかしくなっちゃったんですね。でも、今は、宇宙の常識を皆で思い出す時です。ここまで生き延びることができて、私たちは本当にラッキーでした。でしょ?

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。

現実界では、東京大学大学院(人文科学研究科)修了後、都内の大学にて十年間教壇に立った後退職。
縁あって、タイのチェンマイでエネルギーリーディングとセルフヒーリング / エネルギーワークを学び、スピリチュアルカウンセリングを始めて今に至っています。

このブログと違い、日常のおバカなあれこれも呟いています。
X   LMirusclub816
真面目な呟きも始めました。
X   LMirusclubスピリチュアル


月例集会Mirus Clubを開催しています。

詳細は、ページをスクロールして左側のカテゴリー「Mirus Club」をご覧ください。

詳細など、一週間くらい前にこのブログでお知らせしています。
次回は3月19日(火)午後1時より開催、ご参加お待ちしております。

その後の予定
4月23日(火)

各種個人セッションも受付中。
メニューその他は、カテゴリの「個人セッション」をご覧ください。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』
(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』
(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』
(文芸社 2013.10)

最新トラックバック

月別アーカイブ

« 2024 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -