FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



ゴミ掃除! by アルクトゥルス人と銀河の家族

JAPANESE--Awakening with Suzanne Lie(http://suzannelieinjapanese.blogspot.pt/2015/05/5302015.html)より途中部分を転載します。余裕のある方は、是非サイトに飛んで、全文どうぞ。

ロードサイド・アシスタンス(路上修理サービス)

ご存知のようにあなたはリアリティの高次周波数へと前進しています。また、ご存知のように、この『今』の中において、あなたはガイアをアシストするためにその体をまとったのです。ガイアもまたリアリティの高次周波数へと前進しています。

また、この古い周波数が終わりを迎えているために、あなたは『すべて』の鞄を荷造りする必要があるということを思い出しています。この周波数での他の人生はもう存在しないでしょう。ですから今生で生じた汚れを他の人生で浄化することはできないのです。

さらに言えば、主に人類によって作り出された低い周波数のゴミを浄化/変容するために、あなたはここにやって来たのです。おそらく、そのゴミを作った『人類』の一部は、人間形態を取ったドラコニアンでした。ですが全人類は、人間形態を取っている銀河の血統の、何かしらのメンバーなのです。

ですので、汚染、否定的想念形態、破壊や歪みなどというガイアが被ってきたものは、人間の器をまとった、何かしらの形の存在が創造し、後に残してきたものなのです。

動物と植物たちはガイアとの一体性の中に生きており、否定的な足跡を後に残すことは『ありません』。そのため、人類が残してきたサイキック的、物理的なゴミが、人類と同様、ガイアにとっての『すり減ったタイヤ』となります。

このような、人間によって作られたネガティブなゴミと破壊は、ガイアが彼女の周波数を変容することを難しくします。それゆえに、ガイアをアシストするためのボランティアであるあなたは、『掃除クルー』として人間形態を取ったのです。

このクルーのメンバーとして、他の人がしてきたことを理由に、他の人を責めるのはあなたの任務ではありません。あなたもゴミを残してきた人生を持っています。ガイアの過去に起きたことについて、他人も自分も責めないでください。

この現在にすべきことが十分すぎるほどあります。あなたがすべきことは、あなた自身でいるよう注意を払うということです。浄化すべき何かがあなたの中に浮き上がってきたなら、その難題がなぜ作られたのかを、あるいはその問題そのものについての詳細を、知ることができるかもしれませんし、あるいはできないかもしれません。

実際のところ、あなたはただ『無条件に許し、愛し、受容する』ことを求められています。『無条件に許し、愛し、受容する』ことが『原因』となり、それによってあなたは『結果』に影響をおよぼすことができるようになります。このために私たちはあなた方皆に、自他に対する『すべて』の判断を手放すよう頼みます。

三次元的地球での生活は簡単なものでは『ありませんでした』。幸せな人生、成功と愛に満ちた人生、エンパワーされた人生をひとつ体験するために、あなたはそのような祝福のない、他の何百もの人生を過ごす必要がありました。

地球は光によって統治されるよりも『はるかに』多く、闇によって統治されてきました。それゆえに、あなた自身に暖かなハグをしてあげてください。そして、地球での他の無数の転生と同様に、現在の人生における挑戦と問題に対して完全なる受容を与えてください。

日本語訳 Tatsuhiko
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2021 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -