FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



まだ頭痛が残ってますが…

いや〜今回の浄化は半端じゃありませんでした…一応抜けつつあるかも。まだ軽い頭痛だけ残っていますが、その他は復元した模様です。

まずは、お得意の鬱から来ました。でもね、勿論鬱になる理由なんて、ナシ。母の具合が悪くなり、病院に行くというので、タクシーを頼んで駆けつけたら、支度が出来てないとか、気分が悪くてそれどころじゃないとか(だから病院に行くって話じゃなかったでしたっけ?)でタクシーをキャンセルして、実家の居間に座り込んだ途端、どっとイヤな脱力感で鬱状態になりました。でもね、こんなことくらいで鬱になるか?なりませんよね〜。

不調は少し前から始まっていて、それでストレスがちょっとばかし加わったから、というのも説得力なきにしもあらず…、でもやっぱり変すぎです。

そんでもって、翌日もなんだか具合がひどく悪く、体は重いし、思い出したように鬱っぽくなり、それでも自分のセンターを意識したりするとすぐによくなるので、まあ、強烈なエネルギーが入ったところだから、浄化でしょうねーなんて、思っておりました。

夕ご飯を食べて、次の日は母を病院に連れて行くことになっていて、天気がひどそうなので天気予報を見て、そしたら…動けなくなりました。。。鬱で。。。はりゃま、さっさと台所を片付けて、あれこれ翌日の用意もしておきたいんですがね…。

さすがにちょっとめげて、バシャールを呼びました。大昔、まだ奴隷制度下でほんとの鬱病だった頃、あれは忘れもしない地下鉄半蔵門線の中で、帰宅途中にひどく苦しい鬱の発作みたいなのが起きて、その頃バシャール・ペーパーバッグなんか読んでた頃だったので、バシャールにSOSしました。

まだサイキックな能力を開発する訓練前で、知識も全然ありませんでしたから、ほんとにバシャールに通じるなんて思ってなかったです。でも、来てくれました。内界の視野に、大きな目をした灰色のバシャールがにこにこしているのがうすぼんやり見えて、途端に嘘のように楽になりました。これ、永遠に忘れられそうにない思い出です。

で、今回はSOSじゃなくて、「ねえ、バシャール、これってすんごく変…いったいど〜なってんですかね?」と聞いたんです。そしたらすぐに返事とおぼしきエネルギーが来て、でもこっちのエネルギーはクリアじゃないですからね、ようやっと「あなたの鬱は鬱じゃない…全然たいしたことないから、心配しなくていいよ…でも、とっても大事なことだからよく見といて…」みたいなメッセージを受け取りました。

はあ、あなたの鬱は鬱じゃないって、禅問答ですね…。よく見といて…何を…?ふう…。

でもなんだか楽になって、台所を片付け、明日ダウンすれすれで帰って来ても、ヘルシーでちゃんと美味しいものが食べられるようにジャーサラダなんかも作れちゃいました。

実は、これからが本番でした。

やっとこお風呂に入って暖まっていると、ぼんやり頭の上に白い穴のようなものが見え、聞き覚えのある「ポワン・ポワン・ポワン…ウウウウ〜・ウウウウ〜・ウウウ…」という音が聞こえて来ます。

以前もたぶんブログに書いていると思いますが、これを初めて聞いたのは、チェンマイのアパートで40度以上の熱を出して、節々の激痛に耐えながら寝ていた深夜です。その時は???でしたが、どうも別次元の宇宙船にいて、こっちをモニター+サポートしている別の自分のエネルギーが、助けに来てくれたようです。今回もそうでした。

で、その音を聞いているうちに、内側のスクリーンであれこれ始まって、なぜかtomokoがぽんぽこ太鼓を叩いていて、あ、以前習ってたことがあるんです…それが、まあ調子がよいこと、よいこと。。。段々ノリノリになってきて、肉体の中にいるtomokoも弾んで来て、静かにしているのが我慢できなくなり、手をきらきら星の振り付けで激しく振るんですが、じきにそんなことではプレッシャーに耐えられなくなり、も〜冗談じゃないよ!と思いつつばしゃんとお風呂の中に立ち上がり、踊り狂うはめに…(--;)

息切れしてはあはあ言うまで踊って、さあお風呂の中でゆっくりしようと思ったら、ハートで誰かが、さっさとシャワーを浴びてあがってください、というので、やれやれと思いましたが、アドバイスに従いました。きっと激しく体を振って、ネガティブなエネルギーを振り払ったに違いありません。その汚れの中でまったりしていたら、逆効果…どんなひどい汚れでも文句を言わずに運んで洗い流してくれる水の美徳に深く感謝しながら、お風呂を出ました。

で、まだ終わらない〜…夜中、ぐっすり寝てたんですが、いきなりむせて目覚めました。まあ、それからが大変。。。以前慢性気管支炎様の症状で、二年間かけて、肺や気管支にたまったブロックを排出したことがありますが、それと同じで、あっという間にティッシュの箱が軽くなりました。

それで合点が行きました。

要するに強い光が入って、溜め込んだままだったエネルギー・ブロックが上がって来ていたのを、鬱として感じていたのでしょう。そして、それを一気に出すためには風呂の中でアホ踊りをするのが効果的で、その後すんなり排出できたってわけなんですね、きっと。確かに最近、ヨガをした後必ず痰が出て、あ〜浄化してるんだな…と思ってたんですが、そんなんじゃ全然足りなかったみたいです。

肺には落胆や悲嘆、喪失の痛みなどがたまりますから、今そうした出来事に遭遇してなくたって、それが浮上してくれば鬱でしょうね…やっぱり。

というわけで、昨日の朝はもうすっかり鬱は消えていて、体調はひどく悪くて微熱まで出てましたが、精神的にはさっぱりしてたので、母の付き添いで病院に行っても、ひどく辛くなく済みました。今朝は、まず頭痛などしたことが無い人が、ガンガン響くようなけっこう派手なのが残っていて、今も多少鈍痛が…あれ、もう無いや。

というわけで、珍妙きわまりない浄化の巻でした。。。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2021 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -