フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



イタリア家庭料理の底力 ミネストラ

すみません、これはすぐできません。。。でも、とっても簡単です。
冷蔵庫の残り野菜を鍋に入れば切らずに、とろ火で1時間とか2時間煮て、煮豆と一緒にミキサーにかけます。煮豆も是非自家製で・・・となると、仕込みは前の晩からになっちゃいますが、もう朝はかなり冷えて来ましたから、暖房代わりにことこと煮るのもよいかと…味付けは塩だけです。

ミネストローネは必ずトマトが入ることになっているとか、ミネストラは具沢山の野菜スープ、というような区別があるようですが、tomokoが参照したレシピはイタリア在住の朝田今日子さんという方のエッセイ『オリーブオイルのおいしい生活』(文春文庫PLUS)のものです。以前一度作って、あれ〜、絶品とかって書いてあったのに、それほどじゃない…と思ってリピしなかったんですが、ブロッコリーのゆでたのが中途半端にたくさん余ってしまったので、再度チャレンジ。

豆はストックが黒豆と小豆だけだったので、黒豆を使い、そろそろ使い切ってしまった方がいいかとトマトペーストも入れました。

あれ〜!?今回は、なぜか激ウマ…。

なんでかな? 
もしかしたら、前回は豆を抜いてたかもしれません。。。トマトペーストも入れませんでした。豆は味出しに必ず入れるようにと書いてありましたしね。残り野菜なんでも、ということですが、個人的にはセロリとリーキ代わりのねぎや玉ねぎあたりは、マストの材料かと思います。

香辛料はコリアンダーシードがたくさん残っていたので、それと月桂樹の葉、それから自家製のタイムを使いました。朝田さんは美味しい野菜なら塩だけでいいと書いています。

相当重いスープなので、そのままいただきましたが、ショートパスタを加える場合は、ゆでた野菜をミキサーにかける前にスープと分けて、そのスープでパスタをゆでるようにと指示がありました。パスタ入りなら、ちょっとサラダを添えれば、相当なボリュームの美味しい食事になるでしょう。

あ、スープボウルに盛ったら、良質のオリーブオイルとパルメザンをたっぷりかけて、いただきましょう!って、今からそれまた食べるんですよ〜♩
  1. すぐおいしい!すごくおいしい?
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

10月度  ご予約受付中!
28日(土) 13時〜16時

11月度
26日(日) 13時〜16時
18日(土)から変更しました。

12月度
16日(土) 13時〜16時

1月度
20日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
ご新規の受付は終了させていただきました。

最新トラックバック

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -