FC2ブログ
  • 2024_02
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2024_04

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



そういう事もある…

元旦の地震といい、翌日のJAL機の炎上といい、何でもありの怒涛の変化変容の時代の荒波を身に染みて感じさせる出来事でした。

10日ほど経ち、現地の避難所で子どもたちが手書きのほっこり壁新聞で被災者を励ましていたり、ビニールハウス内での共同生活で支え合い助け合っている人たちの様子などに救われるようです。

前にも書きましたが、実は私の火星に去年の8月以来、トランジットの土星が逆行するので、行ったり来たりしてずうっとプレッシャーをかけ続け(途中一月ほど中休みがありましたが)、ようやくそのハードな期間が終わりつつあります。

特に土星が再び火星に近づき、お座りをした後セパレートしてゆくひと月半というのが、呆れるほどの象意出まくりな期間で、マジでキツかったです。

この火星土星のハードな組み合わせでは、骨折や事故などに見舞われやすくなり、実際知人で、まだお若いのに足首の複雑骨折で数ヶ月間安静を強いられた人も知っています。

とにかく週に一度程度、規則正しく何かあると言った感じで、その時その時でヒーリングをかけたり手当てをして凌いだものの、徐々に疲れが蓄積してゆくようで、そのまたちょうど最後のあれこれの一週間後に起きたのが大災害と途轍もない事故でした。

特に羽田は旅行の際に度々使うのは勿論(新幹線で行けても飛行機を選ぶ人)、遊びに行くこともあるホームグラウンドのような親近感があり、しかも最近飛んだ旅行は全てC滑走路発…

ニュースの画像を見た途端、どこでJAL機が燃えているのかの位置関係も即解りました。

あれこれ重なり続け、心身とも疲労困憊の状態で受けたショックで、相当メンタルがやられました。

というわけで、予定外に長いお正月休みを頂いてしまいましたが、今朝から急に楽になったと思ったら、丁度土星が1.5度私の火星から離れたタイミングでした。

やれやれ…
大袈裟でなく天国と地獄ほどの違いを感じます。

今日は、水耕栽培の植物の水を替えたり、トイレの掃除をするのでさえが心楽しく満足で、久しぶりに正気にかえった気分でした。

日常を楽しむにも、心掛けだけでゆければ良いですが、今回は星回りの影響をとことん受けて思うようにゆきませんでした。

まあ、そういう事もあるのが人生だということで…

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。

現実界では、東京大学大学院(人文科学研究科)修了後、都内の大学にて十年間教壇に立った後退職。
縁あって、タイのチェンマイでエネルギーリーディングとセルフヒーリング / エネルギーワークを学び、スピリチュアルカウンセリングを始めて今に至っています。

このブログと違い、日常のおバカなあれこれも呟いています。
X   LMirusclub816
真面目な呟きも始めました。
X   LMirusclubスピリチュアル


月例集会Mirus Clubを開催しています。

詳細は、ページをスクロールして左側のカテゴリー「Mirus Club」をご覧ください。

詳細など、一週間くらい前にこのブログでお知らせしています。
次回は3月19日(火)午後1時より開催、ご参加お待ちしております。

その後の予定
4月23日(火)

各種個人セッションも受付中。
メニューその他は、カテゴリの「個人セッション」をご覧ください。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』
(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』
(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』
(文芸社 2013.10)

最新トラックバック

月別アーカイブ

« 2024 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -