FC2ブログ
  • 2024_02
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2024_04

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



丁寧に生きること

前のブログできちじさんのXポストをご紹介しましたが、最近他のソースでも、日常を丁寧に生きることの大切さを説くものを複数見聞きするようで、その度に、何か知らせの鐘が鳴るような感覚を覚えます。

きちじさんは「平凡でたいして刺激のない日常を、大切に丁寧に誠実に過ごすことが「神につながる道」なんだよね」と呟いていますが、それができるのは心に余裕がある人だけ。

時間に追われまくって忙しく、心を亡ぼしている状態だと絶対にできません。

昔、茶道を習っていたことがあり、まだ瞑想を始める二十年も前のことですが、一度ゾーンに入る体験をしたことがあります。

所作を既に頭を通り越して、体が覚えていたため、何も考えず、ただ可能な限りその所作がきっちりと美しく決まるように集中しているうちに、そうした意図さえも脱落し、静謐で無限に澄み切った境地にいることに気づきました。

おそらく完全に思考が止まっていたと思われます。

ただお茶を淹れるだけのことです。

お茶碗に抹茶を放り込み、ポットのお湯を注いでババババっと茶筅で泡立てれば飲める…

それをわざわざ、お茶碗やお道具を拭き清めるところから儀式化して丁寧に、意識を集中して行い、時間をかけて、お手前として「造形」してゆく。

日本人はこうして日常を芸術化するのが得意な民族なのかもしれません。

丁寧に敢えて時間をかけるだけでなく、そこに大切に誠実にという愛も寄り添わせれば、完璧な天国の出来上がりではないでしょうか?

何か特別なことをする必要はなく、日常をまるっと芸術化、天国化できちゃうのがこの発想です。

すごくない?

毎日を慌ただしく仕事や家事雑事に追われて雑にしているようでいて、私たち日本人はそれでもまだ充分に丁寧だったりします。

海外に行けば、わかりますよね。

それでも、私たちはその根本にある精神性を忘れ果てました。

喜びのため、楽しみのために、また自分や相手を尊重して愛するための丁寧さだったのに。

忙しくて息苦しくて発狂しそうなこの世界を作り直すのは、私たち一人ひとりが、代々受け継いできた日本人としての体やパーソナリティに満ちている、この「日常を愛して生きる」心とArt(技術/芸術)を思い出し、日々生かすことで可能になるのかもしれません。

喜び、楽しみ、それは夢の世界に探しに行かずとも、それはここにあります、作れます、ということですね☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。

現実界では、東京大学大学院(人文科学研究科)修了後、都内の大学にて十年間教壇に立った後退職。
縁あって、タイのチェンマイでエネルギーリーディングとセルフヒーリング / エネルギーワークを学び、スピリチュアルカウンセリングを始めて今に至っています。

このブログと違い、日常のおバカなあれこれも呟いています。
X   LMirusclub816
真面目な呟きも始めました。
X   LMirusclubスピリチュアル


月例集会Mirus Clubを開催しています。

詳細は、ページをスクロールして左側のカテゴリー「Mirus Club」をご覧ください。

詳細など、一週間くらい前にこのブログでお知らせしています。
次回は3月19日(火)午後1時より開催、ご参加お待ちしております。

その後の予定
4月23日(火)

各種個人セッションも受付中。
メニューその他は、カテゴリの「個人セッション」をご覧ください。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』
(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』
(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』
(文芸社 2013.10)

最新トラックバック

月別アーカイブ

« 2024 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -