FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



仮の姿とその意義、また贈り物

先にご紹介したタイラー・ヘンリー著『ふたつの世界の間で』(ナチュラルスピリット刊)の中で、とても強い印象を受けたエピソードがあります。

ヘンリー氏が、精神障害に端を発する破滅的な生涯を送り、ティーンエイジャーの娘を残して、薬物の過剰摂取で亡くなった母親のリーディングをした際、二人の母親が現れて混乱したと言います。

一方は陰鬱で精神的に混濁したエネルギー、もう一方は非常にクリアーな意識で、大切な娘に対する様々なアドバイスを伝えたがっていました。

対照的なエネルギーで、生き地獄の中で死んだ生みの母親と、それとは別の育ての母親かと思ったものの、クライアントの娘さんからは、育ての親はいないという返事でした。

私は、この二人は同一人物に違いないと直感しました。

以前読んだアニー・ケイガン著『アフターライフ』(ダイヤモンド社刊)を、瞬間的に思い出したからです。

あまりにも強烈な印象で、読んだのは随分前ですが、いまだに時々思い出すほどです。

ブログも書いているので、よろしければ、「死んだ後、正確には肉体を脱いだ後のこと」(2016/07/11)をご参照ください。

麻薬中毒者にして売人、長い収監とリハビリ施設の再生プログラムを経てホームレスになった兄は、高速道路を走行する車に自ら飛び込んで悲惨な最期を遂げた…

でも彼は、普通の人々が死後に通過するような天国をすっ飛ばして、一直線に魂の故郷に還りました。途轍もない高い波動の魂が、敢えて汚辱に塗れる人生の経験を選択して地球に来たのです。

私たちは人々をその言動で判断したり、非難しますが、それは今生、体験する必要があってしていることで、その人生全体を俯瞰した生前の意図が理解できない以上、本当は判断はできないのです。

そして、そうした破滅的、あるいは有害な傾向を持った人と関わる場合、こちらも何か意義深い計画を抱えて、その人と出会っているということです。

どんなことが起きようとも、そこには魂の計画があることを認め、それを何らかの意義があるものとして受け入れ経験する時、人生の贈り物を受け取ることができます。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。

現実界では、東京大学大学院(人文科学研究科)修了後、都内の大学にて十年間教壇に立った後退職。
縁あって、タイのチェンマイでエネルギーリーディングとセルフヒーリング / エネルギーワークを学び、スピリチュアルカウンセリングを始めて今に至っています。

このブログと違い、日常のおバカなあれこれも呟いています。
X   LMirusclub816
真面目な呟きも始めました。
X   LMirusclubスピリチュアル


月例集会Mirus Clubを開催しています。

詳細は、ページをスクロールして左側のカテゴリー「Mirus Club」をご覧ください。

詳細など、一週間くらい前にこのブログでお知らせしています。
次回は5月18日(土)午後1時より開催、ご参加お待ちしております。

その後の予定
6月8日(土)
7月14日(日)


各種個人セッションも受付中。
メニューその他は、カテゴリの「個人セッション」をご覧ください。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』
(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』
(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』
(文芸社 2013.10)

最新トラックバック

月別アーカイブ

« 2024 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -