FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



宇宙、スピリットガイド、ハイヤーセルフ ∞ 9次元アークトゥリアン評議会 (D・スクラントン経由)

いつもアークトゥリアンのメッセージは優しく朗らかなエネルギーに満ちていますが、今日のこのメッセージには、微笑んでいるような慈愛が感じられ、一層癒されるかも。。。

今のこの大分岐を超えて新しい世界に調和するためにはマストな情報でしょう。

内側に全てがあるので、内側へのフォーカスに軸足を置くこと。

これとは逆に、全てを外側に求めるのが、これまでの世界の常識でした。
そして、これは全然うまくゆかず、不満や不幸せが蔓延しました。
そうじゃない?


黄金時代がやってくるより転載します。


ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン評議会です。皆さんとつながることができ、嬉しく思います。

私たちは、あなた方が知的に知っていなければならないことが自分の中にあることを、あなた方自身の中に求めることを奨励するために、その役割を担ってきました。私たちは、あなた方がソース・エネルギーの存在であること、あなた方が「すべて」であること、そして、すべての次元と波動があなた方の中に存在することを何度も何度もお伝えしてきました。私たちはあなた方をその真実へと導き続けますが、この努力は私たちだけではありません。あなたのスピリットガイド、ハイヤーセルフ、そして宇宙全体が、あなたが自分の外側に求めていたものを、場合によっては一生かけて見つけるために、内側に向かうように常に共謀しているのです。

つまり、失望や喪失を経験したり、自分が求めていたものが現れないとき、あなたは、そのすべてを含む内なる世界、その領域へと、これまで以上にやさしく導かれているのです。私たちが今話していることを味わってみてください。言葉は一つですが、体験はそれ以上だからです。目を閉じて、心を静かにして、深呼吸をする前に、自分がどう感じたいかを考えてみてください。そして、その意図、その集中、その深呼吸で、あなたはその感覚を見つけることができると私たちは知っています。さあ、そうしてください。

さて、皆さんの中には、この小さなエクササイズを始める前に、その感覚に近づいている人がいるはずで、それゆえ、より多くの成功を収めていることでしょう。他の人は、一呼吸以上かかるかもしれませんが、私たちは、あなたが内なる至福、内なる愛、内なる興奮、内なるすべての場所に到達することができることを知っています。自分にはこの力があることを自分自身に示すと、現実の世界で起こっていることに執着しなくなるのです。

そして、現実の世界があなたを支配する力が弱まったとき、あなたは自分が自由であることを知ることができるのです。そして、あなたが自由であるとき、あなたは自由に創造することができます。ある特定の状況に依存しているときは、たとえ望むものをすべて手に入れたとしても、それを維持しなければならないので、束縛されていることになります。なぜなら、それを維持しなければならないからです。逃げたり、盗まれたりしないようにしなければならないからです。私たちはあなたにこの自由を感じてほしいのです。なぜなら、それが人生の状況に関係なく、あなたが感じたいことを感じるための道であることを知っているからです。

そして、これはその人生を創造するための道なのです。これはとてもシンプルで簡単なエクササイズなので、皆さんの心がその効果を疑ってしまうことも承知しています。また、欲しいものを手に入れたり、感じたいことを感じたりするために、外に出て何かをすることの方が、心にとって面白いことも知っています。そして、あなたがそういったことをすると、今まで述べてきた共謀しているすべてのエンティティは、あなたが満足を感じていないことに気づき、その満足感の欠如を、あなたを再び内側に押し戻す機会として利用するのです。

私たちはアークトゥリアン評議会で、あなた方とつながることを楽しんでいます。

日本語訳 Raul

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新トラックバック

« 2022 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -