FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



「あなたがたは錬金術師」 ∞9次元アクトゥリアン評議会 (D・スクラントン経由) 

medjedのblogより転載します。

“ご挨拶申し上げます。
私たちはアクトゥリアン評議会です。
私たちは皆様と繋がれる事を
嬉しく思います。
  

私たちは、地球上の人間の状態を
とても良く把握しています。
 
私たちは、あなたがたを通して
それを経験する事が可能で、
 
また、あなたがたの睡眠中に、
アストラル領域面で旅行している時、
私たちはまた、あなたがたと
多くの素晴らしい会話をする機会を
持っています。
 
私たちは、地球上に
トレンド/傾向がある事に気付ていおり、
 
そして、それは皆さんの心の内側に
湧き上がってくるものに、
益々、耳を傾ける傾向です。
 
皆さんは、これまで以上に今、
皆さんの中で過去世の生涯のトラウマや、
心の中に詰まった未処理の感情に、
かつてない程アクセスしています。
 
 
あなたがたには、あなたがた自身の為に、
とてつもない仕事をする機会が
与えられています。
 
皆さんが
このクリアリング٠ワーク/浄化作業を
行う事が出来れば、
2020年の悲劇は全て適切な視点に
置かれるでしょう。
 
皆さんは、それがどのようにして
発生する必要の有る全ての
トリガー/引き金であったかを
見る事が出来るようになるでしょうし、
 
皆さんがそこで集団として
作っている進捗状況の全て(の周波数)に
同調する事も出来るようになるでしょう。
 
私たちは、皆さんに、全てを感じ取る事と、
多くの生涯の(心の奥底から出てくる)痛みに
耐える事を厭わずに、出来る事を
どれ程に誇りに思っているかを知って欲しいのです。


目覚めたあなたがたも敏感です。
 
皆さんは豊かな感情を持つ人々です。
 
自分の感情に導かれ、
過去に自分を傷つけた人々、
あるいは全ての人々に心を開きます。
 
これが皆さんを
ユニークな存在にしています。  
  
これが皆さんを人類のリーダーに育てる
理由であり、何故なら、
皆さんは繊細さを必要とし、
最初に赦す必要の有る人々を助ける為に
開かれた心が肝要とされているからです。
 
皆さんは彼らの傷ついた言動を
過去のものとして看過する必要があるでしょう。
 
そうすれば、彼らを本当の意味での
ソース/根源の側面として見る事が
可能になるでしょう。
 
 
それは、あなたがたが自らの役割に
踏み込んで前進する時で有り、
今回(のライオンズゲート迄)の時間を
適切に使ったからこそ、
あなたがたはその役割を
見事にこなせる事でしょう。
 
皆さんは、与えられたものを
意のままにものにし、
それを金に紡ぐ能力を持っています。
 
皆さんは錬金術師です。
 
今の地球に必要とされているのは、
皆さんです。
 
皆さんは幸運です。
 
何故なら、苦しんだ分だけ、
痛みを感じた分だけ、
感情を抑えるよりは、遥かにマシだからです。
 
皆さんが経験したことは、
自分の感情を麻痺させる経験よりも
遥かに良いのです。
 
その苦しみの存在を否定するよりも、
苦しんだ事の方が遥かにマシなのです。
 
 
そして、麻痺させ、揉み消し、
否定してきた人々は、
今後数年間、
とても大変な思いをする事になるでしょう。
 
もっと多くの引き金が来るでしょうけども、
皆さん全員にとっての
引き金になる訳では有りません。
 
目を覚ましている人々にとって、
彼らはアセンションの歓迎すべき
兆候となるでしょう。
 
そして、皆さんは
彼らを受け入れて抱き締め、
その為の浄化されて開かれたチャクラを
手に入れるでしょう。
 
錬金術の能力や
全てのものを金に紡ぐ能力のお陰で、
皆さんは目覚めた集団であり、
人類を5次元へと導くでしょう。
 
 
私たちはアクトゥリアン評議会です。
私たちは皆様と繋がれた事を
楽しんでいます。”
   
日本語訳 medjed  

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2020 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -