FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



鐘の音を聞けば、微笑みが唇に生まれる

この動画ファイルは随分前にアップして好評でした。

昨日のブログで、本質避難について書きましたが、タイが朗唱している詩がそのまんまです。
Lの翻訳も載せておきます。

The Great Bell Chant (The End Of Suffering)


「偉大な鐘の音の詠唱」
 
この鐘の音が宇宙を深く貫いて
最も闇の濃い場所にあっても、生きとし生けるものにその音がはっきりと聞こえ
彼らの全ての苦しみが止み、理解がハートに降りて
嘆きと死の道を超えることができますように

 宇宙の法の扉は既に開かれた
その潮が満ちてくる音がはっきりと聞こえる
そして奇跡が起こる
美しい子供が蓮の華の中心に現われる
このたった一滴の慈悲の水は
私たちの山や川のための蘇りの泉を取り戻すのに十分なのだ
 
鐘の音を聞けば、私の中の苦悩が溶け始めるのを感じる
心は鎮まり、体はゆったりとして、微笑みが唇に生まれる
鐘の音に従えば、呼吸が気づきという安全な島へと連れ戻してくれる
私のハートの庭に、平和の花々が見事に花開く

鐘の音を聞けば、私の中の苦悩が溶け始めるのを感じる
心は鎮まり、体はゆったりとして、微笑みが唇に生まれる
というのが、それ。

私の場合は、地球へのグランウンディングで、微笑みの島に連れて行ってもらえます。

瞑想に入るための簡単なエネルギー調整で、光の地球のコアにグラウンディングが入った途端、ムフフフフ〜みたいな微笑みが唇に浮かびます。

毎回判で押したようですが、どうしても自然にそうなっちゃいます。

お目覚めから気分の悪いことだって、肉体を持っていれば当然あります。

空で月と土星や火星がやり合っていたりすると、それだけでも影響を受けますが、自分自身のネイタルに絡んでいたりすると、モロ。。。

それでも、「さあ、ガイアの光のコアクリスタルにグランディング、アーキエンジェルサンダルフォン、いつも有難う、よろしくね」と心の中で言い終わらないうちに接続を感じると、一気にエネルギーが変わり、その瞬間どうにもこうにも緩んで、にま〜…と微笑んでしまいます。

もちろん、エネルギー調整をしなくても、意識を変えれば、平和の花々が咲き誇る微笑みの島に行くことができます。

鐘の音でも、お香でも何でもよいでしょうが、一番簡単なのは、自分自身が本質でいる感じを日々上書きすることで、その状態を思い出せるようにしておくことかな。。。

この超簡単な霊的なバケーションと比べると、物質的なバケーションは経験の豊かさとしてはダントツで素晴らしくても、手間がかかりすぎるのと、深さにおいては勝負にならないかもしれません。

せっかく肉体をまとって、この変幻自在の超美しい惑星に生きていますから、現実的なお楽しみも大事。

どちらも捨てがたいということで☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。

現実界では、東京大学大学院(人文科学研究科)修了後、都内の大学にて十年間教壇に立った後退職。
縁あって、タイのチェンマイでエネルギーリーディングとセルフヒーリング / エネルギーワークを学び、スピリチュアルカウンセリングを始めて今に至っています。

このブログと違い、日常のおバカなあれこれも呟いています。
X   LMirusclub816
真面目な呟きも始めました。
X   LMirusclubスピリチュアル


月例集会Mirus Clubを開催しています。

詳細は、ページをスクロールして左側のカテゴリー「Mirus Club」をご覧ください。

詳細など、一週間くらい前にこのブログでお知らせしています。
次回は4月23日(火)午後1時より開催、ご参加お待ちしております。

その後の予定
5月18日(土)
6月8日(土)


各種個人セッションも受付中。
メニューその他は、カテゴリの「個人セッション」をご覧ください。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』
(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』
(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』
(文芸社 2013.10)

最新トラックバック

月別アーカイブ

« 2024 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -