FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



萩原健一という人生

ニュースで訃報を見るまでは、素行不良でも有名な有名人、くらいな認識しかありませんでした。

様々な情報がメディアに流れ、あれやこれやと情報を読み漁るようになり、気づいたら、何作か昔の主演作ドラマまで見てしまいました。普段、全くドラマなど見ないのに…です。

どうしてこの人にこんなに惹かれるのだろう、と不思議に思ってわかったのは、私とは正反対の人生を生きた人だったということです。

抑圧に抑圧を重ねてとてつもなく辛いことになってしまった人生(今は違いますけど…)と、我慢ということを大してしなかったように見え(見えるだけでしたが)、持てる才能を使い切って見事な花々を咲かせた人生と。。。

非嫡出子だそうで、幼い頃から色々と辛いことがあったのではないでしょうか。ひどく傷ついていた人、その痛みを外側にぶつけることしか出来ずに、一層ひどく傷ついた人。

それでも萩原さんは、最後の結婚でご自分でおっしゃった通り、ジェットコースターから降りてメリーゴウランドに乗り、そのまま故郷に旅立たれたようです。本当に何よりでした。彼も、本当の自分を諦めなかったのですね。

同時にそれは難病を抱えた日々でもありましたが、その病気こそが恩寵だったかもしれません。

逮捕や諸々の蹉跌から、仏教に親しむようになられたそうですが、不良なおっさんだと思っていた人の口から、「病気になって智慧を生きるようになった、こうしたらどうかな、ああしたらどうかなって…」というインタビューを聞いた時、心底驚きました。

ご夫婦仲も円満なのを通り越して、この病気があったからこそ、いつこの幸せが失われるかわからない緊張感のもとに、深い愛情のやりとりがあったかと推察されます。

そして、ドラマ出演の依頼と再手術のチャンスが重なった際、再手術の勧めを蹴って、延命よりも俳優としての人生を全うすることを選んだ夫、彼はまだ60代です。その意思を尊重できる妻がどれだけいるでしょう。

互いにとても尊敬し合うご夫婦だったようで、そうした敬意や本当の愛が、彼の選択を支えるという彼女の選択になったのでしょう。

夫人の献身的なサポートのもと、彼は移行するほんの数日前まで、熱心に撮影のための脚本読みをしていました。

人の何倍、何十倍?も生きた、濃くて充実したすごい人生だったと思います。

きっとあちらでは、守護の方達と共に、人生の振り返りなどしていらっしゃるのでしょう。羨ましいですね。

やっぱり思いっきり生きて、思いっきり失敗でも成功でもをして、満足して故郷に帰りたいです。そうして、お楽しみのガイドたちとの答え合わせ!

誰か亡くなるたびに、きっと今あれしてるんだろ〜な〜、いいな〜、と思ってしまう。。。死んでからの一番の楽しみがこれですから。。。今からワクワクするっ!

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。

現実界では、東京大学大学院(人文科学研究科)修了後、都内の大学にて十年間教壇に立った後退職。
縁あって、タイのチェンマイでエネルギーリーディングとセルフヒーリング / エネルギーワークを学び、スピリチュアルカウンセリングを始めて今に至っています。

このブログと違い、日常のおバカなあれこれも呟いています。
X   LMirusclub816
真面目な呟きも始めました。
X   LMirusclubスピリチュアル


月例集会Mirus Clubを開催しています。

詳細は、ページをスクロールして左側のカテゴリー「Mirus Club」をご覧ください。

詳細など、一週間くらい前にこのブログでお知らせしています。
次回は5月18日(土)午後1時より開催、ご参加お待ちしております。

その後の予定
6月8日(土)
7月14日(日)


各種個人セッションも受付中。
メニューその他は、カテゴリの「個人セッション」をご覧ください。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』
(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』
(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』
(文芸社 2013.10)

最新トラックバック

月別アーカイブ

« 2024 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -