FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



シンクロナイズド・デイリーライフ

最近はシンクロが皆無な日って、あるかな。。。

見る数字もゾロ目や反復ナンバーが激増し、先日ちょっと近所に出た折など、ほんの短い間に1313ナンバーの車を3回も見てしまいました。

この1313の13は、タロットでは「死」ですし、先月の春分ワークの要、フェニックスのエネルギーである死と再生の象徴です。

死と再生は、冥王星の象意とも被りますね。。。

春分当日、再度フェニックスと対面し、そのえぐみのあるエネルギーが、以前冥王星の意識と繋がった際に感じたものとそっくりだったので、驚きました。。。本質的におんなじエネルギー?

春分前に、フェニックスを松果体に設置するワークをクライアントさんとした際は、終わってふと時計に目をやると、13:13でした(@@)

春分当日は、満月直後の11時をワーク開始にと狙っていたのですが、誰かの大寝坊で午後になってしまい、あれこれ雑用を済ませてからお香を焚き、ウチの実力ナンバーワンクリスタル、ラーメンの具材全部乗せ?みたいなクラスターのレスチャル様を手に持ち、さあ始めましょうと時計を見たら1:11でした。

111や1111など、1の連番はいくつか象意がありますが、このタイミングですから高次の自分との接続でしょう。

おお、おお、これは、これは、と追い風ラッキーサインで盛り上がり、エネルギー調整から始めて一通りワークを済ませました。

自分的には思った以上にうまくいった満足感でゆっくり目を開けると、今度は1:23でした。

おお、おお、これも、これも、素晴らしい!

数霊としては春分の意味も持ち、新しいスタートそのものの昇連番です。

こんな風に、まだ「嬉し珍し」をやっていますが、そもそも5次元の波動というのが、シンクロするのが自然な整った波動ですから、これが起きて驚くのではなく、起きなくて驚くようでないとね。。。

これまでの在り方が5次元からすればイレギュラーで、普通に起こるべきシンクロが、ただでさえ波動が重くて現象化が遅いところへもってきて、干渉波の影響だらけで、実現そのものが阻止されたりすることもしょっちゅう…

結果的に、シンクロは例外的にしか起こらず、整合性のあるシンクロが起き続けるなどということは、想像するのも難しかったかもしれません。

世界は変わりました。

本当に。

このタイミングで、日本は天皇家も代替わり、元号も変わりますね。

しかも令和という、穏やかで優しい字面とは裏腹に字画は13画!

色々ありそうな御代ですが、抜本的な刷新の後、最終的に霊的な統合和合もなされ、うるわしい大和の世になるのかもしれません。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。


5月度 ご予約受付中!
11日(土) 13時〜16時

6月度
1日(土)  13時〜16時

7月度
6日(土)  13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

4月度 ご予約受付中!
27日(土) 13時〜16時

5月度
25日(土) 13時〜16時

6月度
15日(土) 13時〜16時

7月度
20日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2019 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -