FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



14日(土)午後1時よりギャザリング開催です☆

今週末14日(土)開催のギャザリングのご案内です。

時間  午後1時〜4時
場所  川崎市アートセンター3階研修室
    アクセス http://kawasaki-ac.jp/access/
参加費 2000円(お釣りの無いようにご協力をお願い致します)

今回も引き続き、光のワークですが、被災地応援に特化致します☆

西日本の信じられなような水害は、止まらない世界各地の噴火などとともに、必要から起こっていることでも、痛みを受けられた方達に、応援の光をお届けできればと思います。

その後に、スペシャルとして、世界規模の数千人が参加した祈りのヒーリングワークに、数年時間を遡って参加(闖入?)したいと思います。

これ、経験が無いと、即、無理!不可能!という反応になるかと思いますが、一旦経験してしまうと、十分可能だということが、体感としてわかります。

また、ギャサリングには参加しないけれども、遠隔で被災地に光の応援を希望される方も大歓迎です。

Lのエネルギーか、あるいは一度でもMirus Clubにご参加になられた方は、アートセンター研修室を思い描いて、14日午後の被災地応援の光のワークにフォーカスする!とはっきりと意思を固めたら、瞑想状態に入り、時空から自由になって、研修室でワークをしている私たちにシンクロしてください。

ご一緒に光の導管となって、宇宙の癒しと活力その他、オールマイティの光を、天使の助けも借りながら、被災地へ届けましょう。

人々が、ピンチをチャンスに変えようという気力や体力を取り戻し、助け合い、ハートが開かれ、地上の天国のようなエネルギーで、奇跡のような復活、復興が起こっている様子など、ポジティブなイメージを祈りに乗せたいと思います。

瞑想習慣や、この手の時空を飛び越える感覚に慣れているかどうかにもよりますが、印象的なイメージが来たり、その後のサインなど、手応えを感じられる可能性は十分にあります。

ご参加のお申し込みは、前日13日(金)までに
mirusclub@gmail.com
までお願い致します。

光の応援のみの方は、お申し込みは不要です。
思い立ったら、すぐどうぞ!
それでもやっぱり現実の時間帯と合わせたい方は、14日(土)の午後2時を目指してくださいませ(^^)

初めてご参加をお考えの方は、「ギャザリングのご案内」も参考になさってください。

これまでのMirus Clubの様子は、昨年6月以降の第二次Mirus Clubについて、過去ログをカテゴリー Mirus Club(http://mirusclub.jp/blog-category-18.html)として、まとめてあります。そちらもどうぞご覧下さいませ。

  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。

現実界では、東京大学大学院(人文科学研究科)修了後、都内の大学にて十年間教壇に立った後退職。
縁あって、タイのチェンマイでエネルギーリーディングとセルフヒーリング / エネルギーワークを学び、スピリチュアルカウンセリングを始めて今に至っています。

このブログと違い、日常のおバカなあれこれも呟いています。
X   LMirusclub816
真面目な呟きも始めました。
X   LMirusclubスピリチュアル


月例集会Mirus Clubを開催しています。

詳細は、ページをスクロールして左側のカテゴリー「Mirus Club」をご覧ください。

詳細など、一週間くらい前にこのブログでお知らせしています。
次回は5月18日(土)午後1時より開催、ご参加お待ちしております。

その後の予定
6月8日(土)
7月14日(日)


各種個人セッションも受付中。
メニューその他は、カテゴリの「個人セッション」をご覧ください。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』
(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』
(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』
(文芸社 2013.10)

最新トラックバック

月別アーカイブ

« 2024 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -