FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



2018年のエネルギー by プレアデス(愛知ソニア経由)

人為的に決められた区切りだからと、冬至や春分、蝕ほどは影響力なかったりして?と思っても、地球上のかなりの人口が新年の区切りと意識しているわけで、甚大な影響がやっぱりある?

今年一年、本当に有難うございました。
来年もオカメなハートとMirus Clubをよろしくお願い致します\(^o^)/

長いので、「2018年のエネルギー」前半部分のみ「イナンナが語る ニビル星人アヌ一族の物語」より転載します。

2017年も残すところあとほんの数日となりました!
2017年末までなんとかこぎつけることができた自分にまずは拍手喝采を!

とはいえ、例年通りではこの時期になると、
自己改善をいろいろ考えたり、
来年はこうしよう、ああしようって、
前向きに希望に満ちて、
新しい年を迎える気分になっているはずなのですが、
ちょっと待って!
「なんかスッキリしないなあ……」
今そんな気分ではないでしょうか?

2018年は強烈なエネルギーがやってくる年だということは、
直感的に感じられるのですが、
すでに圧倒させられてしまうような不安があったり、
あるいは、まだ心の準備ができていないような、
不安定な感覚があるかもしれません。

表面的には気づいていなくても
とらえどころのない不安が心のどこかに潜んでいるかもしれませんね。
そんな不安に駆り立てられると、
自分自身の鏡にヒビが入っているのに見ようともせずに、
他人の鏡のヒビばかり気になって仕方がないような
心境(神鏡)に陥りやすいです。
底なしに批判的になったり、誰かのせいにしたり、
ちょっとしたことに腹立たしくなったりしもします。
敏感な人ほど破壊的になる傾向があるかもしれません。
そういった反応はずばり、
未知なる2018年に対する恐れと不安を感じとっているからです。

たしかに2018年は「例年の如く」とは決していえない
ありふれた年ではありません。
「正念場」ともいうべき局面を私たちは迎える年です。
どなたにとってもそうです!

2017年の秋頃から
新しい方向性がはっきりと見えだし、
自分の概念も含めてあらゆることがシフトし始めました。

2018年は自分が決めた方向性や目標へと進んでいくために、
そこに「留まる」必要があります。
留まる忍耐力が求められています。
もはやあれこれと迷ったり、
何か真新しいものについつい惹かれている時ではありません。
そんなことをしていると、
ミュージカルチェアゲームの椅子は、
迷っている間に全部埋め尽くされて、とり残されかねません。
速く座った者勝ちです。
つまり、まずは目標がしっかりと定まる必要があるのです。
自分が決めた道を貫くパワーを養ってください。
これからの方向性や目標がまだ見つかっていないのでしたら、
1月、2月中旬頃までに確信できる方向性を見出してください。

新しい何かを始めると、やがて必ず壁にぶち当たる時が来ます。
そこを乗り越えて突き進むパワーを2018年は求められています。

外界は揺れに揺れます。
世界情勢や世界経済の勢力交代など
大きな変化が多々ある年となるでしょう。
地球は自転速度がゆっくりと低下しつつあり、
ポールシフトのプロセスは本格化していきます。
それにしたがって、
火山噴火や地震、異常気象は激しくなる傾向となります。
地球の回転速度が落ちるにつれて、
それに反比例するかのように
地球を取り巻くエネルギーの質はつむじ風のように激しくスピンします。
自己を中心にスピンオフにて派生範囲が広がる傾向にあるので、
自分のゴールに合わせた中心軸を跳ね飛ばしてしまわないように!
常にグラウンディングがとても重要となってきます。

激しさを増す外的世界の波に自らが乗っているボートを揺らされずに
うまく目的に向かって漂流させる必要があります。
それには障害を避ける知性と柔軟性、即決力もキーパワーとなります。

私たちのDNAはいうまでもなく進化が進んでいます。
テレパシー能力がいっそう増してきます。
他人の心が容易に読めたり、
驚くほど互いに通じ合うようになってきています。
ある意味で宇宙人的な、
個から一心同体のような集合意識として融合する力が強くなります。
しかし、通じ合わない場合には、
互いにスピンするように即座に跳ね避けます。
よって著しい分離が生じるか、または団結できるか、
何事に対しても極端な二つに別れます。
個性とユニークさが際だってくるので、
誰とも合わせられなく、
孤立する人々が当然今までよりも増えてくるでしょう。

シンクロもますます増えてくるようになってきます。
こういったことは次元上昇している兆候でもあります。

夏から秋にかけて、愛と平和を痛切に望む人々による、
新しいムーブメントのようなものが世界的に起きる可能性があります。

と同時に、個々は今まで以上に敏感でデリケートになり、
影響を受けやすくなります。
まるでオブラートのような薄い境界線で個体が包まれているが如く、
外界の刺激を吸収しやすくなります。
ですので、
常に高いバイブレーションを受け取るようにしてください。
低いバイブレーションは見ない、読まない、
付き合わないように心がけてください。
驚くような浸透力ですので、
とくにエンパスの方は気をつけてください。

エネルギーがさらに高速になり、
強くなっていく (まだまだ強くなっていきます) と、
高速で回転する私たちを取り巻くエネルギーは、
低いバイブレーションをどんどん跳ね飛ばしていくようになります。
良くない思考や行動のカルマを作ると直ちに跳ね返ってきます。

2018年こそ、今まで学んだ人生哲学、スピリチュアル性を
現実生活に活かし、実践できるかどうかが問われます。
そういう意味では、
実生活とスピリチュアリティの分離を超越せざるを得ません。

自分のエゴからなにかをしようと企てるとうまくいきません。
いくら計画しても無駄です。
「私」ではなく、
背後の偉大な存在(サムシンググレート)の意志に任せる
生き方に切り替えることに慣れていってください。
そうでなくエゴに振り回されると、
逆境に苦しめられる状態を創り出します。

「サムシンググレート」、「神さま」、「スピリットガイド」、「天使」、
「ハイヤーセルフ」いろいろ呼び名はありますが、
高次の存在たちは、
今まで以上に援助の手を差し伸べてくれるようになります。
自我の背後にいる偉大な存在たちの助けを無視せずに、
エゴの声と彼らのアドバイスと聞き分ける能力を養い、
彼らにいっそう耳を傾けて前進してください。

2018年は「素直」、「正直」、「誠実」、「忠実精神」が、
幸運を招くキーワードです。
コツコツと目標に向かって努力をした人が、
来年の今頃確実に大きな実を結んでいるでしょう。
しかし、自らを守ろうとつい保守的になりすぎたり、
警戒心が強くなったりしないように注意してください。
誰かをどこまで信頼し、協力が得られるか、
これも見極める力が試されます。

肉体は3次元にまだ居続けますが、
意識はどんどん5次元的要素が強くなっていきます。

肉体次元はサムシンググレートに舵取りをしてもらい、
委ねるようにすると、
5次元意識を存分エンジョイできるようになります。
すなわち、神の心と融合し、神と同じ視点からすべてを観て、
神の神秘を神の如く体験できるようになります。
そうなると人生は軽くなり、ワクワク楽しいことばかりで、
想像以上の嬉しいサプライズで満たされます。

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

12月度 ご予約受付中!
1日(土)  13時〜16時

1月度
5日(土)  13時〜16時

2月度
2日(土)  13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

11月度 ご予約受付中!
17日(土) 13時〜16時

12月度
15日(土) 13時〜16時

1月度
19日(土) 13時〜16時

2月度
16日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -