FC2ブログ
  • 2021_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2022_01

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



何でもなくて天国な日常

先日、年内最後の営業日、しかも日も暮れかかった頃にヒヤシンスハウスにお邪魔しました。

お菓子については、「残っているまい」と期待しませんでしたが、来月半ば近くまでのお休み前で、是非一服させていただきたいと思っていました。

歩きながら「チラ見」をしてみたら、ご主人がニコニコしながら「今二階席が一つ空いたところで、すぐ片付けますから〜 ♪」と言っているのが見えました。

でも!

横の公園から二階の窓を見ると、二つあるその両方のテーブルが埋まっているような。。。

はりゃ…

ドアをチリリリンと開けて見ると、一階席も満杯。。。

はりゃ、はりゃ…

ご挨拶だけでもと奥へ入ると、ご主人がニコニコしながら「あ、ちょっとお待ちくださいね ♪」と言って、エプロンで手を拭きながらお二階へ、少しごそごそして、トレイに空いたケーキ皿などを載せて降りていらっしゃり、すぐその後で、若い男性が降りていらっしゃいました。

あはははは、息子さんをどかしてしまいましたね(^^;)

ご主人がニコニコなわけです。
久しぶりの愛息子のご帰宅だったのではないでしょうか?

いいなあ、天才的なお菓子作り人のお母さんのスコーンを食べて…くつろいでね…

ご自身の個展の際に、画廊でお会いした方とは別人のような緩んだ雰囲気とお顔で、最初よくわかりませんでした。。。

彼の個性的でとっても素敵な絵は、いつも何点か飾ってあります。
お店にいらしたら、是非チェックを。購入もできるそうです。

全然期待していなかったのに、個人殿堂入りのリンゴのロールケーキがまだ残っていて(奇跡のよう)、松ヤニで燻していない素晴らしいラプサンスーチョンと一緒にいただきました(うまっ)

夕方6時くらいまでの営業なので、日の短い間だけ夜営業を味わえるのですが、これがまたコージーで、独特な陰影の美しさと雰囲気…場所そのものに魅了されるようです。

天国ですわあ…
また来年 ♪

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2021 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -