FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



土星が向きを変えます

今日はまた殺人的な暑さで、家の中でも仕事にならず、保養に努めるようです…って、ちょっと前までソファの上で、夢まで見て爆睡してました…(^^;)

明日の午後はリーディングクラスで、今日じゃなくてほんとよかったです。お天気は悪いみたいですが、涼しいだけずっとまし。。。今日いっぱいはお申し込みを受け付けておりますので、是非どうぞ。


今日はちょっと特別な日で、4月初旬から逆行を続けていた土星が向きを変えます。土星はだいぶ遠い惑星ですが、私のネイタルでは要のような星なので、はい!思いっきり影響受けます。既に昨日あたりから、「あれ?何か違う?」と感じていましたが、これだったかも。。。

今朝はゴミ出しに行く際、綺麗な青い蝶がひらひら飛んでいるのを見ました。現実に出るサインも夢と同じですから、これは有り難かったです。

ネットで調べていて、「土星順行!」( I Love You )という記事を見つけて、すご〜く納得しながら読みました。

人間が抗えない「自然なエネルギーの方向性」があって、その力に身を委ねながら、水や人が「流れるように動いていく」」それを土星の特性と捉え、その逆行は、「いったん過去を振り返って、取り損ねたもの、忘れ物、大事なのに見捨てたものに気づき、それを取ってこなくちゃならない。もしくは、過去からの習慣となっている不健全な「クセ」に気づき、それを矯正したり捨てたりする必要がある。だから逆行になると、私たちは体の向きを変えて「過去」を見る」とありました。

もう有無を言わさず、直面させられちゃいましたね〜(;;)

生育歴にまつわる重層したトラウマを、これまでだって随分ケアしてきて、その度に、あ、これ!って思って、でもなぜか完全にスッキリしませんでした。スッキリしないわけよお〜…今回の土星逆行中に浮上したブツには、心底圧倒された、というか薙ぎ倒されました。多分これがコア。

それでも、きちんと意識の光が当たることが、ヒーリングの第一歩、100%終わった感じはしませんが、内側はかなり片付いた気がしています。

そして、青い蝶と一緒に、キラキラする光の中に歩いていけるかも…みたいな感じがするのは、今晩から土星が向きを変えて、本来の方向へと動き出すからかもしれません。

それでも、この土星先生が行ったり来たりで、私の太陽に90度を仕掛けて、最後にもう一度来ますから、受けて立てるように、しっかり保養しとこっと☆ 

みなさん、暑い間は昼寝です!!5分でもいいから、限界だと思ったら寝てみてください。暑い暑いインドでは、犬や牛だけじゃなく、人間も道端で昼間っから熟睡してます。必要だから! それと、しっかり栄養とりましょう。。。お願いですから、コンビニご飯とかやめてくださいね。

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。

現実界では、東京大学大学院(人文科学研究科)修了後、都内の大学にて十年間教壇に立った後退職。
縁あって、タイのチェンマイでエネルギーリーディングとセルフヒーリング / エネルギーワークを学び、スピリチュアルカウンセリングを始めて今に至っています。

このブログと違い、日常のおバカなあれこれも呟いています。
X   LMirusclub816
真面目な呟きも始めました。
X   LMirusclubスピリチュアル


月例集会Mirus Clubを開催しています。

詳細は、ページをスクロールして左側のカテゴリー「Mirus Club」をご覧ください。

詳細など、一週間くらい前にこのブログでお知らせしています。
次回は2月24日(土)午後1時より開催、ご参加お待ちしております。

その後の予定
3月19日(火)
4月23日(火)

各種個人セッションも受付中。
メニューその他は、カテゴリの「個人セッション」をご覧ください。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』
(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』
(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』
(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

« 2024 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -