FC2ブログ
  • 2020_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2021_01

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



自分と人生を変えること

今回のイベントで、あれ?と思ったことがひとつあります。

自分自身のエネルギーブロックをちゃんと見ていれば、それが現実化してひどいことになったりしないはずなのに、見えた後もえらいおまけがしっかりついてしまいました。

Mirus Clubでは、「悪戯をする犬にはちゃんとリードをつけて見張っておきましょう、そうすれば犬は悪さができません」などと申し上げていましたが、う〜ん、今回のブツは犬なんて可愛いものじゃなく、背中に退化した嫌な羽までついた毒龍クラス?で、パワーありすぎましたかね…(--;)もっとも、あまりに深いトラウマでヒーリングが全然追いついていなかった、それかな。。。

それでも、ここまでくらえば、自分を変えるのにはうんと弾みがつくというものです。

侵害というか、侵犯される恐怖にリンクして、誰にもわかってもらえない、誰にも助けてもらえないという歪んだ思い込みもあって、勿論そんな事は顕在意識では思っていませんが、これも充分に影響力がありました。ブログで、本当に何でもないことが大惨事になった理由の一つです(実は、マインドの一部が「あんたバカか?」と呆れていましたが、どうせマインドなんて、な〜んもわかってないもんね)。

はっきりしたからには、意識もですが、行動も変える必要があります。知識も技術も経験もあって、自分の感情のお世話くらいどうにでもできると、今でも傲慢にどこかで思っていますが、それには無理をしたり、すご〜く頑張らなくちゃできない場合だってあって、それは調和から外れているような…。

基本的に他の人も含めて外側に依存するのはNGというのは、今でも変わらない基準ですが、あまりに大変な時に誰にも頼らないというのも、偏り過ぎているでしょう。依存するのと、事情を話して理解してもらい、その上で助けを求めるのは、別のことですし。。。これまで散々人のお世話をしてきて、自分自身がどん底でも全部自分でなんとかって…できるとかできないの話以前に、普通の人間なのに、おかしいです。

で、今回、たぶん成人してから初めて、父に泣きつきました。

勿論、最初は自分で何とかできるからと思ったものの、こういうことをしている限り人生変わらないので、直後に思い直して父に電話をしたら、向こうから迷惑電話の件かと聞かれたので、びっくりしました。なんとまあ、私が電話を切ってしまうから(私の主観では、充分その都度お相手させていただいたんですけれどね…)と、実家にまで電話がいってました…(--;)お蔭で話は早かったですが…(^^;)

結局、父にお願いしたことはしてもらわなくても済みましたが、事情を話して、とても精神的に疲れている時だから、こういう事は…ということまでわかってもらったそれだけで、随分気持ちが楽になりました。。。ほら、ちゃんとわかってもらえるし、助けてももらえるじゃない…って。

その上、次に父から電話を貰った際、父はとてもご機嫌でした。。。面倒な事で心配をかけたくないと思っていたのに、父は頼りにされたことを明らかに喜んでいるようでした。。。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2020 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -