FC2ブログ
  • 2020_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2021_01

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



You are a FREE man.

先日、新百合にあるニューヨークスタイルのレストランでご飯を食べていた時のことです。

いつも古いアメリカ映画が無音で上映されていて、その時はチャップリンの「モダンタイムス」でした。ふとご飯から顔を上げてモニターを見た時、” You are a free man.” (お前は自由だ)という字幕が見えました。

何かがハートの中で動きました。

チャップリン扮する主人公は、囚人であることがかなり気に入っていて、実は出たくなかったりするんですが、そのストーリー自体は、この話とは関係ありません。

最近は減り気味でも、やはり囚われの身のような気分になることはあって、でも「本当は私たちは自由なのにね…」と、字幕を見た瞬間思ったのか、あるいはハート経由で誰かが囁いたのか…。

霊的には時空は関係ありませんから、調和と愛の高次元に肉体がいないからと言って、その調和と愛の故郷と切れていることにはなりません。

何がその気持ちよい波動域から引きずり降ろしているかと言えば…

自分自身のマインドだったりする…。

痛みや病気を経験するのだって、魂からすれば得難い経験なので、それが愛とともにブループリントに書き込まれました。。。霊的には、満足で幸せなことに違いありません。

でも、マインドは抵抗したり、嫌がったり、逃げようとします。

マインドはこの重い波動に囚われていると思って、苦しんだり悲しんだりするけれど、まさに自縄自縛。。。監獄も看守も、そして囚人も全て自作自演だということになる?

ただ、この分離の感覚を形作ってくれるマインドがあるからこそ、この得難い経験ができるわけです。しかも分離しているおかげで、わかりあえたり、融合を感じる時の感動も格別深いものがあります。

囚われていると思って苦しんだりする自身のマインドを「いい子、いい子」してあげる自分は、いつでも解放されていて、自由だと言ってもよいのかもしれません。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2020 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -