FC2ブログ
  • 2020_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2020_11

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



進化を促す生命のゆらぎ、あるいは人生の恩寵

少し前に『覚醒の真実』(ナチュラル・スピリット)の著者、清水友邦さんとお話しする機会がありました。

実は、いわゆる覚醒とか解脱って、今に至るまで心底したいと思ったことがありません。十三年前に瞑想を始めた時ですら、あまりにひどい精神状態を何とかしたかっただけでした。その頃はフルタイムで働いていて、鬱病でひどい能率だったこともあったでしょうが、充分な睡眠時間を確保できませんでした。それでも、1時間睡眠時間を削ってでも、その分瞑想をした方が断然よく眠れるので、毎晩してました…眠剤替わり…(^^;)

エネルギーワークやリーディングだって、楽になりたい一心でした。解脱とか覚醒に興味を持つようになったのは、ある時、本当に楽になるには解脱するしかない、と気づいたからです。

で、清水さんにも正直にこれを話しました。そしたら「そう、そう、解脱って、楽になることなんだよね〜(カラカラ…清水さん笑)」という答が返って来て、ちょっと意外な気がしました。

解脱を目指して日夜修行している方たちからは、あんたたち脱力しすぎだと言われそうですが…。

あ、そんな事を書くんじゃなくて、清水さんと話をして彼の本を読んでみようと言う気になり、以前書店で見た際はスルーしてたんですが、取り寄せて読んでみました。部分部分ですごく共感する箇所がありましたが、今日は是非シェアしたい箇所を引用します。

ゆらぎ

 病気や失敗など人生の問題を機会にスピリチュアルな洞察が訪れた人の話はしばしば聴いたことがあると思います。破局に直面すると生命はゆらぎを創り出し、自己を超越して、より新しい秩序に向かって進化させていきます。ゆらぎが起きているときは古い自我を脱ぎ捨てる自己超越が起きる最大のチャンスなのです。

(清水友邦『覚醒の真実』p327)

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新記事

最新トラックバック

« 2020 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31