FC2ブログ
  • 2021_02
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2021_04

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



分離・個性化の by アルクトゥルスの存在達(スザンヌ・リー経由)

丁度、個性化と分離について考えていたところに、シンクロでこれが来ました。


この地球世界に転生するとは、ワンネスの真実を一旦完全に忘れて、幻想としての分離を真実として生きざるを得ないところからスタートします。これはとてもリスキーで、完全な忘却から復活することは並大抵のことじゃなくて、これは現在進行形で経験中ですからね!


とても長いメッセージで、テーマも複数にわたりますので、途中部分のみを転載しますが、余裕のある方は是非オリジナルサイト「きらきら星へようこそ...☆」に飛んで、全文どうぞ。


わたし達は今ここにいる

親愛なる皆さん、ご存知の通り、一度皆さんが3次元と4次元の時空の数々の制約を超えて拡大してしまえば、皆さんは皆さんの多次元的な自己の無数の型と完全に結び付きます。


この意識の拡大は、皆さんが自覚できるよりもさらに急速に増大しています。

 

それは、この拡大の大部分が静寂に内部で起っているからです。

 

静寂の中で、それぞれの存在は、自分自身の核心部分に、そして自分自身の意識の奥深くからの自分自身の自己の拡大に、気付きます。


このようにして、今後それぞれの皆さんが、皆さん自身の神聖なる閃光に気付くことになるでしょう。

 

その広がりは、ガイアの核心部分と同時に人類の可能性に向けた皆さん自身の起源の最も高い次元の内部にある皆さんの最初の概念に至るまで続いています。


それはかなり孤独になることがあるひとつの道筋であり、そのため個性という課題を選択しなかった数多くの生命体がいます。

 

またそれは、個人が比較的低い世界の中で道に迷い悠久の時の間故郷に帰ることができないこともある、ひとつの現実性の道筋です。


皆さんのさらに高い仲間であるわたし達は、惑星ガイアの上でひとつの個人的な姿を持とうとする皆さんの選択に敬意を表します。

 

皆さんがこの任務を志願した理由は、ひとつの惑星存在の次元上昇を目撃することは、ひとつの大いなる名誉になるからです。


皆さんが惑星と同じ要素と自然力からできているひとつの身体を維持している一方で、皆さんは、拡大された能力と、移行を続けるひとつの惑星上でひとつの姿を維持するという進化の経験を積みます。

 

また、皆さんの姿は、地、風、火、そして水という惑星と同じ自然力で構成されるため、皆さんは実際に、惑星でできています


言うまでもなく、皆さんは惑星からできている訳ではありませんが、しかし皆さんが着用している地球の姿は、皆さんが惑星を支援して、惑星の5次元とそれ以上の次元に向けた変容の過程に参加するという大いなる名誉を手にすることができるものです。


一度皆さんの意識が、従って皆さんが着用している地球の周波数が、5次元の共鳴周波数に入ってそこから出てしまえば、皆さんは時間という3次元の経験から退出し始めます。


次に皆さんは、徐々に5次元とそれ以上の次元や今という瞬間にいきているという概念に入ります。

 

皆さんの3次元の時間は、皆さんの地上の身体が回転している惑星地球上に位置する場所に関連しています。

日本語訳 森のくま

 

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2021 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -