FC2ブログ
  • 2020_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2021_01

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



肉食 by サウル(ジョン・スモールマン経由)

続きです。
同じくソウルカメラのblog(http://blog.livedoor.jp/sourukamera/archives/47686737.html)より転載です。

「神」は多くのメッセンジャー経由やさまざまな形で「あなたは『愛』です」というメッセージを伝えます。

あなた方のある人は、自分が口にする食べ物を怪しみます。「肉や酪農製品を食べることを、どうして許容出来ようか?」と。さて、あなた方が携わる「ゲーム」(あなた方が遊び興じるゲーム)は、全参加者が参加することを選んだ「ゲーム」です。全員が、自分が学びたい課題を持ちます。「食物連鎖」には一つの「序列」があります。そして、より進化したレベルにある人達は、「序列の位階が下位のもの」を食して生きる必要があります。あなた方もご存知の通り、「食物連鎖」を下に行けば行くほど、存在する食糧(食べられる生命形態)の量が、より大きくなります。あなた方が完全に覚醒するまでは、この「食物連鎖」はやむを得ず、あなた方や惑星の他の生命形態を支えます。

ということは、あなたが肉や酪農製品を食する事を選んでも、あながちこれが「間違い」というわけではありません。とはいえ、そうした「あなたに食べられるまで生きるもの」を、あなたは敬わなくてはなりません。あなた方はこれを、「あらゆる生命形態が名誉と尊敬で扱われること」を確実とすることによって、行います。「自分達に食物を供給してくれる生物達が彼らのニーズに適した環境で生を享受出来るように、人道的な(つまり優しい)生活状況が彼らに用意されている」ということを確実とすることによって、あなた方はこれを行うのです。いよいよ彼らを「食物連鎖」に入れるために屠殺する時、「動物達は、屠殺が起こる場所まで穏やかに丁重に連れて行かれる」ということを確実とすることが、重要です。そこは、一つの「キレイ爽やかに保たれた場所」であらねばなりません。そしてそれは、彼らがそこに案内される前に前回までの屠殺のエネルギーが完全に消えているように、換気の良い場所である必要があります。さて屠殺は、速やかにかつ痛みを与える事なく行われなくてはなりません。

食べる前には常に、あなたの食べ物を賛美して(清めて)、あなたを支えるために献身的に自分自身を与えた動物達に答辞(感謝の辞)を述べてください。彼ら動物達は、あなた方と違って、「裁く」ということがありません。彼らは起こる事を受け入れます。また彼らは良く扱われれば、自分の生命をフルに満喫します。それは、幻想が提供するレッスンの一環であるのです。

人類も、起こる事を受け入れること、それも「愛」をもって受け入れることを、学ぶ必要があります。どんな形の攻撃でも、それは一つの「愛を求める必死の叫び」なのです。勿論ほとんどの場合、攻撃者は、自分が攻撃する際に「私は不当な攻撃(自分の命や生計を脅かす攻撃)に対して自分自身を防御しているのだ」と確信するほど、自分が本当に感じている感覚を葬っているものです。「防御」と「攻撃」は不可分のもの(同じ穴の狢)です。「同じ狂気の沙汰の問題」の両側なのです。「愛」だけが「平和」をもたらします。

日本語訳 ソウルカメラ
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2020 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -