FC2ブログ
  • 2021_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2022_01

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



マーにいただいたマントラ

日本では、ヨガナンダの本でアーナンダマイ・マーを知る人が多いようです。私も以前ヨガナンダの本で読み、とても印象的だったので、少しネット上で動画なども含めて調べたことがありました。

今回読んだのは、刊行はごく最近ですが、かなり古い本ですし、マーもインドの頑固な伝統を甘んじて受け入れ、組織の運営などに妥協があったとのことです。新しいエネルギーが怒濤のように押し寄せている特別な時期に、まるまる全部は参考にできませんが、珠玉のようなマーの言葉には、魂が震えます。

中でも「何が起ころうと、それは大したことではありません。(p45)」「起こることは何であれ、起こる運命だったのです。(p107)」の二つは、お気に入りの音楽のように私の中で鳴り響きました。

勿論初めて接する概念じゃありません。随分前から既に私の中にはありました。でもマーの力強く優雅なエネルギーが乗ると、それはあたかも独立した生命を持ったように、存在の輝きを帯びるのです。二つ目の「運命」というのがちょっぴりひっかかるので、「起こることは何であれ、起こるべくして起こったのです」と自分用にアレンジしました。

数日前の瞑想中、この言葉をマントラのように愛していることに気づいた際、誰か威厳のあるパワフルな、しかもとても優しい女性のエネルギーが現れ、あなたにはもう一つマントラがある、と言いました。マーご自身だったかもしれません。それは「全てを創造しているのは自分自身です」というものでした。

この三つのマントラを愛しながら、どこまでゆけるか…試してみたいと思います。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2021 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -