FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



人類の大いなる飛躍 ∞9次元アークトゥリアン評議会 (D・スクラントン経由)

黄金時代がやってくるより転載します。


ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン評議会です。皆さんとつながることができて嬉しく思います。

私たちは今、人類がスピリチュアルな進化を遂げていく上での記念碑的な飛躍を目の前にして、とても興奮しています。しかし、スピリチュアルな成長や進化に関しては、喜びは旅の中にあります。皆さんは、今いる状態を認識できないような意識状態へと、どんどん上へ上へと旅をしています。だからこそ、この意識の変化は非常に大きな意味を持ち、多くの人がそれについて語り、期待しているのです。

皆さんは地球上ですでに多くの経験をしていますが、同じ経験を何度も繰り返す必要はありません。魂のレベルでは、自分を盗んだ人を許したいとか、恐怖や憎しみや怒りを持たずに状況に対応したいと思っているかもしれません。どんな理由で作ったにせよ、あなたは意識的に、成長のために作ったのです。その成長を体験することは、今の自分の視点でしかできないことであり、その体験をしたいと思ったことすら覚えていないのです。場合によっては、なぜそのような経験をしたいのか想像もつかないこともあるでしょう。

地球上では、何かをしたり、行動したり、考えたり、話したりすることが、これまでよりもはるかに必要のない時代になっています。時には、考えることも必要ですが、その考えは受け入れた後に出てきます。思考は、あなたがすでに自分の中で感じていることを確認します。あなたはある時点で、自分の個人的な現実や今日の世界について何かに抵抗する必要がないことを理解しています。

あなたのパワーは常に、自分が望む状態になることを困難にする状況にもかかわらず、振動する能力にあるのです。それが旅であり、楽しみでもあります。楽しみとは、自分の中にパワーがあること、そしてそれを最初から持っていたことを認識することです。その力を使うことは素晴らしい感覚であり、解放感であり、あなたの世界の多くの人がすでに経験していることです。つまり、それはあなたの集合意識の中にあるということです。あなたはそれにアクセスすることができますが、そこには誰かが作ったロードマップがあります。ですから、あなたは自分の意識の進化において、この巨大で記念碑的な飛躍をしているにもかかわらず、それをしたのはあなたが初めてではありません。

だからこそ、あなたは楽なのですが、それでも、地球上の人類の歴史の中であなたが最初にそれをやったかのような満足感があるのです。それを実感していただきたいのです。私たちが提案していることは、自分の人生や世界を変えようと思って行動するよりも、はるかに満足のいくものなのです。あなたは自分の中に力を持っています。その力は、あなたが源とつながっているだけでなく、源があなたの一部であるだけでなく、あなたが源であることを完全に認識することから生まれます。その究極の真実を知り、それに沿って人生を送ること以上に、力を与え、満足させてくれるものがあるでしょうか?

私たちはアークトゥリアン・カウンシルであり、あなたとのつながりを楽しんでいます。
 
日本語訳 Rinchan

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


自分自身を見つめて、一休みしてください

昨日のブログの話には続きがあります。

Mirus Clubでだったか、随分前に、ジーザスのメッセージを集めた『光の書』(アレクサンドラ・ソルナード著 和田豊代美訳)をご紹介したところが、Sさんはいたく気に入り、今に到るまでご愛用です。

会話中にも、彼女が最近引いたメッセージの話が出て、私も久しぶりにジーザスのメッセージが欲しくなり、寝る前に本を開いて出たのが147「鏡」でした。

最後の部分を引用します。

p267
 これまでを振り返り、いかに自分で自分を傷つけてきたのかに気付いてください。あなたは、自分に非常に多くのことを要求すること、たくさんのものを手に入れようとすること、あるいは速すぎるペースで前進しようとすること、自分自身に寛容に慣れないこと、そして、自分自身を許さないことによって、自分を傷つけてきたのです。
 自分自身を見つめて、一休みしてください。
 行っていることを中断してください。感じてください。じっとしていてください。
 すると、繊細な光がわずかに見えてくることでしょう。あなたの本質の光です。
 その光は、あなたが他の人ではなく、自分を見つめてくれることを待っています。
 他の人ではなく、自分を評価してくれることを待っています。
 そして、愛してくれることを待っているのです。
 本質が願っていることを行ってください。そうすれば、あなたは本当の愛を引き寄せることができるでしょう。

これを見て、あまりのシンクロに笑ってしまいました。

電話での会話中、全く同じことをSさんに伝えようとしながら、このように整然とは話せずにもどかしかったのです。

こんな風に話せばよかったんだよ…
というメッセージだったのでしょうか?

それとも…
私は自分で感じたり気付いたりしたことと思って話していましたが、元の元は、ジーザスが送ってくれたインスピレーションをそれと知らずに受け取っていたりしてね!

いつだったかかなり前に見た夢で、素朴な学校の廊下で、私は彼から庇の向こう、空の高いところに輝く光の見方を教わっていました。

顕在意識ではそれと気付かずに、時々別次元で、こんな風に有り難い指導を受けているのかもしれません。

ああ、そうそう、同じ夢では、マリア様から教室で授業を受けた後、ティーバッグをいくつかいただいていました。

夢の言語では、お茶を飲むことはリラックスを意味したりします。

きちんと休憩すること、自分を労わること、自分に充分な愛を注ぐこと、それなくして光に融け入ることはできないのですね。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


やりすぎ注意、その結果(現実化)の重大さ

最近のことです。

Sさんと近況報告などしていて、疲れていても何でも、とにかくルーティーンや仕事を終えよう…というメンタリティをいい加減にどうにかしなきゃ、という話になりました。

こうやって自分の痛みや苦しみを無視して、拍車をかけるような事は著しく愛に反しています。

この世界にはひどい苦しみがあふれていて、散々その苦しみを見たり聞いたり経験したりしているうちに、おそらく私たちは感覚が麻痺しているのです。

遊んだり休んだりは、宿題をやってから、という躾が身につきすぎてしまった良い子たちは、特に注意が必要でしょう。

自分自身を蔑ろにして、いつも疲れた、辛い、苦しい…なんてエネルギーを作り続けていれば、疲れる、辛い、苦しい現実を再生産することになってしまいます。

その上、自分自身を愛さないエネルギーが現実に投影されたら、周囲からも愛されない。。。これは避けたいですよね。

エネルギーが加速してどんどんシャープになり、現実化も加速しているので、今までのような「このくらい…」が、結構な現実化として投影される前に、自分を変えようと思います。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


光の世界の調べ

前のブログでご紹介した並木メッセージの「その先の明るい光が広がる、調和・平和に満ちた、自分が望む世界」って…

もしかしてこんな波動?



  1. Music!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


冬至までのラストスパート by 並木良和

アークトゥリアン評議会も今年の冬至がパワフルだとアナウンスしていましたが、それ相応の準備が必要なようで…

このブログをお読みになっている方たちは、炙り出しなどと聞いても慌てたりしないでしょうが、えっ!!(えに濁点つけたい ^^)みたいな事があっても、ラストスパートだから、チャンスだからと受け止めて、いつもの手当てをすることに致しましょう☆



皆さん こんにちは、並木良和です☆

10月も一週間を過ぎようとしていますが、如何お過ごしでしょうか?

今月の中旬以降からは、人によっては「正念場」のような現実の流れを体験することになるでしょう。

それは、冬至の先に待つ、各自の新たなステージに向けての準備がラストスパートのようにやって来るため、「炙り出し」が本格的になるからです。

この時、大切なのは、いつも「自分の向かう先を明確にし、そこにしっかり意識を向け続ける」ということ。

呪いの言葉になるのが、「もうダメだ…」、「どうせ無理…」、「終わった…」というような言葉です。

辛い時や苦しい時は、どうしてもそこで止まってしまいがちですが、「その先」を選び続ける人にとっては、本当に素晴らしい世界へと続く道が拓けていくことになります。

それは「奇跡的」といっても良いでしょう。 なぜなら、二極化の流れなど、かつて起きたことがなかったのですから。

だからこそ、何が起きても、やって来ても、皆さんは常に「その先の明るい光が広がる、調和・平和に満ちた、自分が望む世界」に意識を向け続け、「私は、それを選択する」と、選び続けていってください。

あなたの幸せは、あなただけが知っています。 自分にしか、本当の意味で自分を幸せに出来る者はいません。

であれば、そろそろ「人生を本気で生きる」時を迎えていることを知り、自分のために、今を大切に生きましょう。

誰に遠慮する必要もありません。 あなたはあなたが幸せになるために生まれて来たのですから。

そして、その在り方を体現することが、周りへの一番のギフトであり奉仕であることを理解することが出来た時、あなたの人生は、本当の意味で変化することになるでしょう。

それでは、このメッセージをご覧いただいている皆さんに、宇宙からの沢山の祝福が降り注ぎますように!

いつもいつも、ありがとうございます☆
 
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


超簡単で激ウマ!秋鮭の温製/冷製

秋鮭がどこのスーパーでも山盛り並んでいて嬉しいですね。

このレシピ、ほんと〜〜に簡単なのに、えらく美味しくて何回リピしているかしれません。

基本の材料もシンプル、秋鮭と玉ねぎ、バターだけ!

鮭の切り身は下ごしらえをしておきましょう。
ウチでは、裏表しっかり塩をしたら、和食の霜降りで、熱湯を回しかけてから水気を拭き取っています。

玉ねぎを薄切りにしたら、フライパンか大きめの鍋でたっぷりのバターで炒め、ウチでは塩入りのギーを使うのでそのままですが、無塩バターの場合は塩少々を振って炒めてください。

玉ねぎがしんなりしたら、その上に下ごしらえをした鮭を並べてたっぷりの酒かワインを振って蓋をします。

弱めの中火で3分くらい、火を止めて1分ほど蒸らします。鮭の大きさにもよるので、適宜調整を。

ソースは、簡単にマヨネーズです。

たくさん作って、残りは冷製として翌日いただきましょう。
ただし、バター炒めした玉ねぎは常温に戻さないと脂っぽくなります。

マヨネーズを平たく伸ばし、オリーブの輪切りとディルやチャービル、あるいはチャイブなどを飾ると見栄えが素晴らしい。

シンプルなサラダ添えは勿論、鮭と鉄板の組み合わせ、茹でたジャガイモやマッシュポテトを添えるのもグッド。

一人用の切り身ではなく、大きな切り身で作るとおもてなしにピッタリです。

見た目豪華なのに、超簡単で美味しい。
シーズンが終わらないうちに是非是非お試しください。

  1. すぐおいしい!すごくおいしい?
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


12月の冬至イベントの募集について ∞9次元アークトゥリアン評議会(D・スクラントン経由)

既に強いエネルギーの流入は随分続いているでしょうが、今年の冬至は強烈なのが降りそうですね。

アークトゥリアン評議会はその内容について既にキャッチしているようですが、どんなん!?


黄金時代がやってくるより転載します。


ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン評議会です。皆さんとお会いできることを嬉しく思います。

覚醒状態でまだ目覚めていない人たちは、夜、ベッドで眠っている間にアストラル面を旅しているときに、私たちのような評議会や集団と会っているので、私たちはより多くの皆さんをグランドクルーとして参加させることができます。そしてこれは、最終的に彼らの覚醒を助けるものであり、多くの人々が覚醒するのに役立ってきました。彼らは、まるで地球外生命体や非常に賢い長老に会った夢を思い出すかのように、アストラル面での旅の断片を覚えているのです。

これは、2021年の閉幕に向けて、私たちが地球上で強化していこうとしていることです。なぜなら、来るべき冬至にどれほどのパワーがあるかを私たちは知っているので、皆さんには、上からのエネルギーにグラウンディングする能力を最大限に発揮していただきたいのです。ですから、皆さんの生活の中で、思いもよらないような人が、自分のE.T.の夢やE.T.との出会いについて質問しに来るかもしれませんが、彼らは来て、聞いてくるでしょう。

あなた方は、あなたの確信と明晰さ、そしてあなたが示す模範によって、人々を地球上のグランドクルーに引き入れる能力を持っています。あなたの生き方や、他人への思いやりや優しさは、人々を引き寄せる光の道標となり、あなたが信頼できる人であり、何でも相談できる人であることを人々に伝えます。他の人が自分の道を見つけるのを手助けすることで、自分自身のマスターをより多く経験することができます。覚醒し、自分が知り、経験してきたことで、自分がどれほど優れた能力を持っているかを、自分自身に示すことができます。

ですから、私たちは、これから数ヶ月の間に目覚めようとしている人たちを助けるために、自分のゲームをステップアップしています。人間が夜寝ている間にしていたことに気づく方法は他にもあるでしょう。あなたが語る物語に共鳴を覚える人もいれば、テレビ番組や映画、ドキュメンタリーを見て気づく人もいるでしょう。このように、宇宙は人々に本当の自分を思い出させる方法をたくさん持っています。そして、これらの方法はすべて、私たちが今、宇宙意識として一緒に働いているときに採用されます。

私たちは皆さんをとても愛しており、皆さんと皆さんの仕事に感謝しています。あなた方の多くが、もっと何かをしたい、もっと助けたいと言って私たちに連絡してくることを私たちは知っています。皆さんがこのプロセスを信頼してくださることを願っていますし、私たちが皆さん一人ひとりと喜んで一緒に仕事をしたいと言うときには、私たちを信じてください。先ほど申し上げたように、私たちは技術的にはまだ眠っている意識の目覚めている状態の人たちとさえ一緒に仕事をしています。

私たちはアークトゥリアン・カウンシルであり、皆さんとのつながりを楽しんでいます。
 
日本語訳 Rinchan

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


暖かい記憶

最後に残った仕事として、写真の整理があります。

カメラ好きの父が残した膨大な写真を、アルバムとともに実家でふるいに掛け、ほぼ完了ですが、ウチにある物と一緒に整理してデジタル化の業者に送る、それで終わりです。

多岐にわたった実家の片付け、ほんと〜〜に色々な作業がありました。

肉体的に重労働なのは勿論ですが、どの業者を頼んで、どんな手順で進めてなどなど、精神労働も半端でなく、最初は過労死するかと思いました。

そんな中で、写真の整理は量が多すぎて疲れることは疲れても、一番楽しい作業だったかもしれません。

被写体は、大体が楽しい集まりや旅行でニコニコしていて、そのエネルギーが精神的な滋養でした。

若い母が自分で作った洒落たドレスを着て澄ましているのも微笑ましいですが、父と仕事仲間が酔っ払って肩を組み、マイクを持って歌謡曲か何かをがなっている写真は、噴いてしまいました。

きれいな羽だけを残して、とっくにあちらに帰った懐かしい鳥たちの愛らしい姿も残されていました。

父は貿易商だったので、世界各地に出張に行き、まだ私が行ったことのない国や都市での写真を見ながら、ちょっとした海外旅行気分?

アルバムは厳選して数冊残した中で、私の誕生から一歳になるまでのぼろったピンクのアルバムは、エネルギーが特別です。

地球の苦痛の洗礼を受ける前の乳飲み子は、いつもご機嫌で、軽やかで暖かな天界の気のようなエネルギーが漂っています。

親類縁者からのお祝いでしょう、バンビちゃんやお人形たちに囲まれ、人生の過酷さなどと無縁な地上の楽園で、暖かい愛情に包まれていました。

とても若い両親がまたえらく幸せそうで、古くて汚くて物質的には捨てたいような代物ですが、ウチにある物では一番エネルギーが高い物の一つかもしれません。

ということで、もう一曲、広橋真紀子さんの「暖かい記憶」です。


  1. Music!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


白紙の未来に向けてSTART !

今まで、何回かとても大きな人生の分岐点を経由してきました。

大学の教員を辞め、家も祖国も捨てて、海外で人生の再出発なんてのは、鬱病で生きるか死ぬかだったからこそできた決断だったかもしれませんが、その後も価値観や生き方を変え続けて今に至っています。

それでも両親と実家を見送ることは二度と無いし、これを超えるような人生の変化は巡ってこないような気がします。

今朝方の夢では、きれいに荷物を出した後の実家で、両親と一緒に最後のお掃除か何かをしていました。父は60代、母は50代くらいに若返っていて、二人とも元気で朗らかでした。

ダイニングの照明の上に白百合がたくさん咲いていて、その百合がハラハラと散り始め、下にたくさんまとめて置かれた大きめの石の上に落ちていました。

石は私の執着や愛着だったかもしれません。散り注ぐ百合の花は、愛惜の情だったでしょう。

目覚めてしみじみとこの夢を思い出し、これできっとケリが付いたのだと思いました。両親がご機嫌だったので、あちらでもきっと気持ちの整理がついているのに違いありません。

終わりは始まりです。

これまでの人生の章が閉じ、何が始まるのかまだわからないけれど、促しの風を感じながら、歩いてゆこうと思います。

昔見た、トムハンクス主演の「キャスト・アウェイ」という映画で、飛行機事故で無人島に一人流れ着きサバイバル生活をした後、脱出を決行して奇跡的に救助された主人公が、心の整理がつかずに悶々として、最後に白紙の未来に晴れやかに向かってゆく幕切れを思い出します。

過酷なサバイバルはなくても、人生が白紙になった感じ、そして過去を吹っ切って、その白紙の未来に向かってゆく気持ちとして、深く共感します。

そんな気持ちにぴったりな曲は、これ。
広橋真紀子さんの「START !」


  1. Music!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


選択できるという自由

ちょうどひと月前に始めた遊びは、途中、実家の引渡し前に数日中断したものの、ルーティンになりつつあります。

引渡しが済んで、強烈なプレッシャーから解放された翌日は…

実家と一緒にもう一度両親を見送るようで、切なさや悲しみ、寂しさが溢れるようでしたが、ハートの奥の埋蔵金、じゃなくて喜びや楽しさにアクセスすることは充分できて、でも、ふと思ったのです。

今日は、そういう日じゃない。。。

私にとっては、自分自身の一部、それもかなり大きな部分が死につつあるような経験をしている事に気付きました。

人生のあるべき新陳代謝として受け入れることは容易で、重い執着や苦しみは無くても、悲しかったり、寂しかったりが胸の奥から湧いてきます。

楽しい嬉しい、というのはまたいつでも経験できます。

この人生で二度とない、その経験を自然なままに受け入れ、味わうことの方が大切に思えました。

そして、悲しみを選ぶことにしました。

でもね!
選ぶってね!

経験する感情を自発的に選べるという、そのことに改めて驚き、かなり感動しました。

選択の自由は、自由そのものです。

一日二日、悲しみや寂しさを選んだ後はすっきりして、また楽しいや嬉しい、ワクワクなどを選ぶようになりました。

それでも人生の大分岐点で、愛するものと一緒に古い自分が死んでゆくことに対しては、やはりまだ悲しみや寂しさ、切なさを感じて涙が出ますが、それは甘酸っぱいような胸キュンです。

そして、呆れたことに、この人生で初めて、胸キュンがどのようなものかということを知りました(^^;)

来年還暦なんですけれどね〜(^0^)

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


高次元の存在から受け取るための3つのステップ ∞9次元アークトゥリアン評議会 (D・スクラントン経由)

やることリストの一番上は、リラックスして心を開いて受け取ること!


黄金時代がやってくるより転載します。


ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン評議会です。皆さんとつながることができて嬉しく思います。

私たちは、人類との協定を守っています。定期的に皆さんをチェックし、皆さんが何を必要としているのかを確認し、皆さんが求めるエネルギー、ダウンロード、アップグレード、アクティベーションをお届けしています。また、私たちは皆さんにもっとリラックスして、何もしないように勧めています。そして今、チームの中でのあなたの役割は、あなたがすでにリクエストしたもの、そして私たちが一貫して提供しているものを受け取ることです。

皆さんがもっとオープンで受容的な状態になるために、いくつかの方法をお勧めします。まず第一に、自分の肉体にグラウンディングすることをお勧めします。次に、意識的にゆっくりとした深呼吸をしてリラックスすることをお勧めします。そして3つ目は、自分の好きなことをすることです。

自分の中で起こっていること、直感に定期的に耳を傾けることで、いつ何に導かれているのかがわかるようになります。直感が与えてくれるのは、何か楽しいこと、自分が楽しめること、自分ができることをしに行くためのインスピレーションです。例えば、すべてを捨ててバリに行くことができなければ、チャンスはその直感的なヒットを得られないでしょう。しかし、お茶を淹れて外に座り、鳥の声を聞き、雲を見つめることができ、それが自分の中から得られるものであれば、ぜひ実行してみてください。

外に出ると言ったのは、母なる大地と触れ合い、母なる自然から来るポジティブなエネルギーを感じていれば、私たちや他の人が提供するものを受け取る可能性が高くなると感じたからです。もし、あなたが心を通わせることのできるペットを飼っていて、そのペットの毛を撫でたり、一緒に遊んだりすると、あなたはよりオープンで受容的な状態になります。私たちは、あなたが私たちの贈り物や他の贈り物を受け取ることを望んでいますが、あなたが良い子にしていたから受け取るのではありません。あなたが受け取るのは、自分ですべてを実現しようと頑張るのをやめ、リラックスして、高次の領域から来るすべてのエネルギーに心を開くからです。

あなたは何かを獲得する必要はありません。源の恵みも、イェシュアも、あなたが台座に置いている他の誰かも含めて。あなたがすべきことは、あなたがソースであり、アセンデッド・マスターであり、地球上で十分な人生を送ってきたので、あなたが求めてきたすべてのことに値するということを理解することだけです。私たちはあなたに何かを強制することはできませんし、大天使やアセンデッド・マスターもそうです。

私たちにできることは、あなたにサービスを提供し続け、あなたのバイブレーションが十分に高くなって、私たちが提供したものを受け取ることができる状態になることを願うことだけです。今度、「今日やることリスト」を見るときには、このことを思い出してください。そのリストの一番上に、「リラックスして、心を開いて、受け取る」と入れてください。それを優先すると、他のことがすべてうまくいくことがあるのです。もしそれが可能だと信じられないのであれば、少なくともそれが可能かもしれないという考えを受け入れることを提案します。

私たちはアークトゥリアン・カウンシルであり、あなたとのつながりを楽しんでいます。

日本語訳 Rinchan

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


2023年!

バシャールは2023年までが「針の目」を抜ける期間だと言っています。

「針の目」を抜けるとは、集中的な変容を遂げ、その先の今とは違う世界への精神的な移行と解釈してよいかと思いますが、並木良和さんも2023年からは本当に変化がはっきりすると最近言っていました。

ただし、並木さんは、今年の冬至にエネルギー的な分岐のポータルが完全に閉じると以前から繰り返しアナウンスされています。こちらはもう秒読みで、ちとせわしないですね。

いずれにせよ、今は空前絶後のチャンスで、これを逃すのは惜しすぎることは確かです。

私のチャートでも、来年2022年末までは冥王星が頑張っていて、変容に拍車をかけられるという、幸か不幸か惑星の状況とシンクロして逃れようがないので、しのごの言わず、流れに乗るようです。。。(^^;)




  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


孤独からの卒業

断頭台の刃がいつ落ちてくるか、みたいなプレッシャーは実家の引渡しの日から消えました。

その前はさすがにハートが閉じていて、ハートの向こうにある心地よいエネルギーにアクセスしようという気にさえなれず、友人にSOSしました。

忙しい人なので、ほんのちょっと電話でと思いましたが、彼女がZoom茶会にしてくれたので、ノンアルの泡を飲みながらゆっくりおしゃべりしました。

別に話すことも無くて、「これこれこうでね、寂しすぎてね〜」みたいにひとこと説明すれば済むので、後は、共通の亡くなった友人のこととか、家の間取り、中国経済や自分ちの経済の話など、とりとめのないおしゃべりです。

それでも、この日だけはきついプレッシャーから解放されて、眠りにつくのもスムースでした。

これね、コロナで学んだことなんです。

最初は、寂しい寂しいと吠えている人たちを、「甘いな〜、何言ってんだか、世の中コロナじゃなくったって、心底孤独な人は掃いて捨てるほどいるわよ」などと切って捨て、出勤できずにコミュニケーションが全てZoomやオンラインになってしまい鬱になったと長々と記事を書かれた家族持ちには、マジでブチ切れました。

敏感な向きには、この怒りの反応に私の苦痛が隠れていることを察していただけることでしょう。

そうこうするうちに、私の感覚の方がよほどずれていることに気づかされました。

誰かと一緒にいること、つながること、これは辛い時の薬です。

友人とただダラダラ話をして、時々盛り上がって嬌声を上げ、ノンアルワインをぐびぐびしましたが、まるでアルコール入りを飲んでいるような満足感でした。

本当は引渡し前日も、何回もお手伝いに来てくださったFさんをご招待して、手作りおはぎをご一緒にささやかな茶会をと思っていたのですが、ひどく暑い予報が出ていたので断念(予想通りで本当に暑かった…)。

もともと一人っ子で、一人でいるのは慣れていますが、友人どころか知人もゼロのバンコクで暮らした時は流石にきつかったです。

幸いサービスアパートのスタッフの皆さんが、英語ができる人ばかりで、フロントでのやり取りや、気のいいベルの人たち、そして有り難いことに担当のメイドさんが英語ができた上に人柄の良い方で、どれだけ救われたか知れません。

その後も、孤独で寂しい時間の方が圧倒的に長かったです。
寂しいとも言えずに。

コロナ禍が無ければ、一人でいるのは当たり前だし、誰かをわずらわせずとも、どんなに辛い時でも一人でどうにかするのがプロでしょう、などと思い続けていたかも知れません。

これまでは人に寄り添い、人の悩みを聞く一方で、わあわあ喋っていても、辛い気持ちを打ち明けるのは難しかったし、一緒にいてほしいみたいなことも言えませんでした。

だから電話は嫌いだったし、ただ人と繋がることの意味もよくわからなかったかもしれません。

でも、これからは違います。
ではなくて、もう違っています。

という訳で、皆さまどうぞよろしく(^0^)/

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2021 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -