FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



宇宙エネルギーの流入を受け取る方法 ∞9次元アークトゥリアン評議会(D・スクラントン経由)

黄金時代がやってくるより転載します。


ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン評議会です。皆さんとつながることができて嬉しく思います。

私たちは、人類の集合意識の振動数のわずかな上昇を検知することができますが、皆さんに急上昇があったことを知っていただきたいと思います。あなた方はエネルギー的に求めていたものを手に入れており、受け取るために十分に心を開いている人たちが、人類のために天秤を傾けているのです。他の人が何をしているか、何を考えているか、何を言っているかを見て、人類が正しい方向に進んでいないように感じることもできますし、混乱している状況を見て、人類は高い周波数のエネルギーを召喚しているのだから、誰かがそのエネルギーの受信者にならなければならないと気づくこともできます。

その誰かとは、あなた自身だと気づくことができます。あなたにはそうする能力があり、意欲があり、あなたが人類の集合体に与えたいと思うインパクトを与えるために十分な時間をとっています。あなたは生まれながらにして与える人であり、助けたいと思っています。そして、入ってくる宇宙のエネルギーに自分自身を開くことが、今、仲間の人間に最大の奉仕をする方法なのです。目覚めている人にとって、これらのエネルギーを扱うことは簡単です。なぜなら、あなた方は長い間、何らかの方法でそれを行ってきたからです。

あなたはまず自分自身でそれらにアクセスし、あなたの肉体の中でそれらがすることをさせるのです。あなたはそれらを母なる地球にグラウンディングし、グリッドラインに沿って送ることで、地球上のすべての人が恩恵を受けることができます。今どんな生活をしているかに関わらず、誰もが自分の人生にもう少し安定感を求めることができます。あなたはそれを与えることができるのです。さて、皆さんの中には、どうやってこれをやっているのかと疑問に思う方もいるかもしれません。私たちは、あなたがこれらのエネルギーに心を開いて受け取るには、いくつかの方法があることをお伝えします。

まず、休息してリラックスすれば、自動的にオープンになります。喜びを感じることをすれば、自動的にオープンになります。オープンになることを意図して、腕を大きく伸ばし、手のひらを上に向けて、自分が奉仕したいこと、自分が奉仕できるように今のエネルギーを受け取りたいことを宇宙に伝えれば、それは実行されます。バスタブでも良いので、水の中に身を置くのも効果的です。自分の思考や感情、どこに注意を向けているか、緊張していないか、不安になっていないかなどを意識して、その場で必要なことをすべて解放してください。そうすれば、あなたは今も、そしてほとんどの場合、人類があなたを必要としている導線であり続けることができます。

しかし、ご存知のように、今は人類の歴史の中で重要な時期であり、多くの人々が何かを恐れたり、何かに抵抗したりしており、助けを必要としています。彼らは自分の中から安定を必要としています。あなたが彼らのためにそれを基づかせれば、彼らはより利用可能になります。誰にでも、ストレスや不安、緊張を完全に感じない瞬間があります。そして、そのような瞬間が訪れたとき、あなたは文字通り、今あなたに与えられている美しい安定化エネルギーを受け取るための基礎を築いているのです。

私たちはアークトゥリアン・カウンシルであり、あなたとのつながりを楽しんでいます。
 
日本語訳 Rinchan

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2021 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -