FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



浄化の時 by サウル(ジョン・スモールマン経由)

浄化は避けようがないタスク、というか、今がやっぱりチャンスのようです。
長いメッセージですが、ソウルカメラのblogより全文転載します。

サウル〜誰しもに、葬られたり否定された「モノ」が立ち起こりつつあります。


惑星中で何百万もの人々に「人類の一体感」が発生しつつあります。そしてそれがさらに何百万もの人々に感受される、という具合です。「目覚めよう」という集合的な意図が人類を奮起させているのであり、後戻りすることはありません! あなた方の覚醒は不可避であり、差し迫っています。世界中のニュースに見る「苦しみや欠乏」が、その悲惨な状況の理由の如何を問わず、かつてなかった「地球」規模の同情を喚起しつつあります。あなた方の「意図の力」には感心してしまいます。そしてあなた方は、「絶えず自分を抱きしめる『愛』の神聖なフィールドにハートを開き続ける」というあなた方個々の各自の生活で、その「力」に間もなく気付くことでしょう。


あなた方「ライトビアラーズ(光を担う者)」、「ライトホルダーズ(光の保持者)」、「ライトワーカー」達が、その「同情」や「許し」や「受け入れ」、そして「裁きの欠如」によって「実施中の『愛』の生きた見本」となって見せる「光」が、日に日に輝きを増しつつあるのです。ええ、あなた方のほとんどは、「恐怖」や「エゴの挙動」に後退してしまって、時々失敗します。ですが、あなた方のその「優しくあろう」との意図は健在であり、速やかに「起こったこと」を知って自分を許しながら復旧します。「自己容赦(自分を許すこと)」は何が重要といって、それが「他人裁き」や「自分裁き」が起こす「ネガティブな感情エネルギー」をスッキリさせるからこそ、重要なのです。


スピリチュアル領域の人達があなた方に思い出させ続けるように ー 「愛」は「網羅的」であり、「裁き」はありません。ただ「無条件の受け入れ」があるのみです。「ようがましい(様がましい)/(もったいぶっている/条件や注文がやかましい)」のが人間の性(さが)であり、「ようがましくない」のが「神」です! あなた方は全員、自分が受肉化(転生)する前に計画した「学習の道」にあります。そしてあなた方は、「必ず失敗する」運命にあります。そのようにして、あなた方は「学ぶ」のです。ここで重要な点は、「自分のエラーを受け入れる/エラーの余地を許す」ということです。エラーをしたのなら、エラーに相応しい修正を施して、あなたが故意に「怒らせた」誰かに対して「埋め合わせ」をして、そしたら次に移ってください。しばしば、どうも人々は、お互いを傷つけ合って不快な思いをし合う方を選んでいるようなのです(その場合、実際自分の無礼な振る舞いにはしばしば無意識です)。「ポリティカル・コレクトネス(政治的、社会的な正当性の行使/反社会性の追放運動)」というのは、怖れに基づいた概念であり、それはしばしば、人が「自己価値の欠如」という「自分自身の問題」(非常に激烈で痛ましい状態です)を認めることをよしとせず、誰か他の人を傷つけたりダメージを与えたりすることに用いられます。


「怒る(怒らされる)」のは、その人の選択如何なのです。あなた方は全員、「神」の完璧な子供達なのです。ですから、もし誰かが自分を怒らせたと感じるのであれば、それはあなたが、自分を少しも完璧だとは見なしておらず、あなたに対する他人の判断を受け入れてしまうことを、自分で選んでいるのです。何故そうしてしまうのですか? あなたの動機や意図を知っているのはあなただけであり、他人のあなたに対する意見は、まったく「一つの意見」(間違った情報や知識不足に基づく意見)に過ぎないのです。「腹を立てない」ことです。あなたを怒らせようとしているその誰かは、実は愛と受け入れを求めて泣き叫んでいるのだと、「怒る」のではなく「知って」ください。穏やかに反応して、怒りなしで、その瞬間のネガティブなエネルギーが消え行くにまかせてください。


人間としてその「形成期」に非常に多くの人々が味わった激烈な痛みのため、その痛みをすぐさま否定したり葬ったりすることが、生き残るために必要なことになってしまいました。ところが、葬られたり否定された「スタッフ(モノ/ゴミ/廃棄物/ガラクタ)」は、「身体汚染物質」のように疼き、育ちます。また、その「モノ」が「再浮上して認知され、慰められる」ことを許されないのであれば、肉体的にも精神的にも、より深刻なダメージに至ってしまいます。


誰しもにある葬ったり否定したりした「モノ(廃棄物)」が、人類の覚醒のこのポイントで「認知されて解消される」ために、(しばしば一見「招かれざるもの」として)立ち起こりつつあるのです。ですから、「立ち起こりたい」と求めている「ソレ」を認知してあげてください。「ソレ」が立ち起こるための余地を作ってください。そして、「ソレ」にあなたの中を流れさせてください。どうぞ「嘆いて」ください。「焦り」は禁物です。焦ってその「起源」を理解しようとしたり呼び戻そうとすることは、「流れ」を止めてしまい、「一見終わりのない『再体験』のループ」の窮地にあなたを陥らせてしまいます。


立ち起こる痛みは、むしろ酷い火傷の痛みにも似て、非常に激烈であり得ます。またそのためあなたは、苦悩で吠えたり喚き叫んだり、のたうち回りさえするかも知れません。「感情の流れを許す」ことが、「解消」のプロセスであるのです。そう、それを許してください。「痛い」し「バツが悪い」からといってその流れを止めることは、役に立ちません。


それはあたかもまるで、あなたが自分の中に「古代(先祖)の痛みと苦しみ」でいっぱいの容器を抱えていたかのようです ー そしてその「容器」とは、あなたの「ハート」なのです! あなたはそれを全部、「あなたがそれを体験する(味わう)」ことを通じて、外に流出させてあげなければなりません。そしてそうする時、あなたは本当に「疲れきって消耗する」のを感じることでしょう。ですが、今やそこには、あなたの中のその「虚ろな空間」を満たして癒す「愛」の余地があります。「ソレ」が止めどなく流れることを許されて解消されるまでは、あなたは効果的に、痛みを維持して「愛」を閉め出す「防御システム」を構築し、それを維持しているのです。


この「ガンク(べとべとして気持ち悪いモノ/汚水)」を洗いざらい全て解消するプロセスに入ることをあなたが選択する時 ー また知らぬ間にそれが立ち起こっているようである場合でも、それは「より深いレベルで、あなたはこの解消が起こることを許すことにした」ということなのです ー には、「優しくて親密な友人」がいることが、非常に役に立つことがあり得ます。あなたが暗黙のうちに信頼するその友人があなたを抱き寄せて、その痛みが当初起こった時にあなたが受けることがなかった「慰め」を提供してくれます。さらにそれは、この種の「解消」は地球と地球の人類にとっても癒しであるが故に、その友人にとっても「カタルシス(浄化作用)」であるのです。思い出してください。あなたは決して孤独ではありません。分離がないのです。ですから、あなたが経験中のその「解消」を共有することが、(人類とともに)双方/両者を癒す「優しい交換」である、というワケなのです。


あなた方もよくご存知のように、あなた方は「人類の覚醒プロセス」を助けるためにこの時代に「地球」にいるのです。また、葬られた痛みや苦しみ ー 人類の「トラウマの広大な湖」 ー を解消することは、「プロセス」の主要な一部であるのです。世界中の「痛みに満ちて閉ざされたハート」達が、「愛」を求めて泣き叫んでいながらも、いざとなると「愛」を受け入れられないでいるのです。誰にも触れさせない(誰も慰めてくれることのない)怖れや罪悪感や怒りや痛みで「営業停止」してしまって、自分の周りの世界に対して片意地な「バリア」を張る誰かさん。そうした誰かを知らない人は、あなた方の中でわずかしかいません。


この「バリア」こそ、あなた方全員が解かすために助けているものなのです。あなた方は、あらゆる瞬間に「優しくある」ことを日々意図することによって、その「バリア」を解かすことを助けているのです。これが出来るのは、「あなた方ならでは」なのです。あなた方の一人一人が自らの内に燃え立たせている(気前よく共有することを選択した)「愛」は、あなた方の思いつく能力を超えてパワフルなのです。「無礼な」「怒っている」あるいは「近寄り難い」ように見える誰かと接触する場合、即座にその人に「愛」を送ることを意図してください。そして、その瞬間に癒しがその人に開始したことを、知ってください。


本当にあなた方は、「覚醒プロセス」を援助するためにこの時代の「地球人生」を喜んで選んだ、「難攻不落の『愛』と『同情』」の神のような存在なのです。そしてまた、自分の行く手が如何に困難で痛みを伴う道かを知りながらあなた方が行ったその「驚くばかりに利他的な選択」は、ここスピリチュアル領域で最高の栄誉で讃えられます。あなたが「ヒーローの歓迎」で「Home / お里(本当の故郷)」に帰還する時に、それを悟ることでしょう。


とてもとてもたくさんの愛を込めて、サウル。

日本語訳 ソウルカメラ
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


なんでもなくて笑える日常

一昨日の夜、馬鹿受けしたサイトをご紹介します。
http://www.arealme.com/mental/ja/?ag

もうおかしくて、おかしくて、大声で笑いましたから、きっとお隣には聞こえてる…。

まあ、昼間はこのブログの看板息子?(プロフィール欄でおすまししてます)が、ときどきえらい騒音でご近所迷惑してますが、夜はいたって静かなウチなので、とうとうきちゃったですかね?なんて心配されてたりして。。。

だってね〜、テストしてみたら、精神年齢26歳って!?

これって、こんなに人生修行してきて、まだえらく未熟だとがっかりするべきなのか、逆に、すご〜く柔軟な精神をキープして若々しいと喜ぶべきなんでしょうか?馬鹿笑いした後に、しばらく考えました。やっぱりわかりませんでした。。。

で、もう一つ、これも受けました。。。
性格から世界のどこに住むのが理想的なのかを割り出すテスト…
http://www.arealme.com/country/ja/?ag

だってね、結果はタイランド〜〜〜〜!そうでしょう、そうでしょう、以前3年ほど極楽させてもらい、今も年に一度の里帰りは無理でも、二年に一度の里帰りくらいはするようです。

それでも、日本国内版は、全然盛り上がりませんでした。海外版は、ほいほい、答に迷うこともなくて、すんなりタイに行き着いたんですが、日本版は、そもそも選択肢全てに当てはまらない、とか、すごく迷うものが、いくつか。。。

で、あれこれ答を変えて試したんですが、まず来たのが大阪…う〜〜〜ん、東京よりもずっと本音な感じはいいなと思うし、ご飯が安くて美味しいのも○だし、東京ほどのメガサイズじゃないのも好感ですが、全然違う。。。次に来たのが福岡。。。う〜ん、こちらもご飯、特にお魚(城下カレイ食べてみたい)がすごいと聞いているので嫌じゃありませんが、なんてったって、ご縁薄過ぎて、全然知らない。。。

で、とどめが新宿区…絶対ムリ。新宿区にお住まいの皆様、どうぞご気分を損ねないようにお願い致します。母の実家は田舎も田舎、由緒正しい正真正銘のど田舎で、そこでお産婆さんにお世話になって生まれたのがtomokoです(すごいでしょ〜、いくら年齢的に箔がついてきたとは言え、病院で生まれなかった人って、友人知人ではいないと思う)。以来、東京郊外のなんとかまだ自然が残っている場所でずうううっと棲息してきましたので、大きな公共公園か民家の庭しか緑が無い、という環境ではちと厳しい。。。

ただ、このテストで一つ気づいたのは、いつかは田舎暮らしだ、とか、自然のど真ん中が好き、とかって思って来た誰かさんって、あまりに根性無しすぎて、実は都会じゃないと暮らしていけなかったりしてね…。

あ、皆さん、是非テスト試してみてください。そんでもって、結果をお教えください(^o^)/


  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]


高次元での情報パケットによるコミュニケーション

今朝、瞑想に入った途端、シャープな理解が来ました。

高次元での情報パケットでのやり取りね…あれは、そもそも時間が存在しないから、そういうことになるだけだってこと。。。

私たちの脳は、根深く線状の時間に縛られているので、情報量がたくさんだと順々に、あるいは時間をかけて理解する、それも言語に翻訳しながら、概念を組み立てて、ほどいて、まとめて…なんてことをするので、情報パケットをもらった後の解凍作業が必要になるわけですね。全体だったものをほどいて、平面的にして、という作業は時間がかかるだけじゃなくて、全体だったものとは既に違っていますから、情報としての精度も落ちます。

わかっちゃえば、なんのことはない、至極当たり前。。。

じゃ、使えるかって?

使えません(^^;)

まずは、いちいち言葉に直して考える習慣から離脱しますかね〜。。。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2016 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -