FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



妊婦さんの気持ち?

先日、「こめバトル」でも書いたおバカな遊びがまだ続いています。

もしかしたら、かあちゃんの方が熱心かもしれません。
飽きずに、毎日繰り返しています(^0^;)

鳥も、飽きたという風でもなく付き合ってくれますが、やはりいい歳をして、バトルみたいな消耗戦はたまにでいいやとでも思っているのか、かあちゃんが背中を丸めて作った薄暗い空洞で、まったりリラックスしていることが多くなりました。

わざと隙間を作って、「ねえ、こっち開いてるよ」と声をかけても、脱出しようとしない。。。

昨夜など、とうとう毛づくろいまで始める始末(^^;)
鳥が毛づくろいをしている時は、満足してリラックスしていると言われています。

以前、最初にいきなり背後から襲って覆いかぶさった時、大慌てするかと思ったら、「何?かあちゃん、新しい遊び?」とニコニコしているので呆れたことがあります。

魚座なので、どMの可能性も無きにしもあらずですが、やっぱり信頼かな。

子供の頃てんかん持ちだったので、何年も鳥専門の病院に通いました。そして、お医者の勧めに従い、敢えて過保護にしましたし、一人息子で、年中愛情を独り占め。。。

私の体で作った空間で、私を信じてリラックスしている鳥と一緒に、私もゆったりリラックスしながら一体感を感じていると、もしかして妊婦さんは赤ちゃんをお腹に抱きながら、こんな幸せを感じているのかな、などと思いました。

女服を着ていますが、自分自身を何とかするので精一杯で、全く子供を持つことに興味が向かないまま妊娠も経験しなかったため、当たっているかどうかわかりませんが。

この鳥は、時にとんでもない目にも合わせてくれますが、それをも含め、どれほど私の人生を豊かにしてくれているかしれません。

これからもよろしく、ミルス。。。

  1. 我らが動物家族
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


こめバトル

米ではありません。
込めです。

なんのこっちゃ〜!?

羽の生えた息子と最近始めたゲームです。

鳥の上に素早く覆いかぶさり、体の隙間から脱出できたらヤツの勝ち。
脱出を阻止したらかあちゃんの勝ち。

その日によってヤツの態度が色々なので、これが飽きないんですよ。

私と違い、狭くて暗いところが好きなので、脱出しようとしているのか、ただ狭っ苦しい場所で行ったり来たりを繰り返して楽しんでいるのか、よく分からないこともあります。

かと思うと真剣に脱出しようとして、かあちゃんの腕と頭の隙間に首を突っ込み、頭は出たが体は出ないのを無理やり出ようとしてジタバタしていたり。。。

こんな回は、こっちも夢中で気づきませんが、後で見ると、ヤツの爪が引っかかった跡で手首がガリガリになっていたりします。

そうかと思えば、暗い隙間でまったりして、嘴パクパク(ご機嫌ちゃんのジェスチャー)をしながら、鼻にチュウをしてもらうのを待っていて、こういう時は何回チュウしてやっても嘴パクパクを続けてご満悦なので、かあちゃんの方が根負けします。

還暦圏内のおばはんと、ひと月もしないうちに12歳になる、人間換算では立派なおっさんインコがね、何をしてるんだか。。。(^^;)

我ながら、おバカすぎる(^0^;)

まあもう、平和そのもので。。。

心に十分な余裕があるからできることで、煉獄期間中など頭を抱えて途方に暮れていることが多く、鳥も十分に構ってやれず、かわいそうなことをしました。

今またこうして、二人で童心にかえり、たわいもない遊びを繰り返している有り難さが身にしみます。

  1. 我らが動物家族
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


扉が開いているのに出てこないヤツ

年を挟んでひどい風邪とインフルにかかり、唯一の同居家族は種が違うとはいえ、濃厚接触もよいところなので気を揉みました。

ペットヒーターの温度を26度設定などという贅沢なことにして、毎日ご飯には花粉を混ぜて食べてもらっています。

幸い、今に至るまでヤツは元気でご機嫌です。

ウチに養子に来てから、こんなにひどく私が病んだのは初めてなので、ヤツなりに心配したらしく、風邪が治った後にむせて咳き込んだら、ちょうど放鳥中で隅っこの自分のジムで遊んでいたのに、血相を変えて飛んできて、肩に止まってぢいっと私の顔を見ていました。

鳥は人間よりも体温が高いので、病気になったらまずは保温です。28度とか30度で温めてやり、免疫機能をサポートすると、軽いものなら投薬などしなくても治ります。

予防で保温というのもあるだろうと、今回は緊急事態だったので、いつもよりも3度ほど高くして2月近くですから、ヤツはすっかりそのヌクヌクなお家で甘やかされてしまったようです。

晴れると昼は初夏並みにポカポカなリビングでも、夜はそこそこ気温が下がり、放鳥の時間で扉を開けてやっても、入り口まで来て「ちっと、オラにはさみーな」みたいな顔をして奥に戻ってしまうこともよくあります(^0^!)

私自身が病み上がりで、いつもの冬より部屋の温度は高くしているのに。。。

扉はいつでも開いているとは限らないのに。。。

並木情報では2021年の冬至までだそうで。寒いからとかなんとか言い訳していないで、さっさと出た方がよろしいようです。
あ、これはヒト向けの話だった。。。

  1. 我らが動物家族
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


食い意地のはったオカメのおしゃべり動画

鳥好きでないと楽しめないかもしれませんが、オカメインコファンを増やすのも、オカメインコ教信者の大切なお務めなので。。。

そういえば、ワガママなうちの息子は、最近やけに良い子してます。

かあちゃんがゲホゲホしてたり、ずっと横になっていたりしているので気遣っているのでは、とお隣のお友達は言いますが、う〜〜〜ん、大嫌いなお留守番皆無で、いつもかあちゃんが側にいるからのような気がするんですが。。。(^^;)



  1. 我らが動物家族
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


一陣の涼風

うう、暑すぎる。。。
あたしは30度を超えると、ナメクジのように溶けてしまいます。。。

暑中お見舞い申し上げます。
みなさま、くれぐれもお体お大切に。
水分/栄養補給だけでなく、可能な方はお昼寝もして、涼しい秋が来るまでよくよくご養生くださいませ。

暑さ除け(?)2本のオカメさんたちの動画です。

これを発見した時は「どひゃ〜!!」でした。
オカメインコ飼いは、全員悩殺ものです。
まだあどけない雛ぴ男子の可愛い、可愛い熱唱です。

オカメインコのクー、歌が止まらない。


こちらはベテラン、カメちゃんのちょっぴり(かなり)音痴な歌声が脳天にガンガン響きます。
正気を取り戻せるかも(^^;)

オカメインコ カメが歌う メドレー


  1. 我らが動物家族
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -