FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



冬のご馳走 大根ステーキ

たかが大根と侮るなかれ!

これは十分にメインを張れると思います。
すぐにはできませんが、作業自体はすぐです。

材料も極めてシンプル。

大根を厚くスライスして、全体に軽く塩をまぶしつけたら、厚手の鍋に並べ、スライスしたニンニクをたっぷり(ニンニク嫌いの方は、黒胡椒とかでも)のせたら、オリーブオイルをまわしかけ、ごく弱火でじっくり火を通します。最後に醤油を少し振りかけて、余熱で味を馴染ませたら完成!

3センチくらいの厚さで、40分くらいかな。
うちはフィスラーの厚手のステンレス鍋を使っています。

トロトロになった大根にオイルとニンニクの香りが沁みていて、最高です。
残った汁もバゲットなどにつけてどうぞ。

  1. すぐおいしい!すごくおいしい?
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ゴボウと糸こんの炊いたん

先日都心に出た際、京料理のお店でお昼の定食をいただきました。

おばんざい3種に、メインは巨大な出汁巻き卵が鎮座するという充実ぶり。完食出来るか心配になりましたが、ご飯を半分にしていただき、全部美味しくいただきました。

最初に口にしたゴボウと牛肉、糸こんにゃくの焚き合わせが完璧で、早速ベジ仕様で再現してみました。

ごく細くささがきにしたゴボウと、一口大に切った糸こんにゃくはそのまま、お肉の食感は椎茸のやや太目の薄切りで代用しました。アクセントにショウガの千切りを加え、味付けはお酒と薄口醤油のみ。

太白胡麻油で材料を炒め煮にして、火を加減すれば材料についた水分だけで十分です。途中調味料を加えて、混ぜながらことこと火を通してすぐよりも、しばらく味を馴染ませた方が美味しい。

京料理なので、ゴボウもちゃんと水にさらしました(いつもは省略)。おかずが甘いのは好きではないので、お酒にしましたが、甘党はみりんでどうぞ。

ちょっと味を濃くすれば、お弁当にもぴったりでしょう。

頑張ったけど、すごく細いのにしっかりしていた、板さんのささがきには到底手及びませんでした(^^;)

日本橋周辺に御用がある方、ランチに迷ったら京料理「はんなりや」お勧めです。

髙島屋と三越の間くらい。一番シンプルなお昼のセットは1200円、大好物のちりめんじゃこを付けて1350円でした〜。

  1. すぐおいしい!すごくおいしい?
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ポテトリヨネーズじゃなくて、なんだろ。。。

まだ時々うんざりするくらい暑いですが、朝晩は涼しく、秋冬のこってりしたご飯が食べたくなってきました。

頂き物の美味しいジャガイモと玉ねぎがたくさんあったので、ふと思いついて作ってみたら、見事にすぐ美味しい!になりました。

ポテトリヨネーズだとベーコンやニンニクが入りますが、この謎のポテト炒めはシンプル、かつヴィーガンでいけます。

材料
ジャガイモ    5mm程度のいちょう切り
玉ねぎ      繊維に沿って薄切り
オリーブオイル  適宜
粒入りマスタード たっぷり
塩        マスタードの塩分に気をつけて適宜

ジャガイモはごく固めにさっと茹でたら、たっぷりのオリーブオイルで玉ねぎと炒め合わせ、塩で調味して、火を止めたら粒入りマスタードをたっぷりからめて出来上がり!

イタリアンパセリやチャービルなんかを細かく切ってトッピングすると、おシャレになるでしょう。

これでも十分ガッツリ系ですが、オリーブオイルを少なめにしてバターを加えると、一層こってりして腹ペコ家族には好評かもしれません。

ソテーなどの付け合わせとしてもご活躍かと^^

マスタード好きな方、是非お試しくださいませ。

  1. すぐおいしい!すごくおいしい?
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


夏の疲れに

普段、お肉、特に豚肉は殆ど調理しませんが、夏だけはたまに食べたくなります。

実家の庭で採れた巨大きゅうりがあったので、以前見たレシピを思い出し、炒め物にしたら…

大成功!

ごま油をしいたフライパンで、薄めの小口切りにして歯ごたえを残したきゅうりと豚コマ、生姜の千切りを塩で炒め合わせる。

これが基本ですが、ちょうど香りの良い生椎茸があったので、それも一緒に炒めました。しめじでも良さそう。

グアムのチャモロ料理が、塩と酢の味付けで日本人好みという記事を読んだばかりだったので、最後に柑橘の絞り汁をたっぷり目に振ってみたら、完璧。。。

ようやく暑すぎな夏にも翳りが見えてホッとする時、どっと疲れが出ちゃった時などに是非☆

  1. すぐおいしい!すごくおいしい?
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


お休みにしか食べられない美味しいもの

10連休を楽しんでいらっしゃる方も多いと思います。

最近読んだ記事で、ニンニクぶりぶりなレバノンのディップを知り、レシピを見ても、なんかすごいものが出来そうで、半信半疑、恐る恐る作って食べてみたところが…

マジで美味しい!!

でも、これ仕事で人に会う前の日なんて、絶対に食べられない。
とんでもない量のニンニクを食べることになるので。。。

というわけで、ご紹介するのは連休中に、と思っていた次第。

フープロがあれば、すごく簡単に出来ます。

材料
じゃがいも1個、もちろん皮を剥きます
ニンニクはじゃがいもと同量を皮を剥いて芯を取り、さっと茹でる
太白ゴマ油(オリーブオイルでも) 小さじ1くらい
塩 小さじ3分の1くらい
 (じゃがいもの大きさによって調味料の量は加減してください)

普通のフープロだと、クリーム状にするまで時間がかかるので、最初から細かく切っておくのがおすすめ。

ニンニクが心底好き、かつ胃も丈夫な場合、茹でる必要ないようです。さっと火を通すだけでも、かなりマイルドになりました。

とにかく材料全部をブレンダーかフープロに入れて、クリーム状になるまで回すだけ!簡単でしょ!?

「きのう何食べた?」のシロさんとケンジのキッチンには、うちと同じフープロがあったので、シロさんに教えてあげたいわ。

レモン汁を入れるレシピもありますので、お好みで。。。

ゆで卵や魚のフライにぴったりですが、パンにつけたり、サラダにかけたりサンドイッチなど色々に使えます。

じゃがいも2個分に油も加わり、結構な量ができると思うかもしれませんが、これがねー、2人分程度だと思います。どんだけ一度にニンニクを食べちゃうか…空恐ろしいですね(^^;)

じゃがいもが生で空気に触れると変色します。もし残ってしまったら、密封に密封を重ねて、それでも保存は、冷蔵庫で一日くらいじゃないでしょうか?

お休みの日にちょっぴり美味しい冒険を☆

レシピの元記事
《パリの外国ごはん そのあとで。》衝撃の白いソースで卵&サバサンド「Le Coeur du Liban」

  1. すぐおいしい!すごくおいしい?
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -