FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



魔法のテーブル

親切な人たちが掃いて捨てるほどいる国ですから、嬉しい親切や有り難い親切はしょっちゅうでも、最近その親切の度合いが桁違いな体験を時々します。

前のブログのお役所のサポートにも感動しましたが、11月に京都に行った際お世話になったホテルのサービスは、オーバーでなく度肝を抜かれました。

辛い系の香辛料や小麦が入った調味料もダメ、お茶やコーヒーも全滅、林檎由来のペクチンが入ったジャムを少し食べただけでも具合が悪くなる人で、NG食材がここまで色々あると先方も困るだろうと、ホテル滞在の際は必ず事前に打ち合わせをします。

なぜかこの時は、メールでのやり取りで、数年前に突然発症して以来外食が困難になったことを書いたところが、それはご不自由でしょうと心のこもった返信がありました。

メニューも全て決めてしまえば後は安心で、きちんとしたホテルでは自宅同様、問題があったことがありません。

東京の某外資系ホテルでは、食器類まで別に洗ってくださったそうで、重症ではないのでショックなどはおきません、と伝えておいたのですが、本当に頭が下がりました。

美味しいご馳走が安心して食べられる、それだけでお食事の不自由な方にとっては極楽ですが、そのためにあれこれ面倒なことをしていただかなくてはならず、いつも申し訳なく思うようです。

京都行きもきっちり前準備ができたので、以前のようにカフェ巡りはできませんが、久しぶりの外食=ホテルでの食事を楽しみに出かけました。

両親を見送った後の怒涛の大仕事が終わったお祝いにと張り込んだお高いホテルで、京都らしい眺めの美しい部屋で満足していると、それがやってきました。

ウェルカムフルーツからして違うわあ、と呑気に構えていたところが、夕食はとんでもないことになりました。

メールのやり取りからお世話をしてくださった担当の方が、翌日の朝食まで全て面倒を見てくださったのですが、この方がキッチンの各所に根回しをしてくださっただけでなく、あれこれ念の入ったサービスが準備されていました。

外食不可になってしまったとのことでしたので…と、インルームダイニングなのに、レストランよろしく、ワゴンではなく、お部屋のテーブルにレストラン仕様のテーブルクロスがかけられると、ナフキンが飾られた絵皿が置かれ、カトラリーがセットされ、と、まるでレストランにいるようなサービスが始まりました。

翌朝の洋朝食では、以前はラウンジスタッフだったという彼女のアイデアでしょう、アフタヌーンティースタンドにパンなどが美しくセットされた物が運ばれてきました。

まあもう、どぎまぎしてしまって、『小公女』の魔法のテーブルを思い出すようでした。

チェックアウト時に「こちらをお渡しするように言われております」と差し出されたホテルの封筒を見ると、食事の面倒を見ていただいたスタッフのお名前が書かれていました。

帰りにちょっとだけ時間があったので、確実に飲める物があるスタバ、それも京都で一番のお気に入りのスタバで、六角堂を見渡せる席が運良く空いており、そこでゆっくり封筒を開けると、私がテーブルのご馳走を前にして超ご機嫌な写真がカードにしてあり、心のこもったメッセージが添えられていました。

お食事の不自由な方は、あたたかな思いやりと驚くようなサービスに、深く深く癒されたのでした。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


お役所仕事

相変わらず投稿が難しい状態が続いています。

9月頃だったか、実家の整理と売却が一段落する前後に亡くなった母が夢に出てきて、あと半年は大変なのに…と警告めいたメッセージを残してくれました。

「そうでしょう、そうでしょう、リフォームや引越しがあるからね」と思った私は甘かったです(^^;)

難抜歯の手術とそれに伴う検査のあれこれ、検査でも入院ともなれば、同意書をはじめとして結構な量の書類を書いたり、ホテルとは違って、忘れ物をしたらハウスキーピングに電話して「持ってきてね」というわけにもゆかず、また病院特有の決まりに沿った物も含め、細々としたものを揃えなければなりません。

リフォームと病院あれこれが重なっただけでも充分ですが、実家の売却で発生した譲渡益を確定申告しなければならず、税理士さんにお願いした方がよいかとリーディングしたら、自分でできる…でも急ぎなさい、ということで調べてみたら…

めんど〜〜〜〜!!!

あれこれ書類を揃えねばならず、区役所ではダメで市役所の担当窓口に郵送で申請しなければならない証明書もありました。

いつもの調子で確定申告の受付が始まってから、なんてやっていたら、歯の手術やそれに続く治療もあったりして間に合わなかったでしょう。

税理士さんに頼むにしても、あれこれ書類を揃えるのは私なので、やっぱり一緒。。。

最初の関門はパソコンでした。

ウチのマシーンは全てAppleで、申請書を刷り出したら、案の定、書式が崩れてしまった。。。

これ、法定相続情報一覧図を提出した時と一緒で、頭を抱えました。お役所は書式が崩れてしまった書類は、たとえ正確にきちんと内容が書かれていても、受け付けてくれません。

お隣の友人はパソコンは使わないし、旦那さんも最近はもっぱらスマホということで…致し方なく、無駄だろうと思いつつ、お役所に電話をしました。

そこからが奇跡のようでした。

明るく柔らかな応対の声で、「それではメールを送ってください。こちらでPDFに変換した物をメール添付でお送りします」と言われた時には、ちょっと驚きました。

親切〜〜(^^)

これで問題解決だとよかったのですが、必要書類のうちのいくつかは、手持ちの物が該当しているのかどうかわからない物もありました。

こちらも親切に、メールに添付すれば、事前に確認していただけるとのことで、有り難いことこの上ありません。

手取り足取りの大層親切な対応は、お役人というよりは一流ホテルのコンシェルジュのよう。

何回かメールのやり取りをして、無事に申請書もプリントアウトして書類も揃い、市役所宛に送ったところが…電話があり、一箇所記入が間違っているとのこと…

ありゃまあ…(--;)

もう一度申請書をプリントアウトして、記入して、市役所に送って…と頭は忙しく動きながら、口はお手数をおかけして申し訳ありませんとお詫びをして…

「それでは、こちらで記入し直して書類提出とさせていただきますね」という答えが返ってきました。電話の向こうの微笑みが見えるようでした。

たくさんお礼を言って電話を切った後、鳥相手に「ね、ね、今の聞いた?親切〜!!!」としばらく大興奮でした。

この何年か、両親のお引越しに伴う膨大な手続きに関しては、区役所をはじめとしてたくさんの公務員の方にお世話になりましたが、とても親切で感じの良い方が多く、混んでいて待つのは仕方なくても、仕事は早くて正確で、いつも感謝するようでした。

それ以来、「お役所仕事」って死語だよねと思ってはいましたが、寧ろ定義を正反対な物に変えた方が良いのかもしれません。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


だから、一人で出かけたって大丈夫なのよ☆

昨日駅前の坂で、ちょっと大きな音がしたので見ると、シニア男性が向かいの歩道でひっくりかえっていました(@@;)

車道を渡ろうと左右を見ると、中年男性が同じようなことをしていて、一緒に駆けつけました。

横にバイクが停まったと思ったら、仕事中のウーバーイーツの配達員のお兄さんも来たり、5、6人が集まって介抱することに。。。

幸い意識はあって話はできましたが、ちょっと妙な具合でした。

骨折しているといけないので、動かないようにと誰かが言い、横の男性はバッグを枕にしてあげましたが、それでも起き上がろうとして、ちょうど背後にいた私がソファよろしく彼を支えることになりました。

他の人は、彼が放り出した杖とバッグを持って来てあげ、手を擦りむいてひどく血が出ていたので、私はティッシュを数枚丸めてその手に押し当てました。

誰かが救急車を呼び、家が近いから帰りたいと言う男性に電話番号と名前を聞いて、他の人が電話をしたところが違うと言われて気づき、全員が口々に、ここは川崎だから市外局番が違っていますね、と言い合いました。

転んだところを見た人は、転び方がおかしく、つまづいたのではないようだと言っていて、もしかしたら内臓に問題が生じたのかもしれません。帰りたいからと動こうとしても、支えられながら座っているのが精一杯で、何か異常が起きていることは明らかです。

幸いコロナの逼迫も無いので、救急車で病院に行くのが正解でしょう。

私は約束の時間がギリギリになってきたので、他の方達にあとをよろしくお願いしますと言って、ソファ役も代わってもらい、背後からどうぞお大事に、と声をかけると、意外にもはっきりとした声で「ありがとうございました」と言う返事が返って来ました。きっと大丈夫だったと思います。

歩き始めてすぐに、背後に救急車のサイレンが聞こえて、思わずニッコリしてしまいました。

トランシットの金星が12ハウスに入ったばかりだったので、人に何かご奉仕をする機会が回って来たのかもしれません。

奉仕と言っても大したことをしたわけでもなく、出したエネルギーよりも受け取った方が多かったです。

何人かの方とご一緒に、連携プレーで転んだ男性のお世話をすることになりましたが、それはそれは満たされる体験でした。

思いやりや温かいエネルギーが複数の人によって倍々ゲームになり、その温みを私もまた受け取ることができました。

まだ父が生きていた頃、最晩年の体の衰弱で「一人で出かけると何があるかわからないから」と言うので、「このあたりの人たちは皆んな親切だから、大丈夫よ、出かければいいのに」などと答えた覚えがあります。

それを思い出し、駅に向かいながら、心の中で「ほらね、ぱぱ、見たでしょ、一人で出かけて転んだり具合が悪くなったって大丈夫なのよ!」と語りかけました。

ふと、父の決まり悪そうに笑う顔が見えたような気がしました(^0^)

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


選択できるという自由

ちょうどひと月前に始めた遊びは、途中、実家の引渡し前に数日中断したものの、ルーティンになりつつあります。

引渡しが済んで、強烈なプレッシャーから解放された翌日は…

実家と一緒にもう一度両親を見送るようで、切なさや悲しみ、寂しさが溢れるようでしたが、ハートの奥の埋蔵金、じゃなくて喜びや楽しさにアクセスすることは充分できて、でも、ふと思ったのです。

今日は、そういう日じゃない。。。

私にとっては、自分自身の一部、それもかなり大きな部分が死につつあるような経験をしている事に気付きました。

人生のあるべき新陳代謝として受け入れることは容易で、重い執着や苦しみは無くても、悲しかったり、寂しかったりが胸の奥から湧いてきます。

楽しい嬉しい、というのはまたいつでも経験できます。

この人生で二度とない、その経験を自然なままに受け入れ、味わうことの方が大切に思えました。

そして、悲しみを選ぶことにしました。

でもね!
選ぶってね!

経験する感情を自発的に選べるという、そのことに改めて驚き、かなり感動しました。

選択の自由は、自由そのものです。

一日二日、悲しみや寂しさを選んだ後はすっきりして、また楽しいや嬉しい、ワクワクなどを選ぶようになりました。

それでも人生の大分岐点で、愛するものと一緒に古い自分が死んでゆくことに対しては、やはりまだ悲しみや寂しさ、切なさを感じて涙が出ますが、それは甘酸っぱいような胸キュンです。

そして、呆れたことに、この人生で初めて、胸キュンがどのようなものかということを知りました(^^;)

来年還暦なんですけれどね〜(^0^)

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


孤独からの卒業

断頭台の刃がいつ落ちてくるか、みたいなプレッシャーは実家の引渡しの日から消えました。

その前はさすがにハートが閉じていて、ハートの向こうにある心地よいエネルギーにアクセスしようという気にさえなれず、友人にSOSしました。

忙しい人なので、ほんのちょっと電話でと思いましたが、彼女がZoom茶会にしてくれたので、ノンアルの泡を飲みながらゆっくりおしゃべりしました。

別に話すことも無くて、「これこれこうでね、寂しすぎてね〜」みたいにひとこと説明すれば済むので、後は、共通の亡くなった友人のこととか、家の間取り、中国経済や自分ちの経済の話など、とりとめのないおしゃべりです。

それでも、この日だけはきついプレッシャーから解放されて、眠りにつくのもスムースでした。

これね、コロナで学んだことなんです。

最初は、寂しい寂しいと吠えている人たちを、「甘いな〜、何言ってんだか、世の中コロナじゃなくったって、心底孤独な人は掃いて捨てるほどいるわよ」などと切って捨て、出勤できずにコミュニケーションが全てZoomやオンラインになってしまい鬱になったと長々と記事を書かれた家族持ちには、マジでブチ切れました。

敏感な向きには、この怒りの反応に私の苦痛が隠れていることを察していただけることでしょう。

そうこうするうちに、私の感覚の方がよほどずれていることに気づかされました。

誰かと一緒にいること、つながること、これは辛い時の薬です。

友人とただダラダラ話をして、時々盛り上がって嬌声を上げ、ノンアルワインをぐびぐびしましたが、まるでアルコール入りを飲んでいるような満足感でした。

本当は引渡し前日も、何回もお手伝いに来てくださったFさんをご招待して、手作りおはぎをご一緒にささやかな茶会をと思っていたのですが、ひどく暑い予報が出ていたので断念(予想通りで本当に暑かった…)。

もともと一人っ子で、一人でいるのは慣れていますが、友人どころか知人もゼロのバンコクで暮らした時は流石にきつかったです。

幸いサービスアパートのスタッフの皆さんが、英語ができる人ばかりで、フロントでのやり取りや、気のいいベルの人たち、そして有り難いことに担当のメイドさんが英語ができた上に人柄の良い方で、どれだけ救われたか知れません。

その後も、孤独で寂しい時間の方が圧倒的に長かったです。
寂しいとも言えずに。

コロナ禍が無ければ、一人でいるのは当たり前だし、誰かをわずらわせずとも、どんなに辛い時でも一人でどうにかするのがプロでしょう、などと思い続けていたかも知れません。

これまでは人に寄り添い、人の悩みを聞く一方で、わあわあ喋っていても、辛い気持ちを打ち明けるのは難しかったし、一緒にいてほしいみたいなことも言えませんでした。

だから電話は嫌いだったし、ただ人と繋がることの意味もよくわからなかったかもしれません。

でも、これからは違います。
ではなくて、もう違っています。

という訳で、皆さまどうぞよろしく(^0^)/

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2022 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -