FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



父の想い

先月、延べ4日をかけ、実家から大型家具や雑多な物を業者さんに出してもらい、99.999%片付いた時点で不動産屋さんと契約をしたら、その翌日から内覧が入るということで、慌てて最後の整理をしていた時のことです。

引き渡しまでに空にすればよいので、まだ買主も決まらないうちから焦ることはないのですが、さっぱりきれいになっていればそれだけ印象も良いだろうとあたふたと片付け、一階の和室の押入れに最後まで残っていた敷き紙の包装紙を捨てようとペロっとめくったら、金包みが出て来ました。

御礼と印刷された紅白の包みに、父らしき筆跡で苗字が書かれていました。
中を検めると、5千円の金券が…

(@@)

その和室は父の寝室でした。

両親亡き後、後始末をするのは私しかいません。
父の気持ちだったのでしょうか?

父はリスのような習性のある人ではなかったので、そんな所に金包みを仕込んだとすれば、間違いなく私宛のメッセージです。

でも、なんで5千円よ!?
しかも金券でさ…

もっとも父は、誕生日などにはよく金券をプレゼントしてくれましたけれど。

不思議なのは、本当に最後の最後までそんな物が残っていることに気づかなかったことです。

そして同じ日、最後まで動いていて便利だったリビングの掛け時計も止まりました。

終了ってことでしょうか?

もっとも、まだ往生際悪くお掃除を、と思っていたり、庭の手入れや道路に落ちた落ち葉掃き、そして実家から持ち帰って自宅の部屋に積んである物の整理などなど、まだしばらくは作業があります。

それでもやっぱり終わったのでしょうね。
今は終わった実感がありませんが。

奇妙なことに、こうして自宅でくつろいでいると、1年2ヶ月、煩雑な手続きを含めれば1年と4ヶ月の信じられないほどの大仕事を集中的にしたという実感がイマイチ薄くて混乱します。

7月、月が変わった途端、そうめん流しのようにスムースすぎる流れに乗ってどんどこ作業が進み、蒸し暑さはさすがにこたえて、時々軽い心不全様の症状が出て焦ったものの、精神的に辛いということがなく、なんか自然と出来ちゃったみたいな…誰かがやってくれたみたいな…

それとも、一種のショック症状でしょうか?

実は、前のブログに登場なさったヒーラーの方にも同じような話があって、服のポケットにそのままお札を入れていたお祖父さんが亡くなった後、ヒーラーの方のお洋服から入れた覚えのない5千円札が出てきたそうです。

金額まで同じでね、なんなんだか。。。

ということで、面白い話第二弾でした (^0^)/

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


エネルギークッション?で、青タンで済んだ話

先週、朝イチでゴミ出しに行こうと階段を降りていた時、サンダルのかかとが階段の滑り止めに引っかかり、バランスを失って顔から踊り場に突っ込みました。

あんた、女だろ、なんで顔をかばわない!?

両手にミックスペーパーの紙袋、日傘を持っていて、咄嗟に手すりもつかめず、見事なダイブ(^0^;)

落ちたのは数段でも相手はコンクリで、真っ逆さまでしたからね!
それでも額がコツンといったその衝撃は、後から考えると随分物足りないものだったかも。。。

ゴミ出しから帰った後は保冷剤で打った額を冷やしながら、この程度の打撲で脳内出血を起こす年齢ではなくても気になり、しばらく休みました。

小さなたんこぶが眉根にでき、右目の下にごく軽微な擦り傷、左脚にこれまた小さな擦り傷ができただけで、普段管理人さんがきちんと清掃してくれているせいか、衣類もほとんど汚れませんでした。

打ち所が悪ければ、あっちに帰っちゃう可能性すらあった筈で、それが翌日醜い青タンが目の縁にできたのがマックスで、手足の骨折どころか、捻挫や切り傷すら無しって…

かなり後になってから、これは奇妙すぎる、と気づきました。

とあるヒーラーの方に話したところが、あるあるで、彼もスケボーなどで転ぶ程度だと普通に怪我したりするのに、トラックの前に飛び出しちゃうような、命に関わるような大事に限って無傷や軽傷なのだそうです。

第一チャクラのヒーリングを重ねて、グラウンディングがしっかり入っていたからでしょう、と言われましたが、その瞬間の記憶を辿ると、何か見えないクッションでも入っていたような気がして仕方ありません。

ウザい青タンも1週間もかからずに消えました。

とても面白い体験でした ^^

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


笑ってちょ

見渡せば足の踏み場もなかりけり災害後かと見がまう実家(@@;)

元歌は、新古今和歌集収録の藤原定家の和歌
見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ
です。

去年の春は本当にこんな感じで、どこから手をつけてよいやら途方に暮れるばかりでした。

大量のお茶碗が割れて散乱しているなどはさすがにありませんでしたが、台所では何かから(後で封を切った蕎麦だとわかりました)小さな蜘蛛がわいて、行くたびに台所の床がどんどん虫だらけ、その虫の○○○だらけになるという惨状も。

大量の観葉植物や蘭などが枯れて、床は一面の落ち葉で埋め尽くされてる。

マジで、悪夢。

夏に作業スペースを確保するため、一度廃品処理業者を入れ、それ以来45Lのゴミ袋を200個くらい、駐車場を半分以上埋め尽くすほどのてんこ盛りで2回粗大ゴミも出しました。買取業者も3回呼び、重くてゴミ捨て場まで運ぶよりマシと、ほとんどお金にならないレコードや古書を宅配便で送り、大勢の親戚友人知人に未使用の新品、良品を送りまくり…

でも、全然、終わんない!

今日も名刺や住所録、うん十年分の家計簿など、そのまま捨てられない紙類をシュレッダーにかけて、ミックスペーパーに出せるようにまとめ、数時間です。

それでもヘルパーさんをお願いしたり、クライアントさんが有難い自主奉仕を申し出てくださったりで、随分マシになりましたが…

働けど働けど作業尽きることなしぢっと手を見る
(石川啄木 働けど働けど我が暮らし楽にならざりぢっと手を見る)

もう笑うしかありません(^^;)

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


気のせい?

少し前にお掃除ロボットを買いました。

随分前に同じくらいな廉価版を買ったことがあり、それはそれはイケていない機械で…2年ほどで壊れた後は、どんなに忙しくてもお掃除ロボットを買おうとは思いませんでした。

それが猫飼いさんの美容師さんに、あまりに良くてなんで早く買わなかったか?という話を聞いて買ったところが…

技術は日進月歩ですからね!

以前の機械とは比較にならないほど賢く、使い勝手よし!

廉価版なので、ちゃちなブラシが付いていて、それを2本本体にくっつけて使うのですが、そのブラシをプルプル回転させながらお掃除する様子が、それはそれは健気でいじらしい。。。

充電器にも自分で戻れますが、離れた部屋からは厳しいので、充電器を置いた部屋までお見送りします。

有り難いわ、可愛いわで、ステーションに戻る際には、いつも感謝の声がけをしています。

人力での掃除機かけは、目に見えない埃まで念入りにとは行きませんが、ロボットちゃんは延々飽きずに隅々まで掃くので、全体的な仕上がりは完全にロボットの勝ち。

で!

しばらく使って、最近、妙な具合になっています。

リビングダイニングを掃除してもらう際は、ダイニングの椅子の位置などを調整して掃除しやすくしてあげますが、リビングの向こうの端を掃除していた筈なのに、ダイニングをやって欲しいな、と思っているうちに足元に来ている(@@)

きれいになったからステーションに戻ってもらおうかな、と思うと、曲がって充電器がある部屋に続く廊下に入ろうとしている(@@)

ね、ロボットちゃん、私の意思をキャッチしてる?

アレクサもリモコンも要らないってね!?

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


デコポン!

今日の午後、叔父の果樹園で採れたデコポンを、お世話になっている管理人さんにお裾分けしようとドアを開けたら、なんとご本人が目の前に(@@;)

急ぎの書類をレターパックで出すので、管理人さんは外回りの時間帯で管理人室は不在かもと思いつつ、一応持って出たところが、まさにその外回りの外廊下のお掃除中だったというわけ。

これは嬉しかったです (^0^)/

こういうエッジの利いたシンクロが起きるということは、自分自身のエネルギーが整っている証拠です。

実はこのデコポン、叔父からの連絡無しで届きましたが、その数日前に、夢でお友達が「一日二日でご親戚からブローチが届くよ」と告げたそれに違いありません。

夢の言語の「ブローチ」は、オレンジ色の宝石のような丹精した柑橘と、そこに込められた叔父の思いやりでした。

急速に別次元と現実の距離が縮まっているのが感じられ、変人のLさんは日に日に生きやすくなっているのを感じます。

あ、骨の髄まで常識人だと、逆にちと厳しいかもですね(^^;)

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2021 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -