FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



故郷の御山

何十年ぶりかで母方の先祖の地を踏んで、懐かしさよりも、もっと濃いものを感じたのは予想外で、驚きでした。

幼い頃、夏休みのたびに母に連れられ、祖父母の家に随分長くお世話になっていました。

大勢の従兄姉弟たちと、日がな一日炎天下で遊び呆けた後、虚弱な私だけ熱中症になり(--;)、天井の高い奥座敷に布団を敷いてもらって寝ていたり…、一番年長の従兄が作ってくれた井戸水!で冷やしたインスタントラーメンを分け合ったり…、夜になれば小さな村の小さな盆踊りに行くのに、祖父が全員分用意してくれた花の絵のついた提灯を下げて繰り出し、ぼんぼりを壊してしまった子が泣いていたことなど。。。

鬱々とした子供時代の、例外的な楽しい記憶です。

いつだったか、まだ時たま母の実家や親戚を訪ねたりしていた頃、私の肉体は浅間山と同じ土でできている、としみじみ思ったことがありました。

海外と行き来するようになり、飛行機から、曇っていても必ず見える富士山が故郷の象徴のようになってから、またここ十年ほどは、自宅からも富士山が見えるせいか、浅間山への愛着が薄れていましたが、駅に降り立ち、白く雪を被った優美な姿を目にして、故郷の山という感じが強く来ました。

さらに土地の匂いというか、独特のエネルギーのようなものに包まれると、なんとも言えず不思議な、自分が透明になって土地の空気と混じり合うような、しっくりとした感じに包まれました。

魂の故郷は空の彼方でも、この肉体が故郷と感じるのは、間違いなくここ、そんな気がしました。

こういう特別な場所を持っていること、それもまた人生の豊かさと言えるかもしれません。皆さんのふるさとのお山は、どのお山ですか?

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


そして、マグナムが来た…

昨日一昨日と、豊かさに関するブログを書きましたが、ここ最近、人生の豊かさにフォーカスする事が増えました。

これも煉獄期間中のハイリターンの一つ。

魂の観点からすれば、ネガティブでもポジティブでも体験そのものとしては、全く同じ価値を持つというのが骨身に沁み、双方経験できる人生の豊かさに、時に感動までしながらフォーカスするようです。

勿論、経済的/物質的な豊かさも、人生の豊かさの一角。エネルギーの法則からして、豊かさを実感している時に、人生に欠如感や不足を作り出すことはありません。

有難い頂き物が増え、無理をしなくとも生活がまわり、人生の祝福に日々感謝するようで…

今日はマグナムが来ました。

マグナムボトル。

カヴァの。

フレシネのコルドンネグロブリュットというのが、変に甘くないのにまろやかで美味しく、リーズナブルなのにねえっ!と驚いて以来、時たま買います。

一月ほど前、ワインボトルの首にキャンペーンのハガキが付いていました。

1000人にマグナムボトルが当たるという…千人ったって、ガンガン飲める人は、複数回応募が可能。全国規模なので、返送されたハガキののべ数は大変なものだったでしょう。

ま、当たんないでしょ、と思って出しといた…それでした。

とっくに忘れてましたが。

ただねえ、マグナムってフルボトル2本分だから、う〜ん半分はお料理やお菓子になるな。

以前もクリスマスの飲み残しで、鮭の酒蒸しをした事があったのですが、これが目が点になるほどの美味しさでした。
ヴーヴクリコでしたからねえ。。。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ハレルヤ!!好きだから諦めない

これもいいなあ。。。

15歳のカイル・トムリンソンが数年前、まだ12歳でチャレンジした時、他の審査員は優しかったのに、一人が「君には歌の先生が必要だよ」と意地悪く言い放ったそうです。

その審査員が今回もいて、他の審査員にいじられているのも可笑しい。。。

カイルは、数年間先生についてスキルを磨き、自信をつけて戻ってきました。ご両親にもたくさんの励ましとサポートを受けてきたことが、様子からよくわかります。

彼の歌も素晴らしいですが、動画に溢れるエネルギーも素晴らしいです。これは先日ご紹介したスーザン・ボイルの動画も一緒ね。

好きなことは、自分と自分の人生を肥やします。

他の人に認められる機会があるのは嬉しいことですが、それは本質的には、必須じゃありません。

自分で自分に拍手しながら、地球ビザが切れるまで、あるいはその後も(^^)楽しく続けたらいい。。。

そして、挫折もまた良し。

カイル君が私たちにまで分けてくれた感動は、彼の辛い挫折と「意地悪な」審査員がいなければ、なかったことでしょう。

Britains Got Talent Kyle Tomlinson performs "Hallelujah"


  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


夢と希望

スーザン・ボイルなる人の名は昨日まで知りませんでした。
とても有名な方で、随分前に日本でも紹介されているので、ご存知の方も多いかもしれません。

不思議なシンクロで、ほんと〜に、たまたま動画を見て、これはブログでご紹介したいと。。。

鳥肌が立ちました。。。

後で調べてわかったのですが、幼い頃から知的障害があると本人も周囲も思い込み(後年、アスペルガー症候群だと判明)、学校では辛いいじめにもあったそうです。その他にもご家族とのことや、このシンデレラストーリーが実現したその当時、職すら無く、最愛の母を亡くした後でもありました。

舞台に上がった彼女は、ユーモアたっぷりで明るく、緊張を勇気に変えていて見事でした。

こんなに辛い人がねー…
こんなに明るく前向きで力に溢れていることもできるんですね。

人間という存在の可能性と見事さを見るようです。

スーザン・ボイル〜夢をつかんだ奇跡の歌声



  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


笑いは人生の薬かも

昨日も大笑いをしたというブログでしたが、それを書いているだけで、えらく気分が上がりました。

口角をギュウッと上げるだけでも、気分が変わりますから、誰かと一緒に声をあげて笑えたら、薬効は抜群でしょう。

認知症の相互扶助の会についての記事「認知症、前を向くために:1」(朝日新聞デジタル)からの転載です。

<母の笑顔が大事に> 

 つどいに頻繁に出るようになった斉藤さん。回を重ねるうちに「考え方のスイッチを切り替えられるようになった」と言います。2年ほど前、骨折した母のため、階段に手すりをつけるか悩んでいた時のこと。環境が変われば母の機嫌が悪くなることは目に見えていましたが、安全を優先すれば手すりは必要。悩んだあげく、つけるのをやめました。「こうするべきだ」よりも、目の前の母親が笑っていることが大事だと思えるようになりました。

 「そう思えるようになったのは、たくさんの人の話を聞いてきたから。それからは劇的に介護と向き合う気持ちが変わりました」。明るく接することができるようになり、つらいことがあっても「次のつどいで話そう」と気持ちを整理できるようになったと言います。今年10月、81歳の母を見送りました。


 <愚痴言ってもいい>

 今は斉藤さんが支える側です。数カ月前、一人の女性が「どん底にいるような表情」でつどいに現れました。「母の首をしめようかと思う」。斉藤さんは「ちょっと笑ってくれることがあったら、その日一日は生きていける。爆笑させられたら1週間、生きていける。その積み重ね」と体験を話しました。女性は「笑うことを忘れてたし、笑わせるなんて考えたこともなかった。ちょっと笑わせてみます」と帰っていきました。

 次のつどいに見違えるような明るい表情で参加した女性は、「一日一笑がモットーです」と話したそうです。11月のつどいではこう語りました。「『今がよければいい』『先は考えない』と思えるようになりました。ここだけは、愚痴を言っても責めないでくれる。私がいま生きていられるのは、ここにきたお陰です」

 斉藤さんは「彼女のように苦しんでいる人が、一人でも多く気持ちのチャンネルを切り替えられるように手伝いたい」と話します。東京都支部の代表を務める大野教子さんは「最初は不安があるかもしれませんが、ぜひ仲間がいる安心感を知って欲しい」。「家族の会」は各支部でつどいや電話相談を実施しており、電話番号はホームページ(http://www.alzheimer.or.jp/別ウインドウで開きます)で。本部でも電話相談(0120・294・456)を受け付けています。(田中聡子)

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

1月度 ご予約受付中!
5日(土)  13時〜16時

2月度
2日(土)  13時〜16時

3月度
2日(土)  13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

1月度 ご予約受付中!
19日(土) 13時〜16時

2月度
16日(土) 13時〜16時

3月度
16日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -