FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



自分の波動を尊重する選択

物でも人でも、それぞれがそれぞれの周波数を持って、ベストマッチな平行現実に存在しているわけです。

ちょっと前までは、その様々な周波数が混じり合う事に益があり、それぞれの平行現実も明確な違いが感じられなかったかもしれません。

でも今はもう、それぞれの平行現実がはっきり分かれ、私たちでもそれを感じられるほどに違ってきています。

違和感や不快感でも、そうした不調和を感じるからには、その周波数とは合わないということでしょう。

いい悪いではなく、調和のあるなしです。

これに沿って、つまり自分自身の周波数を尊重して選択してゆく時、それは自分自身だけでなく、全体にとってのベストな選択になっている筈です。

物はともかく、人間相手では多少難しいケースもあるでしょうが、義理や相手のエゴに遠慮して、不調和を選んでしまう時、それは世界の不調和を促進する事になります。

決して、自分のためにも、相手のためにも、みんなのためにも、世界のためにもならないです。

相手の世界から自分が消えることであっても、同様。

立場を逆にすれば、もっとわかりやすいでしょう。

誰かが自分の世界から去ったとしたら、そのスペースを埋めるのは、今の自分にもっとぴったりな人です。

だから、どっちにしろ目出度くない?

ただ少し前のブログにも書きましたが、必要な不愉快さや経験もあるので、それとこれとを腑分けするには、慎重さや明晰な直感、あるいはガイドに導きを求めることが必要です。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ひらけゴマ!

昨日のブログの続きです。

ちょっと前まで、浄化(統合)はもっぱら並木さん方式を使っていました。

重いエネルギーを対象化したら、それを自分の前に持ち出して、(えらく重いものに関してはクレーンを使ってました ^^)地球の中心に送ると浄化され、本来のエネルギーとして宇宙の中心から帰ってくるという。

それが、浮上してきた重いエネルギーに気づいて浄化しようとした時、「これって、この人生で体験したかった事なのよね。。。」と思ったら、一瞬で消えてしまいました。。。

慌ててもう一度呼び出そうとしましたが、本当に無くなっちゃったらしく、呼び出せませんでした(^^;)

「ひらけゴマ」並みのシンプルさでびっくりですが、本当にこれだけ、なんです。

ふと「これって、この人生で体験したかったのよね。。。」と思っただけなのに、その瞬間にワーク完了で、何回やってもおんなじ。。。

地球や宇宙を持ち出さなくても、自分自身の中に、ブラックホール / ホワイトホールがあるようなものですね。全てはホログラムですから、宇宙に存在するものは、私たちの中にも存在しているでしょう。

勿論、ネガティブな感情が纏わりついた記憶に対し、聖なる死の次元から見た時と同様、本当に体験したかったことができて満足、という真実の実感が無いと難しいでしょう。

こんな風にエネルギーが急速に変わると体験も即変わってゆくので、ちょっと過激で、本当に面白いです。

この体験も是非経験してみたくて、このタイミングで地球に来たのでしょう。
宝くじ並みの倍率を、どうしてかくぐり抜けて、ですね☆

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


新しい調べ

昨日、ふと外出先でバーバーの「弦楽のためのアダージョ」を耳にしました。

ケネディ大統領の葬礼に使われたり、映画「プラトーン」にも流れていた哀切な曲です。

これ、2003年に生きるか死ぬかみたいなことをやっていた最中、ロンドン行きの飛行機の中で聴いていました。

ヒースロー近くに差し掛かって飛行機が高度を落とし、美しい田舎町と田園風景を眺めながら、インフライトエンターテイメントで流れていたのを聴いていて、涙が止まらず、止めようもなくて途方にくれたまま、声を殺してボロボロ泣いているのを、フライトアテンダントの女性が気遣わしげに見ていましたっけ。。。

とても美しい調べです。

どうにもならない宿命に首を締められて、虚しく死ぬのを受け入れるしかない、どんなにあがいても光には手が届かず、死んだ後にしか希望はないのかもしれないみたいな諦念と、その奥にある慟哭のような悲しみが、透明感のある美しい響きとなっています。

昨日、ものすごく久しぶりにその、美しいけれども重くて悲しい調べを聴いて、ハッとしました。

もうこのエネルギーにはシンクロしない、というか、できなくなりつつある、と。

今、自然にシンクロするのは、ちょっと前にアップした「ハールリキーア」のような軽くて力に満ちたエネルギーです。

無力感や悲しみ、怒りや苦悩でいっぱいで、重く不自由だった古い地球特有のエネルギーが変わりつつある、というよりも、全く別の周波数帯が確固として存在している時に、どちらを選ぶかで即自分自身の世界が変わります。

以前は、その新しい周波数帯が不安定だったか、私が慣れていなかったのか、自分の意志次第で選択できると繰り返し教えられ、一応理解していても、なかなかうまくできませんでした。

でも、ここに来てそれがクリアーになり始め、やはり世界自体のエネルギーがものすごく変わったことを実感します。

バーバーの「アダージョ」はとても好きな曲なので、「ああ、もうこのエネルギーともお別れしなければならない」と思った時には、軽い執着を感じました。

素晴らしく美しい、でももうその周波数帯で私は生きたくない。辛過ぎるから。

それでも、宇宙全体からするときわめて稀な、重くて地獄のように苦しい周波数帯を、この体と人生を通して体験できたことを大変貴重だと感じます。

だから、「有り難う」を言って、そっと手を離そうと思います。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


聖なる母からのメッセージ

外側でも内側でも、次から次へと極端な事が起きています。

マスターたちが言うように、これら全ては起こるべくして起こっており、宇宙の視点からは、全てが祝福されていることを感じられるでしょうか?

大転換点にあって、巨大な意識も個別の意識も、思い切った変容を迫られています。エネルギーの浄化と意識の変容について学んできて、ここからが本当の正念場かもしれません。

並木良和さんを通して地球の意識が私たちに語りかけています。

母なる地球 ガイアからのメッセージ


  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


サイムス(胸腺)チャクラ

先日のリーディングクラスで、最初のエネルギー調整を行う際、胸腺に位置するサイムスチャクラも浄化項目として加えてみました。

基本となる7つのチャクラシステムが有名ですが、その他にもたくさんチャクラはあり、このサイムスチャクラは、霊性進化に伴って活性化すると言われています。

実際、覚醒エネルギーの加速が起こっている今、第四のハートと第五のスロートチャクラの間にあって、真実の自己表現をサポートするこのチャクラを活用することが必須かと思われます。

なぜなら、既に偽りは強烈な光に当たることで、隠れることができないばかりか、その歪んだエネルギーが物質化する速度も、比較にならないほど早くなっているからです。

真実でいること、それは易しい事ではありません。

真実でいようと、少しでも真面目に取り組んだことがある方は、本当に生易しくないことがお分かりでしょう。

クリスタルやレインボーなどの正真正銘の新人類はさておき、ほぼ全ての人が、自分自身の真実を偽るか抑圧しないとサバイバルできず、人から愛されることもないと洗脳されたため、自分の真実なるものを見失っています。

無意識に=自動的に自身の真実とのアクセスが遮断されるような日々の果てに、まずその真実を掘り起こすことから始めるようで、その際にはごく微かな感情の揺れにも注意する集中力が必要になります。

これがね〜、時間かかるんだわ、慣れるまで。。。

じゃ、自分の真実を把握するのに慣れたら仕事はおしまいか、と言えば、んなことはない、そこが実質的なスタート地点です。

偽ること、自分の正直な気持ちを抑えることが常識である世界に日々生きて、まだ脆弱で、すぐに足を取られるような自分の真実を表現することが、どのくらい勇気とエネルギーを必要とするか、これもやったことのある人ならお分かりでしょう。

それでもここまで来て、まだヨレヨレしてたり、時に自分の真実に気づかずにスルーしちゃって、後であっ(@@;)とか、習い性が図々しく主導権をむしり取り、違うんだよな〜と思いつつ流されちゃったり、ということがあっても、ずうううっとましだと思います。

サイムスチャクラが活性化するというのは、まさに今この、世紀のじゃなくて、何と言えばいい?地球文明史上の大転換点にふさわしいイベントではないでしょうか?

最初は苦労するかもしれませんが、みんなが正直に自分を偽らずに済み、嘘をつけないのではなく、嘘をつかずに済むようになるのです。

それには、自分も人も裁かない、無条件の愛がベースに育っていなければなりませんが。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31