FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



チャンス!

来年は1月早々の冥王星と土星のコンジャンクションに始まり、2回の冥王星と木星のコンジャンクション、さらには12月下旬に、グレートコンジャンクションと呼ばれる土星と木星のコンジャンクションが起きます。

しかもその日付は、12月22日!
冬至の翌日です。
並木良和さんによれば、光のポータルが閉じる日。

ポータルが閉じた翌日には、別世界が出現しているのかもしれません。
勿論、突然に起こるというよりは、徐々に進んだ変化が動かしようのない現実として認識される、みたいなことなのでしょうが。

グレートコンジャンクションの度数は水瓶座1度。
世界が違っていてもおかしくないですね。

実は、先にご紹介した『透視レッスン』(井上真由美著 河出書房新社刊)を読み、久しぶりに未来を視てみようという気になって、1年後を読んでみたら眩しすぎてよく視えない(@@;)

8月末に読んだ1年後なので、2020年の夏の終わり、グレートコンジャンンクションよりもかなり前のエネルギーです。

エネルギー調整をし直して、ようやく視えるようになりましたが、びっくりしましたよ〜(^^;)

現時点の波動レベルからは視えないほどの波動の高さって。。。

私だけじゃありません、私がいる世界全体の波動が、今とは比較にならないほど高いのです。

まだリーディングを始めたばかりの頃、守護霊さんたちははっきり視えても、守護神のレベルになると、眩しくてよく視えなかったことがあります。

波動が違いすぎると、こうなります。

バシャールや並木さんが繰り返しアナウンスして来た、波動の分岐が加速度的に進み、2020年にははっきり分かれて完全に分離する、というのは実際に今から私たちが経験することなのでした。

もし、この一連の浄化シリーズのブログに心が動いたとしたら、今がタイミングです。

浄化や波動調整を、何が何でも!毎日のルーティーンに組み込む必要があります。

本当に今しかないチャンスです。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ワクワクな浄化

このブラックムーンまで、迂闊と言えば迂闊だったのですが、早い動きの惑星が私の8ハウスに集合をかけることを見逃していました。

木星がこの8ハウスに入るたびに、潜在意識の大掃除のようなことになり、その上2年ほど続いた煉獄期間中は傷ついたヒーラー、キロンが太陽に重なるオンシーズンで、かなりな荒技もかけました。

今回は個人天体ばかりで、木星も絡まないのでうっかりしちゃったんです。

次元上昇の準備で、光のポータルから強烈な光が降り注ぐような状況です。

自分自身のエネルギーをどんどん軽くしていかなければならないのは分かっていても、フォーカスポイントがはっきりせずに、どこかのどかだった最近でした。

ところがこの新月に降りた情報で、この秋が私にとって正念場。8ハウスに幾つもの惑星が集合するのは、これでした。しかも新月自体がこれらのステリウムに取り巻かれていたという。。。

来年早々1月半ばには、占星術界で、以前から喧伝されている2020年問題なる冥王星と土星のコンジャンクションが起こります。

この強烈な配置は、山羊座で起こりますし、この社会にもいよいよ変容の大波が来るでしょう。

これがまたご丁寧に、私のAscの真上でして(^^; 誰も頼まなかったのに、いや頼んじゃったんだな、生まれる前に)。

以前リマーナすずさん(ブログ「毎日がチャンス日!」)と二人忘年会で飲みながら、「この配置は、とんでもない努力をしてオリンピックに出ちゃうようなものです」と言われて震えあがりましたが、それが2017年の年末のこと。

今はとてもリアルです。でも、そのコンジャンクションが起こってからでは全然間に合わないため、この秋にまず集中するようです。

それでもクリアーに色々な道筋が見えてきて、浄化に集中できるのは…

実は、嬉しい。。。
ワクワクです。。。

きゃー病気!

チヒロ☆なう17のゲストで並木さんのお弟子のApiさんが、「統合をどんどんしてゆくと、統合がすごく楽しくなります〜 ^^」と心底の笑顔でおっしゃった時は、ドン引きしましたが、おんなじだった。。。きっとそういう季節なんです。

2005年当時のチェンマイ時代(24時間読めますか?みたいなこともありましたっけ)ほどは集中できなくても、この秋は、間違いなく浄化が優先順位の第一位です。

この浄化が一段落した後が、今からすごく楽しみなんです。

今がビョーキでもなんでもいいので、やるっきゃないわあ。。。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


自分の波動を尊重する選択

物でも人でも、それぞれがそれぞれの周波数を持って、ベストマッチな平行現実に存在しているわけです。

ちょっと前までは、その様々な周波数が混じり合う事に益があり、それぞれの平行現実も明確な違いが感じられなかったかもしれません。

でも今はもう、それぞれの平行現実がはっきり分かれ、私たちでもそれを感じられるほどに違ってきています。

違和感や不快感でも、そうした不調和を感じるからには、その周波数とは合わないということでしょう。

いい悪いではなく、調和のあるなしです。

これに沿って、つまり自分自身の周波数を尊重して選択してゆく時、それは自分自身だけでなく、全体にとってのベストな選択になっている筈です。

物はともかく、人間相手では多少難しいケースもあるでしょうが、義理や相手のエゴに遠慮して、不調和を選んでしまう時、それは世界の不調和を促進する事になります。

決して、自分のためにも、相手のためにも、みんなのためにも、世界のためにもならないです。

相手の世界から自分が消えることであっても、同様。

立場を逆にすれば、もっとわかりやすいでしょう。

誰かが自分の世界から去ったとしたら、そのスペースを埋めるのは、今の自分にもっとぴったりな人です。

だから、どっちにしろ目出度くない?

ただ少し前のブログにも書きましたが、必要な不愉快さや経験もあるので、それとこれとを腑分けするには、慎重さや明晰な直感、あるいはガイドに導きを求めることが必要です。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ひらけゴマ!

昨日のブログの続きです。

ちょっと前まで、浄化(統合)はもっぱら並木さん方式を使っていました。

重いエネルギーを対象化したら、それを自分の前に持ち出して、(えらく重いものに関してはクレーンを使ってました ^^)地球の中心に送ると浄化され、本来のエネルギーとして宇宙の中心から帰ってくるという。

それが、浮上してきた重いエネルギーに気づいて浄化しようとした時、「これって、この人生で体験したかった事なのよね。。。」と思ったら、一瞬で消えてしまいました。。。

慌ててもう一度呼び出そうとしましたが、本当に無くなっちゃったらしく、呼び出せませんでした(^^;)

「ひらけゴマ」並みのシンプルさでびっくりですが、本当にこれだけ、なんです。

ふと「これって、この人生で体験したかったのよね。。。」と思っただけなのに、その瞬間にワーク完了で、何回やってもおんなじ。。。

地球や宇宙を持ち出さなくても、自分自身の中に、ブラックホール / ホワイトホールがあるようなものですね。全てはホログラムですから、宇宙に存在するものは、私たちの中にも存在しているでしょう。

勿論、ネガティブな感情が纏わりついた記憶に対し、聖なる死の次元から見た時と同様、本当に体験したかったことができて満足、という真実の実感が無いと難しいでしょう。

こんな風にエネルギーが急速に変わると体験も即変わってゆくので、ちょっと過激で、本当に面白いです。

この体験も是非経験してみたくて、このタイミングで地球に来たのでしょう。
宝くじ並みの倍率を、どうしてかくぐり抜けて、ですね☆

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


新しい調べ

昨日、ふと外出先でバーバーの「弦楽のためのアダージョ」を耳にしました。

ケネディ大統領の葬礼に使われたり、映画「プラトーン」にも流れていた哀切な曲です。

これ、2003年に生きるか死ぬかみたいなことをやっていた最中、ロンドン行きの飛行機の中で聴いていました。

ヒースロー近くに差し掛かって飛行機が高度を落とし、美しい田舎町と田園風景を眺めながら、インフライトエンターテイメントで流れていたのを聴いていて、涙が止まらず、止めようもなくて途方にくれたまま、声を殺してボロボロ泣いているのを、フライトアテンダントの女性が気遣わしげに見ていましたっけ。。。

とても美しい調べです。

どうにもならない宿命に首を締められて、虚しく死ぬのを受け入れるしかない、どんなにあがいても光には手が届かず、死んだ後にしか希望はないのかもしれないみたいな諦念と、その奥にある慟哭のような悲しみが、透明感のある美しい響きとなっています。

昨日、ものすごく久しぶりにその、美しいけれども重くて悲しい調べを聴いて、ハッとしました。

もうこのエネルギーにはシンクロしない、というか、できなくなりつつある、と。

今、自然にシンクロするのは、ちょっと前にアップした「ハールリキーア」のような軽くて力に満ちたエネルギーです。

無力感や悲しみ、怒りや苦悩でいっぱいで、重く不自由だった古い地球特有のエネルギーが変わりつつある、というよりも、全く別の周波数帯が確固として存在している時に、どちらを選ぶかで即自分自身の世界が変わります。

以前は、その新しい周波数帯が不安定だったか、私が慣れていなかったのか、自分の意志次第で選択できると繰り返し教えられ、一応理解していても、なかなかうまくできませんでした。

でも、ここに来てそれがクリアーになり始め、やはり世界自体のエネルギーがものすごく変わったことを実感します。

バーバーの「アダージョ」はとても好きな曲なので、「ああ、もうこのエネルギーともお別れしなければならない」と思った時には、軽い執着を感じました。

素晴らしく美しい、でももうその周波数帯で私は生きたくない。辛過ぎるから。

それでも、宇宙全体からするときわめて稀な、重くて地獄のように苦しい周波数帯を、この体と人生を通して体験できたことを大変貴重だと感じます。

だから、「有り難う」を言って、そっと手を離そうと思います。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -