FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



天王星の改革力?

新型肺炎について、占星術のチャートを見てみましたが、伝染病なら海王星!の筈が、があまり荒れていません。やっぱりそんなに深刻ではないかな、と、も一度とっくり見たら、やっぱりありました、ハードアスペクト。

トランシットの天王星と今はタイトな45度(セミスクエア)です。歴史に残るようなパンデミックの際は、海王星と土星が合だったりしたようですが、今回は天王星とつるんでいます。

リマーナすずさん(ブログ「毎日がチャンス日!」)に教えていただくまで、セミスクエアはマイナーだから、と重要視していませんでした。

彼女のうんとわかりやすい表現で言えば、「ぎゅううううっとつねられる」ようなプレッシャーと、場合によってはきつい痛みをもたらすアスペクトで、軽視することなどできないことが身に沁みたのは、ここ何年か、私個人のチャートで土星や火星、冥王星が繰り返しセミスクエアを形成し、散々つねられた経験からです。

松村潔氏も、セミスクエアは「溜め込んだエネルギーが爆発につながる」と解釈していますが、本当にその通り。

天王星の待った無しの改革力が、この面倒な感染症を使って着々と起爆力を高めてゆき、とうとう爆発しちゃったような。。。

トランスサタニアンは逆行を繰り返し、動きが遅いので、何年も前からタイトなセミスクエアが何回か出来ていましたが、抜ける最後になって底力が発揮されたのでしょうか。

実際、あれほど「働き方改革」などとスローガンだけ流れていても、大して変わりそうになかったのが、今は待った無しで、できるところから実際にやってしまっている状態ではないでしょうか?

人手が足りずに営業時間を短縮したいという、当然すぎる要求も通らずに揉めていたのって、つい最近の話じゃなかった?

実際にやってみて、やっぱり無理だということもあるでしょうが、あれ?なんだ、簡単にできるじゃない!ということもあちらこちらで起きているでしょう。

もう一つ、これは先にならないと結果はわかりませんが、出生率の増加の可能性です。

以前友達と話していて、彼女は結婚後長らく子供に恵まれず、不妊治療を何年かしても赤ちゃんは来てくれない、ある大雪の日、交通機関が麻痺して、共働きだった夫婦は共に出社を諦めて授かったのが、貴重な一人娘だったそうです(^^)

人間が、いつまでも古いやり方に執着してうだうだしていたのを、海王星の力を借りた天王星の大鉈でもって強制的に変革が進んでいるような。。。当たってない?

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


パンドラの函

先日、リマーナすずさん(ブログ「毎日がチャンス日!」)のセッションで、私のチャートで12月初旬、パンドラの函が開いていたことがわかりました。

パンドラの函なる複合アスペクトについては初めて学びましたが、複数のヨッドが星型を形成するもので、星の構成要素がヨッドですからね、まあ、嬉しい名前はつかないでしょう。

マンデーンでは、タイトなヨッドが形成されると、大地震や大事故などにつながることもあります。

私の場合は、なぜかその日に突然変異のようにエネルギーが変わり、いきなり気分がアップして、何かゴタゴタしても殆ど落ちなくなりました。

突如としてエネルギーが切り替わるなどということは、これまでも何回も経験しています。

どん底の泥沼匍匐前進をやっている最中に、大天使クラスの、核爆発かと思われるほどパワフルな無条件の愛に包まれて、数時間後は消えていた。そして数日後には、相も変わらず泥沼の匍匐前進をやっていた…

なんてこともありましたからね、経過を見ているところです。

それでもその日、尋常でない何かが私の内で起こったのは確かで、すずさんにネイタル・プログレス・経過の三重円を読んでいただきました。

私も変だな〜とちょろっと読んではみたものの、フリーソフトで二重円までしか出せなかったりして、トランシットの火星がちょうどMCに乗っかってるわ…くらいしかわからなかった。。。

すずさんのリーディングでは、乗っかってるなどというものではなく、もともとプログレスの星とネイタルのMCとでできていたヨッドの起爆剤でした。

私のネータルのMCはシンプルではなく、どっかりと、曰く付き?の海王星がご一緒しているMCだったりします。そこにヨッドが作られ、過激な火星が火をつけに来て、ロケット発射だったかもしれません。

three, two, one, ZERO!!

さらに恐ろしいことに?他に2つもヨッドができていて、もともとネイタルではブーメラン持ちなので、このブーメランも併せて4つというのは過剰です。

しかも星型を形成していて、これが「パンドラの函」\(^o^)/

普通は闇の大王が首根っこを押さえに出てくるような禍々しいものらしいのですが、う〜〜ん、私は光を経験したんだけれどな。。。

最強の魔王、堕天使ルシファーは、実は最強の光の熾天使ルシエルだそうで、私の星図にパンドラの函が形成された瞬間に経験したのも、こういうことだったかもしれません。

太陽系最果ての、小粒でも圧倒的なパワーを誇るちゃぶ台返しの冥王星が、ちょうど私のAscを通過したところです。

やってくれたかな。。。

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


人生がハードな方が面白い人たち

先日、「ハードな方が面白い」という tashiさんのコメントをいただいて、「うわ、シンクロ」とちょっと驚きました。

最近、自分のネイタルでその「ハードな方が面白い」に深く関わるアスペクトを発見して、これじゃあな…(^^;)と呆れたばかりでした。

アスペクト自体の存在は認識していましたが、ここまで来て初めてその有難みがわかったというか、偏向がはっきりしたというか。。。

私の月は冥王星とタイトなセミスクエアを形成しています。

このセミスクエア、ハードアスペクトとして分類されますが、場合によっては、とても使えるエネルギー源になります。(「プレッシャーとハサミも使いよう」でも書きました)。

地球にくっついている身近な月と、太陽系の果てと現時点では認識されている冥王星ですから、初めから勝負になりません(占星術では太陽系の並びで外側に行くほど、影響力が大きい)。

月という無意識や感情を司る感受点に、容赦無く、集中的に大量の冥界エネルギーを注入する冥王星(8ハウス!)を持って生まれて来て、フツーに穏やかで済むはずがありません。

フツーに穏やかなことを求めて得られないのではなく、身体的に虚弱なので、向こうでエネルギー貯蔵期間を組んでくれるのか、思いっきりハードに振れる前の待機期間というのが、多分「フツーに穏やか」に相当するのでしょうが、こっちの方がよほどきついです。

なんだかたる〜んとしていて、好きにできるのは良くても、う〜ん何かが決定的に欠けている。面白くないんです。

力の持ち腐れ状態なのに、もっとエネルギーあげようね(^^)って冥界の帝王が、相変わらずせっせと力を蓄えさせてくれるって、苦しいですよ。

先の煉獄期間のようなマジで潰れるほどのハードさは勘弁ですが、これまでの蓄積や知識、経験をぜええ〜〜〜んぶ投入してエネルギーを使い切る、くらいなハードさだとちょうど良いような。

有難いことに、この人生には時々そういうことがあります。
そういう時は、最高に充実して満足します!

常識外の世界が広がっているとも知らず、精神世界の知識と経験が無かった頃は、ハードな状況は怖すぎて、面白がるなんて絶対に無理でした。

でも今は、結果も過程もあっちにお任せ、迷った時、困った時はガイドに聞いて…みたいなことが身について、それでも楽じゃないけど(あ、楽じゃないから面白いという話でした)、シンプルにハードさを面白がれるようになったということでしょうか。

まあ、根っからのイベント好き、ということで。

今からクリスマス、楽しみ〜〜〜☆
今年は奮発して、ヴーヴクリコのロゼにしようかな(いえいえ、やっぱりいつものフェッラーリ・ブリュットにしとこ。蟹座の月は慣れ親しんだもので安心するのが好き)。

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


8ハウスの惑星集合が意味したこと

今回の浄化強化期間は、ぎりぎりになるまで情報が来なかったのか、うっかりスルーしていたのか、降って湧いたように突然始まりました。

ところが…
見逃していたものの、ホロスコープチャートには、呆れるほどはっきり出ていました。

8ハウスのN冥王星の真横で新月が起こったのが開始のゴング。

その時既に、火星、金星、水星まで8ハウスに集合どころか、火星は新月と1度、水星は2度のオーブでタイトな三重合を形成し、金星もほぼ合と言ってよい範囲でした。

この強烈な新月からひと月以上経つと、火星以外は全部9ハウスに移動してしまいましたが、早い水星がN冥王星とセクスタイルのアスペクトをタイトに取ったちょうどその日、かつて経験したことのないほどの高いエネルギーを経験しました。

チャートに何か出ているかもとチェックしたらこれだったので、ほほう!と感心しました。水星のような小さくて早い惑星でも、冥王星とコンビを組むと良い仕事してくれますね〜。

これが今回一番手応えのあった収穫でしたが、その後は疲労感に引きずられるようで、ワークも停滞するし台風も来るしで、ほんと〜にパッとしませんでした(;;)

そうこうしているうちに、遅い火星が一番最後に8ハウスを出る頃になってしまい、まだマインドがやり足りないとかぐずぐず言うので、何回も読み直しましたが、最初の通告通り、火星が出て行ったらおしまいということで、ちょっとびっくりしました。何もそんなにチャート通りでなくったってね!

オラクルカードでも、「お休みのタイミング」と繰り返し出るので、ベストを尽くせた感じは無くても手放しました。強化期間は終了でも、勿論必要に応じてヒーリングは続けられるから、とマインドを宥めて。。。

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


星の恵み

星読みがある程度自分でもでき、リマーナすずさん(ブログ「毎日がチャンス日!」)にも読んでもらえるので、何が有難いと言って、どんなに訳のわかんない状態でもチャートにはっきり出ていて、人生の迷子になっている訳じゃない、とスッキリすることです。

生まれる前に決めて来たことでも、完全に忘れちゃってますからね、それをホロスコープチャートなる海図に出ているのを見て、「あ、そうだったけか」と思い出す訳。

そして、自分自身のチャートに繰り返し現れるパターンを発見してゆく過程で、過去と現在を比べながら、未来に予定されているプログラムについてもある程度見当をつけられるようになります。

自分自身の近未来についての情報を瞑想中などに得て、ダブルチェックでチャートを見てみたら、「ああ、やっぱりね」ということも多く、母が亡くなる際にも事前に予測が出来ました。

吉凶、幸不幸などという二元性には全く用は無いので、どんな事がブループリントして用意されていて、そこに投入される星の影響力をどのように使えばベストなのか、ということを知りたいのです。

この一年、土星が順行逆行しながら、私の木星水星火星の三重合にセミスクエアのプレッシャーをかけ続けるという…(TT)でもおかしくない星の配置ですが、セミスクエアですから、強過ぎるエネルギーの集中をポジティブに発散できればノープロブレム。

エフェメリスを見てこれを未来の配置として発見した際は、「一年かい…長すぎね?」と思いましたが、前回の配置をチェックしたら、博士課程院試の追い込みで、修士論文一本勝負のその仕上げのデッドヒートをしていた2ヶ月間(土星の逆行なし)でした。

この時も、集中しすぎて院試に落ちるということすら思い浮かばず、ひたすら毎日書いてた…みたいな日々で、ハードでも精神的には全く辛くありませんでした。

母が亡くなってその後の睡眠障害2ヶ月、山のリゾートに3日もこもってようやく解消、などいう怒涛の手続き嵐の最中、全然精神的には悪くなくて(よく眠れなかったのにね??)、終了後は「人生の夏休み、人生の夏休み」などと浮かれていたら、「浄化集中月間突入、しっかりおやり」などという布告で、強過ぎるエネルギーもなんのその、ぜええええんぶ使い切ってなんぼ、みたいな毎日をやっている分には全く問題なし…どころか、あり得ないほどの充実と高揚を感じる日もあります。

逆に怒涛の嵐前、大したイベントも無く、ひたすらエネルギー貯蓄に励まされたような眠いばかりの2、3ヶ月はきつかったです。体も心も重くて大変でした。

思いっきり放出する前の必須の溜め込みでも、ありゃ苦しかったわ。。。
土星がらみのセミスクエアの強力な集中が、ネガティブに転ぶとこうなる訳ですね。
運動などで、最低限、発散するべきだったかもしれません。

満月の日に事故や事件が増えることはよく知られていますが、あの巨大な海でさえが、満潮干潮という月の影響によるサイクルを持っています。体の中に、大量の水を持っている人間が全く影響を受けない方が不自然でしょう?

人間だけじゃありません。

うちの鳥類がやけにイライラしている、と思うと、決まってヤツの火星に、トランシットの火星がスクエアかけてたりする。もともとネイタルの火星が冥王星とオポなので、Tスクエアになってしまうわけですね。。。この過激なオポをお持ちなせいか、ヤツの太陽に空の火星がハードに関わると瞬間湯沸かし器っぽくなります。お〜こわ(^^;)

太陽は勿論、他の惑星や恒星から、そしてその配置から、日々何らかの影響を受け取っているのが私たちです。

でもね、占星術は心底好きな人がのめりこめば良いので(ちょこっと齧って、などというのはナンセンスなボリュームだから)、リーディングできる人は、ガイドなどから情報が流れて来ます。

リーディングできなくても、この地上を生きる技術と経験を獲得していれば、何が起きても、またそれがあらかじめ分かっていなくても充分対処できるし、その経験から深い恵みを受け取れるでしょう。

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -