FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



古典占星術

最近、西洋占星術の世界では古典回帰だと聞き、本を買い込んで読み始めました。。。

うう、進まない…日本語なのに。。。

キロン本なんか、英語で十倍労力がかかったって、そこそこ進むのに。。。

古典占星術、勿論参考になる部分もありますが……
つまんねー(; ;)

何が合わないって、パラダイムが古すぎでした。
だから、古典か。。。

吉凶や良い悪いは、必須のコインの表と裏で、さらに進めば、その二元性自体が幻想だという精神世界で生きてきて、どうにもこうにも世界観が違いすぎます。

おまけに、トランスサタニアンは勿論、その後に発見されたキロンも抹消。。。

そうすると、私のチャートでは…

変容か死か、みたいな拘束衣、ブーメランのキロン/冥王星の軸が消滅し、温和で無難なセクスタイルしか残りません。

冥王星は、太陽にもクインディチレの呪いをかけていて、長らく無実の罪で投獄されているような気分で生きざるを得なかったのは、これに違いないと踏んでいますが、これも無し。

精神世界にどっぷり浸かるのこそが私の生きる道〜ってか、常識的な世界じゃ殆ど見込みないわよ、とはっきり示してくれる、MCにどっかり乗った海王星が消えます。

火星パンチの効いた三重合に思いっきりオポな、バーテックスにレグルスまで道連れの天王星も消えてしまいます。

この天王星、太陽にもインコンジャンクトで、変人の証バッチリ\(^o^)/
Mirus Clubでは、変人というタイトルは極めてポジティブです(^0^)
ですが、これも無いことに。。。

綺麗サッパリ、こうしたアクの強いというか、エッジの効いたアスペクトが脱落してしまうと…

なんて穏やかなチャートでしょう!?

こんなチャートだったら、人生そんなに苦しまず、その代わり、得るものも少なかったかな。。。

でも、これ、絶対に、私のチャートじゃ、ありません。

人それぞれ、人生それぞれで、古典占星術の技法や世界観がぴったり来る場合もあるでしょう。

でも、強度に精神世界に偏った向きには、合わないようでした。

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


太陽の奪回と所有(第二ハウス)

以前から、自分の第二ハウスについて、判然としない思いを抱えていました。

所有や価値の部屋で、物質金銭のみならず才能なども象意として含まれますが、頭では納得のゆく説明を聞いても、心の奥底のもやもやが、イマイチすっきりしませんでした。

ところが、最近、何かの拍子に、このハウスに入っている太陽が、まさに自分自身の所有の象徴であることに気付きました。

ホロスコープのすごい点は、多面体の宝石のような象徴の解読になるので、宇宙の構造そのままに、重層した意味を、フォーカスするポイントによって読み換えるられる事でしょう。

この第二ハウスの太陽は、物質的な恩恵に恵まれ、金銭に鷹揚などと読むのがベーシックでしょうが、私の場合は、自分自身の所有という、例外的な解釈になるかと思います。

これに気付いて、もやもやし続けていたものが、初めてクリアーになった感じがしました。

人生に対する抑圧された強い不安感を抱えていた母の元で、かけがえのない一人娘は、何も間違いが無いようにと、全てをコントロールされ、自分自身の心のスペースを持つことを許されませんでした。

手紙も日記も全て読まれ、大学卒業間近みたいな年齢になって、「おかしいな…」と思っていたら、私宛のラブレターを知らないうちに捨てられていました。相手から妙に恨まれているような、と思っていたら、これでした(^^;)

覚えている方もいらっしゃると思いますが、「透明なボク」の苦しみは、私の苦しみでもありました。

狂気に至らなかったのは、健康なエゴが生き残り、抵抗を続けたためでしょう。それでも抵抗の烈しさは苦しみの烈しさでもあり、地獄の業火に焼かれるようでした。

本来、初めから所有しているのが当たり前な自分=太陽なのでしょうが、私の場合は、土星がセミスクエアでねじれた横槍を入れた事で、奪い返して自分のものにする、というドラマに。。。

無実の罪で投獄されて、どんなに助けを呼んでも誰も助けてくれない、その囚われの太陽は、自分自身で解放するしかありませんでした。

そして、それはとても意義深い霊的な学びの道であり、無知で無意識だっただけで、全く悪気が無かった母親との葛藤は解けやすく、今は平和そのものです。

精神世界だけで十分、と思っていましたが、ここ数年占星術を学び、精神世界の事象に新たな光を投げかけ、一層理解を深めることができるような、そんな感じでやめられなくなりました。

数千年の歴史を持つ、膨大な学問体系のような西洋占星術ですから、勉強したいことが雪だるま式に増え、瞑想なんかのワークと、時間的な葛藤をする毎日です。。。でも、どちらも死ぬまでやっても終わらないのが確実で、嬉しいです(^o^;)

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


アストロダイス

先日、リマーナすずさん(ブログ「毎日がチャンス日!」)の占星術実践講座にお邪魔して参りました。

今回は特別講座で、あっという間に満員になるほどの人気でしたが、プロを目指す方達のために、実占でよく聞かれるテーマの知識の整理と、実際の応用などについて教えて頂きました。私は占星術の看板は上げないと思いますが、それでもとても面白く、4時間があっという間でした。

個人セッションでは、好き放題に何でもお聞きでき、いつの間にか脱線して、えらく高度な知識を惜しげも無く解説していただいたりと、毎回楽しみなのですが、グループで学ぶと、幅の広がり方が全然違うので、これまた貴重です。

そして、アストロダイス!

すずさんの実践講座で、初めてこのアストロダイスなるものを知ったのですが、即購入しました。。。(^^)

アストロとつくくらいですから占星術ベースです。サインとハウスと惑星の合計三つのダイスを使って、出た目を組み合わせて、受け取った情報を読み解きます。

自分だけでなく、他の方達のお出しになった目を見て読み解く練習をするのですが、これはオラクルカード同様、えらく使える!と確信しました。

少し前にご紹介したダライ・ラマ14世のインタビューの別の部分で、色々な人の意見を聞き、それでも最終判断は自分でしなければならないので、チベット伝統のダイス・リーディング「モー」を使っていたというお話がありました。「モー」はいつも正確で、そのアドバイスを信頼することが自信につながったそうです。

「モー」でも、アストロダイスでも、オラクルカードでも何でも、要するにガイドの通訳をしてもらっている訳で、真剣にアドバイスを求めている時は、ガイドだって正確な情報を伝えたいのですから、受け取れない筈が無いのです。

勿論、執着や恐れを横に置いた、静かでニュートラルな状態を作ってダイスを振る必要があるでしょうし、そのあたりのコツは、オラクルカードと一緒です。

ただし、これは、占星術の知識が無いと使えません。。。

でも、基本的な知識があれば大丈夫。すご〜くリーズナブルだし、オラクルカードなんかと違って、小さな三つのサイコロだけなので、持ち運びがえらく楽です。

と云う訳で、これからはオラクルカードに混じって、時々Mirus Clubに登場すると思います(解釈はLが致しますね)。お楽しみに☆

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


双子座に位置する居酒屋で酒盛り〜 ^^

先日、小山永珠さんの東京星図居酒屋巡りに参加して参りました。

酒好きでも、グラス一杯でゆでダコ!の酒弱な人間で、二の足を踏んでいましたが、リマーナすずさんのお誘いで、遂にデビューしてしまいました。

蓋を開けたら、なんのことはない、半分は酒豪でしたが、全くお酒がダメな方もいらして、気が楽なこと。。。

今回は双子座エリアで、象意にふさわしい、好奇心を全開にして楽しめるような傑出したお店でした。小山さんの目利き度はやっぱりすごいかも。。。

お店の作りや、食べたこともないお料理(美味しかったし!)、飲み物の種類がえらく豊富で、酒豪の小山さんご推薦のお酒がまた美味しくて、飲み過ぎ注意でした。

参加者全員のコンポジットチャートも作って来ていただき、これがまた、シンクロだらけ。。。

参加者のアングルに、チャートのアングルがガンガン重なっていたり、お店のある度数なんかまで、ほぼピッタリだったりして、わー!!でしたが、初めてだった前回も同様だったとか。。。

誰か一人が欠けても、コンポジットチャートは変わってしまうので、本当に来るべく人が来て、会が成立したことがよく分かります。エネルギー的にも興味深い現象ですね。

小山さんは、最近、別の会でも同様のことを経験されたとブログ(合成図と東京星図「花鳥星月」)でお書きになっています。

参加者のネイタルを比べても、それぞれご縁があるのが当然、みたいなアスペクト続出で、当然ながら盛り上がり、盛り上がりすぎても、離れのような素敵な個室だったので、気兼ねもなく心底楽しめました。

この会はオープンで、誰でも(あ、酒乱の気のある方はご遠慮ください)参加可能ですので、ご興味のある方は、小山さんのブログ「花鳥星月」経由でお問い合わせください。

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


魂の医者キロン

先日、リマーナすずさん(ブログ「毎日がチャンス日!」)の占星術実践講座に参加することができました。

参加することができました、と言うのは、「偶然」のトリプルコンジャンクションが起きなければ不可能だったから。シンクロの度合いが過ぎて、奇跡っぽかったです。

テーマは、傷と癒しを司どるキロン。

ネイタルでブーメランの出力口にキロンを持っているのですが、タイトなオポは冥王星。。。(--;)私と同じ時期に生まれた方は、全員同じなので、きつい人生続出なのではないでしょうか。

おまけに世代的にこのキロンが魚座にあって。。。すずさんが当日紹介された例は、ちょっとここでは申し上げにくいくらいエグくて、しかも超越的でした。中途半端なヒーリングじゃ、やったうちに入らないそうです。インドの山奥に修行に行っちゃう人とかも。。。

確かに私もインドの山奥、ではなく、町中にあるラマナ・マハルシのアシュラムに行きましたが、たったの3日間だけ(爆w)。根性の入り方で、やる事は相当違いそうです。

覚醒なんて、今に至るまでこれっぽっちも意欲は湧きませんし、ヒーリングだってやらないで済めば、んなもの、面倒なのでやりたくない。。。瞑想だけは、とっても気持ちがよいので、本心からやりたいと思ってやっているのは、多分これだけ。

でもね、キロンがそれじゃ、許してくれないんです、と言うか、苦しくて真面目に取り組まざるを得ないような人生になっております。

自分癒しを十五年ほどしてきましたが、動機はただ楽になりたい、それだけでした。そして、煉獄期間中のような例外はありましたが、年々楽になる一方で、始めた頃とは人格もえらく違いますが、人生も前世と今生くらい違うかも。。。前は、よく生きてたな。。。

自分を癒したら、他の人の癒しを手伝えます。
今、ひどく苦しくても、それを乗り越えれば自分自身のためだけでなしに、他の人への贈り物にもなります。

キロンは泥まみれにしてくれますが、どこかにある光の窓のマップを持っています。
でも光の窓は、そのマップを頼りに、自分で見つけて開けなければなりません。

お手伝いは誰かがしてくれるかもしれませんが(はい、やります!)、光の窓の元まで、銃弾をかいっくぐって匍匐前進でもなんでもして到達するのは、自分です。

そして、窓を開ける。。。
光が入る。。。
眩しいからか、浄化の喜びか、
涙が止まらない。。。

そうして、新しい人生の章が始まる。。。

華やかでもなんでもない、ただ普通の人生の中に展開される、著しく聖性を帯びたこうした素晴らしいドラマは、キロンの管轄だと思います。

これからも、もっとキロンの世界を探求したいと思ったことでした。

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

11月度 ご予約受付中!
10日(土) 13時〜16時

12月度
1日(土)  13時〜16時

1月度
12日(土) 13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

11月度 ご予約受付中!
17日(土) 13時〜16時

12月度
15日(土) 13時〜16時

1月度
26日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -