FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



豊かさ

昨日のブログ、「飛びっきり豊かな話」としてご紹介しましたが、ファーストクラスがフツーな状況を指して「豊か」と表現したわけではありません。

「豊かさ」は、一般的には経済的、物質的な潤沢さを意味することが多いと思います。

そうした使用法とは別に、「人生の豊かさ」といった抽象度の高い表現もあり、最近、もっぱらこちらを運用しております。

柴山氏の話を飛びっきり豊かだと感じるのは、ローエンドとハイエンドの双方を生きたという、その稀有な体験の豊かさです。

どちらか片方どころか、両方とも未経験で、ほどほど真ん中の経済状態だけを体験するのが、日本ではよくある人生かもしれません。

それをね…両方ともやっちゃったって…

実は私もプラチナカードを持った事があります。

海外との行き来が多かったので、そんな流れになりましたが、生活自体は庶民そのものだっため、派手〜な生活のための特典など全く利用できず、ナンセンスだと悟って解約しました。予約の難しいレストランなんて、行かないもんね。。。

つまり、柴山氏のように本当のファーストクラスを生きたことも無ければ、家族と一杯のコーヒーを分け合わなければならなかったこともありません。。。

ほどほど真ん中のって、私もその一人なわけです。

人それぞれの器量があり、柴山氏のようなブループリントを持ってこられる人とそうでない人がいます。

それでも、個々の人生が用意してくれる数々の経験は、その気になって目を凝らせば、素晴らしく豊かなものとして見えるに違いありません。

ポジティブ、ネガティブ、大小様々の経験が、宇宙にただ一人の自分を通して、自分色に染まって顕現しているのです。

人生のある部分が豊か/豊かじゃない、ということでなく、私たちの人生自体が豊かなのです。

こんな風に思えるようになってから、毎日の生活に、常に豊かさを感じるようになりました。

一番有難いのは、ネガティブな体験にもポジティブな体験と全く同様の豊かさを感じることで、抵抗感のような辛いエネルギーを作り出さずに済むこと!

お高い年会費を払ったのに、全然元を取れなかった身丈に合わないプラチナ会員経験も、しないで済ませてしまったより、別世界をちら見できたり、こうして「フフフ、相当なおバカでしたね」と話のネタにできる以上に、体験をした事自体を満足に思います。

こんな風に、自分の人生に起こる全てを祝福することで、人生も祝福してくれる、そんな気がします。

理由の無い満足感、幸福感に包まれる時、それは人生からの祝福かもしれません。。。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


聖なる虹の橋を見る

人生にかかる虹の橋は、愛の目を通してしか見えません。

この世界には評価というものがあって、私たち全員がまだ頭も心も柔らかいうちに、人と自分を比べたり、外側からの評価によって切り刻まれるような楔を打ち込まれます。

一種の洗脳ですね。。。

私たちは、遺伝子レベルからそれぞれ完全に違う存在です。

おまけに、家庭環境、生育歴、兄弟姉妹の中での生まれ順にも重大な影響を受け、世界にただ一人のユニークな存在として人生を旅します。

私は昔、人に理解されずに否定的な事を言われて悔しい思いをした時、心の中で「あなたは、私の人生を生きたのか!」と叫んでいました。

今は、自分自身を理解するのさえ難題だというのが、セラピストの経験を通してよ〜くわかっているので、誰かが私のことを理解できなくても、当然くらいに思えます(^^)

他の人生を具体的に生きて、千差万別な諸々の条件を理解することは不可能なのに、粗雑な判断基準で優劣なんかを判断する。これは一種の暴力かもしれません。

そうやって、勝手すぎ、公平でもない外側の評価システムを放り出しても、自分自身を無条件に受け入れ、弱点まで含め、自分自身のあるがままが一番と受け止める、その愛の目が育っていないと、人生のそこここに光っている達成に気づけないでしょう。

愛の目があれば、大きなことでなくても、自分自身に拍手できることは多いです。

ガイドはいつもそうやって私たちを愛の目で見守り、拍手してくれていますが、自分で自分にそれが出来るようになったら、人生変わります。マジで変わります。

ほんとよお〜☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ワーク2 Mの場合

前のブログに書いたワークについて、Mにメールで書いたのですが、彼女も同じようなワークをしたところだったという返信が来ました。

ひと月ほどひどい首の痛みが続き、ふと「一体、私は何をしているんだろう?」と内省して、本当は趣味の日本画や書道をしたくてたまらないのに(彼女は生粋のアメリカ人ですが、日本趣味の禅マインドの持ち主です)、そっちに手をつける代わりに雑事なんかを優先していた、と気づいたそうです。

首ですからねえ…

ハートに従って柔軟に自己表現できなかったり、義務感で自分をがんじがらめにしていたりすると、首に来たりします。

私以上に精神世界の経験が長い人なので、「此の期に及んでこのざまですか!」と呆れたそうですが、この気づきを持って瞑想に入り、出て来たら、ひと月も苦しんだ首の痛みが驚くほど軽くなっていたそうです。

お見事でした\(^o^)/

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ワーク

以前苦しい事が多すぎて、苦しみボケ(?)の症状を呈したことがありました。

視野が狭窄して、自分の苦痛だけが世界のようになってしまう状態を「苦しみボケ」と命名したのですが、これは誰にでも起こり得る現象だと思っています。

これが進み、自分だけがこの世界で苦しんでいる、疎外されていると思い込むほどボケてしまうと、周囲の人々や社会との断絶感がひどくなり、少々厄介です。もっとひどくなると、新聞沙汰みたいなことになりかねません。

でもね、折角の人生ですから、ニュースになっちゃわない程度の「苦しみボケ」を経験しておくのは悪くないどころか、望ましいことだと思っています。ボケている最中の人をよく理解できるし、理解できれば、受け入れるのはとても楽ですから。。。

問題は、苦しみボケするほど苦しんだためにできるトラウマ。

ごく幼い頃にバズーカを一発食らってハートに大穴があいた、みたいなトラウマがあるだけでも十分なのに、うん十年断続的に苦しんだために、質量ともにありすぎな?トラウマが出来てしまいました。

しばらく前に気づいたのが、なかなか癒しきれないトラウマを震源とする恐怖感です。苦しむのが怖いという…具体的な対象ではなく、あんなにひどく苦しむのが怖い…

で、どうするか。。。

抱えておけば良いのだと思います。

先日も、この恐怖感が浮上して来たのを感じたので、子供をあやすように「怖いんだね〜、怖いんだね〜、あんなに辛かったんだから、仕方ないよね〜」としばらく相手をしていました。

そうしているうちに、気が済んだのか、恐怖感はおとなしくどこかへ消えてゆきました。

自分の中にあるネガティブなエネルギーを無害化するには、拒絶や抵抗で戦っても絶対にうまくゆきません。保証します(^^)

自分の内側に対する感度を日頃から研ぎ澄まして、何か不調和なものがあるのに気付くことが出来ればしめたもの。。。

そして嫌がらずにお世話ができれば、自分の現実に、不調和なものを作り出さずに済むはずです。取り敢えず、こんなところで、十分なのではないでしょうか?

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


愛に支えられて

滝川英治さんが退院され、一人暮らしを始めました。

どれほどのご苦労があるか、想像もつきません。

ドキュメンタリーでは、なんとか動く左手をもっと自由に動かせるように、きつい筋トレをしている最中に、体のバランスを崩して上体が倒れた後、どんなにもがいても体を起こすことができず、ひどく打ちのめされたご様子でした。

一人暮らしをすると決めた時

母は
「大阪に帰ってきたらいいんじゃない」と
 
父は
「二度と大阪には帰ってくるなよ」
と突き放してくれた


お母様のは優しい愛情で、お父様のは彼に対する全幅の信頼、愛と言えるかもしれません。

こんな風にバランス良く愛情と愛の双方を注がれて育った…英治さんの途轍もない勁さは、このご両親の懐がルーツかもしれません。

そのお父様が、ドキュメンタリーが放映される前日、突然心筋梗塞で亡くなられたそうです。

一人で暮らそう、絶対いつか自分の足で立とうと心を決めて退院した、父親の信頼と尊重に背かない息子さんを、あちらから見守りながら、とても満足なさっていらっしゃるのではないでしょうか。

そうして変わらぬ愛が、いつも英治さんに寄り添い、その回復と魂の成長を嬉しく見守り続けることでしょう。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

1月度 ご予約受付中!
5日(土)  13時〜16時

2月度
2日(土)  13時〜16時

3月度
2日(土)  13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

1月度 ご予約受付中!
19日(土) 13時〜16時

2月度
16日(土) 13時〜16時

3月度
16日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -