FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



自分に属するものは決して失われない

所有は全て一時的なものです。

それでも本当に自分に属するものは、永く手元に留まり、そう簡単に失われません。

それは人間関係など、形の無いものでも同様。

私にこのことを学ばせてくれたのは、愛用のリングたちでした。

いつからか、大きめの半貴石のついたリングが好きになり、その時々でお供を選んで愛用しています。

インド製やタイ製の味のある手作りですが、きちんとした物ではないので、手を洗う時に一緒に水に浸けると石が落ちちゃう可能性があるということで…はい、何回か、どころでなく、散々洗面台に置き忘れました(^^;)

3つのリングを、合計6、7回は失くしています。

そして、全員無事に帰って来ました。

Mirus Clubを開催していたアートセンターでも1度、あちこちのSCの化粧室、日比谷駅を利用する際の一時お休み処?として利用させていただいているペニンシュラでもやらかしました。

ペニンシュラでは、有楽町まで歩いて来てしまってから、あっ!と大急ぎで引き返すと、化粧室内で見かけた外国人女性が私を見るなり、こちらに歩いて来て「これですか?」とリングを見せてくれました。心底の感謝を伝えて一件落着。

最寄駅のSCでは、かなり経ってから気づき、引き返すと化粧台の上には何もなく、とうとうお別れかもしれない(TT)と思いつつ、案内所に「これこれで」と事情を説明すると、即座に「それらしい忘れ物が届いておりますので、事務所へ」と言われて行ったところが、呆気なく再会のご対面でした。

羽の生えた息子も、11年の同居で3回ばかり、ヒヤリ!がありました。

お隣に預ける際のケージの落下で、外廊下をぶっ飛んで突き当たりのお宅のドア前に落ちたヤツを抱え込んだ時の事は、動転しすぎていて、もうどんなだったかよく思い出せません。

でもヤツは今も、ご機嫌だったり不機嫌だったりわがままだったり(プンプン)しながら、一緒にいてくれます。

放鳥は、基本的にきちんと見張っているのですが、最近、ベランダの洗濯物を取り込んで戻ると、ケージの扉が開いていて、彼は楽しそうにリビングの自分のジムでおもちゃをカジカジしていました。

(@@;)

同じことを、以前も一度だけやったことがあります。

だから…

大事にして、大切にして…
それでも手の指の間から落ちて無くなってしまうものは、それで良いのです。

執着はともかく、縁あるものに対して愛着が生まれるのは当然でしょう。

それでも、いつも手は開いておいて握りしめない、その対象に自由を与え、行き先をコントロールしない。

それが宇宙の愛であり調和なのだと思います。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


魂と共にある至福

不思議な状態が断続的に立ち現れます。

静かな喜びに満たされて、何か良いことでもあるように嬉しい。

何も理由は無いし、日常的なストレスだってあるし、何しろ暑すぎる。。。

暑いのは苦手です。

特に更年期か何かで自律神経系がひどくトラブるようになってからは、しんどさが尋常でなく、神経系のひどい誤作動などもあり、30度を越えると絶不調なのがフツーでした。

それがここ最近は暑くてバテても、昼寝なんかして起きた後は、さっぱりしていて問題ないし、瞑想の直前まで「あ〜やれやれ、お洗濯しただけで汗だく〜」とげんなりして目を閉じた途端、キラキラする喜びがもうハートににきらめいてる。。。

駅前のSCで、ご休憩所の個室に座り、ふとハートにフォーカスすると永遠の喜びが爆発してる。。。聖俗のへったくれもありまてん(^^;)

どうなっちゃてるんだか、とまだ多少混乱することもあります。

これ、5次元環境の生活感情だったりする?
何か嬉しいことが起こらなくても、満たされていて、そこはかとない喜びを感じる。。。
たとえ何か望ましくないことがあっても、それを包む大きな調和と感謝で安心していられる。。。

絶望的な煉獄期間中、何が辛いって、魂との接続が切れてしまったような、孤立無援で切り裂かれるような感覚に苛まれた正真正銘の闇夜でした。

今はそれとは逆に魂との距離が近く、簡単に融合できるし、フォーカスすればいつでもそこに魂の光を感じます。

魂の次元では、ポジティブもネガティブもなく、あるいは同等の価値があり、経験することの意義深さしかありません。

理由があるとしたら、これかな。

それとも、「人生の夏休み」してるからでしょうか。。。
かもね〜!

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


主導権を取り戻したら、乗り物酔いが治っちゃった話

日常の慌ただしさの中で、仕事に追われ、人間関係で苦労し…なんてやっていると、なかなか自分自身の内側をクリアーに見ることは難しいかもしれません。

それでも、何かが違う、辛い、苦しい、という感覚は正直です。

それを押し殺してしまうか、その感覚についてゆき、苦しかったり辛かったりを解除するか。。。

これは自分にしかできない選択です。

知らず知らず、人生の犠牲者モードに陥っていた方が、長い時間をかけて自分自身の内側を見ながら、真実を少しづつ受け入れ始め、ある時ついに、それはそれは見事な一念発起で人生を変えました。

踏みにじられてばかりの檻に閉じ込められていても、実は出口はいつも開いていたのです。

出られないと信じ込んでいただけ。あるいは出たらどうなるかわからないと恐れていただけで。

以前、Mirus Clubの誘導瞑想で、人生の障害物を象徴する壁のイメージを使い、それをどのように越えるかを見るワークをしたことがありました。その時、イメージの中で、この方はどうしても壁を乗り越えることができなかったのです。

幼少期から困難に押し潰される日々で、人生に痛めつけられる感覚が強く、自分でその人生の首根っこを押さえて変えられるのだ、と思えるまでにどれだけご苦労があったかと思います。

諦めるばかりだった人生の犠牲者であることを止め、こうしたい!と人生を積極的に変えた後、整体に行ったところが、長年の乗り物酔いが呆気なく治ったという!

車に揺さぶられるように人生に揺さぶられて来て、もどしかねない程の苦しさを我慢して来た…でも今は自分が人生のハンドルを握っています。車酔いをする必要はもう無くなりました。

心からのいいね!と拍手を送ります☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


We Can Change!!

犠牲者と加害者、これは便宜上の区別で、エネルギー的には意味をなしません。

自分を犠牲者と考えるか否か、それだけです。

自分の人生に起こることは、すべて自分自身の内側に存在するエネルギーが作り出しています。

多くは潜在意識の奥深くにあったりして、普段は全く気づかないため、何か起きると、その元が自分自身に由来することを知識や経験として叩き込んでいなければ、まるで人生や誰か他の人にいきなり平手打ちされたように感じるのも無理はありません。

このブログでも、折に触れて鏡の法則について書いて来ましたが、この法則に例外はありません。

自分自身の傷んだエネルギーときちんと向き合い、受け入れて癒せば、どんなにしつこいネガティブなパターンでも解除できます。

その前提として、自分は犠牲者ではない、というクリアーな視点が必要なのです。

自分を犠牲者と考える時、自分には自分自身を救う力が無く、否応なく被害を受けて苦しまなければならない存在だという決定を下していることになります。

私たちには、それぞれ自分を救う力があります。

自分は犠牲者だ、何もできないと思ってみてください。

どんな感じがしますか?

すごく辛い、でもこれは何か貴重な体験を得るために敢えて自分で選んできたこと、だから必ず乗り越えられるし宝物も手に入る!と思ってみてください。

どんな感じがしますか?

時間も手間もかかるかもしれませんが、自分の内側と丁寧に付き合い、その痛みの世話をしているうちには、自分も人生も変わって来ます。

私たちには変化を起こす力があります。
決して犠牲者ではありません。

Change! Yes, We Can! 

ちと古かったかな。。。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ワクワクする〜!!

素の自分と言っても、おそらくこれまたレイヤー(層)の問題で、「素」を突き詰めてゆくと、神でも生命でも宇宙の中心でも、そういった形而上的な素に至るのだろうと思います。

そしてエネルギーは勿論、本質に近づけば近づくほど繊細に高い波動となり、要するに気分が良くなります。

ありのままで正直な自分でいるうちには、もっと軽くて透明感のある=こだわりが無くて融通無碍、変幻自在の自分が垣間見えてくる、というか感じ始めます。

そうなると、ありのままに解放されている筈の自分すらが、もう重く感じられたりする。。。

自分だと信じてきたパーソナリティが、なんかな〜、重いんです。不自由というか。。。

様々なエネルギーパーツが犇めく自分というシステムが、様々な状況、様々なエネルギーを表現している人と関わる中で、それぞれのエネルギーパーツが活性化し、それをブロックしなければ、色々な自分が出現します。

この人生できつい制限とその制限を解除するゲームに必要な、私はこういう環境に生き、こういう人になって、こう考えて、ああ感じて…という枠組みとしてのパーソナリティは、もうそろそろお役御免でもよいのかもしれません。

こういうのって、ワクワクしない〜?
あ、枠枠は、潔く外してね(^^)

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31