FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



そして、戦争が終わった…

少し前、瞑想の後だったか、ただお茶を飲んでいた時だったか、ソファでゆっくりしている時、ふと考えがまとまりました。

人間関係で散々ひどい目に遭ってきましたが、いわゆるアダルトチルドレンで、生後1歳で既に自分を鎖し、自己表現もできず、本質的に人を信頼できなかったりと、良好な人間関係を妨げるようなエネルギーブロックを持っていましたから、それはもう教科書通りです。

そうしたエネルギーブロックは、次々とネガティブな現象化を達成し、傷を深掘りして、年を追うごとにひどい目度が上がるよう。。。

しかも、そうしたエネルギーの法則について学んだのがうんと遅くて、しかも話がわかったからと言って、即座に自分自身を変えることもできず、本当に辛かったです(;;)

ただ、法則が理解できれば相手を責めたり恨んだりが無くなる分、随分マシで、責めたり恨んだりというエネルギーは持っている方が辛いですからね。

自分自身の辛くて深い傷が、またしても現象化しましたか…となれば、相手を責めるのは無駄というものです。

その人は、私の傷が投影されただけで、私自身にそのようなエネルギーの持ち合わせが無ければ、私を傷つけようがなかったし、そもそも縁が無かったでしょう。

だから責めるのはお門違いというものです。

また最近、ようやく理解が進んできて良かったと思っていますが、中には全く悪意も無く、一番言って欲しくないようなことを言ってしまう発達障害を持つ人たちもいます。

母がこれで、私は幼い頃からひどく苦しみました。

最晩年になってしまいましたが、発達障害であることがわかった後は、本当に救われました。

幼い頃に培ってしまった愛してもらっていない、という傷が癒えるわけではなくても、一緒にいるのがとても楽になり、母との関係も良好になりました。

脳の微細な障害が、発達障害程度ならともかく(発達障害でも、程度によっては本人や周囲の人たちは鬱病などの二次障害につながることもあります)、犯罪レベルに結びつく可能性が高いという研究を読んだことがあります。

記憶なので正確ではないかもしれませんが、少年院での調査で、普通に物が見えていず、その歪んだ視力では漢字も読むのが困難で、学校の勉強にもついてゆくのが難しい少年が多いと。

このハンディを負っている人たちを、単純に非難できるでしょうか?
寧ろ、事前に周囲が気づいて、必要なケアをすることが必要ではないでしょうか?

単に未熟で、この人生でも、あるいは転生回数でもが平均レベルよりもうんと経験が少ない場合もあります。

はいはいをしている赤ちゃんに、なんであんた立って歩かないんだよ!と怒ったら、怒る方が人非人ではないでしょうか?

そして全ての経験は、それぞれの人があらかじめ選んでいます。大事なら大事なほど、念入りに選んで地球に生まれてきています。

というわけで、非難も批判もナンセンスだし、戦うのはもっとナンセンスです。

ノーを言わないというのとは違いますよ、誤解のないように。。。

以前からなんとなく思っていたことばかりでしたが、この日この時、突然、全てがまとまりクリアーになりました。

勿論、人間として、嫌なことがあれば悲しかったり腹も立つでしょうが、もう戦うことは本当にないだろうな、とはっきり感じたのです。

言いようのない静けさが広がりました。

今年の1月11日のことです。

111

私の終戦記念日です。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


1つのYESから5つのYESが生まれた!? 

これまた前のブログと同じ、エネルギーの動き方に関する面白いエピソードです。

突然、それもバラバラだったパズルが一瞬にして完成したような具合に決まったアメリカ行きです(詳細は「与祝のカラクリと3つの要点、そしてその効果」でどうぞ)が、とても面白い具合になっています。

Mからのメールで、私の来訪が決まった直後から、新しい友人が突然5人も増えたと大喜びで伝えてきました。

しかもパートナーのAも含めて、M夫婦が家族ぐるみで付き合える人たちだそうです。

Aはとても物静かで、深くスピリチュアルを探求しているクリエイティブな男性ですが、元はハリウッドの音響エンジニアで、さぞかし苦労が多かったと思います。

ひどい孤独の中に長年凍りついた煉獄の一種のサバイバーで、その氷の扉を開いたのが現夫人のMという、映画か小説になりそうなストーリーです。

彼が新しい交友には慎重で、なかなか合う人に出会えないというのは、とてもよくわかります。

会って喋った事もないのに、なぜか何でもわかってしまうようで、メールでやり取りすればするほど、えらく似ていることに驚きます。

私も友人関係はものすごく狭くなりがちな質なので、MがAを私の人生に連れてきてくれたことにはとても感謝しています。

この人柄の良いとても魅力的なご夫婦が、しかもLAやハワイ在住時には、いつでも友人のラッシュアワーの中にもみくちゃになっていたMでも、結婚/引っ越し後の5年間、全く近所に住む人たちとの友情が育たなかったそうです。

これは本当に驚きです。アメリカは日本とは違い、しょっちゅうパーティとかありますしね...

ところが!突然エネルギーが変わりました。

Mだけでなく、Aにも素晴らしく気の合うご近所の友人ができ、そのご夫婦が共に友人になり、その後、人伝に紹介だけはされていた女性とあれこれ妨げが多くて、全く会うことができなかったのが、突然彼女が友人と自身の旦那さんまで連れて訪問するという、しかも素敵に盛り上がって、長時間があっという間の素晴らしいお茶会になったそうです。

全員、話もよく合い、エネルギー的にぴったりな人たちのようでした。

「すごいのよおお!」と興奮気味のMのメールでしたが、それはそうでしょう。
5年間ゼロだったのが、1週間かそこらでプラス5になって、それはケーキじゃなくて友人ですからね\(^o^)/

最初、「そうなんだあ、それはよかったなあ〜」くらいでメールを読み終え、しばらくしてからふと気づきました。

これって、日本みたいな遠い場所から、あれこれのブロックを乗り越え、瞬時に魔法のように訪問が決まったそのYES!!のエネルギーが作用したんじゃない!?

最近見た動画で、アラン・コーエン氏だったような気がしますが、うう、忘れてしまった、別の人だったかもしれません。

妊活を長年続けて疲れ果て、諦めて養子を迎えた直後に妊娠できるカップルがものすごく多いのは、「子供ができない、子供ができない」という欠如のエネルギーにフォーカスしていたのが、真逆の「子供がいる、子供がいる」エネルギーへと変化したことによる、と。

確かに、よく聞く話ですよね。

エネルギーの動き方がとてもはっきり出ているエピソードです。

M&Aの友人ゲットのエピソードも、このエネルギーの法則に合致しているのではないかと考えています。

それと共に、世界のエネルギー状況が変わり、エネルギー的にシンクロする人たちが以前とは比較にならないほど集まりやすくなっていることもあるでしょう。

その逆もありで、これからは自分自身のエネルギーに正直に生き、そのエネルギーに合うもの合わないものが自動的に調整されるのを、執着や諸々の余分な思考で妨げないようにする必要がありますね。

新たに手を握るときも、手を離す時も、愛と感謝をこめて。。。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


波動を上げて、NoがYesになった話

先週だったか、面白いことがありました。

以前の住まいの引き渡しが近づき、掃除機をかけてそのバッテリーを充電しようとしたら…しばらく外さなかったせいか、バッテリーが外れなくなってしまいました。

自分でどんなに頑張っても外れないのですから、もっと握力のある人にお願いするしかありません。

以前のお隣さんのご主人にと思ったところが、生憎の留守。

もう1、2度来ることになっていたので、その時にご在宅だったらお願いしますということで、その次に短時間の訪問をすることになった日に電話をすると、折悪しくお二人揃って外出するところでした。

他に気軽に頼めそうな人がいないので、どうしたものかと一瞬途方に暮れましたが、困って波動を落とすと一層行き詰まるので、お天気の良い穏やかな日でしたし、嬉し、楽し、気分サイコー!全部上手くゆくでしょう、と波動を上げながら歩いて行ったところが、到着直前に、お隣さんから明るい声で「異様に車が空いていて、帰宅できちゃったから」という電話が入りました。

そしてめでたく掃除機のバッテリーも外れ、分解するのも非力すぎてできなかったのを、持ち運びやすくバラしてもらえました。

普段釣りで鍛えていらっしゃるせいか、一瞬の作業で、目が点になりましたけど。。。

とにかく波動を上げておく、具体的にあれこれ手を打つことが必要な場合もありますが、それ以前にやっぱり波動を調整して上げておく、これに尽きる様です。

波動が整って充分に高ければ、必要なことは自動的になされますし、すべきこともわかります。

人生、楽しようと思ったら、まずはエネルギー遣いになることでしょうか。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


与祝 追加情報*現実化を強力にブロックするもの

前のブログの、与祝の要点に補足です。

一つ目の、信じるレベルではダメで、事実として確定しているような体感が必要だという、それに関係しています。

来週、予約しておいた超お気に入りの新車が納車されることになっていたら、それが欲しい〜!という気持ちは無いはずです。

もう自分の物なのですから!

ワクワクしながら、最初にどこにドライブに行こうかな♪みたいな感じで、ただただ嬉しいだけでしょう。

この感じ=波動が、現実化には必要なのです。

これを強烈にブロックしてしまうのが執着。

上の例で説明すれば、あの車が欲しいけれど、費用が賄えるかどうかがわからない、買えても、欲しいモデルは売り切れてしまうかもしれない時、ダメかもと思えば思うほど欲しさが募りませんか?

確実に手に入るとわかっていれば生じない執着が、手に入らないかもしれない、あるいは手に入らないと思うことで生み出されてしまいます。

要するに執着は欠如感から生まれます。手に入ったものを失うかもしれないという恐れも、一種の欠如感でしょう。

欠如感ですからね、その無い〜(;;)という波動が創り出すのは、手に入らない、無い〜(;;)なのです。

これをチャラにするのが、与祝のカラクリ。
これが最初からできれば与祝する必要もないわけです。

ごく小さなことなら、自然にできちゃっているかもしれません。

次のブログは、最近のそうした体験をシェアしますね☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


与祝のカラクリと3つの要点、そしてその効果

14日のMirus Clubはもしかしたら、神回と言ってよい程だったかもしれません。
まだお伝えしたい内容が残っています。

実は、諸事情で予定していた与祝コーナーをスキップすることになりました。
ところが…
まるで与祝をしたかのような出来事を即座に経験することになりました。

そして、その経験の中で、与祝のカラクリが自分なりに抽象化でき=とてもシンプルに3つの要点に整理できました。

結論から言うと、あれこれ与祝のワークをするのは、ひとえにそれが現実化することを完全に意図するためだと言うことです。

信じるレベルでは全然足りません。

それが事実として、スマホのリストに記入されている会議くらいに、意識の上でクリアーに「確定」している必要があります。

そしてもう一つのポイントが、それを声に出して宣言すること。

頭で考えているだけでなく、声に出してはっきり言う動きを伴い、しかも声は波動です。
自分自身に対する影響力が違います。

そして3つ目は、実際に必要な行動を取ること。

最後におまけとして、宣言する際には、可能な限り波動を上げておくことが望ましいでしょう。これは与祝に限らず、オールマイティなベースですが。

今回、私の与祝なしの与祝がえらい勢いで現実化し始めたのは、Mirus Clubで、普段は簡略化するエネルギー調整などを、みっちりして最高に波動を整えていましたから、ね。

与祝のポイントは以上です。

与祝のワークのように時間をかけた訳でもないのに、3つのポイントが無自覚にクリアーされたため、自分自身の願いを宣言したそのわずか数時間後には怒涛の勢いで形になり始め、24時間以内に実際にそれを経験するための土台作りが終わりました。

以前、ブログにも書きましたが、魂の家族のような関係にあるアメリカのMとその旦那さんと会いたいね、と言っていて(メールで書き合っていて)、それでもこの世界の経済状況やらパンデミックの影響で、以前のようにはゆきそうもありませんでした。

太平洋という巨大なボウルの端と端に暮らしているので、ハワイかバリで会う?みたいな話で止まっていたのですが、与祝をするほどのことはないと感じていて、なぜなら、今でなくても確実に実現すると思っていたからです。

で、それをただ喋っただけでした。

今思い出したのは、「絶対に現実になるから」と話している際、丹田あたりに力が入っていたかもしれません。もしかして、これも影響しているかも。。。

帰宅して、なぜかふとアメリカ行きの航空券を調べてみようという気になり、べらぼうなサーチャージがかかりますから、購入ではなく、マイル交換の一択です。

まだコロナの影響は結構シビアで、海外行きは減便されているため、これまたべらぼうなマイル交換の条件で、通常マイルの2倍などでは全然交換できません。

5倍なんていう目を疑う便も結構あったりして、すごいわ〜(@@)と感動していると、ん?なんでよ?この日だけ通常マイル。。。おまけに帰国便も、ちょっと日にちをずらしたらやっぱり通常マイル。。。

でもM夫妻の都合を確認したりしている余裕はありませんでした。

残席数1(@@)
そりゃあそうだわ!

その場でチケットを抑え、メールで都合を聞くと、彼らも大喜び、サクサク話がまとまってしまいました。

もう一つ、私には高いハードルがあって、現時点ではアメリカ入国にはワクチン接種証明書が義務付けられています。

航空券を予約する際に、もう一度詳しくチェックしてみたら、健康上の理由でワクチン接種が不可能な場合、証明する書類があればよいことがわかりました。

これで、この条件も大丈夫。

特異体質で幼少期からワクチンで異常な反応が出ることが多く、しかもここ数年アレルギーではなくてもアレルギー様の症状が出て、歯医者で親知らずを抜くのでさえ、検査入院が必要だった人です。

超高速な上にスムース過ぎて、マインドにはついてゆけない世界でしたが、今からの新しい流れはこんな感じなのかもしれません。

この新しい流れに乗るためには、波動も上げ続け、かつ超高速な変化に対応する柔軟性も必要になりそうですね(実は新年に、ガイドにアドバイスの1枚をくださいと頼んで引いて出たのが、柔軟性のカードでした ^^ )。

どうぞ、皆さんも是非、ご自分の、これがしたいあれがしたいを自在に叶えていってください!

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2023 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -