FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



内なる別次元

瞑想中、いつもの事ですが、ハートの中に燃える白い炎を見ていました。

Mirus Clubにご参加の経験があれば、ああ、あれね、とお分かりでしょう。そう、エネルギー調整の際にチェックする「あれ」です。

いつもと違ったのは、ふと「ああ、これは別次元の存在なんだ…」と気づいた事です。

普段、あまりに強く肉体にフォーカスしているため、肉眼で見えたり触れることのできる物だけが存在し、自分もまたこの肉体だと感じていたりします。

でも、肉体は、本来意識の入れ物ですら無く、ただこの物質的な次元を体験するために必要な集中点に過ぎないはずです。

意識は広大無辺で、肉体という集中点はあっても、そこに様々な次元が重なり合ったり、並行しているわけで、ハートの光は、その光独自の次元に存在しているというのも当然のこと。。。でも、気づくまで気づかなかったわあ(^0^;)

前のブログの詩「故郷への橋」は、この気づきから生まれました。

しばらく自律神経系の絶不調で断続的にブレているせいか、分離感がまた強くなっているのかもしれません。

バランスが整っている時なら、もう「まんま」で、自分が魂の一部であってもホログラムのように全体を映し出しているといった全体性に安らげますが、こう不調が続くと、瞑想して橋でも渡らないと、魂を感じられません(--;)

もっとも、以前、魂と完全に切れてしまったような絶望の絶叫みたいな詩を書いた頃とは、比較にならないくらいマシです。

ありゃあ、ひどかったな。。。そういうひどい目に遭っとくと、フツーに辛いくらい何でもなくなるので、それはそれで悪くないですね。

こうやって、自分自身の内側に未知な宇宙が広がっていると思うと、軽い目眩を感じるような、それは狭っ苦しい檻から解放された瞬間に感じる目眩かもしれません。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


聖母のバラ

大昔、今のように精神世界に深入りしていなくても、オーラや見えない世界に惹かれてはいました。

何がきっかけだったかは忘れましたが、マリア様に心の中で美しいバラを捧げたいと思い、パサディナという種類をありありとイメージしていたところが、葉っぱの形などまで詳細に思い描いた途端、その心の中のイメージに過ぎないバラから、強く芳しい香りが立ち昇ったので、びっくりしてしまい、そこでストップ。。。

その後何日かして、夜、父が大きな縦長の白い箱を抱えて帰宅しました。

車を買い換えたおまけだそうで…
箱を開けて見て目が点になりました(@@;)

パサディナの花束でした。

たった一本の赤いバラを捧げたのに、束でお返しが。。。

それよりも何よりも、間違いなくマリア様に想いが通じたことが確信されて、感動したことを覚えています。

目に見えない世界は、肉眼には映らなくても、実はリアルなのだということを、以前からこんな風に教えてもらっていたんですね。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


褒めちぎった後にできること

長所は100%長所か、と言えば、どうでしょう?

例えば、きれい好きだとよくお褒めの言葉を頂戴しますが、自分では長所だと思っていません。

強迫神経症クラスでは無いので、実害レベルは低いですが、汚れていたり、乱雑な場所というのが苦手です。

この根っこにあるのは、1歳になるかならないかのごく幼い頃から長年培った強い不安感に違いなく、そんな不安が無ければ、それほど躍起になって、環境に秩序を求める必要は無いはずです。

その証拠に、調子が悪ければ悪いほど、疲れていればいるほど、些細な汚れが耐え難く感じられます。それで、疲れ果てているのに、掃除機をガーガーかけながら、あたしはホントは休みたいのにねえ(--;)などと、心の中でやれやれです。

反対に、宅の汚し屋ダイナマイトボディ(ええ、あの態度の悪いちっこい鳥さんです)が、餌と抜け毛や脂粉をそこら中に撒き散らしていても、晴れ晴れとしてご機嫌な時は、掃除機を引っ掴んだりしません。

でも、この多少厄介な性向のお蔭で、整理整頓も得意で、お掃除の小技なども蓄積できましたから、やはり長所と言えなくもないです。

これ、長所でも短所でもない、というのが本当でしょう。

大抵の短所は長所の側面も持つ筈です。
コインの裏と表、どちらを見るか、その意識で変わって来ます。

こうした二元性を超えた意識なら、つべこべ言うこと無しに、自分自身のありのままを受け入れることができます。

そして、これが無条件の愛です。
長所にフォーカスして、と言うのは、まだ条件付きですから。。。

自分を褒めて認めているうちに、長所だけでなく、短所も備えた全体としての自分が愛しくなってきます。

短所をあげつらう事をどれだけしても、決して無条件の愛には辿りつきません。

でも、自分を徹底的に褒めまくったその先には、自分と人、そして生きとし生けるものと、人生や生命そのものへの敬意と無条件の愛があります。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


愛する訓練

昨日のマイケルのメッセージで、鏡で自分を見ることについて書かれていましたね。

鏡を見ながら自分を褒めるワークというのがありまして、これがえらく困難だったりします。

私は鬱病でのたうち回った挙句、自分自身を愛していないことが、こんなにひどい苦しみを生むことにようやく気付き、自分を愛する訓練をかなり積んでからこのワークに出会いました。

なので、何でもありませんでした(^^)

ところが、数十人のグループでのワークだったので、参加者のシェアを聞くうちに身の置き所がないような気分になって来ました。

まず鏡の中の自分に微笑んで…という、そこでアウトだった方。。。
脂汗がにじむようなにらめっこをした挙句、泣き出してしまったそうです。

それほど辛いワークになってしまうからには、これまでだって、どんなに耐え難い事が多かったでしょう?その苦しみを抱えながら、なんとか生きてきた、その事だけでも褒めちぎるに値すると思います。

そこまで辛い話でなくても、自分の長所を挙げてゆくのにえらい苦労した…とか色々でしたが、規定の時間を過ぎても延々と自分褒めができて困ったなどという話は、一つもありませんでした。

この世界では、自分を褒める事と、自惚れる事が混同されていて、謙虚と卑屈も混同されているようです。

批判や非難にさらされて成長するので、自分自身を愛して慈しむというスキルを身につけられずに成人するのが普通でしょう。

セッションでは、自分を愛するどころか、徹底的に嫌っている方たちにもお会いしました。私から見れば、長所もちゃんと備え、特技もあり、それぞれユニークな魅力もお持ちなのに!です。

短所ばかりを常にチェックしているせいで、わからなくなってしまっただけ…長所が無い人など存在しません。

どんな人でも繰り返し練習すれば、ものすご〜くたくさんの長所を挙げることが可能になります。

そして、細やかなことも含めて、自分自身の美点に気づけるようになると、人の長所にも敏感になります。

そしてトラブっている相手の中の美点が見えたら、そのトラブルは、ずっと乗り越えやすいものになるでしょう。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


戦う相手は…

前のブログのマイケルのメッセージに関して、です。

Mirus Clubでもよく話題に上り、繰り返し説明していますので、ご参加の皆さんは耳にタコかもしれません(^^;)

私たちは、現実がただ一つだといつの間にか信じ込み、それぞれの人の数だけ現実が存在する、という宇宙の真理を忘れ果てて混乱しています。

人間関係で、当事者が全く同じ現実を共有していると誤解する事、それはとても不都合で、場合によっては危険です。

相手とトラブルを経験していても、双方の課題に必要な出来事を経験しているため、同じトラブルに見えても、双方にそれぞれ異なる原因があるケースが圧倒的に多いです。

つまり、自分と相手は同じ土俵に立ってはいても、全く別の戦いをしている…そして、その本当の相手は、目の前にいる相手ではなく、自分自身の傷なのです。

例えばこちらが被害者意識の傷を持ち、相手は罪悪感の傷を持っている場合、うってつけのペア成立になります。

こちらは虐待され、相手は罪悪感の墓穴を一層深く掘るという、どちらも自分自身の傷が発端なので、相手はその傷が投影されるために必要な役者に過ぎません。双方が双方に必要不可欠な共演者なのです。

これが見えていれば、相手を憎んでエネルギーを落としたり、自分を一層責めて貶めたり、という無駄な苦痛を避けられるし、自分自身の傷の手当てをすればよいだけなので、とてもシンプルです。

しかも、この機会を活かしてうまく手当てができれば、以後、そうした苦痛を投影するものが消えるか小さくなり、人生は楽になるでしょう。

相手に対しても、人生の恩人として感謝できます。

こうして、自分自身のエネルギーに調和が満ちてゆくに従い、人生は平和になり、経験する人間関係もバランスのとれた快いものになってゆくのです。

本当よお〜☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

11月度 ご予約受付中!
10日(土) 13時〜16時

12月度
1日(土)  13時〜16時

1月度
12日(土) 13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

11月度 ご予約受付中!
17日(土) 13時〜16時

12月度
15日(土) 13時〜16時

1月度
26日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -