FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



萩原健一という人生

ニュースで訃報を見るまでは、素行不良でも有名な有名人、くらいな認識しかありませんでした。

様々な情報がメディアに流れ、あれやこれやと情報を読み漁るようになり、気づいたら、何作か昔の主演作ドラマまで見てしまいました。普段、全くドラマなど見ないのに…です。

どうしてこの人にこんなに惹かれるのだろう、と不思議に思ってわかったのは、私とは正反対の人生を生きた人だったということです。

抑圧に抑圧を重ねてとてつもなく辛いことになってしまった人生(今は違いますけど…)と、我慢ということを大してしなかったように見え(見えるだけでしたが)、持てる才能を使い切って見事な花々を咲かせた人生と。。。

非嫡出子だそうで、幼い頃から色々と辛いことがあったのではないでしょうか。ひどく傷ついていた人、その痛みを外側にぶつけることしか出来ずに、一層ひどく傷ついた人。

それでも萩原さんは、最後の結婚でご自分でおっしゃった通り、ジェットコースターから降りてメリーゴウランドに乗り、そのまま故郷に旅立たれたようです。本当に何よりでした。彼も、本当の自分を諦めなかったのですね。

同時にそれは難病を抱えた日々でもありましたが、その病気こそが恩寵だったかもしれません。

逮捕や諸々の蹉跌から、仏教に親しむようになられたそうですが、不良なおっさんだと思っていた人の口から、「病気になって智慧を生きるようになった、こうしたらどうかな、ああしたらどうかなって…」というインタビューを聞いた時、心底驚きました。

ご夫婦仲も円満なのを通り越して、この病気があったからこそ、いつこの幸せが失われるかわからない緊張感のもとに、深い愛情のやりとりがあったかと推察されます。

そして、ドラマ出演の依頼と再手術のチャンスが重なった際、再手術の勧めを蹴って、延命よりも俳優としての人生を全うすることを選んだ夫、彼はまだ60代です。その意思を尊重できる妻がどれだけいるでしょう。

互いにとても尊敬し合うご夫婦だったようで、そうした敬意や本当の愛が、彼の選択を支えるという彼女の選択になったのでしょう。

夫人の献身的なサポートのもと、彼は移行するほんの数日前まで、熱心に撮影のための脚本読みをしていました。

人の何倍、何十倍?も生きた、濃くて充実したすごい人生だったと思います。

きっとあちらでは、守護の方達と共に、人生の振り返りなどしていらっしゃるのでしょう。羨ましいですね。

やっぱり思いっきり生きて、思いっきり失敗でも成功でもをして、満足して故郷に帰りたいです。そうして、お楽しみのガイドたちとの答え合わせ!

誰か亡くなるたびに、きっと今あれしてるんだろ〜な〜、いいな〜、と思ってしまう。。。死んでからの一番の楽しみがこれですから。。。今からワクワクするっ!

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


HAPPY NEW YEAR 2019

新年のお慶びを申し上げます☆

この元旦の特別な感じ、というのは本当に独特ですね。

初日の出を待ちながらこれを書いていますが、まだ寒くて薄暗いのに、やはり初日の出待ちか、マンション前の小道を、続々と、しっかり着込んだ老夫婦や家族連れがのんびりお散歩中。。。

ふと、昨年の元旦のブログを読み返してみたところが、「この一年、また嬉しいことも辛いことも色々あるでしょうが、二元性を超えた時、それは全て豊かさとなるわけで、ま〜何があっても良いことにしよう」とありました(@@)

勿論、そんな事を元旦に書いたのは忘れ果てていましたが、12月に入ってから、散々実感として書いていました。。。

予言、というか予祝でしたかね。。。

それでは今年の大予言!?

一層の自由と軽やかさ、そして喜びを!

皆さまにも、お健やかで晴れ晴れとした佳き一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

本年もよろしくお願い申し上げます\(^o^)/

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]


サツマイモのスパイシーサラダ、材料訂正です!

サツマイモのスパイシーサラダ!(11月21日投稿)のレシピから、材料が一つ抜けておりました。

ごめんなさい
ごめんなさい
ごめんなさい

プラスしていただきたいのは、
柑橘の絞り汁か、無ければお酢を少々。

酸っぱいのが嫌いな方には、粒マスタードの酸味で十分かもしれませんが…。

未熟なキウイとかの酸っぱいのは苦手でも、お漬物なんかは古漬けの酸味が出たものの方が好きだったりするので、このもっちりしたサラダには酸味がきいていた方が私的には断然好みです。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


あれ?写真ないわ。。。

前のブログ、予約投稿した際は、ちゃんと写真が入っていましたが、ダメでしたね。。。

どうもうまく写真を入れることができず、自分で撮ったもののアップ出来ません。
う〜ん、機械やっぱりダメだなあ。。。


  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


静電気?

ここしばらくの神経系の不調は、夏が暑すぎた、というのもありますが、今回稀に見るような苦悶感が出たのには閉口しました。

仕事も収入も増やそうと画策して、具体的に動き始めた途端父の具合が悪くなり、全部白紙にみたいな事があって多少ゴタゴタしましたが、苦悶感を作り出すレベルのストレスじゃ、全然ありません。

でも、一つだけもしかしてこれ?という疑わしい要因がありました。

暑かったり寒かったりなので、調整しやすいように、綿毛布と化繊のフリース様の毛布を重ねて寝ていました。

化繊の毛布は、愛らしい小薔薇柄がいたくお気に入りですが、以前羽布団の下に使ったら、妙に肌が乾燥するのに気づき、それ以来内側に使うのを止めました。でも、ある日間違えて一番下にしたら、柔らかくて気持ちいい!

それで3、4日そうしていたら…

翌朝の顔色が…灰色!!!

初日は、疲れているのかも。。。と思っただけでしたが、3日も続くとびっくりです。

しっかり寝た朝というのは、内側からほんのりピンクが差した清々した顔が鏡に映るものですが、それがまあ、ご病気そのものの顔で。。。

ただの化繊というよりは、織り方なのでしょうか、特別に静電気を帯びやすい布地のようで、夜の闇の中で毛布を動かしただけで、そこここに火花が散るのが見えるほどです。

調べて見たら、静電気は血流の抵抗を強めて循環を妨げるだけでなく、神経系にも障害になりうるそうです。

ただでさえ弱っている自律神経系なのに、長時間静電気にくるまって寝ていてね…これはやばかったかもしれません。

とはいえ、これが神経系の絶不調の真犯人!と断定できるほどの証拠も無いので、飽くまでも仮説ですが、綿毛布を下にするようにしてから朝の顔色が復活したので、少なくとも血行に問題を起こした事は確かだと思います。

ん?ここは健康情報の板じゃないですが、大事なことかもしれないので(^^;)

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -