フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



最善を祈り、願う by 大天使ザドキエル

前回のMirus Clubでも、いただいたご質問に関連して少し触れましたが、最善を願うことについて、わかりやすいメッセージがアップされました。またエネルギーを浄化してクリアーな意図で創造するという大切な技術についての説明もありますので、是非お読みください。

意図を明確にする、ということについては、ちょっと前からとても重要だと思うようになりました。一切の迷い無く、執着や歪んだエネルギーをまとわせないクリアーな意図は、引き絞られた弓から一直線に飛び出して行く力にあふれた矢です。そしてこの矢が的をはずすことは、決してありません。なぜならそうした純粋な矢は、頭やマインドを経由した低い振動の思考とは全く違うものだからです。

Lightworkermike.comより本文を全文転載します。

高い意図で実現する

皆さんは、まだ形にならない光のエネルギーの中に生きています。この未成就の可能性は3次元から多次元に至るまで多くの次元にまたがっています。ひとつの次元は隣の次元に混ざり合い、エネルギーは一致した周波数の中にあります。

皆さんは今形になって存在しますが、まだ形にならない世界にもいます。まるで、これから形になろうとしている可能性のエネルギーの海の中を泳いでいると言えます。この点に注目すると、あなた自身と創造の間に隔たりはないということが分かります。したがって、創造に対して大きな影響を与え、可能性というエネルギーが現実になります。

皆さんは多次元的存在なので、皆さんのすることはひとつの次元に影響を及ぼすだけではありません。3次元で形になっても、それ以上の高い次元に、非常に微妙な、しかしパワフルな影響を与えます。

考えることや意図が、この形になっていないエネルギーの方向を決定付ける、大きな働きがあります。何かを考えると、あなたは光線を送って周りの粒子を方向付けます。思考と意図は、エネルギー粒子を意図した通りの形にする上での青写真です。思考と意図には電磁エネルギーがあり、エネルギー粒子を意図したパターンに変形させる力があります。

陶工の持つイメージによって土がひとつの焼き物になるように、皆さんの思考によってエネルギーが多次元で形になります。この創造過程は、先ずビジョンと意図で始まり、それから宇宙の力がこのビジョンの現実化で整列します。

周りに愛と優しさの思いを送ると、それは一緒にいる人たちが非常に心地よく感じるような高い波動になります。この愛の思考が高い次元に届く時に、精妙な波動の質に変わります。高い波動のために、高次元に非常によく調和・一致して、様々な次元に容易に届くようになるのです。つまり、その波動は他の次元にポジティブな波動を加えることになります。

すべてのためになるような創造の意図を持つと、周波数が高く大きくなります。また、その際、光の存在もそれを手助けしていけますが、お願いをしなければ、光の存在はそこに関わりません。

最善を願う時に2つの利点があります。1つ目は、人間のエゴによって創造が起こることがなくなることです。 2つ目は、光の存在が3次元よりももっと高い視点で状況を見ることが出来ると言う点です。その存在は、あなたのすることに少し変更を加えると、もっと高い周波数に変わって、すべてに渡ってもっと利益になることが分かるのです。

高次元では非常に早く実現が起こります。長時間持続し、強く念じ意図したものは3次元よりも遥かに早いスピードで形になり現実になります。だから、自分の考えることや気持ちをよく見つめることが望む結果をもたらす際に非常に役に立ちます。そうすると、最高の結果を妨害するようなパターンを消せるようになります。

許しや、バイオレット・フレーム、あるいは音などを使って自分のエネルギー場を常に浄化したいと思うかもしれません。その作業は、庭師が種を蒔く前に土を耕すのと同じように、あなたの意図が力強く実現する前段階の準備になります。その時に、自分のエネルギーをクリアにしてから現実化を図れるのです。

以上が意図を定める準備段階になります。クリアな意図は、肉体、メンタル、感情、スピリチュアルの各レベルに重なり調和します。それは、頭ではそうすべきだと考えていても、気持ちの面ではそうなって欲しくないというものがあれば、それはなくなります。あらゆる面が一致する時に、クリアなエネルギーが生まれます。

最善の願いとクリアな意図が結びつく時、すべての波動が調和して、そのエネルギーは次元を越えて流れます。最高の意図でそれが現実になるのです。

皆さんが自分のエネルギーをクリアにし続け、高い意図をもってクリアなビジョンを実現しようとしていることを嬉しく思います。


日本語訳 Lightworker Mike
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


鎖を断ち切る by バシャール

昨日も書きましたが、確かに重苦しい足枷のようなエネルギーが世界から消滅したことは感じていましたが、今朝バシャールのメッセージを見たら、「3次元密度の鎖はもう既に断ち切られている」とありました。続いて「恐れを手放す事が出来た人は、身を以て高次のエネルギーを体感する事になります」とあり、tomokoが最近体験し始めているのはこれかもしれません。でも、まだちゃんと恐怖もエゴも残っていて、ただもう悪さを出来ない程度には意識的だという程度ですから、これがほんとに根こそぎ恐怖が脱落した日にはどんなことが起こるんでしょう?楽しみです。

the PLANET from NEBULAから全文転載します。

"今この瞬間”をありのままの貴方で生きる事、これが私達に与えられた使命ですと、バシャールは話します。前回もお話したように、3次元密度の鎖はもう既に断ち切られているのです。恐怖や恐れを手放す事が出来た人は、身を以て高次のエネルギーを体感する事になります。エネルギーのスピードは、抵抗が無くなれば無くなる程、スピードが上昇する性質があります。よって、恐れ(抵抗)を手放す事で、貴方の波動値が、一気に上昇する事が説明出来るのです。

しかし実際には、毎日眠る事で、”恐怖や恐れ”を一旦手放して、心身共にリセットしているのだと、バシャールは話します。夢の中にいる貴方は、”恐れ”や”恐怖”といった波動から解き放たれて、貴方は本当に子供のように自由で無邪気でいると、バシャールは話します。詰まり、夢の世界にいる貴方は、今の瞬間を、ありのままの貴方で楽しみ、物質界で感じる”抵抗”を、いとも簡単に手放しているのです。

夢から覚めたら、少しだけ夢で味わった感覚を思い出し、その感覚に浸ってみて下さいと、バシャールは話します。そして、自分のムードを心地良い状態に保ちつつ、一日をスタートします。こうする事で、悪循環の鎖が断ち切られ、貴方は新しい螺旋を造ってゆける、”体勢”になるのです。この”受け取る”体勢が、抵抗の無い状態を指しているのだと、バシャールは話しています。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


手放す事 by バシャール

もう散々内側のお掃除はしてきていて「それでもまだ残ってるんですか?」と言われそうですが、最近も「はれま〜!」というようなお荷物を一つ整理したところです。確かに具体的なトラブルになるような毒性の強い物は無いみたいなんですが、逆にそれだからこそわかりにくくて、よくよく注意してないと見過ごしちゃいます。やっぱり助けになるのは、外の世界の出来事で、大したことが無くても不愉快さを感じるようなことがあったら、チャンス!!です。

前回のMirus Clubでも話題になった「鏡の法則」ですが、やっぱりこれが頼りになります。他の誰かが、とか何かが悪い、ということは絶対にありません。自分の人生の全てに関して責任がある人は、自分自身だけです。

ほんのちょっとしたことです。これは気に入らないわよ(怒!)と思って、それだけで済めばエネルギー・ブロックでも無いでしょうが、これが珍しくしこりました。で、静かになってまずは考えただけですが、それでもわかっちゃったのは、これはtomokoがずうっと持っていたパターンだということです。

焦りましたよ〜!ちょっとしたこと、と思ってたのに、結構なブツでした。でも、やっぱり大した事無かったのかな…もうお風呂に入った後で、瞑想してじっくり見ましょうなんてするには遅いし湯冷めもしたくなかったので、夢ででもヒントをもらおう、と思ってソファを立ち上がってすぐに、わかっちゃいました。。。あ、そ〜ゆ〜こと! お約束通りで、やっぱり恐怖が根っこにありました。でも、毒性が強くて手厚いヒーリングなんかが必要なエネルギー・ブロックだと、それだけで終わらなかったりしますが、こういう結構な獲物でも、比較的軽いものは気づくだけで解除です…お手軽。。。これをMirus Clubでは朝飯前ならぬ朝茶前、と申します。なんで?って、tomokoは朝は食べずにお茶を楽しむ事にしてるので…(^^)

随分前起きが長くなりましたが、今朝のバシャール情報をご紹介したかったんでした。。。
the PLANET from NEBULAより全文転載します。

貴方のあり方が本当に重要なのだと、バシャールは話します。3次元密度の最終段階にいる私達は、今まで無かった大きな高波動に包まれています。それにより、物事の反映がスピードアップし、貴方の”思い”が拡大して反映されてゆきます。ですから、心の中に大きな”闇”を抱えている人、大きな”恐れ”を抱えている人は、”今”、それを手放してゆく必要があるのです。

貴方が、進みたい方向へ進んでいるかどうかを確かに知る方法は、貴方の心の状態を示すバロメーター、”情緒/ムード/ワクワク”が教えてくれるのだと、バシャールは話します。貴方のムードが良い時は、全てが上手く行くと信じられます。貴方のムードが良い時は、貴方の心に余裕ができて、新しい扉が幾つも開いてゆきます。貴方のムードが良い時は、貴方が接する全てが、良い体験へと繋がるのです。詰まりこの時の貴方は、”無条件の愛”究極の波動を体に受けて、”素の自分/ありのまま”の波動でいる状態を指しています。

自分の”情緒/ムード”を良い状態に保ってみましょうと、バシャールは話します。毎旬毎旬、心地の良い状況を選び、その状況を感謝しながら楽しみましょうと、バシャールは話します。貴方は苦しむために、この時期を選んで産まれてきたわけではありません。貴方は、幸せを何倍も倍増させる為にやってきたのです。今からでも決して遅くありません。貴方の持っている大きな荷物を、軽くしてゆきましょう。そして、一緒に歩んでゆきましょう!
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ピュアな喜びが導くままに敢えて身を任せる by CC

数日前のCC(アイーシャ・ノース経由)情報の後半をJapanese-The Manuscript of Survivalより転載します。

今、皆さんのライヤー(竪琴)には新たな一式の弦が皆さんによってつけ加えられました。熟練の演奏家のごとく皆さんは時間をかけてこの楽器の新たな音に馴染んでゆく必要があります。もうすでにこの楽器には十分慣れ親しんでいます-つまるところ、皆さんが今回その身体に入った時からこの楽器は存在の本質としてその身体に備わっていたのですから。ですが今、その楽器はまったく別の新しい和音の潜在力を獲得しているので、これから皆さんは探究せねばなりません。それだけではありません、この新しい周波数は皆さん同士の相互交流を高度に進化させましたので皆さんは時間と空間をとって十分に拡大させてゆく必要があるのです。

繰り返しますがすべては順調です。すべてが見知らぬもののように感じるかもしれませんがね。このために皆さんはここにいます。全方向に向かって新たなステップを進めてゆき、その枠をどこまでも押し広げて行くのです。この光の使者をシステム内で受け取るたびに、この使者は皆さんの旅の次のステップについて来ます。もう十分ご存知でしょうが、この旅でのすべての歩みは必然的に皆さんを未知の領域へと導いてゆきます。ですから時間をとって座り、新しい弦を弾いてください。そして弦は皆さんに何と言っているでしょうか、聞きとろうとしてください。そしてこの新しい音符はエーテルへと流れ出てゆきますので、そのままにしていてください。新しい音が皆さんから発するままに委ねていれば、それが皆さんの周りの類似の周波数を作動させ、同じ「オーケストラ」へと繋がってゆきます。そして互いに力を貸しあって奏でられる新たな和音コードがアウトプットされ、これによってまた別のクォンタム・レベルに到達することでしょう。

またしても私達は大げさな、もしやすると鈍い言い方をしているように思われるかもしれませんが、それはそれとしましょう。シンプルに言うと、皆さんの領域がまた広がったということです。それは文字通りの意味・深遠な意味の両方でです。皆さんには自由に利用できる楽器があります。その楽器は以前よりももっと高みへと上昇し、もっと深遠なところまで到達することができます。ですから躊躇わずにその可能性を試してください。背を正して座り、皆さん自身の内なるメロディに耳を傾けてください。時には他の人からもいくらか躊躇いながらかき鳴らされる弦の音が聞こえてくるでしょうから、そのような時は必ず気づくようにしてください。皆さん自身の個性を持った楽器から振動が返ってゆくままにしておけば、それを受け取った側は新たな周波数を始動させます。このようにして展開してゆき、この新しい周波数は皆さんの間で反響し続けることでしょう。

ですから今は弾いて、耳を傾ける時です。というのは一方通行のプロセスではありませんからね。実際のところ、対話が起きなければなりません。すべての人が自分の意見を言ってください。どうぞすべての人が自らの意見を述べてください。こうして皆さんで創造するシンフォニーは進行してゆくにつれ多くのことを動かしてゆくでしょう。親愛なる皆さん、恥ずかしがらないでください。自分を未熟だと思っているかもしれませんが、実際のところこういったエネルギーの対話に熟練しています。ただクリエイティブであってください。皆さんの作品が裁かれることはありません。最も重要なのは、「これは皆さんが楽しんで遊ぶためにある」ということです。ピュアな喜びが導くままに敢えて身を任せること、これは創造者としてとても大切なことです。「完璧」という概念を手放すことで初めて創造が可能となります。ここで完璧という理想像に苦しむ必要はありません。それは単なる古い刷り込みで、いつ・どのように・何を行うかという「基準」を設定することで皆さんに制限をかけていたのです。この「基準」は創造したいという渇望を全面的に無効化するばかりで他に役には立ちません。ですからただ手放しでプロセスの探究そのものを楽しんでください。そうすれば皆さんは共同創造にも手を貸していることになり、それが完璧などというものを超越します。活力にあふれ生き生きとしたものはハートから創造するという純粋な喜びからのみ生まれるのですから。

日本語訳 Rieko
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


新世界の訓練?

実証できるわけでもなく、相変わらずのねじ曲がったことなども世界中でまだ目にする時に、ひどく説得力を欠くだろうことはわかっています…でも、やっぱり春が来たんだ!という実感はもうごまかせないレベルだと思います。

いつものフツーな日々ですが、以前と違って、空気と一緒に歓びや至福を呼吸している感じが日増しに強くなっています。バスに乗って、いつものご近所の老若男女の皆さんといつもの街を眺めていると、胸の奥から「この世界はなんて美しいんだろう〜」なんて嘆息が聞こえて来ます。すかさずマインドは「どこがだよ!?」と不機嫌そうに言って、あら探しを始めようとしますが、もうあまり説得力もありません。気の毒に…。

年が変わる前くらいまでだったかな、新しい世界と新しい体と新しい生き方の訓練をしてください、みたいなメッセージを見てわかるようなわからないような…だったのが、ここに来て、ああ、ほんとに訓練というか、慣れるための過程が始まっていると感じることが多くなりました。

マインドや従来の知性は、完全に補佐というか実行に使うだけで、後は全体、というかシステムと言うか、何と言えばいいんでしょう、それが指揮権を行使するのに譲って、心底リラックスして、今ここで起きることを楽しむというか。。。それって、ハートかな?ちと違うような…高次の情報が来る扉のようなピンポイントではなくて、本来の自分の全体としか、今のところtomokoには表現のしようがありません。そのうちもっときちんと説明できるようになるのかもしれませんが。。。

そして、何かすぐに言葉にはならないような情報が、たぶん光なのだと思いますが、自動的に、それも大量にダウンロードされていて、表面的にはよくわからなくても、自分自身の奥底ではそれをどんどん吸収して、何か本当のもの、今まで厚いベールに覆われていた本質的な自分自身の核のようなものが、ほぐれて花開く感覚もあります。これにフォーカスしていれば、いつどんな時でも、あ、今朝は雪の中を歯医者に行って、ぴ〜〜〜〜〜〜〜〜ん!なんて、きっと振動としては超不愉快に違いありませんが、機械を使ってのクリーニングでしたが、やっぱり至福キープできました(^^;)

そんでもって、こういう流れに浸って、自分でどうこうしようとせずに有り難く流れていると、目に見えないバトラーでもいるかのように、全てがうまくゆくようです。ここ二日くらいのうまくゆきかたというのが半端じゃなくて、自分のエネルギーがまともな時にはこうなるんです!なんてMirus Clubでも大声張り上げているtomokoですが、ちょっとまだこんなに回転すると精神的に目が回るかも…実際、しばらく前から目眩もよく感じます。

昨日は、マンションの水道管の清掃で一日断水の日だったので、外出してた方がいいだろうと思い、随分前からあれこれ考えていたんですが、「任せなさい!」みたいなメッセージばっかり来るので、自分で計画するのを止め、なんとなく惹かれる方へ、惹かれる事へ、と流れてゆくことにしました。

で、行ったのが横浜。
前から行きたかったんですが、両親のお世話が一段落しても、なんだか遠出が億劫で、行きたいけど行きたくない、みたいな状況でした。他にもいくつか候補があったんですが、なんとなく横浜に落ち着きました。マッサージもたまには受けたいな〜、と思っていて、ほんとは他で予約しようと思ったらいっぱいだったので、あ、これは横浜で受けろということね、と筆頭候補に電話を入れてみたら、寸前だったのに予約が取れました。ほんとは午後と思っていたのに午前中で、でもこれも後から考えるとベストの時間帯でした。

とっても眺めのよいサロンで、素的なマッサージをしていただいた後に、一層リラックスして中華街へ向かいます。中華街に行ったら、必ずオーラの撮影機材を持ってる雑貨屋さんに寄るんです。それと老舗の聘珍楼が化学調味料を使わず、しかも一つから点心のオーダーができるということを去年知って以来、今度中華街に行ったら必ず!と目星をつけてありました。

ところがです!地下鉄を降りて、もうかなり地図はよく体に入っているので、なんとなく一つ手前の出口を出たら、見事に迷ちゃった。。。迷うって、地図さえあれば、初めての場所でもほぼ問題ないのに、こんなに何回も来ているところで、お珍しい…でも、もとからご機嫌はよろしい上に、極楽マッサージで、完全に天国の住人ですからね、ご機嫌ちゃんでお散歩モードに切り替えます。でも、すぐに気づいたのは、バトラーは、オーラ撮影の前にご飯を食べさせたがっている、ということでした。

あ、そ!じゃ、飲茶にしますかね〜、と聘珍楼へ。もう迷うこともなく最短、一直線でお店に到着。有り難いことにお店はものすご〜〜く空いていて、静か。おまけにメニュー開くまで知らなかったんですが、本格的な香港蝦ソバも飲茶に出してるんですね。香港に行く前から雑誌で見て、「これは絶対に食べてやる」と闘志満々、食べたらほんと〜〜〜に美味しくて、たった二泊の香港滞在中に、二回も食べて、それからバリに行った帰りの乗り継ぎで、深夜に近いのに、最後にもう一度香港空港内で食べたほどのご執心な一品です。聘珍楼のは飲茶で小さそうに見えたので、後は大好物の大根餅と一度食べてみたかった腸粉をオーダー、もし入りそうだったら、ごま団子を追加しようなんて…とんでもありませんでした。おソバは多少小盛りでしたが、点心はかなりな大きさで、最近ようやく胃を小さくしたtomokoは、もう満腹状態か満腹を超えています。

オーラ撮影にわくわくのtomokoは、まだたっぷり残っているサービスのプーアール茶に多少未練がありましたが、大層ご満足な状態でお店を出ようとして、「あ、これだったんだ」と気づきました。tomokoは飲茶は通しで営業しているものとばかり思い込んでいましたが、平日の営業時間は3時まで。お店を出たのは丁度3時でした。な〜っとく!

オーラ撮影のレポートを抱えて電車に乗ると、もう帰宅するのによい時間です。乗り換え駅で、多少ウィンドーショッピングなんかもして、ゆったりご帰宅すると、なんとまあ、丁度tomokoの部屋の作業が終わったところでした。ほんとはあと30分くらい早く帰ろうと思ってたんですが、なんとなくのんびりゆったりしてたら、そんなタイミングでした。おまけに週一で頼んでいる宅配も、いつもなら午前中指定なのでヤマトのお兄さんが「今日は珍しいですね〜」なんて言って届けてくれましたが、これまたすごいタイミングでした。6時から8時の指定にしといたのに、彼が来たのは5時半前でした。。。間に合えば、早く来てくれるのにこしたことはありません。あと、ゆっくりできますから。もう充分どんなだったかはおわかりいただけていると思いますので、細かいことは省きましたが、お買い物のタイミングなんかでも、色々ありました。透明バトラー、すごすぎです。

そう言えば、二、三日前、贈答の冷凍食品が届いた時も、届くのすっかり忘れていて外から帰ってジャケットを脱いだらチャイムが鳴りましたね〜。。。で、今日は、この雪ですからね、しかもウチの周りは坂だらけ…どうしようかとマインドは考えたくなるんですが、そんなのもう古い習慣でとっとと捨てちゃわなきゃ。。。こういうほんとに、気をつけなきゃいけない時ほど、しっかりマインドには後ろに下がってもらう必要があります。

ひとつも急がないのに、なぜか早く準備が出来てしまったので、一本早いバスに乗ることにして家を出ます。余裕があるって、いいですね。遅れるというプレッシャーが無いのは、ほんとにそれだけで天国っぽく軽やかで自由な感じがします。普段家にいることが多い人が、こういう時に外出するなんて、と思うこともできますが、もうだいぶtomokoはきてますから(^^;)、小さな子供みたいに、雪の中のお出かけも楽しみだったりします。勿論マインドはしぶい顔をして、転んだり寒かったりするのはイヤだ、とかって考えています。でもね、楽しい方がいいに決まってるから、わくわくモードを選択しちゃいます。実際、充分な厚着をして雪道を歩くと、雪国に来たみたいで、ちょっと不思議な感じがします。普段の街とは違って、雪で薄暗いのも味があるし、雪が音を吸収するのか、けっこう人通りはあるのに、とても静かなのも素的です。

意外なことにバスは時間通りに来て、危ない事も何も無く、無事歯医者さんに到着。すっかりお馴染みの歯科衛生士さんとおしゃべりしたり、同じような家族の状況を抱えた親切な受付のお姉さんと近況報告したりして、玄関を出ると、まだえらく降っています。治療じゃなくても、歯医者さんの帰りというのは、ほっとするものです。吹きさらしでバスを待つのは大変そうだったので、ほんのちょっと坂を上がって駅を越えれば、地下のバス停でバスが来たかどうかが見えるカフェもあるので、いっちょ雪見のお茶にするかね〜、と駅に向かいます。ありゃ?こんな日にこんなにタクシーがいますかね?と思いましたが、ロータリーに数台タクシーがいて、どんどんはけてもすぐにまた一台戻ってくる、という状況なので、お茶代プラスバス代と同じですからね〜、乗っちゃいましたよ〜。。。ほんと、意外でした。

もうとっくにこんなことが日常で、うまくゆかない事があったりしたら驚愕!!という人たちも既にいるはずだし、高次元ではもっとシンクロだらけなのが普通でしょう。でも、今のtomokoの実感としては、まだこれが定着したという感じじゃありません。すぐにずり落ちちゃうこともあるだろうし、またすぐに流れに乗れることもあるだろうし、くらいなのが正直なところです。ただ、よ〜くわかっているのが、流れが加速していて、シンクロだらけな日常に既にエネルギーは設定されていて、それによくつかまるように自分自身を調整することが求められている、ということです。

ますます面白い事になってきました。それに、ほんと〜〜〜に有り難いことに、この世界には、以前と違ってどうにもならないような重苦しい足枷が無いことだけは確かです。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


心の軸を強化する by バシャール

前回のバシャール情報を補うような情報です。ネガティブなエゴを無視したり抑圧するのは危険です。一層暴れてみたり、こっそり私たちの人生を裏からコントロールして台無しにしてくれますから。。。そして、いつだって自分自身の軸を強化するのは、大切です。それはたぶん自分の信じるところをはっきりくっきりさせて、そこから流れ出ないように、クリアな意志でつなぎ止めとくことでしょうか。

心の軸
the PLANET from NEBULA(http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-11982498525.html)より冒頭部分を省いて転載します。

地球は、創造宇宙内でも最も極めて稀な、”ネガティブ”な世界であったと、バシャールは話します。平和で愛に満ちていた地球は、どんどん暗黒の螺旋に取り込まれてしまい、何度と自分達を失ってきたのです。しかし私達は、今回こそ絶対に立ち上がる!っと奮起し、今の時代を選んでやってきたのです。”意”を決して、素の自分と向き合って下さいと、バシャールは話します。不安や恐れを忘れるのではなく、ブロックするのでも無く、それはそれであるけれど、私はそっちを選ばない、というスタンスで、自分の人生を選んでいって下さいと、バシャールは話します。

ネガティブなエゴは、貴方に、”それをやったら失敗するぞ、また同じ事になるぞ”と貴方をそそのかしても、無視するのではなく、きっちりと存在を認めてあげて、ニュートラルのままで対処し、自分に取り込みましょうと、バシャールは話します。

貴方の波動にある、一番目立つ”波動”が、今後どんどん湧き出てくるようになり、貴方の心に混乱を招いてしまうかも知れません。しかし、”素の貴方”の軸があれば、何でも乗り切る事が出来るのだと、バシャールは話します。軸を強化し、揺るぎないものにしてゆきましょう。そうする事で、貴方の心の”軸”は、ブレたりする事が無くなるでしょうと、バシャールは話しています。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


そよ風に吹かれて、クジラとお話ししたってお話です。。。

今アップしたアルクトゥルス人のメッセージですが、最初の方で、「私たちにとって言語は私たちのライトボディを優しく愛撫する、柔らかなそよ風に似ています」と語られていますが、読んだ瞬間、あれ?と思いました。

以前から何かの拍子に、自分の体だけでなく、オーラも一緒に震えるようなぞわぞわ、というかさわさわ、というかそんな感触があって、最近はそれがしょっちゅう、しかもニュートラルというよりは優しい感じがする振動で、特にこうした高次元からの情報を読んでいる時は、断続的に来ています。

これが「光の言語」だったんでしょうか?まだダウンロードしても自動的に解凍できないために、コミュニケーションにならないだけで、いずれこの「光の言語」が理解できるようになるのかな…?

とっても面白かったのが、途中で始まる誘導瞑想です。tomokoはこの手のことって、後で…とかじゃなくて、そのまますぐやっちゃったりすることが多いんです。

で、やってる最中で、ちょっとずれたのか、それとも通信が来ていたのかわかりませんが、青くてきれいな海にクジラが見えて、これ、最初のスザンヌの個人的な談話でクジラに触れていたのが影響したのかもしれません。

クジラに「どんな目的で、ここに来たのか?」と聞かれて、「え!?」と焦りました。だって、気がついたらクジラと一緒にいて、しかもこの別次元に来ようと思って来たわけでもないし、ましてや目的なんかありっこないですから…。なんか、間違っちゃったかな〜とかってためらいながら、「目的は無い…です」とつぶやいたら、「大変よろしい!目的は無い方がいい。「今、ここ」に達成すべき目的は無いからね」とクジラは言いました。その後も、なんかシンプルで気の利いたことをいくつか言ってもらいましたが、ああ〜もう入力オーバー状態です…忘れちまったよ。。。
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ワンネス by アルクトゥルス(スザンヌ・リー経由)

一昨日ですか、日本語アップされた情報です。

長いですが、アルクトゥルス人のメッセージ全文をJAPANESE--Awakening with Suzanne Lieより転載します。

アルクトゥルス人の祝福

私たち、アルクトゥルス人は惑星の次元上昇という地球の重要な「今」に、地球を支援するために肉体をまとうことを志願した、私たちの地に足を付けた者た ちを祝福したいと思います。

まず第一に、ガイアの次元上昇というこの「今」に全うすることを志願した、とても特別な目的が「あなた」にはあることをあなた方「ひとり」ひとり に伝えたいと思います。「時間」のことを触れて、「ややこしく」していることをお許し下さい。私たちは三次元の直線状に連続する言語で話すことに 極めて制限があると感じています。

私たち本来の言語、光の言語では、考えの流れがいくつかの光の輪の中を移動し、絵、感情、考え、感覚として聞く者に明かされます。私たちにとって言語は私たちのライトボディを優しく愛撫する、柔らかなそよ風に似ています。この愛撫を感じると、それをまるで言葉のように、電話のベル、別の人からの電話のように経験します。

私たちは皆、「ひとつなるもの」の中で共鳴しているので、私たちの地に足を付けた者たちがしなくてはならないように、「別の」場所を調べるために 自分たちの外側を見る必要がありません。その代わりに、自分たちの存在の内側に集中して、「電話に出る」あるいは「返事をします」。もちろん、時 間/空間の現実に共鳴していないので、「内側の」電話と私たちの答えは同時に起こります。

私たちの光の言語は時間と空間がないので、それを受け取って理解するために、あなたは自分の意識を五次元とそれを超える次元に拡大しなければなりません。それから、私たちの「存在」をあなたの多次元の「自己」の中に溶け込ませると、完全にリラックスして、私たちが居ることに気づくことができます。

その後、あなたの注目をあなたの物質的な現実に戻すと、よりたやすく私たちのメッセージを地球の言葉に翻訳することができます。私たちと共に 「今」にいることをあなたが想像できるように、あなたの時間と空間という習慣を手放すようにお願いします。

「今」そうする時間を少し取って下さい・・・。

長く、ゆっくりと、深呼吸をして、あなたのマインドを空想の中に浮かばせ、あなたのハートを高次の世界の無条件の愛にオープンにさせて下さ い・・・・

多次元の光を呼吸とともに吸い込み・・・・

その光をあなたのハートの中に留めて、それからその光をあなたの地球の器の中を循環させて・・・・

呼吸と共に多次元の愛をすべてなるものに吐きだして下さい・・・

そして、リラックス・・・

リラックスして、あなたの五次元の意識に入るにつれて、あなたの地球の器がその周囲と入り交じって違いが無くなり始めるのを感じて下さい。そのぼやけている感覚があなたの土の器の制限を超えて、ちらっとのぞいているあなたのライトボディです。

今、あなたの地球の器が洞窟と同じようであると想像して下さい。あなたの意識は敵意のある世界からの保護を捜すために、この「洞窟」に隠れなければなりませんでした。

保護を見つけるために洞窟に住む暮らしのあなた自身を想像して下さい。その身体がどのくらい原始的で、密度が高いか感じますか?

次に、あなたが思い切ってその洞窟から外へ出ようとしているのをどうぞ想像してください。暗い洞窟から外へ出ると、あなたの原始的な身体が進化し始めるのに気が付きます。

まず、直立し、それから交配、食べ物、あるいは危険のようなあらゆることに気付く代わりに、あなたの現実について「考え」始めます。

自分の現実をどう生き延びるかというより、むしろ自分の現実について考え始めると、好奇心と想像力があなたの意識の中に定着し始めます。

あなたが自分の想像力を目覚めさせるのはその時で、何が出来て、何にになることが出来るかという「考え」を持ち始めます。

        あなた方は皆、「今」分離という洞窟から出て来るところです。

あなたが自分の洞窟から外へ出ると、あなたの身体は変わり始めます。あなたの身体が変わると、現実を新しい観点で認識し始めます。かつてあなたを 取り囲んでいた敵意のある惑星は敵意が和らぎます。あなたがそれを新しい眼で見ているからです。

あなたはもはや他者の気まぐれの犠牲者ではありません。あなたの「真の自己」への繋がりが、「あなた」はあなたの現実の創造者だということを絶えずあなたに思い出させるからです。同様に、「あなた」はあなたの身体の創造者です。

あなたの知覚が変わると、あなたの世界が変わるのとちょうど同じように、あなたの自分自身の認識が変わると、あなたの地球の器も変わります。自分自身を「ただの人間」と見ると、あなたの身体はすぐに年を取り、害や病気を被りやすい土の器になります。

一方で、自分自身を「光のスピリット」として考えると、あなたの身体の概念は土の器の境界を超えて、拡大し続けるあなたのオーラを含みます。そうしたら、次に、あなた「自身」をあなたのオーラを含むと認識すると、「あなた」は突然にもっと大きくなります。

あなたが五次元の意識状態である時に、あなたの意識状態では自分のサイズが変

わったことに気が付かないかもしれません:

 「あなた」は部屋を満たします。

 「あなた」は部屋の中のあらゆる物とあらゆる人たちと一体となっています。

 「あなた」はあらゆる物とあらゆる人たちをあなたの「真の自己」として感じます。
       
この拡大した意識状態の中で、
「あなた」は現実が五次元とそれを超える次元の中に
現れているように知覚します。

あなたの「真の自己」を部屋全体としてもっと探索するために、自分自身に尋ねなさい:

椅子であることはどのように感じるか?

   デスクは

    物は

    天井は

    コンピュータは

    あるいはあなたが読んでいる紙は?

あなたに以下のことを提案します:

キャンドルをともす、

  水を飲む、

     そよ風を感じる、

        そして、地面の上を裸足で歩く。

このようにして、あなたは経験することができます:

火のエレメントであることを

   水のエレメントであることを

      風のエレメントであることを、そして、

         地のエレメントであることを。

あなたが三次元のエレメントと十分に親密な絆を一旦結んでしまえば、あなたの身体の中に入り、流れ、通り抜けて行く、彼らの高次元のエレメンタルとあなたが一体となるのを支援してくれるように彼らにお願いすることができます。

この高次の多次元の後押しがあれば、もっとたやすくあなたの意識を五次元の振動数の現実に調整することが出来ます。

この練習を他の人たちと共にすることも提案します。そうすれば、地、風、火、水のエレメントであることを部屋の中の人たちや、電話やインターネッ ト、あるいはスカイプを通しての人たちであることの経験もしながら分かち合うことが出来ます。

物理的に一緒に居る必要はありません。重要なのはあなた方の多次元意識の繋がりなのです。
       
          あなたが自分の多次元意識を分かち合うと

            すぐさま一体意識に流れ込みます

「他の」人間たちのエレメンタルを深く経験すると、その「他の」人間たちと一体となります。あなた自身の地、風、火、水のエレメントを通して人間 と一体になると、あなた方は細胞レベルで結び付けられます。

この細胞が一体であることが、深い結びつきと安心感を作り出します。人類のすべてがかつてこのように結び付いていましたが、世界が次第に敵意を持つようになり、人間は彼ら独自の「別個」の安全性を見つけ始めました。分離が恐れを生み出したので、あなた方は地球を「敵意に満ちた惑星」として 認識し始めました。

分離が恐れを生み出したのと同じように、恐れは分離を生み出しました。それ故に、人間は次第に彼らの環境や他のものから分離していると感じまし た。恐れは人間に隠れたいとも思わせました。その結果、私たちの大切な地に足を付けた者たちの多くは、「敵意に満ちた惑星での人生」を生き延びる ために、数千年の間、彼らの真の拡大した「自己」を隠す必要があると理解しました。

「今」や「あなた」が惑星地球であり、惑星地球が「あなた」であることを思い出しても安全です。あなたは惑星と惑星の全住民と地、風、火、水を分かち合います。この真実にますます気が付くにつれて、制限と分離はただの幻想であることを思い出すでしょう。

驚くべきことに、あなた方の各々が自分たちの意識を多次元の「自己」に拡大すると、あなたの経験をあなたの一体意識を通して分かち合うでしょう。 一体意識は生まれながらのものだということを忘れないで下さい。学ぶ必要はありませんし、思い出すことさえ必要ないのです。

あなた方は皆、あなた方の惑星の地、風、火、水を通して、細胞レベルで結ばれています。ひとりの人間の細胞組織が彼あるいは彼女の生来の五次元の表現へ と拡大することを思い出すと、惑星の自己を含む地球のあらゆる住民のあらゆる細胞に一体意識の波動を送ります。

最初は、ただひとつの細胞だけではあまり影響はないでしょう。けれども、このプロセスは指数関数的に進行します。それ故に、ひとつの細胞がふたつの細胞に伝え、その後、4つの細胞、それから8つの細胞と延々と続きます。

このようにして、すべての生命が意識的に自分たちの五次元の表現を経験し始めるでしょう。一旦五次元のライトボディへの入り口を超えると、時間と 空間は廃れた概念となります。

この時点でにあるのは、「ここ」と「今」だけでしょう。

高次の世界の「今」では、あなたはいつも「ここ」にいます。

   無条件の愛の「今」だけがあり、

      「ひとつなるもの」からの絶え間ないメッセージとして、

          多次元の光を通して無限に流れます

このあらゆる次元の多次元の光は、絶え間なく、細胞レベルであなたを心地好く照らし、「ひとつなるもの」の「今」へとあなたを「故郷」へ導きま す。

あなたがこの「今」の中に生きると、次元上昇のための具体的な「時」や、あなたが旅するように指定された「場所」もないことを思い出すでしょう。

           次元上昇は、無限に「今、ここ」にいる

            あなたの真の多次元の「自己」に

               「帰還」するプロセスです!

日本語訳 Nagi
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


プチ・シフト by バシャール

何にフォーカスするかについて、いつも意識して気をつけるように繰り返し促しているのはアシュタールですが、今朝のバシャール情報では、それが次元上昇に即繋がっている具合をシンプルに解き明かしていてナイス!でした。そこだけ抜いちゃうと分かりにくくなるかもしれないので、直前のパラグラフからthe PLANET from NEBULA(http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-11982093634.html)より転載します。

タイムトラベルのコンセプトは、既に存在していますが、これを”実働”させるのは、まだまだ先の話となります。タイムトラベルでは、”ほとんど違わない”平行世界へ行ったり来たりする事が出来ると、バシャールは話します。しかし、これを可能にするには、貴方自身が"素の自分”と真っ直ぐに繋がっていなくては、大変な事を招いてしまう恐れあるのだと、バシャールは説明しています。貴方の心の中に、恐れや恐怖があると、そちら側の世界へと繋がってしまうからだと、バシャールは話します。ですから、タイムトラベルで、違った世界へシフトする時は、まず貴方の心をポジティブにフォーカスさせる必要があるというわけなのです。

私達は毎旬、貴方の意識がフォーカスする世界へ、プチ・シフトを行っていると、バシャールは話します。ポジティブにフォーカスすれば、ポジティブな世界へとシフトしてゆくのです。この繰り返しで、私達は順々に次元の階段を登っています。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ヒラリオンの週刊メッセージ 2015年1月25日〜2月1日

本当に、エネルギーの軽さ、高さがはっきり感じられるようになってきているんじゃないでしょうか? 今日もごくごくフツーな一日で、あ、春のように明るくて暖かかったのは事実ですが、実家へ行けば、両親もさすがに自分の病気で疲れ果てていたりして、それでもなんとか明るい話をして帰って来ましたが、別に踊りたくなるような素的なことも無いフツー中のフツーの一日です。それでもソファに座って、とっても気に入ったのと他に合うものがないので、しょーがなくアメリカから個人輸入した代替コーヒーを飲んでいると、人間って本来こんな風に幸せになるようにデザインされてたんだ…って、どこからか確信のようなアイデアが浮上してきて、ひどく納得したりします。。。ほんとにあたり一面に希望の光が満ちあふれているような感じがします。

一層明るい未来が予見されるようなヒラリオンの週刊メッセージが昨日アップされていましたので、たきさんのホームページより全文転載します。

親愛なる皆さん

多くの人達は、この時期に”己自身を知れ”という格言がなにがしかの形で共通のテーマとして当てはまると思っています。微調整がまだ行われていて、今は自分の生涯全体で自分の中に現れた全てのパターンをかつてないほどに注意して見つめ、その多くの切り口全てでの自分に対面したいと思っています。あなた方は自分の生涯の中で示されたあらゆることに十分な責任を持とうとしています。これらのパターンをあなた方の前進を阻み、変容させてそれからの解放が必要なものとして表面化させるために自分がその経験を創り出した者である事が、あなた方には分かっています。あなた方のハートをこの経験に向けて広く開き、与えられた贈り物の美しさをしっかり見て下さい。それは時には予期もしていなかった、全く驚くべきやり方で、あなた方が自分で課した苦悩からの解放をもたらし、以前からの制約を乗り越える支援をしています。

あなた方は今、聖なる自己という観点から自分の暮らしとイベントを見ながら、自分が如何により大きい観点の展開をしているかに気が付いています。あなた方は自分の周辺でドラマが演じられているのを見ても、それから愛情をもって離れていられます。あなた方は、それらの展開パターンにおいては、サイクル、潮目、流れがあることに気が付いています。あなた方は、それらがもたらす気づきという贈り物に抵抗するよりはむしろ、これらのエネルギーとの調和を図ろうとしています。あなた方は常に自分の中にある偉大なスピリットと創造力に向けての道を歩んでいます。新しい始まりは無限の可能性をもってあなた方を招き、雰囲気として妨害するマジックのような感じ、間もなく見えるようになる何か素晴らしいものと言う感じがあります。夢の実現に向けて進んで行くと、あなた方は又、他者に対する希望のビーコンとして光を輝かせ、集合のためにエネルギーを高揚させています。

あなた方が自分のものとして主張していたより高い次元の素地を掲げているので、あなた方は自分の影響範囲内にいる人達を刺激し高揚させています。あなた方は今、尊敬と賞賛を受けていることを知って下さい。生涯という川の流れは穏やかで歓喜に溢れ、あなた方が自分の聖なる自己の核心へと日々入って行くにつれてより多くの荘厳な祝福の瞬間を経験します。自分の思考がスピリチュアルな実践の中に入り込んでくるので、あなた方はそれを克服し、変容するために光を見て、この経験を通じて多くの新しい洞察と智恵を得ます。あなた方が自分というより高い次元のビジョンに繋がると、あなた方はそれを更に美しく、重要なものにしようと努め、そうしているうちに他者のハートの中に光を点じます。

常に自分の感覚と直感の力を信頼していて下さい。この導きに従う事が、至高の最大の善の方向へとあなた方を導くでしょう。あなた方が間違いなく天と正しいタイミングの道へと推し進める恩恵ある宇宙のエネルギーの流れの中に留まれば、あなた方の暮らしに於けるあらゆる事は上手く行くでしょう。自分の天の自己と毎日繋がれば、その力、美しさ、及び偉大さを引き出せます。あなた方の生涯の現在までのパズルピースは今、わくわくのマジカルな形でぴったり合致し、あなた方が求めている現実を創り出しています。

多くの生涯での冒険は今、あなた方の眼前に展開し、あなた方はそれを有効にするツールを手に入れています。あなた方は自分の中に必要なあらゆるものを持っていて、スピリチュアルな旅の次の段階へと自信、落ち着き、容易さをもって踏み出しているのです。あらゆる瞬間に今に留まることによって、あなた方は間違いなく最も大きい望みの実現に向かって最高の状態が得られます。自分の全ての経験を自己のマスターへの道の全体の一部としてものにすると言う意志のために、それはより容易になっています。

来週又、ヒラリオンより。

日本語訳 Taki
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


燃える黄金の虹!!

色々面白い事が続きますけど、これを見た時にはほんとに目が点になって、しばらく眉間に皺を寄せちゃいましたよ!写真がうまくコピーできませんので、絵自体に興味のある方は、オリジナルサイトに飛んでご覧になってください。

水の上に輝く黄金の虹というか、何と言うか…最初これを見た時には、「はりゃ?どっかで見たよ…」と思って、すぐに思い出しました。これ、前日に夢の中で見たのと同なじじゃないの!? 夢の中では、もっと小さく海の上に左手に見えてたんですが、夢の中では変だとも思わず「虹が出てる!」とかって言ってました。でも起きた後は、あの虹、とってもきれいだったけど、大きな弓なりじゃなくて、すんごく小さくくるっとまるまってて、おまけに金色がかって赤や黄色が目立つ随分変わった虹だったな〜とかって思ってました。

おまけにメッセージを読んだら、ここ何日か感じていたことそのものだったので、もっとびっくりしました。新しい扉の向こうへ(http://blog.goo.ne.jp/jclkenta/e/01d6c7557f31579eb72fcf4056fb6de3)より、途中部分を転載します。

プレアデスの高等評議会・・・2015年1月21日 
無限の機会の時

ですから来るべき日々には、あなた方は活性化に次ぐ活性化を経験し、眠っていた暗号の解読と、あなた方の意識、全体の原子場、地球との調和的意識の原子場の統合の為の暗号の解読が増すでしょう。

そこで私たちが言っているようにガイアに入来するエネルギーは、あなた方を支援し、あなた方に内なるバランスを取らせ、なにものにもあなた方の宇宙的創造性を制限させない反重力効果の達成を推進させるでしょう。このようなバランスがとれ、内側からその効果が示されるようになると、ハートの中に抱いていたあらゆる誤ったイメージが消失し、既にあなた方のものではなくなっているものを手放し、仮面をはぎ取り、ここ地球上で得た往年の高密度のエネルギーを通じての操作の為の誤った自己の識別を解消し、自分が生まれ変わり新しくなった事が分かるでしょう。この時が来たので、あなた方が恐れずに勤勉、豊かさ、光、及び愛の新しい道へと一歩を踏み出せるような時が来たので、マスクを剥ぎ、あなた方という存在の真の性状とあなた方そのものである核心が明らかになります。それは新しい時代の栄えある始まりの道です。

あなた方は眼前のミッションに対して良く準備をしてきたのですから、道を塞いでいるものに恐れを抱かないようにして下さい。宇宙の知識を取り入れて、あらゆる”障害”を成長とあなた方の内なる能力の拡大の機会ととらえて下さい。あなた方のミッションの大いなる成功を確かにするために、必要な事に自分を急速に同調させるために隠されていた潜在能力を掘り出して下さい。あなた方が存在の全てに支持されていることを知って下さい。
日本語訳 Taki
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


体を若返らせる by クライオン

昨日のMirus Clubの集いの最後に、恒例のカード遊びをしました。tomokoはオラクルカードが大好きで、引かない日は殆ど無いくらいですが、皆さんもお好きだったんですね〜。カードを取り出したら、わ〜と歓声があがって、tomokoもワクワクしました。

昨日は、初めてイナ・シーガルのカラー・カードを使ってみました。犯罪的に若く見える方のカードが「ルビー・体を若返らせる」でしたので、ちょっと意外な感じがしましたが、以前とても無理をされたとのことで、体に大変な負担がかかってしまったのかもしれません。これに関連して最近見たクライオンの、まあtomokoには全然とんでも情報には思えませんが、きっとまだ多くの方にはとんでも情報クラスに違いない面白い情報がありますので、もしよろしければ、たきさんのホームページに飛んで、お読みください。

クライオン・・・2015年1月22日 明らかになる天性
http://www12.plala.or.jp/gflservice/Kryon150122InnateRevealed.html
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


「失敗するに違いない」と心がささやく時 by バシャール

昨日のMirus Clubの集い、お蔭さまで充実した楽しい会になりました。ここのところ実家のお世話が大変で、もう帯状疱疹とか出ちゃいそうでしたが、前日までにはすっかり元気になったので、楽しみで仕方ありませんでしたが、ほんとに楽しい会でした。遠くからご参加の方もいらっしゃいますが、毎回足を運んでくださるコアメンバーの方々に支えていただき、tomokoも毎回すごくリラックスできるようになっています。本当に有り難うございます。

で、今日PCを開けて、ルーティン・チェックを始めたところが、シンクロです。昨日のMirus Clubで戴いたご質問にぴったり重なるテーマで、バシャールのメッセージがありましたので、どうぞこちらも参考になさってください。the PLANET from NEBULAより全文転載です。

心の鎖

何か新しい事をしようとしても、心の中の声が、また”失敗するぞ”、”これでは不完全だぞ”または、”前回と違うぞ”っというように、貴方がシフトしてしまわないよう、つなぎ止めておこうとします。これは、貴方の意識がシフトして変わってしまったら、何か恐ろしい事が起こるのでは、と考える信念にあると、バシャールは話します。この信念により、貴方の意識はまたもとの”位置”へと戻され、これにより、悪循環がスタートしてしまい、時間が経てば経つ程、そこからなかなか抜けられなくなってしまうのです。

インナーボイス(心の声)を、追い払おうとするのはやめましょうと、バシャールは話します。インナーボイス(心の声)もまた、貴方の一部であり、貴方そのものです。このエネルギーを追い出してしまう事は、自分自身に重たいシャッターを下ろしてしまう事と同じであり、新しいアイデアや、発想の糸口さえも、閉め出してしまう行為になります。

1枚のコインに裏と表があるように、ポジティブに動こうとすると、反対側のネガティブな自分も呼び起こされてしまうのは、仕方のない事だと、バシャールは話します。詰まり、高波動に触れるようになると、それと同じ深さの”闇”の扉も開くという事を、今一度理解して下さいと、バシャールは話しています。

では、インナーボイス(心の声)と健康的な関係を保には、どのようにしたら良いのでしょうか?貴方をつなぎ止めようとする”心の声”が聞こえても、今から起ころうとする事が失敗に終わるわけではありません。貴方はただ、”それがどうした?”、と答えて、ワクワクを信じて行動すれば良いのですと、バシャールは話します。私達は、3次元的エネルギーから解き放たれているのです。高次元のエネルギーは”ココ”に充満し、貴方に認識してもらおうと、必死に働きかけています。”鎖”は、繋がっていません。貴方はもう自由なのですと、バシャールは断言しています。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


心のバランス法 by バシャール

高次元からのメッセージでよく見るのが、どのような事でも選択権は自分自身が握っている、というのがあります。先日日本語アップされたスザンヌ・リー経由の「マスターになる ― アルクトゥルス人は語る」 の最後にも、「具現化して欲しくないことを注目するのは「すべて」やめ、一方で、あなたの人生にますます恩恵をもたらしている「日常の奇跡」認め て、感謝の気持ちを送ることをあなた方に指摘します」とありました。これ、日本の今のメディア状況からして、ほんとにタイムリーだと思います。

アシュタールも以前から、散々望ましくないものには、注意=エネルギーを注がないように、と繰り返し説いていますし、昨日日本語アップされたサルーサ情報には詳しい説明もありますので、興味のある方や、逆に疑問のある方は、たきさんのホームページ(http://www12.plala.or.jp/gflservice/Salusa150123.html)に飛んで全文をお読みください。あ、スザンヌ・リーのアルクトゥルス情報も面白いので、JAPANESE--Awakening with Suzanne Lie(http://suzannelieinjapanese.blogspot.pt/2014/09/9162014.html)で、是非どうぞ。

こうした外側の情報の取捨選択は勿論ですが、自分自身の気分も取捨選択が可能だということも、ちょっと慣れるまでには時間がかかるかもしれません。もともとそういうことが可能だということすら知らない場合は、う〜〜〜ん、どうしようもないか。。。でも、一旦これも自分の自由になることがわかれば、えらくこの人生、楽にになります。

あれこれの感情も、もとは出来事の捉え方一つで簡単に変わるので、もしえらく感情が乱れても、ニュートラル地点にまで一旦戻れれば、そこから軽やかで気分のよい状態を選択しなおすことができます。また、そういう調和の静けさに入れば、何が内側で暴れているのかもすぐにわかるので、つまりバシャールの言うところの毒素にあたるものですが、本質的な解決につなげることができます。

ということで、the PLANET from NEBULAより全文転載です。

瞑想は、貴方の心をニュートラル化してリセットしてくれる、エネルギーの浄化方法の1つです。何故バシャールが瞑想を推薦するかと言うと、エゴに囚れている自分をクリアにし、核なる自分を引き出すためにあると、バシャールは話します。また、心に巣食う毒素を見つけ出すのに、瞑想方法はとても有効な方法であると、バシャールは話しています。

ニュートラル化された貴方は、エゴ(恐怖や恐れ)の波動から解放され、ある意味、心に何も思い浮かばない状態を指しています。例え、心に何かが浮かんだとしても、それは”アウトライン”のみで、細かく思考を巡らす事はありません。詰まり、ニュートラル化とは、強い繋がりやコダワリから解放された状態を指しており、“全て”と再び繋がる”体勢”を指しているのです。この状態の時は、何も飛び出していなし、全てが同じように存在し、全てが同じように重要で、全てが同じように目の前にある状態を表しています。

貴方の周りに起こる事を、ずっとニュートラルで維持する必要はありません。貴方なりの”意味”を付けて、貴方の波動へ再び取り込んでゆけば良いのです。こうやって貴方の心を調律して、バランスを整えてゆきましょうと、バシャールは話しています。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


明後日25日(日)午後1時よりMirus Clubの集いです。

明後日25日(日)午後1時〜2時半、Mirus Clubの集いを開催致します。
場所は、川崎市アートセンター3階研修室になります。

既に口頭などでお申し込みをいただいた方以外は、メールにて明日24日(土)中にお申し込みをお願い致します。尚、初めての方は、お名前だけでなく、緊急連絡先のお電話番号などもお知らせください。母が入院中ですが、容態は良好なので大丈夫だと思いますが…。

お申し込みメールは、Mirus Club宛でお願い致します。右側リンクより、Mirus Clubホームページ経由でアドレスをゲットなさってください。

それでは、お楽しみに!!
  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


休養と瞑想 by アルクトゥルス

確かにこれは長期戦です。
このマラソンを自分なりに完走するためには、相当意識的に肉体を労る必要がありますし、その肉体を超えた光の体がダウンロードしている導きの情報を得るためにも、瞑想が、やっぱり必要のようです。情報を得るのは勿論ですが、ただでさえ変容の重荷を負っている肉体に、余計なストレスをかけないためにも、瞑想で心を穏やかに解放する時間は重要だと思います。

きらきら星へようこそ…☆(http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2015-01-17-1)より、最後の一部分のみ転載です。余裕のある方は、是非サイトへ飛んで全文ご覧下さい。

アルクトゥルスの集団: 銀河の郵便局
スザンヌ・リー経由

親愛なる仲間の皆さん、わたし達は、皆さんの地上の身体に良く配慮すること皆さんに気付かせます。人間の地上の身体は、皆さんの真の光の身体と比較すると非常に脆弱であり、そして食料が与えられ、綺麗にされ、休みを取らせ、愛と笑いで育まれることが必要です。

親愛なる仲間の一員達、最後として、皆さんは皆さんの地上の身体を定期的に慎重に注意を向けなければならないことを、わたし達は皆さんに気付かせます。

内部の奥深くでは、皆さんの物質的な地上の身体の脊柱は皆さんの多次元的な光の身体であることを、どうか忘れないでください。わたし達は、皆さんが明確に受け取ることができるように、この内的な光の身体に向けてわたし達のメッセージを送ります。

そして、皆さんが瞑想する“時間”を持つ時、皆さんは皆さんの光の身体へと進み、わたし達が今問う瞬間の内部で皆さんに絶えず送るそのメッセージと同時に、無条件の愛と無条件の光を読み出すことができます。わたし達は、皆さんの地上の身体が時間と空間に拘束されることを良く理解します。

皆さんが瞑想をして皆さんの意識をさらに高い光の周波数へと拡大することができるひとつの“空間”に向かうその“時間”を持つ時、今後皆さんは唯一わたし達の数々のメッセージを受け取ることができるようになるでしょう。

瞑想をした後、皆さんの意識は充分に拡大されて、皆さんの自己の内部を振り返り、皆さんの多次元的な自己が既に皆さんの5次元の光の身体の中に投函してある何らかの個人的なメッセージを受け取ることになるでしょう。

このようにして、皆さんの光の身体は、ひとつの“郵便局”に似ています。皆さんはその中で、皆さんの自己のさらに高い表現が既に時間と空間を超えたところから配達してある何らかのメッセージを拾い上げます。

日本語訳 森のくま
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


一旦創っちゃった現実のリセット by バシャール

バシャールも高次元での現実の創り方を色々教えてくれていますが、この一旦創っちゃった望ましくない現実のリセットの仕方は、大切な認識だと思います。また、前半部分の、漠然とした大丈夫、うまくゆくというような感覚を使うのであって、マインドがあれこれ細かいことを計画してコントロールしようとする事とは違う、という観点も見落とせません。the PLANET from NEBULAから全文転載します。

アストラル界の貴方のように、”流動的”に物事を捉える事が出来るようになってくると、困難だと思っていた事が、たちまち粘土のように柔らかくなって加工し易くなってゆくでしょうと、バシャールは話します。”流動的”に捉える方法は、物事をアウトラインで捉える事、物事をフワッと捉え、中身をジクジクイジッタり、"~で無くては駄目!”っといったこだわりや期待を無くした状態を指しているのです。

“何だか分からないけど、大丈夫”、という漠然とした”感覚”は、統合的で貴方に安心感を与えます。これが、ポジティブな統合のエネルギーの感覚です。一方、不安にさせて恐怖を奮い起こさせる”感覚”が、ネガティブなエネルギーであり、隔離の波動というわけなのです。私達は、物質界を基準に気分が上がったり下がったりしてしまいがちです。しかし、心の初期設定を物質界に置くのではなく、アストラル界に置き、“何だか分からないけど、大丈夫”という型で物事を”統合的”に捉えてゆけば、物事がスムーズに運ぶようになるのだと、バシャールは話しています。

もし、自分が引寄せた”現実”を変えたいのであれば、貴方が現実化してきた事実を、絶対に否定してはいけないと、バシャールは話します。その反面、現実をしっかりと受け止めて、自分が創造して引寄せたという自覚のもと、”無条件の愛”のもとに、もう一度それらのエネルギーを貴方の心に取り込み、リセットさせてから、新しい現実のものへとすり替えてゆけば良いのです。そうする事で、貴方の望まない世界が、もとあった場所へ、詰まりは、貴方の元へと戻る事が出来るのです。これにより、リセットが完了となります。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


全てが素晴らしい具合に進んでいるような…気はします。。。

19日の深夜というか、20日の未明にまた母が入院して、けっこうバタバタしました。丁度先月は同じ日に父が入院していて、でもこの時は緊急入院ではなかったので、ちょっとばかし余裕もあったんですが、どうも母の場合はいつも時間外外来に飛び込んで、そのまま入院、でもって付き添いは朝帰りになっちゃいますね〜(^^;)

ただ寝耳に水じゃなくて、今回はなぜかとっても正確なリーディングで事前に日にちまで特定できていたので、「あ、やっぱり」で済みました。というか、寧ろ、ああ、また来ますですか〜(--;)と予期不安で余分なストレスを作っちゃったかもしれませんが、勿論自業自得です。でもね、なんか来る!と感じて、18日に具合が悪くなって19日から入院って、父のことだと思い込んでいたものですから、やっぱりちゃんと読めていませんでした〜(笑)

もうこんなんで、あれこれ疲れがたまってましたから、19日の午後に実家から電話が来た時には、来る事は予想していても、思わず「またですかああああ」と叫んでしまいました。でも、しょーがないですからね、午後から地元のホームドクターで何時間も検査を受けたり色々した後、腸閉塞の疑いがあるが微妙〜という診断、吐き気が出たら即大病院へ、ということで一旦家に帰らせてもらえました。これは有り難かったです。リーディングの事があったので、たぶん入院だろうとは思ってましたが、数時間でも家に戻れたので、鳥を寝かせたり、きちんとしたご飯も作って食べられました。

もう、あたしゃ、ほんとに疲れた!!と思って苦しみかけましたが、そんなことでは、Mirus Clubの看板が泣きます。なんだか疲れが溜まって辛いなあ、休みたいなあ、などと無意識のうちによく思ってたんですよね…ということで、やっぱり鏡の法則です。もう辛いから休みたいなあ、なんて年中思っていたら、あたしは辛くて休めない、というエネルギーがその通りそのまんまの現実をこさえてくれますってば〜〜〜(;;)

というわけで、じゃあ、どう思えばいいわけ!とぶち切れたりするのは、智慧がないからしょうがない気の毒なエゴで、実際ひどくシンプルな話です。無意識にでもそんなことを思わないように、ゆったりリラックスして最低限のクリアーさを維持しといたら、自分自身が現実を好きにできるんだから、必ず必要なサポートが入って楽にこの騒ぎを乗り越えられる、あ〜有り難いお話ね〜♩あたしも、無理しないように、おラクにおラクにしときましょ、などと脳天気なことだけ考えたり思ったりしとけばいいわけです。こういう時に、こんな風に脳天気にしとくには、知識や経験がないと無理かもしれませんが、逆にこの脳天気が創れなければ、相当辛いことになるはずです。

で、やっぱり違うんですね〜、これが。。。
20日の朝2時に帰宅して、まだ色々なんかあって寝たのが6時でした。入院になると予想していたので、最低限の準備はして行ったんですが、まだ必要なものを持参したり、入院の正式な手続きが済んでいなかったりして、また病院に取って返さなければならなかったんですが、さすがにもう体が重くて重くて、何をするんでも、倍以上の時間がかかりますし、自分を傷めないようにするには、ゆ〜っくりリラ〜ックスして、しないといけませんからね。もともと透析に入る予定だったので、遅く行く予定ではあったんですが、もうほんとにすご〜〜〜く遅くなってしまいました。

実家へ行くと、結構かさのある荷物ができていて、大して重くはなかったのでバスを乗り継いでゆこうと思ったんですが、父がもう遅いし、どうしても直接タクシーで行きなさいと頑張ってお高いタクシー代を渡してくれたので、ラッキー!お贅沢にもタクシーで乗り付けました。おまけに、これまでよくおかずなどを作って実家に届けていたんですが、前回の入院後から父も食事が難しくなり、色々制限があるから自分で全部作りたいからもういいよ…ということで、おお、これも大層有り難いお申し出です。。。その上、面会時間終了まで30分近くだったのに、母は透析から丁度病室に帰って来たばかりだったので、これまたベストタイミング。。。慌てて、自分に鞭打ったりして早く来ても意味がありませんでした。

他にもなんか色々ありましたが、忘れました。。。状況は変わらなくても、急にあれこれ荷物が減って楽になった感じはしますし、何より心がとっても軽くて気分がいいです。体が疲れていて多少重くたって、必ず自分を労り大切にすることができる!という安心感がある時に、全然辛くないですからね。。。とにかく、意識をクリアーにして、自分が自分自身の経験する現実を作っているという認識を常に維持することで、自分の人生のクリエーターとしての責任を全うするという新次元の練習をしてますね…と思っていたら、「その通り!」というようなメッセージが即、返って来ました。切羽詰まったことでもないと、こういう練習というのはなあなあになっちゃいますから、タイムリー、しかも抜群の効果が期待できそうです…って、これも拡大した意識の自分が計画してたことなんでしょうから、計画通りなんでしょう。

ということで、万事順調に進んでいる、という最近高次元のメッセージによく見る文句通り、だと言うことにしときましょう。。。
  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


地球からのメッセージ

もう一つ、同じきらきら星へようこそ…☆(http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2015-01-16-1)から転載します。地球の魂のメッセージですが、とても長いので、二か所のみ、木曜日のMirus Clubのワークに重なっているように思われる部分を選びました。なぜか殆ど全員が、自然の中で過ごすことを望んだことについては既に書きましたが、お一人は公園で裸足になることを挙げていらっしゃいました。ほんと、面白いですね。。。


皆さんは社会をどう変えるのか?
パメラ・クレーバ経由
Channeled by Pamela Kribbe

皆さんは、変化が訪れていること、しかも数多くの個人達によってこの変化が実行される時、新しい何かが地上で明らかになることが可能だと感じる人々です。



わたしは、皆さんが皆さん自身の内部でその感覚を経験することを勧めたいと思います。

皆さん自身という存在へ降下して、皆さんの呼吸と伴に皆さんの腹部に向かってください。

皆さんの内部のその子供の遊び好きなエネルギーと、結び付いてください。

その子供は、魔法と冒険について理解します。

その子供はより大きな力を信頼します。

その子供は、精神からそれを習得し監視する必要はありません。

そしてその子供は、依然として皆さんの内部のそこにいて、生きています。

そして皆さんは、その子供を葬ることはできません。



一瞬の間、皆さんがこの子供を確認し、その子供に挨拶を送る姿を思い描いてください!

皆さんのこの子供がわたしと結び付けられている姿を感じてください。

その子供が地上に存在して、天と地の間のひとりの人間という架け橋なることをどれほど深く望んでいるか、その子供は認識しています。

その魔法を再発見して、その魔法を皆さんの人生に取り戻してください。



魔法と冒険というひとつの感覚を創り出すために、皆さんはその日々の暮らしの中で何をすることができますか?

皆さんの内部のその子供に、その子供が活動的になるために必要なものを尋ねてください。

それは非常に単純なものである可能性があり、そのためそれをひとつの大きな物事にしないで、それを陽気で小さなもののままにしておいてください。

皆さんの精神は、地上の人類の意識を変えるためには巨大な物事が起る必要がある、と頻繁に考えます。

しかしわたしは皆さんに伝えますが、単純な物事に戻ってください。

皆さんの内部のその子供の魔法であり、それがその答えです。

その中には、皆さんの天と地のさらに巨大な力が在ります。

そこは、皆さんが皆さん自身よりも大いなる何かを皆さんに与えた場所です。

残念なことに、皆さんは今までその可能性の中の皆さんの確信の中で落胆してきましたが、しかしそれは皆さんの人生の中で、非常に具体的なものになることができます。



数多くの皆さんが、地上に、そして特に社会の現実性の中で存在しようとして、苦闘を続けています。

しかし現在現実性が構成され構造化されている方法と、それが法律と規則、期待と要求事項によって決定される姿が、頻繁に皆さんを制限し、皆さんの創造性を窒息させます。

その現実性は、魔法と冒険好きな性質とは正反対であり、そしてそれは頻繁に皆さんを抑圧します。



一部の皆さんは、社会からかなり疎外されていると感じ、そのため皆さんはそもそもここ地上に属しているかどうかさえも疑います。

そしてわたしが伝えたいのは、まさにそういう人々です。

皆さんはここ、わたしの上とわたしの内部で故郷に属しています。

わたしは地球の魂であり、そして皆さんはわたしを愛します。

その人間の概念と規則と社会の現実性の間、そして野生の中の自然のエネルギーの間を区別してください。

森、海、鳥達、花々のエネルギーです。

それは地球の最初のエネルギーであり、そこが皆さんの故郷がある場所です。

皆さんはそのエネルギーを理解し、それに感謝します。

わたしはわたしを評価する皆さんを感じ、そしてわたしはそれによって皆さんを称えます。


(中略)

最後に、わたしは皆さんが皆さんの自覚的意識で皆さんの足に降りて、その足が大地に触れる姿を感じることを求めます。

皆さんが皆さんの足を通して呼吸する姿を思い描いてください。

皆さんが息を吸い込む度に、皆さんは皆さんの足に地球のエネルギーを取り込みます。

皆さんの足が重くなる様子、その足が皆さんを運ぶ様子を感じてください。

皆さんがわたし地球によって生まれた姿を感じてください。

皆さんはそのすべてを皆さんによって行う必要はありません。

皆さんの魂の道筋の上で、数々のさらに大きな力が皆さんを支援し、皆さんを支えることを望みます。



一瞬の間そういった力を感じて、皆さんを生むわたしの強さを感じてください。

次に、また指導霊達、天使達、そして皆さんの魂の姿の中でここにある、天の数々の力を感じてください。

それは、穏やかで喜びに溢れたひとつのより大きな力を経験することを目的にしています。

それは皆さんに対して批判的なものではなく、そして皆さんが感じる姿に対して共感と思いやりを持つものです。



一瞬の間、その力を感じてください。

それは皆さんの後ろから現れて、皆さんのこころと皆さんの胸、そして皆さんの両肩に向かいます。

この支援と心地良さと励ましが、皆さんの人生に向かうことを許してください。

皆さんがこうした支援と育成のエネルギーに同調する時、皆さんの精神がより静かになる姿を、感じてください。

その数々の合図、皆さんが皆さんの身体と皆さんの感覚から継続的に受け取るその数々の兆しを信頼してください。

人生の中には、皆さんを導くことができるひとつの魔法の力、皆さんの歓びと創造の力に焦点を合わせた力があります。

今後地上の人生を変えるものが、この魔法の力です。


日本語訳 森のくま
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


急速な変容の時を過ごすために by 大天使ラファエル

もう随分前、東北大震災の後にはっきり気づくようになったんですが、体の振動は益々激しくなっていて、最近は目覚めている時でも、小さな地震かと思うような揺れ!?があったします…きゃ〜! そんでもって、それと関係してるかしていないのか定かじゃありませんが、肉眼で見ても、空間が派手に振動していたりするので、これスピ系情報に馴染んでなきゃ、精神科を受診したくなるようかもしれません。

もっと派手な現象や不調を経験なさっている方もいらっしゃるかもしれませんが、ここで大天使ラファエルからのメッセージです。食事や水についても触れていますが、ちなみにtomokoはやばそうな食べ物だけでなく、最近は全ての食事やおやつでも大天使ラファエルの名の下に祝福するようになりました。飲み物は、朝一番のお白湯をいただく時に、大天使メタトロンに細胞レベルの浄化と変容のエネルギーを祈って、感謝して飲みながら、細胞にメタトロンの美徳をいただくようにコミュニケーションしています。でも、どんだけ効果があるかは、全然わかりません(^^)

それでは、きらきら星へようこそ…☆より全文を転載します。

大天使ラファエル: 2015年1月12日から18日のメッセージ
グルチン・オネル経由

水の魔法を用いてください。

皆さんの癒しの努力の間に水を飲み、水を浴びる一方で、水の浄化の特性を称え、その特性に気付くことです。

皆さんは極めて速い局面と変化を経験しているところです。

一部の皆さんは、その場所、仕事を変えていて、一部の人々はその情緒を変えているところです。

そしてこの局面は、数々の星のように雨あられのように降り注いでいて、既に皆さんは自ら進んでこうした数々のエネルギーの下でその流れと伴に進むようにしています。

しかしその一方で、その流れの内部で皆さんの落ち着きを維持してください。

その静けさの力が大切です。

わたしの大切な皆さん、あらゆる層の中で数々の変化を経験している間に、皆さんは調和の中で進むためにこれが必要になります。

皆さんがいつも忘れてはならないことは、あらゆる段階で皆さん自身を親切に扱い、皆さん自身を受け入れることです。

皆さんの光と振動が徐々に高まるにつれて、皆さんはこの局面の間に、皆さんの他の数々の次元のために幾つかの経験を積んで、また安定を見付け出しているところです。

皆さんの魂がその核心部分を明らかにする時、皆さんの身体、細胞、皆さんの身体系全体が変わり続けています。

この時点で皆さんは、皆さんが身体の中で経験するどのような痛みでも感じることがあり、それは、まさに内的に拡大しようとしている間にその中にある宇宙を拡大するひとつのエネルギーのように、圧縮されまた根付いたものです。

その身体の叡智を用いて、皆さんが病気と名付けるその経過の中で変容のために必要なものに気付いてください。

皆さんの身体から現れるあらゆる振動、あらゆる音、あらゆる情報を受け取る状態になるまで、皆さん自身を広げてください。

それは皆さんの光と同じ周波数の水準になるように新しくされているところです。

そしてこの局面の間、皆さんはこれをひとりで経験したり皆さんの孤独を続けたりする必要はありません。

皆さんを支えるために皆さんがどのような物事を必要としようとも、それは皆さんと伴にあることを認識して、ただ求めてください。

皆さんはより多くの睡眠時間、あるいはより深い呼吸が必要ですか?

皆さんの食べ物を、それが皆さんとひとつになるその局面の間に、皆さんの目の前にあるその瞬間に、祝福してください。

その最も高い癒しを求めている皆さん自身を育んでください。

この強烈な努力の期間の間、より軽い食べ物を選択して、皆さんが飲む水の魔法を用いながら、それが皆さんの魂の中で、皆さんのあらゆる滴りと伴にその光を運ぶように意図してください。

わたしの大切な皆さん、皆さんの魂のその光を灯して輝かせている間、皆さんの身体はその同じ局面が必要になることを、忘れないでください。

それが収縮し、拡大することを許してください。

困難なように見えるその期間が最も大きな見返りをもたらすことを、忘れないでください。

今まで皆さんの経験はそのようなものだったでしょうか?

皆さんが不可能だと呼んだすべての状況が可能になっていることを、忘れないでください。

それぞれの経験の後で皆さんはこれを忘れてしまったのでしょうか?

たとえ皆さんが皆さんの幾つかの問題、疑問の理由を理解することができないとしても、皆さんの確信と至高の善に対する皆さんの意図が強くなるようにしてください。

そしてこの局面の間に皆さんが深刻に受け止めてしまいがちな皆さんが踏むそれぞれの段階に、楽しみが流れ込むことを許してください。

このようにして、今後創造性がそれぞれの段階を織り上げるようになるでしょう。

愛と光
大天使ラファエル


日本語訳 森のくま
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ハートを開く

昨日は大層寒い雨降りにもかかわらず、お集りいただいたMirus Clubの皆様、ありがとうございました☆ 今回もお蔭さまで、充実したひと時を過ごさせていただきました。

昨日のワークは、皆さんに充分リラックスした瞑想状態に入っていただいた後に、余命二週間だとありありと想像して、一体何がしたいでしょう?イメージしてみてください、というものでしたが、意外なことに、実際の余命がヘタをするとあと100年以上あるかもしれない最年少の方のみが、とっても具体的で手間がかかるかもしれない事を挙げられましたが、他の参加者の方はみ〜〜〜んな超シンプル。自然の中でゆっくり過ごすこと、特に海辺が人気でした。

これは全く予想外の結果でした。面白いですよね〜。

以前もブログに書いたような気がするんですが、tomokoが一人でこれを試した時は、もっとフツーで、フツー過ぎて涙が出ましたが、なんとまあ、まったく普段の生活そのものでした。。。涙が出たのは、そんなに満足して暮らしてるんだ。。。と感動したからです。といったってね、本当にフツーもフツー、飼い鳥をかわいがって、お気に入りの公園に行って、公園の横のカフェに行って、ウチでご飯を作って食べて。。。

見方を変えるだけで、驚愕の真実!?と出会ってしまいました〜。純粋というか、本質的というか、そういうコアから、普段は多かれ少なかれずれているのに違いなくて、そのうち絶対またバンコクに行ってやる、とか、ウブド郊外のヴィラに一週間は滞在して読書&瞑想三昧よ〜、あ、その前にニューカレドニアのマレ島に行きたいな、なんていつもやっているのに、本当にもうこの世からお暇させていただきますってありありと想像したら、大層ご執心のバンコクでさえ、どうでもよくなっていたのには心底驚きました。。。普段あれこれ執着しているつもりが、ぜ〜んぶどうでもよくなって、ただ一つだけ残ったのが正真正銘の執着というか愛着の対象で、飼い鳥だけでした。でも、彼を残して行けないとか、そういうのではなくて、ただ命がある限り一緒にいて、ナデナデしてやりたい、ただそれだけです。

本当に本当に本質的なところまで降りて行けば、きっと人生すごくシンプルで、手がかからなくって、幸せなんだろうと思います。

でもね〜、これがまた妙な具合にシンクロしてしまって…。

このワークが確定したのは、実は昨日の朝の瞑想中で、「そうだ、そうだ!今日はこのワークよ! 皆さんに死んでいいただきましょ〜!」とかって盛り上がったんですよ。ただ会場に行って、その場のエネルギーで変わる可能性は残しておいたんですが、そのままでよかったみたいで試したわけです。最後にまた前回とは別のカードで遊んでみたら、あれこれ面白くて、もうtomokoの気分はノリノリでした。

で、土砂降りの雨の中をルンルン♩で帰って来て、PC開けたら、アメリカのお姉ちゃんからメールが入ってて、心臓の大手術をすることが決まったって言うんです。先天的に弁膜に問題があって、いつかは不具合が出る筈だったから仕方ないそうなんですが、こういうタイミングですから、考えなくてもいいことなんかもふと頭をよぎったりして。。。

現在の肉体を保持したまま、苦労しながら振動を上げる居残り組と、ライトワーカーとして、一旦肉体を脱ぐことで、振動数の高い新しい体をゲットしてすぐに帰ってくる人たちがいる、と言う話はよく聞きますし、実際お姉ちゃんの周りでも、去年だけでも三人かそこらが、事故で急死しています。まあtomokoと違って交友関係の広い人ですから、近しいお友達と言っても数が違うのかもしれませんが。。。勿論二人とも、肉体の脱ぎ着なんか、そんなにこだわってませんから、いざという時はいざという時で、どうとでもなるんです。

それでも毎晩見えないファミリーの皆さんに感謝の祈りを捧げる時には、一緒にお姉ちゃんのための祈りも加えるようです。よくなりますように、とかじゃなくて、全てが本来の自然なありようで祝福されていること、それからお姉ちゃんに対する感謝かな…。tomokoでさえこうですから、ご本人もショックを受けているに違いないんですが、まあ、それを「あたしは前から自分はオープンハートな人間だと思ってたのよ…でもねえ、お医者さんの形をした素的なスピリットが、それをまだもっと開こうっていうのよ〜〜面白そうだわ」なんてジョークを書いてます(--;)
  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


続・あたしじゃなくて、「私」が全てを知っている

いやあ何だか、ほんとに面白いことになってきましたよ…って、こんな事、もうとっくに当たり前、っていう方もいらっしゃるでしょうけれど。。。

実は、今日の午前中9時から12時の間に、電気設備の点検が入る予定でした。午前中は色々あって、特にお寝坊な方(あ、あたしじゃありません。羽が生えたちっこいヤツのことです)を、いつ起こして遊んだり世話をするかが、人が来る時は、タイミングが難しい。。。

今朝、瞑想している時にいつ頃になるか読もうとして、あ〜こんなこと、システムはとっくに知ってるわよ、あたしは知らないけどさ、だからお任せでいいじゃん、自然にリラックスしてればスムースに回るって…と思い、そのまま一日をスタートさせました。

何も考えずに、ルーティンなんかをこなしているんですが、PCを立ち上げる前に分電盤まわりのホコリを取ったり、まだ早いのに来客用のスリッパを出して玄関に揃えたりしているので、あ、きっと早くお見えになるな、と思っていたら、9時過ぎどころか8時40分くらいにチャイムが鳴りました!予定通りにしか考えられない固い頭の言うことを聞いていたら、ちょっと慌てちゃったかもね〜。

そんでもって、なんとなくもやもやわかっていたことが、クリアーに整理された感じがしたのは、このあたし、という壮大なシステムの一部のポジションがようやくわかったかな、ということです。ごくごく一部なんですが、ここだけが今のところすごっくはっきりフォーカスされているような状態なので、うっかりすると、このあたしだけが自分だと勘違いしちゃいますが、そうじゃないんですね。

だからあたしがわからなくったって、ノープロブレム! 肉体を含めたシステム全体ではよくわかっていて、あたしはゆったりリラックスして、あたしがじゃなくて、その完璧なシステムが自由に動けるような具合に委ねておけばいいわけです。あたしが勝手に判断する良いとか悪いとかは、全然関係なくて、必要な事が必要な時に起こるでしょう。それは、とってもスムースなことだと思います。自然な分、余分なエネルギーも使わなくて済むし、もし地上的な良い悪いの判断から十分な距離を置くことが出来れば、苦しんだりする必要もないし、やっぱり何でもおラクに済みそうな気はします。

まだようやく端緒をつかんだばかりで、これから一層面白くなるんでしょうが、クライオンのメッセージのどれかか、あるいはあれこれ読んだその情報が層になった理解から来てるのかもしれませんが、ハイヤーセルフは勿論、守護天使や目に見えない様々な自分を全て含んだ壮大な光のシステムという概念が、なんとなく具体的にわかってきたような気がしたことでした。。。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


あたしじゃなくて、「私」が全てを知っている

昨日、今日と些細なレベルですが、妙なことが続きます。

昨夜目覚ましをかけるのに、30分遅くかけたことに最初気づかなくて、でもすぐ後で気づきました。それでも何だか体がしたことの方が、頭で考えたことよりも正しいような気がしてそのままにしてたら、結局色々してるうちに寝るのがすごく遅くなってしまい、かけ直さずにそのままでよかったんです。

それから父のお下がりの古〜いPCを開けて、iTunesを開こうとした筈なんですが、別のアイコンをクリックしてしまい、それでちょっとまずい不具合に気づきました。この時も、頭ではiTunesと思ってたんですよ。でも勝手に指が動いて、別のアイコンをクリックした感じが確かにしました。

二つ続いたんで、「あれ?」と思ってたんですが、今日も色々ありましたよ〜。。。

母の診察の日で、いつもだと検査が入るんで早くに行く事にしていて、でも病院に着いたら、「今日は検査はないのよ」と母が言うし、実際診察券を機械に通すと、本当に何もありませんでした。病院に行く途中、お預かりしていたお友達の鳥さんを、ケージや色々なグッズと共にお届けしたりするんで、ちとタイトだったんですが、ありゃりゃ、そんなことなら、もっとゆっくりできたのに…いたずらに待ち時間が長くなる?と思いきや、実はもう一つの診察が、いつもなら午後なのに午前中に入っていたのを二人とも完全に忘れていたのが、うまく入れて、すごく後がスムースとか。。。頭が考えていたことと全然違うことばかりなのに、とてつもなくスムースに進むので、呆れました。。。

そんでもって、予定より少し早く帰れたので、母と一緒にゆっくり途中でご飯を食べて、それから父の買物をして母は先に帰して、少しのんびりするためにふらふらして帰ることにしました。明日、サンドウィッチの材料が宅配で届くので、フィセルかバタールの小さいのが欲しかったので、駅からちょっと離れたパン屋まで散歩がてら歩いて行く事に。。。この近辺では一番のお気に入りなんですが、朝7時のオープンで、午後2時を過ぎれば品薄の人気店です。フィセルどころか、殆どな〜んも残っていない可能性だってあるんですが、これも何となく足が向きました。駅ビルにパン屋さんなんか何件も入っていて、小さなバタールやバゲットくらい、いくらでも手近で手に入るんですが、大量生産のパンって、イマイチ買いたい気になりません。でもね〜、あるかないかと言えば、ない確率の方がずっと高いのにね〜、わざわざ結構歩いたところにある小さなパン屋さんまでね〜。。。

で、お店のガラス窓から見れば、もう本当に棚はガラガラで、ありゃ〜、と思って、でも元気よく「こんにちは〜!」と言って入ってみると、仰天しました。6、7種類のそれも本当に数少ない残り物のなかに、全粒粉で焼いた小さなバタールが(@@;)さすがに感動です。おまけにレジでお支払いをするのに、見れば、前の人のお買い物の合計額がまだ掲示されていて、777の数字が…ご丁寧に、横には天使の絵で何かお知らせが書かれていて、いつも一緒にいてくれるファミリーの誰だかが、うふふふふ!と笑っているのが感じられるようでした。
  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


明後日15日(木)午後1時よりワークショップです。

早いですね。もう月半ばです。
明後日15日(木)は、瞑想ワークショップです。
午後1時より2時半の予定で、川崎市アートセンター3階研修室で開催致します。

お申し込みは、明日14日(水)まで受付致しますので、右側リンクよりMirus Clubホームページ経由でメールにてお願い致します。口頭で、既にお申し込みいただいていらっしゃる方は必要ありません。

一応アイデアはありますが、当日お集りの皆さんと、その皆さんの目に見えないガイドの方々のエネルギーで、出し物!?が決まります。ということで、お・楽・し・み・に〜♩

  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


なんて興味深いのだろう! by アジャシャンティ

とうとう、アジャシャンティの本を読み終えてしまいました…こういうすご〜く濃い本はちびちび読むようにして、長持ちさせるんですが、やっぱりいつか終わっちゃいます。

で、丁度今朝アップしたオリオンの高等評議会のメッセージと重なる部分があったので、書き写しときます。

p274〜p276
関係性のただ中にあなたとしてありつづけること(それはただ気づきの光でいるということです)は、人間にとって最大の挑戦です。表面に現れて見えないものは「私を押して」というシールが張られた小さなボタンのようなものです。そのボタンは指を引き寄せます。それが神聖さのすばらしい点です。それが無意識のまま未処理のものなら小さなボタンがついていて、やがて無意識のままではいられなくなるでしょう。「見つけた!」と誰かがボタンを押すと、ブーンと音がしてあなたの怒声が響くのです。そうです。あなたの怒りは意識されたのです。そこにチャンスがあります。ところが私たちは怒りをできるだけすばやく無意識に追いやってしまいます。だから私たちはそれを見ないのです。「怒りが押し出された。あれはずっと僕とともにいた。それはプログラミングの中にあった。なんて興味深いのだろう!」と意識する代わりに、人々は心理学者のもとに行くか、概念や哲学の終わりのない連続へと入っていく傾向があります。ところで怒りを経験するとはどんな感じでしょうか? 「これは何だろう?」と問いかけることで意識がその内側へ入っていくことが許されます。ですから怒りはあるかもしれませんが、今それは意識された怒りとなったのです。反対に怒りを取り除こうとしたり、怒りをやみくもにどうにかしようとするとき、あなたは本当は怒りとともにはいないのです。
 気づきの光とはもっとも深い変容のための仲介者です。自らの無意識を意識しようとすることでもっとも深い錬金術が起こります。その小さなボタンが押されると何かが無意識から浮上し、目覚めたままでいるように手招きするのです。それだけです。ただ目覚めているだけで錬金術が起こるのです。ただ目覚めていてください。

(中略)
 目覚めとは後ろに下がることでもなければ、説明しようとしたり、取り繕ったり、なくしたりすることではありません。目覚めの体験が許されるとき、それはあるがままのすべてへの深い愛と思いやりです。愛はつねに今、この瞬間に自らを投げ出し、今の中へと完全に身を任せます。かかわり方はいたってシンプルです。それは謙虚で、とても親密な関係です。そのときあなたはまったく違うやり方で他者と出会うことができるでしょう。

『禅 空を生きる』(鈴木純子訳 太陽出版 2014.11.1)
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


「おや?」と不思議に思い始めてください by オリオンの高等評議会

これ、ほんとに大事な事だと思います。
この習慣があるのと無いのとでは、世界が違います。保証します☆

ソウルカメラのblog(http://blog.livedoor.jp/sourukamera/archives/42844747.html)より、冒頭を端折って転載します。

あなたは変化を体験しつつあり、その変化の体験も時が経つにつれて変化しますが、全ての変化の土台にあるのは、一つの「エネルギー的な変化」です。「おや? と不思議に思うこと」(ん? と怪しがること)に体験豊富である(手慣れている)ことが、「変化のエネルギー」に繋がっているための一つの方法です。例えば、あなたは次のようにして「おや?」と不思議に思い始めることが出来ます。「あの人に対してとなると、何故私は決まってそう感じてしまうのだろう?」。ある特定の人に対して、自分が制限的、あるいは固着的な感じをもってしまうのは何故かを、不思議に思い始めることが出来るというワケです。そのように自分が、「ある特定の人に対してはある特定の感じを持ってしまう」のは何故かを怪訝に思うとともに、ある意味それは、「それまで自分がどんな体験をしてきているか」によっているのだと、あなたは答えを出すことが出来ます。そして一旦あなたがそのようにして、その「おや? 何故だろう」のレイヤーを突き抜けると、では次なるステップは何かを、「知りたい」と思い始めることが出来ます。それを超えたその先には何があるのか? そこでどんな更なる理解が持てるのか? そこでどんな更なる情報が入ってきて、自分の視点を転換してくれるのだろう、新情報をもたらしてくれるのだろう、状況を変化させてくれるのだろう? と。自分がまた別の視点を持ち得ること、そしてそれによってより大きな安楽が生じ得ることに、あなたは「驚く」ことさえ出来ます。

この最初の例で我々は、「立場」について言及しています。「自分の人生は、思うようには機能して流れていない」と感じることの言い訳に、「自分が今ある領分」を使う、その自分の「立場」についてです。しかし、「自分の人生は何故こうも全てが素晴らしいのか」と訝しげに思い、「こんな素晴らしい領分に自分があるのは何故?」と思案し、驚く、ということがあることを、考えたことがありますか? あなたが持つ関係は、もしかしたら素晴らしいものかも知れないのです。あなたがしているお仕事は、ことによれば毎日通勤したいくらいのものかも知れないのです。これほどにも関係が良いのは何故か、これほどにも仕事環境が素晴らしいのは何故か、不思議にも驚いたことはありますか? というのは、事態が「本当によく機能している」ことを当たり前のことだと認めるのは、しばしば簡単なことなのです。しかもあなたがそれを尚も「不思議に」思い、「自分の人生がよく機能しているという」という事態に対して、尚もその「驚き」と「開放性」のエネルギーを与えると、おそらく、「自分が如何にして転換して変化したか、そして自分の人生に如何にしてその違いの証拠を見たか」が、分かり始めます。どうぞ、そのことで自分を拍手喝采して、自分自身に感謝を感じてください。

今日我々は、「おや?」と不思議に思うというこのアイデアで遊び始めるように、あなたをお招きします。そして、あなたが「驚異の念」のエネルギーで遊ぶとともに起こり得る、その「拡大性」を感じてください。それがあなたのフィールドを開き得ます。それは、恐らく自分が考えてもみなかったような答えを、あなたにもたらします。「おや?」と不思議に思うことのエネルギーで、多分あなたが出口が見つからないか理解出来ないでいる真っただ中にある状況を、把握して取ることが出来ます。そして、あなたがただ「おや?」と不思議に思い始めるだけで、それが一つの新しいレベルの理解と、一つのエネルギー的な見方/考え方を、あなたに与えます。自分自身を今すぐ「驚異の念」の空間に入れれば、それだけであなたは、一つのアイデアなり思考なり、何か自分の人生でこうあって欲しいと考えることに、生命を吹き込みます。その「拡大性」を自分のエネルギーに感じるように、我々はあなたお招きします。これで遊び始めるようにお誘いします。そして、そうしてあなたの人生に入り込んでくる、新しくてワクワクする情報、アイデア、エネルギー的な転換を、確かめてください。


日本語訳 ソウルカメラ
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


変容による不調 by ザ・グループ

まだまだ変容の副作用が色々現れて来ていて、皆さんから色々な話を伺います。tomokoも年末からかなり派手な発疹が首や顔を中心にリンパに沿った感じで出ています。化粧なんてとんでもないし(あ、普段から殆どしてないか…)、産毛も剃れません。。。丁度半年前にも、これよりもだいぶマシでしたが、同じような発疹が出てました。前回、首は、そんなにひどくなかったかもしれません。

これまでエネルギーを内側から癒し続けて来て、それでも第五チャクラまわりが詰まりぎみだったそれが、解毒されている可能性があります。そうだったら、「やったあ!!」なんですけどね。自己表現に関わるこのブロックは、もう長年も長年、たぶん一歳の頃に作られたそれがコアになって、延々蓄積されてきたんだと思いますが、ここに来て、大きく変わる気配は確かにあります。

例のアメリカのお姉ちゃんは、先天的な心臓の弁の問題で不調が出てる、と言って来ました。ただ、二人とも一昨年あたりは、「ま〜たエネルギー・フルー(インフルエンザ)みたい〜」と年中言っていたのが、もうありませんから、いつまでも同じということでもなくて、順を追って症状も出て、肉体も変容しているのだと思います。という訳で、ネガティブなことというよりは、有り難いことなのかもしれません。

ザ・グループのメッセージに、この変容に伴う肉体の諸症状などについて説明があります。日本語訳は、昨日見たんですが、チャネルされたのは2006年です。でも、これまだまだ情報として有効だと思います。ライトワーカー・ジャパン(https://lightworkerjapan.wordpress.com/2015/01/08/disciples-of-the-light/)より当該部分のみと言っても、相当な分量ですが…転載します。

光の使徒

当面の肉体的変化

人間の肉体がどう変化するかお話しましょう。生体はどんどん変化しています。全人類に様々な、広範囲にわたる影響を与えていきます。再配線の過程について前にお伝えしました。それが妨害されると影響が出て、肉体のエネルギーが配線不良になる、そのこともお話しました。皆さんの医学では、慢性疲労(症候群)とか、線維筋痛症と呼ばれています。私たちは単純に、エネルギー不全、と言います。人間の頭脳のエネルギー配線は今変化しています。大脳の神経経路を行きかう配線が変化しているのです。医学は後数年でこのことを正式に確認します。なぜ時間がかかるかというと、神経系の動きは、変化が起きてからでないと殆ど分からないからです。でも、このぶっ飛び科学では、それが今だ、と言っておきます。人類は余りに速く変化していてそれに目が追いつきません。それは見事ですが、人間にいろんな課題を投げつけます。

不眠、睡眠サイクルの変化

眠らなくていい、とか、睡眠パターンが変わったとか、そういう人が増えており、睡眠時間が変化しているのですが、今までないことです。それはなぜですか? 変化の一つですか? 皆さん、必ずしも変化しなければならないものではありません。皆さん、この分岐点でどうか力を取り戻して、私たちの言うこと一言一句を鵜呑みにしないでください。睡眠の変化が自分が選んだ避けられない問題だというようには考えないでください。皆さん、あなた方は「選ばれし」人です。ここにいる皆さん、ここで座っている皆さん、このプログラムを見ている皆さん、このメッセージを読んでいる皆さん、あなた方は「光」の先駆けになることを選んだのです。自分に睡眠障害があろうとなかろうと、隣の人の睡眠障害を手助けしようがしまいが、あなた方は、この光を次のレベルに持っていこうとする人たちなのです。そのために皆さんは多次元になろうとしており、他の次元の時空を経験しようとしているのです。そのせいで、実在する次元について、今までとは違う理解をしようとしているのです。

人間が経験している一番大きな次元の変化の一つが、眠りの次元です。事実、自分がヒーラーだとは思っていない多くの人が、起きてみると、疲れが取れるのではなく、溜まったままなのです。それが分かるでしょう。勤務時間中一生懸命仕事をしていなくても、寝ると、別の次元で小さい音のベルが鳴って、そのベルの音が、「先生(医者)が来られます」と告げています。そこから皆さんはヒーリングを始め、人々が長蛇の列を作ってあなたを待っているのです。次の朝起きると、何でこんなに疲れているんだろうと訝(いぶか)しがるのです。また、沢山の人が、以前にはないのですが、丑三つ時に起きてしまうのです。何年か先に医学がこの現象について解明することと思います。でも、今それに注意して見てください。人がこの変化を乗り切れるよう手助けしてきた人たちが、あなた方なのですから。それは自分の光が変化していることを意味しています。光が恐怖を吹き飛ばします。皆さんはその光の使徒なのです。

前にお話しましたが、夜中の3時に目が醒めてしまうのを“午前3時クラブ”と呼びました。でも、これは、将来この睡眠パターンは普通のことになるのです、だからそれがもう始まっています。私たちは、それを“眠りの三和音”といっています。一般的に、3時間寝て、2時間起きていて、また3時間眠る、そういうパターンです。その間、2時間全く目が醒めているのですが、それがなぜか分かりません。この2時間はとても特別な時間で、この時クリエイティヴな状態が高まっています。この時間、実際に次元の状態が変わっているのです。今時間差がなくなっていますが、この2時間の間、考えていることが非常に速く現実になるのです。この特別な時間帯、考えていることが自分を利するものであればそのまま忘れないでいてください。心に入ってくる考えは制御できませんが、「残しておく」かどうかは完全にコントロールできます。嫌なことをずっと引きずっているなどと心配しないでください。人間としてそのことを経験する必要があったからそうなので、もう手放してください。そういう否定的思考は、そういう場合、それ以上深追いせずにいれば、ただ駆け巡っているものだ、そのことだけを知っておいてください。そして、自分にとって役に立つ、害はない、そういう考えだけを残しておいてください。否定的に考えていたり、難しく考えたりしているからといって、自分を価値判断しないでください。この創造的な2時間でコントロールする練習をしてみてください。

新午前3時クラブ

再配線が進行すると、その間中この時間帯はしょっちゅう変わるかもしれません。4時45分クラブになったり、また戻ったりと今後50年間調整が続きます。もうすぐ四六時中起きていて、余りに長すぎて、何が起きているのか分かろうとしたり、何か“悪い”ことがあるのではないかと考えたりと、眠らない人が出てきます。そういう考えだけが、地球上では難しさを生み出します。でも、進化する人間にとってどうってことのない、普通のプロセスです。

鮮明でネガティブな夢

また、鮮明でネガティブな夢を時々見ます。悪夢で起きる人もいます。これはエネルギーのバランスを取る自然なことです。一日中ポジティブで、まるで踊っているかのように過ごして、暗い部分をすっかり忘れているような一日を経験する人が多くいます。皆さんには美しい闇というような所があります。それでそのような場合は、ネガティブな夢をはっきり覚えていて、エネルギーのバランスを取って調整しているのかもしれません。殆どの場合、こういう夢を覚えてはいませんが、何かに揺すられるように起きてしまうことがあります。覚えていることが時々あって、その場合、起きてしまうのです。再配線が進むと、こういった夢は特別な経験になります。だから、そういうことがあっても、悪いことがあるのではと思うのではなく、ただ笑って、先ずバランスを取るために必要なポジティブなエネルギーを経験している、そう思うのです。バランスをこのように取ることは、ゲーム開始当初から起きてきたことです。そうは言っても、人類の再配線が進むと、こういう現象がもっと頻繁に、もっとドラマチックに起こっていきます。

頭痛、めまい

再配線の中で、沢山の人たちが頭痛やめまいを経験します。今までないことです。大脳自体が再配線されるので、初めて経験します。これは進化の中の通常の状態で、怖れることはありません。何か肉体的な兆候があっても、いつも恐れは手放してください。それをほじくり返したり、拒否しようとしたりしない。そういうことをしていると、益々大きくなってあらゆる種類のエネルギーをひき込んでしまいます。自分の思考を思うようにしたければ、空っぽの空間に放り投げてください。そんなに心配するなら医者のところに行きなさい。医者が科学の貴い情報と直感を受け入れようとしないのなら、同じ誤りはせずに医者に行かないようにしてください。彼らは形而上学的ではないのです。真実のあらゆる味わいを受け入れ、それから、それが全部見えるカメラのベストアングルを選んでください。物質科学と形而上学を融合してください。そこに本当の魔法があります。お医者さんが戻ってきて、どこも悪いところはないよ、そう言ったら、それは私たちが今話している進化の途中なんだ、そのことを知っていてください。怖れずに旅を楽しめます。

呼吸器系の変化と問題

また、話しておきたいことがありますが、呼吸器系に変化が出て、問題を抱える人が多く出てきます。今後5年間、この地上で巨大な問題になります。医学は、きちんとしたデータ収集も出来ず、診断名がつかない病気となります。この病気の症候をまとめられる診断名がつくまでは、このデータを集める方法が本当にないのです。人間はよく疾患をでっち上げてそれで、症状を分類し人間の状態を分かるようにしてきました。事実、それは、ADD(注意欠陥障害)とADHD(注意欠陥多動性障害)という疾患の元になるものでした。インディゴ・チルドレン(訳注:インディゴ及びクリスタルチルドレンについて2002年10月「クリスタルチルドレンを目覚めさせる」参照)に見られたこの症状は、地球上で長い間続きました。しかし、皆さんがそういう診断名を手にした今、この疾患はこれからもっと膨れ上がります。これは呼吸器の問題で起きることで、間もなく人類の大半が直面することになります。呼吸との関係が変化していきます。生理的機能が変化するので、これはアレルギー、風邪のような問題で罹り易さが原因だと人は考えますが、アレルギーや風邪とは全く違います。また言っておきますが、こういうことは素通りさせてください。皆さんに問題ありません。それは進化途上のことで、肉体が新しく配線されたら自然に落ち着く問題です。何か悪いことでもしたのではないか、そんなふうに考える必要はありません。現に風邪を引いていて何が悪いのですか? 再配線が進行すると生じることで、喜んで進化を進め、クリネックス・ティシューを離さずに進んでください。旅を楽しみましょう・・それでベッドで一日中過ごさなければいけないのなら、ベッドで一日楽しんでください。

多くの人がそのうち、これが再配線が進行することだと分かると思いますが、再配線を自分のものにする頃には皆さんのパターンも変化します。こういう変化が必ずしも否定的な結果を生むものではない、そう考えください。いつもアレルギーを抱えていて、夏の間ずっと困っていて、突然それがなくなる、そんなようなことです、変わるというのは。全部が全部、否定的なことではないのです。ポジティブなこともあります。ベールのこちら側では、両者の間に違いはない、そう見るのです。単なる変化に過ぎません。

多次元性と自閉症

何度も今までにお話ししてきましたが、進化してその出来事が明らかになると、大きなことの一つが皆さんに起こりますが、それは、多次元というものを始めて理解することです。多次元的な存在になるのです。同時に、人間が分類診断した疾患の幾つかが理解されるようなります。特にその一つが、自閉症です。私たちは自閉症を多次元的な人と捉えています。一本の足が二つの世界に跨って生きているのです。殆どの場合、自閉症の子供は、皆さんが言う、‘閉じこもった世界’(この世界)に戻る方法が分からないのです。事実、この日常世界より、他の世界でもっと生きている(存在している)ことがその子供たちにはあります。それは魂にとっては大変ストレスで欲求不満な経験です。ですが、多次元によって多くのことが達成されるのです。自閉症は、病気とか“悪いもの”ではありません。自閉症の美しさによって皆さんが学べることは、多次元を学習する際の大きなギフトだということです。自閉症の人の抱える大きな問題は、フラストレーションや怒りを感じることです。彼らには余りに多くの情報がやって来て、それをどう解釈したらよいか対処できないのです。自閉症ではない人は、自分の現実の中でそういう情報や波動をろ過できるようなフィルターを持っているのですが、自閉症の人はフィルターを外していているので、やって来る情報すべてを収集、分類し切れないのです。だから、皆さんと同じようには見ることが難しいのです。これは変化の始まりです。皆さんは、再配線の進行と同時に次元を移行しようとして多次元に心を開こうとしています。なので、変容ツールを探し出そうとしていきます。私たちが言う、翻訳ツールですね、それがほかの次元にいる人に話す言葉を翻訳していく助けになります。これが、自閉症という状態の謎を最終的に解明することになります。このことをじっと見てください。今一度言いますが、そのツールは私たちが今言ったようなものとは全然違う名前で呼ばれます。非「ぶっ飛び」科学で名付けられます。間もなく、自閉症を理解する新しい道具を目にします。

これまで長い期間、ツールを幾つかご紹介してきましたが、まだそれでも理解されているとは思えません。自閉症児を抱える親は、水晶を毎日身につけている子供と一緒にいるとして、親はその子が水晶と話が出来ても、親とは話が出来ないということを知っています。そんな風に例えることが出来ます。自閉症児は水晶によって話が出来ます。水晶は翻訳器だからです。水晶は多次元そのものなので、彼らは水晶と話が出来るのです。したがって水晶はあなた方の水晶と同じように完全に彼ら自閉症児の次元に入って行けるのです。水晶が全部そういう使われ方をしてきたわけではありませんが、正確な波動を持つ水晶は、この目的に使用されてきました。そのことを知っておいてください。自閉症の子供たちがある動物たちと、特に多次元として知られる動物、イルカと話が出来るのですが、この事実と似たところがあります。イルカを自閉症児と会話させるために家でペットとして飼うのは出来ませんがね、でも、翻訳器が既に存在し、暫くそうして使われます。そう理解してください。これと同じようなことが、これから、他の形で起き始めます。あるものはモノで、あるものは生き物、多次元の命です。あるものは、新しい生体で、間もなく翻訳を助ける、自閉症児と同じ贈り物を持っている子供たちが、天与の才のある子供たちがやって来ます。

この子供たちが進化を開始しても、怖がらないでください。どうか知ってください、彼らが持っている才能は、進化が続く限り、人間誰もが身に付けられるものです。皆さんは、発光する光を持っているのです。今後人が恐怖に陥る時に大事なことをする人は、皆さんなのです。これが、聖なる契約の実行です。この時期、地上の全人類は再配線を経験して行きます。人間という動物はもっと高い波動に移行していきます。また、地上で恐怖が起こることは、もう秘密ではありません。非常に単純ですが、人間は変化が怖いのです。だから、あなた方はここにいるのです、皆さん。それで皆さんは呼び出されているのです。皆さんは光の使徒だからです。分かりますか? あなた方は、最高の結果を出すために懸命になって発光体を持ってきたのです。それも、こっちへ行きなさい、とか、どっちへ曲がりなさい、こうしなさいなどと指図しないで自分でそうしてきたのです。他の皆が見られるように、その光を輝かせるのです。これが、多くの皆さんの、大いなる、聖なる契約です。それが今日ここにあります。

消化器系、胃腸

最後に、肉体の問題ですが、生体に変化が生じると、人間の消化管に大きな変化が現れます。人間は否定的なことがあるとそれだけを見ようとします。そしてそれが問題になります。そのことを覚えておいてください。だから、ニュースはいつも本質的に否定的な報道になります。“良いニュース”であるチャネリングがあっても、誰も見ません。それが人間の性です。変化が皆さんに否定的に映ったとしても、同じようにポジティブな変化がある、そのことを知ってください。人間の消化管の変化は、近い将来大変幅広い症状を伴って引き起こります。皆さんが消化器系統に何かがあったり、問題を抱えていたりしても、あなた方は誰よりも早く、もっと高い波動の肉体でいることが出来るのです。忍耐を持って呼吸を忘れないでください。この問題も、すぐ、パス、ですね。

感 情

肉体が全部変化していくと、皆さん、感情はそれこそいろいろな変化があります。地球上では鬱が今までないくらいに広がります。創造的なエネルギーがありながら、外に向かうのではなく、内に向かう人たちが沢山出てきます。エネルギーを抑圧することが一番この地球上で問題なのです。皆さんは神です。何であれ、抑うつになると肉体と感情体に問題が生じます。今までいつもそうでしたし、今まで以上にもっとそのことに対して神経質になるでしょう。皆さんはここで大切なことを個人的にやります。それが呼び出しと考えてください、皆さん。行動への呼び出しです。先ず最初に皆さんが出来るからです。内向きではなく外に向かって創造的エネルギーを転換させるようにしてください。だから、光を輝かせるためにここにいるのです。それが、隣の人であっても、何千人の生徒であっても、手助けするか否かはあなた次第なのです。私たちはどっちへ曲がったらよい、などとは言いませんが、皆さんは鍵を持っている人で、光の使徒だということは言えます。これまでの幾多の人生で献身的に光を研究し、光の使い方を研究してきました。だから私たちは皆さんを光の使徒と呼ぶのです。人がカメラを取り出して一番いい角度で見られるよう手助けできる人たちです。皆さんは「新しい光の家族」です。人類が、それは今だ、という自分の出番が来るその地点まで進む、そういう大いなる希望を抱いてやって来た人たちです。皆さんは、行動するよう呼ばれています。ライトワーカーにもうクロゼットはありません。3つの心覚えをお伝えして下がります。お互い敬意を持って接してください。お互いを育み、共によく演じてください。

日本語訳 Lightworker Mike
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


必要なものは必ず手に入ります by アシュタール

ええ、tomokoもそういう信念で生きてきました。本当にあたしのための旅行なら、たとえ寸前まで満席でも、必ず飛行機は取れるはずだし、ホテルだって取れる!と思って、やっぱり外れた事はありません。でも、人生は必要最小限を支給するような吝いどこかの会社とは違います。もっとジェネラスですよ〜♩

昨日、小さな可愛いお客さんをお預かりしたのですが、その際保護者の方が、お土産を持って来て下さいました。開けてみてびっくり!数日前にお店の前を通りがかって、こりゃあうまそうだ…そのうちいつか食べてやろう!と固く決心をしたばかりのそのお菓子でした。で、直感が「あんたこれ好みだよ」と教えてくれた通り、すごお〜く甘さ控えめでコクのあるお味で、超がつくほど好みにあってました。

このお菓子が必需品かどうか。。。でも、人生はお友達を通して、tomokoに送ってくれました。もっとすご〜〜〜く必要な物が、手に入らないはずがありません。でも、それはマインドが思っている物とは違うかも。。。アシュタールがわかりやすく説明してくれています。要点部分をミナミのライトらいとライフ(http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11974260136.html)より転載します。

真実がわかれば心配はなくなります。

(前略)
マインドは 大きな視点で物事を見ることができません。
雨が降っている・・出かけられない・・寒い・・濡れる・・洗濯物が・・
など 小さな視点だけで判断しようとします。
小さな利益、合理性 などの観点でしか判断できないのです。

晴れも 雨も 嵐も すべて あなたにとって必要なものなのです。
それを どう判断するかは あなた次第だということです。
嵐を 感謝と共に受け入れるか・・不満の対象として 遠ざけようとするか・・
その思考によって あなたの次の現実は変わってきます。
ハートは そのことを知っています。
ハートは すべてを受け入れています。
ですから マインドとハートがバラバラになってしまい 混乱してしまう現実を創造してしまうのです。
また 話がそれそうですので 戻します(笑)

あなたにとって 必要なものは 必要なときに 必要なだけ 必ず手に入るという事は 真実です。
そして 必要なもの=あなたのマインドを満足させるもの ではないということを分かってください。

そして 必要なだけ・・です(笑)
必要以上に欲しがるのは マインドの癖です。
だって 必要なものが 必要なときに 手に入るのですから 多く欲しがる必要はありませんね(笑)
それを 信じ切れないから 多くを欲しがるのです。
信じ切れないから 循環をせき止めるような思考をしてしまい だから 循環が上手くまわらなくなって 必要なときに手に入るものが 入らなくなったりするのです。

必要なものは 必要なときに 必要なだけ・・必ず 手に入ります。
あなたのもとに やってきます。
それが わかれば 何も先のことを心配することが無くなり 今 この時を楽しみ 生き切ることができますね。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


素の自分でいることの重要性 by バシャール

二、三日前に『光の書』を引いたら、「59ミニマリズム」が出ました。

すご〜く響きました…って、当たり前ですよね。その時に一番必要な情報が来るんですから。。。「頭からは思考を、心からは低次の波動を除去すれば、自分独自の周波数で振動する事ができる。自分独自のエネルギーを発することができない時に、人は自分の外にあれこれ求めるようになる。自分独自の周波数でいられない不満をごまかすために、外界の何かを欲しがることになる。」ってね〜、すご〜く腑に落ちました〜。ほんとに何にも欲しくなくて、お腹さえ空かなくて満足してる日って、そうですよ、自分自身でいられる日です。

で、今朝バシャール情報を見たら、またまたコレです。素の自分、本来の自分でいる事以上に満足できることはありませんが、2015年、その本来の自分自身をつかむことが、去年よりずっと容易になっているのかもしれません。

the PLANET from NEBLAより前半部分を転載します。

発展と衰退 2015-2016年 01

前回もお話したように、2015年は、貴方の波動内で一番”際立つ”波動が、更に浮き彫りになる年でもあります。ですから、”素の貴方”でいるのか、それとも、かけ離れてしまっているか、今まで以上にスピーディーに発見する事が出来る年となるでしょうと、バシャールは話しています。そうする事で、貴方の”状態”を素早く察知し、前へ素早く進んでゆく事が出来るようになるのです。ここで理解出来るように、貴方の心は、貴方の波動のバロメーターの役割をしています。”貴方らしさ”は、貴方にしか造り出す事は出来ない、という事を、今一度理解して欲しいと、バシャールは話しています。

”際立つ”波動を浮き彫りにする事、詰まりは、”自分らしさ”でいる事に恐怖を感じる人がいますが、恐れる必要は全くありません、と、バシャールは断言します。私達の物質世界は、今までとは打って変わって、高次エネルギーがより投影され易い世界へとシフトしていると、バシャールは話します。ですから、貴方が”素の貴方”でいればいる程、貴方の目の前に繰り広げる世界もまた、今までの見解とは全く違った形で現れるようになり、”貴方らしさ”が、疑いのない方法で出現するようになります。
  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


おラクに車線変更〜♩

またまたすっごく面白い夢を見ました。

仲良しの叔母と小さな黒い車に乗っているんですが、誰かが運転してるはずで、でも運転手は見えなくて、叔母とは後部座席で何だか入試の採点!?のような作業をしながら、それでもいつものようにわあわあ楽しくおしゃべりを続けています。

そうしたところが、車が止まって渋滞にはまったような感じがして外を見ると、車線変更のために皆一旦停車しているところでした。

その車線変更ってのが、半端じゃなくてすごいんです。左側に白いブロックがあって、そこを車ごとよっこらしょ!って乗り越えこえなきゃいけないわけ。。。

でもね〜、夢の中ですからね…不可能なことなんか、な〜んも無くて、叔母に「あ、あたし手伝いますから」とかって、まるで水の入ったバケツを持ち上げるようなノリで、車を持ち上げ、左側の空っぽな清々したレーンに車を移しちゃいました…(すごすぎ(@@;)現実のtomokoなんか、飼い鳥に負けないくらい根性無しで、重いものなんか金輪際持ちたくない人です。だから宅配屋さんとかに、いつもすご〜く感謝しちゃうんです。

これ、前日だかに動画で見た、アメリカの高速道路の渋滞緩和の秘策で、中央分離帯のブロックを、上りと下りの混雑してる方を一車線増やすためにずらすのを見て、こりゃあ使える!すごいや!とかって興奮したもんですから、その記憶も影響してますね。。。勿論動画では移動するのはブロックの方でしたからね。。。車の方がブロックをね〜、それも自分で持ち上げてね〜、荒唐無稽もいいところでした。。。
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

11月度 ご予約受付中!
26日(日) 13時〜16時
18日(土)から変更しました。

12月度
16日(土) 13時〜16時

1月度
20日(土) 13時〜16時

2月度
3日(土)  13時〜16時


☆ ギャザリング
川崎市アートセンター3階研修室
こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

12月度
10日(日) 13時〜16時

1月度
28日(日) 13時〜16時

2月度
18日(日) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
対面はMirus Club月例会後、スカイプの日時につきましては、ご相談ください。

最新トラックバック

« 2015 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31