フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



何でもなくて天国な日常

先日、年内最後の営業日、しかも日も暮れかかった頃にヒヤシンスハウスにお邪魔しました。

お菓子については、「残っているまい」と期待しませんでしたが、来月半ば近くまでのお休み前で、是非一服させていただきたいと思っていました。

歩きながら「チラ見」をしてみたら、ご主人がニコニコしながら「今二階席が一つ空いたところで、すぐ片付けますから〜 ♪」と言っているのが見えました。

でも!

横の公園から二階の窓を見ると、二つあるその両方のテーブルが埋まっているような。。。

はりゃ…

ドアをチリリリンと開けて見ると、一階席も満杯。。。

はりゃ、はりゃ…

ご挨拶だけでもと奥へ入ると、ご主人がニコニコしながら「あ、ちょっとお待ちくださいね ♪」と言って、エプロンで手を拭きながらお二階へ、少しごそごそして、トレイに空いたケーキ皿などを載せて降りていらっしゃり、すぐその後で、若い男性が降りていらっしゃいました。

あはははは、息子さんをどかしてしまいましたね(^^;)

ご主人がニコニコなわけです。
久しぶりの愛息子のご帰宅だったのではないでしょうか?

いいなあ、天才的なお菓子作り人のお母さんのスコーンを食べて…くつろいでね…

ご自身の個展の際に、画廊でお会いした方とは別人のような緩んだ雰囲気とお顔で、最初よくわかりませんでした。。。

彼の個性的でとっても素敵な絵は、いつも何点か飾ってあります。
お店にいらしたら、是非チェックを。購入もできるそうです。

全然期待していなかったのに、個人殿堂入りのリンゴのロールケーキがまだ残っていて(奇跡のよう)、松ヤニで燻していない素晴らしいラプサンスーチョンと一緒にいただきました(うまっ)

夕方6時くらいまでの営業なので、日の短い間だけ夜営業を味わえるのですが、これがまたコージーで、独特な陰影の美しさと雰囲気…場所そのものに魅了されるようです。

天国ですわあ…
また来年 ♪

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


心に虹を…メリークリスマス!

うっすらとでも虹が出ているのを発見すると、本能的にワクワクします。

大きな虹や、くっきりとした色鮮やかなの、あるいは二重の虹を見つけた日には、相当テンションが上がっちゃったりして。。。

飛行機に乗っていると、珍しい虹を見ることがあります。

雲に反射した円形の虹も何回か、驟雨直後の成田周辺で、海上から立ち上がっているのを含め、虹がそこここにたくさん出ているのを見たこともあります。

レインボーステートと呼ばれるほど虹の出現率が高いハワイでは、”No Rain, No Rainbow”という諺が…「雨が降らなきゃ、虹も出ない」ということで(^^)

震災後に、地磁気の異常から色々凄みのある天象が出て、艶やかな彩雲などを見ても内心では「う〜ん…妖しすぎる…」でしたが、今はそのままうっとりして楽しみます。

震災でも、土星+冥王星、時々火星やヘッドが絡んだキツ〜い変容セッションの煉獄中でも、経験したことは全て身になっています。

希望さえあれば、どんなに大変でも耐えられる。。。
耐えてるうちに身につくことがあるだけでなく、信じた希望が実になり形となって人生に現れます。

珍しい「虹の端っこ」を捉えた写真がありました。
https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/rainbow?bfsource=bbf_jajp&utm_term=.tn6xMWnPJj#.mr7Z03eNLB

サビアンの牡牛座4度は「虹のたもとの黄金の壺」です。
天が約束した豊かさや幸せがその壺に入っているのだとか。。。

心に虹を
メリークリスマス☆

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


Happy Happy!!

昨日Mから、結婚式の招待状を送りたいから、住所をもう一度教えてもらえない?というメールが届きました。

前に一度、彼女のヨガ教室のDVDを送ってもらうので住所を書いた記憶はありますが、この5、6年で膨大なやり取りをしていますから、そんなカケラのような情報を、検索かけたって見つけ出すのは大変でしょう。

婚約したと聞いたのは、いつだったかな、メールを見た途端、口が勝手に「やったああああ!!」と叫んで、ミルスの前で喜びの舞を奉納しておりました。

彼女は、あれこれの美徳を備えた素晴らしい人ですが、肉体的にも大変な美貌の持ち主で、それこそ年中引く手あまたな女性です。でも、多分彼女は、それを人生の恩恵だとは思っていないでしょう。私もポジティブな事だとは全く思っていません。

うんと若い頃から、セクハラや、癒すのに延々ものすごい時間がかかるような搾取を受け、去年だか一昨年も、嫌なストーカーに付きまとわれて震え上がっていたことがあります。

望まれるのと、愛されて大切にされることは、この地上では稀に一致することがあるだけで、大半は搾取が本質だったりします。グラドルになって欲望の的になるって、どこがいいの?

その上、まともな恋愛でも散々苦労してきたのを知っているので、婚約を聞いた時には、心からの喜びを禁じ得ませんでした。

以前、微かに引きつったような笑みを浮かべている彼女と恋人の写真を送ってもらって、「いや〜、これは違うのでは?」などと思ったこともありましたが、今のパートナーと付き合うようになってからの、自然でリラックスした幸せそうな様子を聞くにつけ、ああ、とうとう本物に出会えたに違いない、と感じていましたが、やっぱりそうでしたね〜\(^o^)/

彼女は今年68歳、お相手は70歳になります。

トーシャ・シルバーの『私を変えてください』の、70歳を過ぎた女性が、思い切って本当にしたかったアートの道に進み、才能を開花させたばかりか、70歳半ばにして、人生で初めての幸せな恋愛関係を手に入れたというエピソードを思い出します。しかもその最愛のパートナーは同性で。。。(pp149-150)

トーシャっぽく最後に一言。

「ねえ、人生ってすごくない?」

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


小鳥の恩返し

今朝、印象的な鳥の夢を見たので、意味を調べているうちに、こんな魅力的なエピソードに出会いました。

どんなに具合が悪くても、熱でフラフラでも毎日お世話申し上げているウチのどなたかは、こんなに殊勝なお心掛けは無いようで。。。
ーーーオラがかあちゃんといっしょにいたげるだけでおんがいしでしょっ!(`o´)

鳥の知らせ

時々相談してくる奥さんが、
玄関の石畳に鳥がいるのを見つけました。

どうやら、その鳥は愛犬のエサの残りクズをつついて食べいるようでした。
そのほんの僅かなクズを集めているみたいです。
可愛そうに思った奥さんは、
翌朝早くにそこにパンクズをまいてあげました。
すると、その小鳥は喜んでつまんで食べていました。

翌日もまいてあげると、
今度は、その小鳥と一回り小さい小鳥が2匹加わって、
合計3匹でパンクズをつついていました。

もしかしたら、
それは、食べ物に困っていたその小鳥の子供達だったのかもしれません。

やがて、体力を得た3匹は来なくなりました。

しかし、
ある日、

その玄関になぜか1円玉が落ちていました。

丁度そこは、あの鳥たちにパンくずをあげていた場所でした。

彼女は私に笑って言いました。
「もしかしたら、これは鳥たちのお礼だったりしてね。」と。

私は、真面目に、
「鳥さん達のお礼だと思いますよ。
 良い事をしたんじゃないですか。」と。

普通なら、お話はここで終わりです。

でも、

この話には続きがあったのです。

彼女に、
「その1円玉はどうしましたか?」と聞くと、

彼女は、
「私のじゃないのは分かっていますから、
 まだそのままにしてあります。」という。

彼女のそういう律儀な所も、
もしかしたらその後の幸運に、結びついたのかもしれません。

私はこうアドバイスしました。

「その1円玉は、鳥の貴方へのお礼だと思いますよ。
 受け取ってあげてはどうですか。」っと。

すると、彼女は、「えっ、そうですか。」
と特に嬉しいという返事ではありませんでした。

無理もありません。たった1円ですから・・・

でも、違うのです。

1円では無いのです。

私は彼女に、

その1円玉をテープで、
彼女の財布の中に貼るように言いました。

すると、

それから、急に金運が良くなって、
その1円玉を見る度に、なんか無駄遣いも減って、
お金が残る様になったといいます。
また、偶然かもしれませんが、お米が当選したという事です。

大抵、そういう場合は、
そのもの自体の価値ではなく、
幸運のお金だったりするのです。

うまくいけば、その1円玉がある限り、
一生食うに困らない人生だったりします。

もし、小鳥がしゃべれたなら、
こう言ったかもしれませんね。

「あの時は、ありがとうございます。
 子供の小鳥達が、お腹を空かしていて、
 涙がでるほど助かりました」


  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


手をつなぐ

高齢の母は足腰も弱って、辛うじて杖をつかずに歩けますが、病院に付き添う際には手を取ります。腰を下ろす、立ち上がるのでも、私が支えてあげるとずっと楽なようです。

私が手を差し出して、母の小さく縮んでしまった手を握ると、信頼や安心感、喜びが伝わってきます。

随分前に、ワークは始めていても、まだ母との葛藤の整理がついてなくて、一度母の手を取ろうと差し出したその手を、振り払われたことがありました。

勿論わざとではなくて、普通の人でもかなり無意識な行動というのは見受けられますが、母の場合は、一層それが甚だしいので、こういうことがよく起きます。

まだ母に対する恨みや嫌悪、憎しみでもがたっぷり残っていたので、そのエネルギーに反応してのことだとすぐにわかりましたが、それでもショックでした。

でも、みんな終わりました。。。

手をつなごう♪
みんなで 手をつなごう♪
ほうら ほうら♪
大きなお花ができました♪

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

3月度 ご予約受付中!
3日(土)  13時〜16時

4月度
14日(土) 13時〜16時

5月度
12日(土) 13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催
こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

3月度 ご予約受付中!
18日(日) 13時〜16時

4月度
29日(祝) 13時〜16時

5月度
26日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション

対面はMirus Club月例会後、スカイプの日時につきましては、ご相談ください。

最新トラックバック

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -