フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



羽化の季節

おかげさまで、昨日もとても楽しく充実したMirus Clubでした。
ご参加の皆様、有難うございました!

昨日のワークは、「宝探し」!?でした。

ここのところ、空では土星と天王星がタイトなトラインを形成し、いい感じで変革を後押ししてくれてますが、その上火星が冥王星にパワフルなスクエアをしかけています。もうしばらくすると、こちらもタイトになります。これは烈しいです。ネイタルチャートにおんなじようなもんを持ってる人は要注意かもって…、あたしです(^^;)

この変化の潮流に逆らわずに乗ってしまえば、多少の苦労はあっても、宇宙の追い風が吹いている分、うんとこさ実りが期待できるので、そのビッグチャンスのキーを見つける誘導瞑想でした。ね、お宝探しです。

読むものの意味も、ヒントも一切事前通告無し、キーなどとは一言も申し上げなかったのに、お一人、鍵そのものを見た方がいらっしゃり、これは超わかりやすかった…。

その他の方々は、一旦現実に戻ってきて、また潜って…を繰り返し、細部をチェックしていただきました。ダイビング3本!みたいな感じですね。最終的には、それぞれにこの変容の時に鍵となる情報をちゃんとゲットして、帰って来られました\(^o^)/

最後に恒例のカード遊びをした際、ギャザリング再開で、久しぶりにお見えになった方のカードが「Emergence(出現/羽化)」でした。変容に成功した暁には、美しい蝶々におなりになることでしょう(^^)

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ぶち切れ→発熱ダウン(^^;)

珍事発生です(^^;)

体調が悪いのは年中行事でも、毎朝のオイルプリングのせいか、あるいは「バカは風邪をひかない」というそれなのか、インフルエンザにも普通の風邪にもあまり縁がありません。

ところが、ところが…ほんとにまあ珍しいことに、風邪熱でダウンしました。疲れが溜まってきていてどうにかしなきゃと思っていたところに、母の入院でそれどころでなくなり、しかも久々に思いっきりブチ切れたら、その怒りの解毒もあったのか、見事に熱が出ました〜。

そのブチ切れた相手、というのが、実はチームMirus(爆)

ここへ来て突然正反対のガイドが来て、それってど〜ゆ〜ことよっ!?

どうでもいいような小さなことではなく、しかも年単位のようなスパンのテーマですから、散々読んで来てその度にあれこれあり、読み違えでもないので、心底腹が立ちました。

ちょっと、これ、理不尽過ぎでしょうがっ、あ〜たたち、一体、何考えてんのよお〜!!!

それでも散々土星や冥王星にいじめてもらったので、耐性がついているのか、それとも哀れに思ったチームMirusか天使の援助があったのか、呼吸法なんかしているうちに落ち着き、夜には自分なりの方向性も見えてきたのでリラックスモードに…。既に熱は上がってきていましたが、たまにはジーザスの意見を聞きたいと思い、その新しい方向性についての情報を期待して、久しぶりに『光の書』を開きました。

p279
制限

(前略)
 それでは、私が、「現在、世界が急速な変革の時を迎えており、今日正しいことが明日にはそうではなくなる可能性がある」と言ったらどうしますか?
 私が、「目前に迫った変革のエネルギーをつかみ取れるように、あらゆる可能性を受け入れる必要がある」と言ったらどうしますか?
 私が言わんとしているのはこうです。あなたが制限を引き寄せる時は常に、「論理にかなっている」ことにとらわれずに、変化を受け入れるべきだというメッセージなのです。
 難しそうに思えるでしょう。
 しかし、このような考え方を実践に移すことで、あなたはこれからの新時代を切り開いていく先駆者(パイオニア)の一人になるのです。
 そして、私が、あなたを導き、元気づけるために、常にそばに控えていることを覚えていてください。

あちらもニンマリしていましたが、こちらもニンマリしてしまいました。
新しい方向性についての直接の答えではありませんでしたが、昼間ひどく混乱して苦しんだ事の見事な答えが来ました。

随分前から、この変化の烈しい時代にあって、ものすごく見通しのきく大天使でさえ未来予測が難しいという話は聞いていました。無限の並行現実があって、そのどれにつながってゆくのかは、この一瞬でも変わります。

これを忘れていましたね〜(^^;)

そう言えば、何日か前に、これに類する夢を見ていました。

白髪の仙人と言っても、好青年ならぬ実に晴れ晴れとした好老人でしたが、そのババジ似のアシスタント、これが正真正銘の好青年で、彼が私になんども電話したんですよ、と告げた後に、仙人が先ほどの『光の書』と同じようなことを言い始めた途端目覚ましが鳴って、最後まで聞けませんでしたが…。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


大当たり〜♪

昨日のMirus Clubでは、くす玉が割れるような大当たりが出ました!

Mirus Clubは毎回楽しみですが、昨日は朝から妙にウキウキと心が弾み、会場へ向かう道すがらもスキップしたくなるような感じで、これは何か特別な収穫があるに違いないと、予想はしておりました。

それでもリーディングの実習を始めるまでは、あまりこれと言って特別なことも無かったのですが、第一チャクラを開き、ご自分で読まれた絵から情報を取るのをお助けしながら、深く入ってゆき、「あ〜、これだったんだ…私をずっと縛ってきたもの!」という理解に達して、お見事お見事と思いながら、ふとその方を見てびっくりしました。

ワークの直前まで、後頭部から肩や背中にかけて、いつも硬い緊張のエネルギーを背負っていらしたのに…それが、無い(@@;)

これだけはっきりエネルギー的な変化が見えるほどに、見事な大当たりというのは、そんなに簡単にでません〜☆

Mirus Clubにいらっしゃるだけでなく、ご自宅でも瞑想やワークを重ねてこられて準備が整っていた、そのタイミングでうまく開けたのでしょう。

そのようなワークをガイド出来たことも心底嬉しく満足で、朝からのウキウキは、無意識レベルでこれを感知していたに違いありません。

長時間の集中で疲れても、甘いものも全然欲しくなくて、ミルクティーを一杯いただいて、しっかり普通ご飯を作って食べたら、もう何も要りませんでした。素晴らしい充実感や満足感で心がいっぱいになると、お腹も変に減らないものですね(^^)

ただ、これだけのヒットを出すにはそれなりに時間がかかって、結局第一チャクラのみで時間切れとなりましたので、次回は第二チャクラからです!

お楽しみに〜☆☆☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


祝福の虹

昨日のMirus Clubは、開けてみたらびっくり玉手箱、思いもよらない内容変更になりましたが、大変実り多い会になりました。ご参会の皆様、有難うございました。

Mirus Clubとしては、Lが計画してその通りに、というよりは、基本的に会の生命に委ねていることもあり、この手のことが時々あります。

その都度、ご参加の方の顔ぶれや、その時々の奇跡のような条件が揃っていることに驚くばかりです。

最近はLの日常でもこのような事が頻発するようになっていますが、本当に面白いというか、人生でも宇宙でも自然でもの流れの、奇跡のようなアレンジのすごさに、新鮮な驚きや喜びを感じます。

リーディングの最中に、ある方がご自分のガイドの美しい光を見ていらして、私はそのエネルギーが喜びにあふれているのを直感しました。

その直後でしたか、会を締めるのに、恒例のオラクルカードをしたところが、その方の前に置かれたのは、Blessings(祝福)という美しい虹のカードでした。

その方は勿論ですが、みんなが嬉しくなりました。

希望が輝いています!!

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


省エネモード

帰りの空港でも面白いことがありました。

ラウンジに直行しようと思っていたのに、なんとなく(この「なんとなく…」が、ヒットしまくりな旅でした)お店を見てみようという気になり、とある大きな免税店の奥に、お気に入りのHEDIARDのロゴが見えたので、へえ、ジャカルタでエディアール!…とお店に吸い込まれて行きました。すると横にはKusumiまであり、しかもとんでもなく安い!

空港は何でも高いに決まっているのに、ああもう素通りできない安さです。一番好きなフレーバーティ、アナスタシアがあったので即決。日本ではすごく高くて、最近代理店が変わったらもう一段高くなって、いくらなんでも高すぎない?と敬遠していましたが、やっぱりぼられてましたね。。。

そんなんで浮かれて、元来た方へ戻っているつもりで逆方向へ。するとほどなくラウンジが…ん?こんなに近くにあったの?なんか変、まあいいや、ここに来るんだったんだから。。。

ラウンジの場所を確かめずに、お店を見たらイミグレーションの前まで戻ってそれから地図を見て…などと考えていたのですが、方向を間違えていたために無駄に歩かずに済んだというわけ。

ラッキー!で済まずに、とても引っかかりました。ゲートに向かいながら、へえええええ…と繰り返しこの感覚を感じていましたが、今回の旅行はこんな事が尋常でなく多かったような。。。

これもえらい目に遭った後の、エネルギー変化に起因するかもしれません。

気が付いたら、善悪といった二元性の統合が一層進んだようで、ほんとうに良い悪いが仮のもので、本質的に善悪は無いということが、以前より身体に入った感じなんです。

辛い/嬉しいといった感情はありますが、辛くたって経験すべきことが起こっているのだし、どんなにひどい目に遭ったって、それが霊的にはポジティブだったり、現実的にポジティブな経験につながっていったり…良い悪いなんて、本当のところは絶対にわからない。。。

だから運転手が、路傍のガードマンに道を聞いてくれてもまだはっきりしなくて迷い出しても、ああ、これは別の経験につながっているに違いないと思って、あっさりタクシーを降りる選択ができました。

ええ、そして楽しい観光?までできました。さらにお目当てのオーガニックショップに辿り着くのに、現地の人たちに助けてもらった親切が心底嬉しかっただけでなく、上の事務所から下のお店に降りて来ていたという、ごく最近入られた日本人スタッフにお会いすることができました。現地人スタッフだけという話だったので、すごく驚きました。タイミングでしたね。

彼は、たまたま誰かに聞きたいことがあったので、下に降りて来ていたのだそうです。ただ買物をするつもりだったのに、色々おしゃべりまでして、とても楽しいひと時でした。(一人旅をしていると、この一期一会に随分恵まれます。ホテルの朝食会場が混んでいて、シンガポール人の女性が「相席いいですか?」と尋ねてきたので、オーケーしたら、1時間もおしゃべりしてしまいました(^^)

善悪が無いことがわかると、こうでなければ、というのも無くなり、何が起こるかな(ちょっとスリリングだったりするけど、わくわく…)みたいで、柔軟な受け入れ態勢になり、エネルギーとしては、一番宇宙の恩恵を受けやすい状況になのだろうと思います。

しかもリラックスしているので疲れないし。。。以前は、なんとかスムースにトラブルなく、と、いつもどこかに力が入っていたことがここに来て判明…。スムースでなくてもいいし、トラブルがあってもそれが何か特別な体験につながるから…、という天然な感じになったら、かえってスムースだったりするのが、面白いです。

えらい省エネ…あの体調で行って、帰国後の疲れが、都心に行って半日遊んできた程度って…(@@;)

最初空港から市内に向かうタクシーの中では、まだちょっと緊張していて、全く初めての土地でそれも自然なのでいいことにして、でも、もし何かとんでもない事に遭っちゃったとしても、後で誰かを笑かす話のタネにはなるし…などと考えていましたが、今回は幸か不幸か、そこまでのネタは仕入れられませんでした(^^)

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

11月度 ご予約受付中!
26日(日) 13時〜16時
18日(土)から変更しました。

12月度
16日(土) 13時〜16時

1月度
20日(土) 13時〜16時

2月度
3日(土)  13時〜16時


☆ ギャザリング
川崎市アートセンター3階研修室
こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

12月度
10日(日) 13時〜16時

1月度
28日(日) 13時〜16時

2月度
18日(日) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
対面はMirus Club月例会後、スカイプの日時につきましては、ご相談ください。

最新トラックバック

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -