フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



執着の重さ

昨日は、母方の叔父の葬儀でした。

90歳近くの天寿を全うして、散々病気をした後に、家族も諦めて治療をしない自然死を選んだため、眠るような大層楽な移行だったそうです。

というわけで、悲壮感も無く、久しぶりに親戚一同が顔を合わせて旧交を温めるような賑やかな面もあり、叔母自身が、亡き夫がこんな機会を作ってくれたと感謝していました。

斎場はとても綺麗で、公園に面した清々した場所だったのと、葬儀がこのような晴れやかなものだったので、エネルギー的な疲労も最小限でしたが、火葬場だけは逃げ出したくなるほどの重さでした。

実は、最初、従兄弟に案内されてお線香を上げさせていただいた時から叔父の顔が見えていて、十年単位の長患いから解放されたこともあり、とても朗らかで嬉しそうでした。

その叔父の顔が曇ったのが、最後のお別れで棺の中を花でいっぱいにしている時です。一番近い姉妹や直接の家族が遺体の頬を撫でながら、涙にくれる…当たり前のことですが、やはり深い悲しみを叔父も感じているようでした。

この最後のお別れをして、そのまま同じ建物にある火葬の場所に移動して、エネルギーの違いに唖然としました。

まるで米俵でも乗っけられたような重さ…

肉体が自分自身だと思い続けて、肉体を脱いでも真実を理解していないご本人や、その故人が火葬にふされた後は絆を失うと嘆き悲しむ親族の重い執着が、あたり一面に特別に重い空間を作っているようでした。

でもね…無くなるのは肉体だけで、別の体で生きてるんです!と言うのは、まだ流行前なので、黙っているしかありません。

何年か前の父方の伯父の葬儀で、十年以上体の自由がきかず、最後の肺炎で大変な苦しみの中で亡くなったせいか、今回の叔父よりもよほどテンションが高くて、自分の棺の横に立ち、満面の笑顔でスキップしかねないほどの伯父を見た時には、流石に驚きました。

透視の訓練をした後の初めてのお葬式で、故人自身が出席していることが多いとは聞いていたものの、やっぱりびっくりしました。しかもね、すごいにこにこではち切れんばかりの喜びようでしたから。。。それでも、親友が涙と共に弔辞を読んでいた時だけは、がっくりと肩を落とし、別の体でも涙が出るのか、腕で顔を拭っているようでした。

今回は、満足そうに微笑んでいる叔父が見えても、ああ、やっぱり…(^^)くらいでしたが…。寂しそうに涙をためている従兄弟に、よほど伝えようかと迷ったものの、やめておきました。

体調不良で欠席した両親に報告を兼ねて実家に寄った際には、見たままを伝えました。あの人たちは、この変人娘の言動にすっかり慣れていて、「ぱぱのお葬式の時は、お通夜で気に入らないことがあったら告別式では手直しするから、ちゃんと言ってちょうだい…」などと父親に話しても、別に反論もされません(^^;)

ただ、死というものの理解が違うだけで、執着が無いのとは違います。

肉体に対する執着は限りなくゼロに近くても、大事な人が別の世界に行ってしまう、それも本人のためには、できるだけ早くこちらのことを忘れ、故郷の生活に馴染むのがいいので、向こうの進歩が早ければ早いほど、こちらでの絆はどんどん薄れてゆくでしょう。

そんな事を考えると、特別に親しい人を見送る時は、綺麗さっぱり執着なし、というわけには行かないです。

それでも、キャロリンのメッセージにもありましたが、執着は、する方にもされる方にも重荷には違いないので、どうするかな…(--;)

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


光を送ります。きっと大丈夫。

関東の小田急線など大動脈のような鉄道は、富士山から皇居に向かって幾筋かに分かれた龍脈の上を走っていると言われます。

最近人身事故が多発傾向でも、小田急線は頻度が低かったのが、ここに来て一日置きとか、ジャカルタに飛ぶ直前は、とうとう最寄駅でも。。。おまけにジャカルタでニュースをチェックしてたら、はあ?小田急線の屋根が燃えてる???(@@;)

ああ、もうメチャクチャです。。。

小田急線下の龍脈が弱ってしまったのか、それとも人間と一緒で、久しぶりに烈しさを増している太陽の活動に影響を受けているのか。。。この11日にはX級のフレアまで出ました。Mクラスがバンバン出始めた段階で、どこか揺れるよ、と思っていて、そうしたらメキシコに来ました。。。

既に随分前から変容のための強烈なエネルギーの流入が続いていますが、もっと強くなるのかな…。

赤組なので、成田だと第二ターミナルを使うことが多いですが、なんとまあ、そのゲート近くの屋根に転落して亡くなられた方が発見されたなどというニュースを、帰国直前ホテルのラウンジで見て(--;)

本当に大変な時期です。
でも、それも地球に、人間に、世界に必要で起こっていること。。。

地球がひどく揺れるくらいですから、人心だってひどく揺れます。

今回も酷かったけれど、この人生で、私も何度も、もうこれ以上生きられない、と思ったことがありました。

でも、両親やミルスのことを考えると、何としてでも、全員を見送るまでは生きていようと思って切り抜けました。Mは、家族や縁者に自殺者が何人もいて、「頼むからあなたもその一人にならないでちょうだい」と苦い涙の味が感じられるような痛切なメールをくれました。

どんなに孤独感に苦しんでいても、あなたが死んで、誰もショックを受けたり嘆き悲しまない人がいないなどということはありません。あなたを助けられなかったことを一生悔やみ、あなたに寄り添えなかったことをいつまでも悲しむ人がいるでしょう。

もどかしくても、私にできるのは光を降ろして送ることくらいで、だから光を送ります。
きっと大丈夫。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


セロトニン続き

体内でセロトニン合成に必要な栄養素は、トリプトファンとビタミンB6、ナイアシン、及び炭水化物だそうです。

食生活にはかなり気をつけていたつもりでも、多分全部の栄養素に関して問題がありました。

特にナイアシン。。。アルコールの代謝で大量に消費されてしまう。。。飲めば飲むほどに、セロトニン不足に陥る可能性があるのに、やってましたね〜無知は怖いわあ。。。緑黄色野菜やきのこはちゃんと食べていたんですが、お酒を飲んでたらぱ〜ですね。

トリプトファン、たんぱく質についても、母方が腎臓が弱くて、実際母は透析患者なので、十分に摂るよりも摂りすぎないように、なんて事をしてました。

炭水化物は、毎朝かなりのフルーツを食べるし、昼食には軽めにでんぷん質も摂っていたので、量的には問題ない筈ですが、セロトニンを合成するにはトリプトファンと一緒に摂るのが効果的だそうで、これは寧ろ、ナチュラルハイジーンを取り入れてからは、避けていた食べ方です。

健康で何も問題なければ、以前のような食べ方でもよかったんでしょうが、疲労困憊して、自律神経なんかが完全にいかれかけている時には、ダメでしたね。

と言うわけで、今は食事も変えて、ビタミンB群のサプリも飲んだりしています。

本当は、カフェインもセロトニンだけでなく、ストレスホルモン関連で悪影響があるので、抜くに越したことはないのですが、お茶だけはね…玉露なんて贅沢をしなければ、コーヒーよりはずっとマシなので、これはいいことにして、毎日楽しんでいます。

だってね〜、朝、バタバタした後に、丁寧にいれた一杯のお茶を啜るって、ただ美味しいだけじゃなくて、詩があるような気がしない?

明日の朝、またお茶をいただこうって思うだけで、ちょっと素敵な気分になれたりするもの。。。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


たかが/されどセロトニン

今回、奇妙で顕著すぎる即効性で、とんでもない崩壊状態を救ってくれた抗うつ剤は、アナフラニールです。

ネットで調べまくって、セロトニンの増加に特別に優れている薬だということは、すぐにわかりました。ということは、あたしの体内ケミカルの問題として、セロトンの分泌に不具合があるという見当がつきます。

その後、「あ〜これこれ!」と膝を打つような情報に繋がりました。現役の精神科医の方のブログです。

僕は、慢性疲労の訴えの人にも基本的にアナフラニールが合うことが多いような気がしている。「慢性疲労」自体、あまり典型的なうつ状態とは言えないと思っている。理由は、うつ病っぽい認知の障害なんて全然ないこともあるから。ただ難しいのは慢性疲労の人はアナフラニールだけで片付かないことの方が多いこと。

僕は今まで慢性疲労を主訴のうつ状態に関しては、一度も治療に失敗していない。こういう人は、やがて薬すら要らなくなる人もいるので、その点でも、うつ病とはかなり趣が異なっているように思える。こんな人は精神疾患と身体疾患の真ん中かどちらかというと身体面の方が近いくらいなんだと思う。だからこそ、抗うつ剤が必要でなくなるのだろう。こういう風に考えるとわかりやすい。

うつ病時代に時折経験した激烈な苦悶感だったのと、婦人科のお医者の勧めで抗うつ剤を飲むことにしましたが、自分的には納得できなくて、というのも、うつ病になりやすいメンタルの改善は散々してきて、その点では既に普通の健康人と何ら変わりがないか、あるいは若干タフだと思っていたからです。だいたいにおいて、そんなに毎日苦しくても、うつ病特有の予期不安も無く、それも奇妙でした。

しかもね、ミニマムな1錠飲んだだけでね…。

おそらく元々自律神経がとち狂っている体なので、ストレスや疲労でセロトニン神経がすぐにイカレるのでしょう。アナフラニールは、神経が誤ってセロトニンを再取り込みして脳内に欠乏するのを阻止すると考えられていて、私の場合は、薬がこの悪循環を止めてくれた瞬間に、ホルモンバランスが正常に戻ったのだと思います。

しこった疲れが抜けないのを、ちゃんとケアせずに放置してしまったこと、その上、セロトニンを一層減らすような不摂生をしていたこと、知識不足で、かなり気をつけていた食事から必要な栄養を摂れていなかったことが重なって、まさかの大惨事でした。。。

セロトニンは、他のホルモンの調整作用も受け持つ、精神安定には欠かせないホルモンということで、これが不足すると、ほんとエライことになります。

次のブログで、もう少し、調べたことなどまとめてみますね。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:3
  4. [ edit ]


単なる疲れでもバカにできない、というお話

まだ整理がついた、ともいまいち言えないのですが、忘れちゃうので書いときます。同じような方もいらっしゃるかもしれませんし。。。

6月の下旬から半月ほど、とんでもない正真正銘の絶不調を体験しました。

それまでも、なんだか疲れたなあ…といつも思っていて、人生自体に疲れてしまいましたかね…などとふと考えることもありました。

それがもう、坂を転げ落ちるように心身の状態がひどくなり、体が重いだけならどうにかなりますが、心の重さが完全に正常の範囲を逸脱してました。

「どうにかしなきゃ(;;)」と思っても、どうすることもできず、頭を抱えて部屋でうずくまっているしかないその間もどんどん悪くなってゆくって、ほんと酷かったわあ。。。

うつ病時代にも、この訳のわかんない身を捩るような苦悶感は時々経験しましたが、これがね〜途切れないんですよ…すごかったわあ。。。悲しいよりも、あまりに辛いので涙が止まらないし、死にたいわけじゃなくても、これじゃあ辛すぎて生きてらんないでしょ…みたいな。。。

こんな状態だと、チームMirusと連絡の取りようがなくて(あっちもね)、孤立状態でどうにかするしかなくて、気が狂いそうでしたが(ちっとばかり狂っていたかも〜 ^^;)、トランキライザーをアルコールで、みたいな無茶もしましたが、ほとんど助けになりませんでした(当たり前か…良い子の皆さんは絶対に真似をしてはいけません…うつ病時代からあれこれ経験して、どこまでやったら危険かを知った上で羽目を外しております)。

「今ここ」だけで、先のことが心配にならないのは良くても、その病的な苦しみが、今晩寝たら、明日はまた別の日かも…なんてやっていたのもよくありませんでした。

原因がよくわからないまま、思い当たるのは、更年期症状ではなく障害レベルに移行したかも…くらいで、まずは婦人科へ。で、あなたの場合は精神症状が酷すぎるので、ホルモン補充療法では足りない、向精神薬が必要だと言われ(@@;)、慌てて電話をかけまくり、初診の場合は時間をかけるのがお決まりなので、どこの精神科でもすぐになんか診てもらえません。

最後になぜかするっと予約が取れたお医者というのが、信じられないほど有り難いマッチ〜!

初診なのにほとんど話も聞かず、こちらが提示したうつ病時代の三点セット(抗うつ剤・精神安定剤・睡眠薬)を、そのままどさっと2週間分もまとめて処方してくれた上、薬の効き具合を見せに来診してくださいなんて、お決まりの縛りも一切なし!

はあ、もう、天の助けとしか思えませんでした。チームMirusが色々アレンジしてくれましたね、きっと。。。

話なんか聞いて欲しくないですよ…いくら変わった人たちには慣れている精神科のお医者だって、「エネルギーワーク散々したんですけど、なんかこんなんで…、思うように内側の絵(エネルギー)が変わらなくてショックだったのが引き金だったかもしれないです」…なんて聞かされても、余計な薬を処方してくれるだけでしょう。

で、恐る恐る十数年ぶりの抗うつ剤を1錠飲みます。

抗うつ剤は、頓服的に効く安定剤とは違うので、普通は長期間服用してじわじわ効く事が多いようです。

でもね!!
なんでこんなに顕著な即効性がある(@@;)みたいな効き方でした。

お陰で、同時処方の眠剤も安定剤にも殆ど手をつけずに済み、抗うつ薬自体、処方量の五分の一も飲みませんでした。しかも大半は用心して飲んどいただけで、本当に必要だったのは、2、3錠だけだったかもしれません。

この体重なので、最低限のまた最低限を飲んで、15分後には正気でした。副作用もきつかったですけれど。。。

本当に正気。。。普通の普通です。

普通の気分になってみれば、別に深刻な問題やトラブルも無くて、ええ、頭抱えて涙が溢れて止められない状態の時だって、それはそうだったんです。何が原因なのかわからないまま、それでも実際死にたくなるくらい苦しかったんで、一層ひどいことになりました。

混乱しましたよ…
何だったの?あれ?

それから正気に戻ったのを幸い、肉体的にはまだ絶不調で、しかも薬の副作用でうつらうつらしながらネットであれこれ調べてわかったのが、あのひどい状態は、更年期障害でもうつ病でもなくて…

慢性疲労でしたっ

ああ、もう、やんなっちゃう…

それなら筋が通ってるんですよ。

東北大震災の後まだ半分ノイローゼ状態なのに、両親が代わりばんこに死にかけたり、入退院だのが続き、そこから始まって、自分自身の煉獄変容期間なんかまで加わる…って、多分今回の人生でも一二を争うほどきつかった期間です。うつ病やってた時よりも時間的には短いけれど、それでも6年以上ですから、そりゃ疲れも溜まりますよう…(;;)

でも、こんなにひどい、というか濃い体験をすると、それなりに色々わかることがあって、すごく面白かったし、ためにもなりました。

具体的に調べてわかったことなど、次のブログに書きたいと思います。

だからね、「ああ、もうほんとに疲れちゃったわ〜」と日々感じている皆さんは、こんなにひどい事にならないように、早めにあれこれ諦めて、たくさん寝てください(^^)

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)
『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス
小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

11月度 ご予約受付中!
26日(日) 13時〜16時
18日(土)から変更しました。

12月度
16日(土) 13時〜16時

1月度
20日(土) 13時〜16時

2月度
3日(土)  13時〜16時


☆ ギャザリング
川崎市アートセンター3階研修室
こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

12月度
10日(日) 13時〜16時

1月度
28日(日) 13時〜16時

2月度
18日(日) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション
対面はMirus Club月例会後、スカイプの日時につきましては、ご相談ください。

最新トラックバック

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -