FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



こ〜れはオススメ! チヒロ☆なう2019 16

2週間も前のアップですが、まだご覧になっていない方は是非!

ボラボラ島の素晴らしいエネルギーと景色もおまけについてきます。
私も四半世紀(!)前に行ったことがありますが、変わっていないみたい。。。
本当に美しい特別な場所ですね。

途中、チヒロさんが感極まって涙する場面がありますが、超共感(;;)

最初から智慧も知識もあって、なんでもなくこの世界の人生の波乗りができたら、こんな風に感動することもない。

チヒロさん、本当に良かったですね〜。
シェアしてくれてありがとう〜。

並木さんでも、お若い頃はフツーに迷いがあったことも明かされています。
そうでしょう。そうでしょう。

ラマナ・マハルシのように高校生かそこらで修行も無く、一気に解脱しちゃうマスターからも学ぶことは多いですが、平凡な悩みや迷いや逸脱もしながら、かっこ悪い人生のあれやこれやを経験した後に「本当の幸せ」を手にした人たちからは、具体的だったり身近だったりして、得るものがとても多いと思います。


  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


奇跡の時代

Robin Guthrieはかなり好きで、CDも何枚か持っていますが、Youtubeで聞くこともあります。

先日、ミックスリストを掛けっぱなしで作業をしていて、ふとすごくシンクロする曲が耳?にとまりました。多分前も聴いたことがあった筈だけれど、すごく新鮮にヒットしました。

何とはなしにコメントを見たら、最後のが2年前。。。

ところが!

MartyvH
Full relaxation after an enormous amount of effort and then triumph. The achievement of something dreamed of. You have come Home and found Happiness.
(とてつもない努力で勝利を得た後の完璧なリラックス。夢見ていたものの獲得。故郷に帰り着き、見出した幸福。)

おそらくこの曲のイメージを言葉に置き換えたものと思われますが、詩になってますね〜☆

そして、霊的な高度な達成、到達をも思い起こさせます。
このコメントをつけた方も、同じような事を考え、同じような事を感じて生きていらっしゃるのかも。

以前は、肉体を脱いだ後でないと手に入らないかもしれないと思っていましたが、このエネルギー状況になって、手が届きそうな気がしています。

やっぱり、私たち、奇跡の時代に生きているみたい。

Robin Guthrie Crescent


  1. Music!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


自分に属するものは決して失われない

所有は全て一時的なものです。

それでも本当に自分に属するものは、永く手元に留まり、そう簡単に失われません。

それは人間関係など、形の無いものでも同様。

私にこのことを学ばせてくれたのは、愛用のリングたちでした。

いつからか、大きめの半貴石のついたリングが好きになり、その時々でお供を選んで愛用しています。

インド製やタイ製の味のある手作りですが、きちんとした物ではないので、手を洗う時に一緒に水に浸けると石が落ちちゃう可能性があるということで…はい、何回か、どころでなく、散々洗面台に置き忘れました(^^;)

3つのリングを、合計6、7回は失くしています。

そして、全員無事に帰って来ました。

Mirus Clubを開催していたアートセンターでも1度、あちこちのSCの化粧室、日比谷駅を利用する際の一時お休み処?として利用させていただいているペニンシュラでもやらかしました。

ペニンシュラでは、有楽町まで歩いて来てしまってから、あっ!と大急ぎで引き返すと、化粧室内で見かけた外国人女性が私を見るなり、こちらに歩いて来て「これですか?」とリングを見せてくれました。心底の感謝を伝えて一件落着。

最寄駅のSCでは、かなり経ってから気づき、引き返すと化粧台の上には何もなく、とうとうお別れかもしれない(TT)と思いつつ、案内所に「これこれで」と事情を説明すると、即座に「それらしい忘れ物が届いておりますので、事務所へ」と言われて行ったところが、呆気なく再会のご対面でした。

羽の生えた息子も、11年の同居で3回ばかり、ヒヤリ!がありました。

お隣に預ける際のケージの落下で、外廊下をぶっ飛んで突き当たりのお宅のドア前に落ちたヤツを抱え込んだ時の事は、動転しすぎていて、もうどんなだったかよく思い出せません。

でもヤツは今も、ご機嫌だったり不機嫌だったりわがままだったり(プンプン)しながら、一緒にいてくれます。

放鳥は、基本的にきちんと見張っているのですが、最近、ベランダの洗濯物を取り込んで戻ると、ケージの扉が開いていて、彼は楽しそうにリビングの自分のジムでおもちゃをカジカジしていました。

(@@;)

同じことを、以前も一度だけやったことがあります。

だから…

大事にして、大切にして…
それでも手の指の間から落ちて無くなってしまうものは、それで良いのです。

執着はともかく、縁あるものに対して愛着が生まれるのは当然でしょう。

それでも、いつも手は開いておいて握りしめない、その対象に自由を与え、行き先をコントロールしない。

それが宇宙の愛であり調和なのだと思います。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


自分の波動を尊重する選択

物でも人でも、それぞれがそれぞれの周波数を持って、ベストマッチな平行現実に存在しているわけです。

ちょっと前までは、その様々な周波数が混じり合う事に益があり、それぞれの平行現実も明確な違いが感じられなかったかもしれません。

でも今はもう、それぞれの平行現実がはっきり分かれ、私たちでもそれを感じられるほどに違ってきています。

違和感や不快感でも、そうした不調和を感じるからには、その周波数とは合わないということでしょう。

いい悪いではなく、調和のあるなしです。

これに沿って、つまり自分自身の周波数を尊重して選択してゆく時、それは自分自身だけでなく、全体にとってのベストな選択になっている筈です。

物はともかく、人間相手では多少難しいケースもあるでしょうが、義理や相手のエゴに遠慮して、不調和を選んでしまう時、それは世界の不調和を促進する事になります。

決して、自分のためにも、相手のためにも、みんなのためにも、世界のためにもならないです。

相手の世界から自分が消えることであっても、同様。

立場を逆にすれば、もっとわかりやすいでしょう。

誰かが自分の世界から去ったとしたら、そのスペースを埋めるのは、今の自分にもっとぴったりな人です。

だから、どっちにしろ目出度くない?

ただ少し前のブログにも書きましたが、必要な不愉快さや経験もあるので、それとこれとを腑分けするには、慎重さや明晰な直感、あるいはガイドに導きを求めることが必要です。

  1. 次元上昇
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


魂と共にある至福

不思議な状態が断続的に立ち現れます。

静かな喜びに満たされて、何か良いことでもあるように嬉しい。

何も理由は無いし、日常的なストレスだってあるし、何しろ暑すぎる。。。

暑いのは苦手です。

特に更年期か何かで自律神経系がひどくトラブるようになってからは、しんどさが尋常でなく、神経系のひどい誤作動などもあり、30度を越えると絶不調なのがフツーでした。

それがここ最近は暑くてバテても、昼寝なんかして起きた後は、さっぱりしていて問題ないし、瞑想の直前まで「あ〜やれやれ、お洗濯しただけで汗だく〜」とげんなりして目を閉じた途端、キラキラする喜びがもうハートににきらめいてる。。。

駅前のSCで、ご休憩所の個室に座り、ふとハートにフォーカスすると永遠の喜びが爆発してる。。。聖俗のへったくれもありまてん(^^;)

どうなっちゃてるんだか、とまだ多少混乱することもあります。

これ、5次元環境の生活感情だったりする?
何か嬉しいことが起こらなくても、満たされていて、そこはかとない喜びを感じる。。。
たとえ何か望ましくないことがあっても、それを包む大きな調和と感謝で安心していられる。。。

絶望的な煉獄期間中、何が辛いって、魂との接続が切れてしまったような、孤立無援で切り裂かれるような感覚に苛まれた正真正銘の闇夜でした。

今はそれとは逆に魂との距離が近く、簡単に融合できるし、フォーカスすればいつでもそこに魂の光を感じます。

魂の次元では、ポジティブもネガティブもなく、あるいは同等の価値があり、経験することの意義深さしかありません。

理由があるとしたら、これかな。

それとも、「人生の夏休み」してるからでしょうか。。。
かもね〜!

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31