フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



二足のわらじ

本質的な「私」と限定的なパーソナリティ、という二足のわらじで生きていると、自分自身のパーソナリティの凸凹も気にならなくなりますが、他の人のも気にならなくなります。

「ちょっとおっ!」みたいな言動でも、その人が必要な経験をするのにわざわざデザインしてきた「不具合」であり、それが心底こたえるとしたら、こっちのデザインにも問題があります。例によって鏡の法則です(^^)

この二重構造からすれば、例えば恋愛なども、人柄がどうの容姿がどうの、ではなくて、お互い「用」があるから好きになったり、付き合うことになったりするだけでしょう。

そう言ってしまうと身も蓋もありませんが、一人では決して経験できないことを、別々、あるいは同じ課題を持った二人が出会って、天国でも地獄でも経験することは貴重だと思います。

家族を始め、親密な人間関係は、みんなこれでしょう。いえ、親密なやり取りが無くたって、この地上でコミュニケーションをする人たちとは、全員何かしらの用があって出会っているソウルメイトだと思っています。

そこでお互いの凸凹が衝突したり、うまく噛み合ったりすることで固有の経験が生み出されるわけで、たとえ不具合だとしても、それはそれとして機能していると言わなければなりません。

実は、生育歴から来る理由の無い不安感の根っこが抜けていないらしく、乱雑だったり汚れた場所はとても苦手です。きれい好きでも掃除好きでもありませんが、秩序を感じられるような整理整頓された空間でないと安らげないので、掃除機をかけない日はあまりありません。

調子が悪ければ悪いほど、きれいになっていないと辛いので、無理をして掃除している時など、「あんた強迫神経症かい」などと自嘲してます(^^;)

以前だったら、なんとか浄化!して自分を変えようとしたかもしれません。でもね、マインド自体がもしかしたら神経症の構造そのものかもしれない時に、無駄かもしれない。。。

ラム・ダスが、どこかで「これだけ修行してきても、やっぱり神経症は治らなかった」と書いていて、それを読んだ時はよくわかりませんでしたが、今はわかります。

限定された私だけだったとしたら耐え難くても、エゴだのマインドが触れることができない本質的な「私」が同時に存在している時、限定された自己が神経症を持っていても、大した問題ではないのかもしれません。

ああ、長くなっちゃった。
抽象的なようでも、極めて日常的な話で、最近はこんなことばかり考えて面白がっています。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


「私」に気づく

この限定的なパーソナリティではない自分というか、別の意識状態に気づいたのは随分前で、まだ瞑想を始める前のことでした。

しかも、全く神秘的な体験じゃありません。日常そのもの…。

素敵なオイルマッサージを受けていて、まどろみに落ちるその直前に「ん?」。

まだ知識も無く、この、普通とは全く違う完全に静止した意識状態が、一体何なのかはわかりませんでした。

それでも、あまりに鮮やかな違いを感じたので、ずっと後まで鮮明に覚えていたんです。

そうして一旦気づくと、眠りに落ちる前にも同じ状態が、瞬間的に現れるのもわかるようになりました。

さらに瞑想して、この状態が現れて、ああ、なんだこのことか…と腑に落ちたわけです。

おそらく多くの人が、既に、この自分の本体「私」を、瞬間的にでも体験しているはずです。それと気づかなくてもね〜☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


二人の自分

これ、心底怖いと思う方は読まないで下さい。

私も最初は怖かったんです。
自分が消えるのが…。

以前、スペースシャトルの爆発事故がありました。

その際、乗員全員がスペースシャトルに乗り込む直前の映像を、誰かが見た時、全員のオーラが既に消えているのに気づいた、というのをどこかで読んだことがあります。

この時は、そこはかとなく怖かったです。

つまり、霊というか本体は既に肉体から引き上げているのに、意識は普通にあって最期の瞬間まで充分機能している…これって???

でも、今は怖くありません。

肉体と一緒に残って機能しているのは、エゴやマインドという地上的なシステムに過ぎず、これは今生のプログラムを経験するための限定された機能、そう機能に過ぎず、これが無くなっても不滅の自分は存在し続けるからです。

つまり、このパーソナリティという一回性の乗り物は、肉体を脱ぐ時に消滅してもいいし、まだ用があればしばらくはそのまま機能して、それでも期限つき。。。期限つきじゃないのは、転生の諸々の事情に左右されない自由な「私」です。

亡くなった前妻のトリーニーが、ひどい執着と悲嘆で完全にバランスを崩したマイケルのために、しばらく彼のもとに肉体無しでとどまっていて、しかし、彼女は徐々に元のパーソナリティの癖のようなものを失って純粋な存在になっていった、というような事を彼の著書で読みました。

これを読んだ時、昔はよく知っていたのに、すっかり忘れていたことを思い出したような気がしました。

瞑想をしていて、しょっちゅう、この普段のパーソナリティとは全く違う、もっとずっと安定していてニュートラル、かつクリアーな自分を感じたり、最近はその自分へのアクセスが楽になったせいか、この限りあるパーソナリティだけが自分だとは、最早思えなくなっています。

そうすると、地球VISAが切れてあっちに戻る時に、このパーソナリティが消えてしまうことがあってもノープロブレムで、今この瞬間にそれが起きても全然構いません。

どちらの私も密接に重なり合っていて、というか、本質は全く一緒で溶け合っているので、その本質は存続することが確信できるからです。地上生活にのみ有効だったり、苦痛から作った歪みなどが落ちてしまったとして、何か問題があるでしょうか?

ミルスのような運命共同体が私の前から消える方が、よほど大惨事です。でも、それもこのパーソナリティにとってですね、多分。。。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


冥王星女の宿命?

抜本的に修理しましょうか〜、みたいな天王星ではなく、一度きっちり死んだら再生させてあげようね、という冥王星に首根っこを押さえられている冥王星女です。

だからなのか、転んでもただじゃ起きたくない、変容して新しい自分になってなきゃ嫌だ、という我が儘を通してきたのか、通させられてきたのかわかりませんが、この人生、浄化と変容を経験しに来たことが、ここ数年ではっきりしました。

あわよくば憧れの地球人のど根性も身につけられたら…なんて、あっちじゃそれがどんだけしんどいか、わかっていませんでしたね。。。だから知識だけって、使い物にならないんです。

ちょうどその怒涛の変容期間に入ったタイミングで、ホロスコープに深入りするようになり、感じていた事が見事に星の配置で裏付けされていて、驚くようでした。

しかも、人生はうってつけの先生(はい!リマーナすずさんです)まで用意してくれていて、自分のおぼつかない知識と読みでは、これだけの確信は得られなかった筈です。

どんなに大変でも、自分が計画して来た人生で、それがその通りに起こっていることが納得できる時、実際の状況は変わらなくても、どれほど救いがあるでしょう。

幸か不幸か、実は天王星にもちゃんと影響は受けています(オーブ0度でバーテックスと仲良しだし、レグルスまですぐ上にいるし、面倒な複合アスペクトは作ってるし… --;)。

トランスサタニアンは個人のホロスコープでは重視しないという話もあるようですが、海王星までMCにオーブ無しでどっかり乗っているしで、影響あり過ぎ…年中この強烈な方達にネジを巻かれるようです。

とぼやきつつ、このパーソナリティが、ひたすら穏やかでアップダウンのない人生に放り込まれたら、退屈して死ぬかもしれない、とは思います。。。(^^;)

  1. 星のおはなし
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


行動

最初に入れるのが知識なのはしょうがなくても、それを具体的に試してみて、初めて自分と人生を変える道具になります。

初めからうまくゆくことばかりでは無いので、その過程で泥まみれになり、えらくみっともない事もあるでしょうが、クールに澄まして大過なく、そして変容もしないで終わるというのは、趣味じゃないな〜☆

the PLANET from NEBULAより転載します。

プログラミング

『真実』として真に受け止めている事は、自然に行動で表現する事ができます。でも知識だけにとどまっている事に関しては、行動につながる事はありません。つまり、知識として所有しているけど浸透していないので、貴方の行動パターンや思考パターンにも組み込まれる事はありません。
 
貴方の行動パターンや思考パターンは、貴方が過ごした環境や状況からプログラミングされています。このプログラミングのパターンを変える事ができるのは、もちろん貴方だけです。どんなに外側から掛け合ったとしても、このプログラミングを動かしてコントロールしているのは貴方なのです。
 
古いプログラミングをデコードするには、まず体験を変えてあげる事から始めます。どんなに素晴らしい知識を取り込んだとしても、プログラミングの回路(体験)を変えてあげない限りは同じ事がくりかえされてしまいます。ですから、普段と違う事を取り入れてどんどん新しい体験を見つけてゆきましょう。新しい自分を発見するたびに新しくプログラミングを作り出しているのです。

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

3月度 ご予約受付中!
3日(土)  13時〜16時

4月度
14日(土) 13時〜16時

5月度
12日(土) 13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催
こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

3月度 ご予約受付中!
18日(日) 13時〜16時

4月度
29日(祝) 13時〜16時

5月度
26日(土) 13時〜16時


☆ Lによるリーディング・セッション

対面はMirus Club月例会後、スカイプの日時につきましては、ご相談ください。

最新トラックバック

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -