FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 5次元に定着するための/5次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



柴山和久氏の一杯のかけ蕎麦、じゃなくて、コーヒー

これは飛びっきり豊かな話です!

おまけに、柴山氏はバシャールなんかご存知ないでしょうに、「自分のしたい事がしたい時にできる事」というバシャールの豊かさの定義と、かなり近いところに着地しているのが、なんともまあ。。。

長いですが、是非どうぞ☆

Yahoo!ニュースより転載します。

( 12/8(土) 8:00配信 MONEY PLUS )

あなたにとってお金とはどんな存在でしょうか。家計簿アプリを使っている方なら、普段からお金をどんなふうに使い、またこれからどんなふうに使っていきたいか、考えることが多いのではないでしょうか。

私は大学を卒業してから約20年間、一貫してお金に関わる仕事をしてきました。新卒で入った財務省では金融や財政政策に関わり、その後コンサルティングファームのマッキンゼーでは日米の金融機関をサポートしました。今は全自動の資産運用サービス「ウェルスナビ」で起業し、CEO(最高経営責任者)を務めています。

仕事では時に数兆円単位のお金を扱いましたが、プライベートではお金があったりなかったり、ジェットコースターのように変わる環境に身を置きました。

仕事がなかった時期は、貯金が 8 万円まで落ち込み、野菜の値段が数十円上がるだけで体が反応するような生活を送りました。一方で、マッキンゼーのニューヨーク時代にはファーストクラスでの出張が当たり前という華やかな暮らしを経験しました。

数十円の差に悩む生活と、10ドル(約1000円)以下のお金は考えずに使う生活の両方を経験したことで、私はお金の存在意義と真剣に向き合うようになりました。

失業中に遭遇した“フラペチーノ事件”
当然といえば当然ですが、お金がない時期はお金のことばかり考えてしまいます。いわば、お金にがんじがらめになっている状態です。

財務省を退職した後、フランス郊外にあるビジネススクール・INSEADに留学しました。留学には多額の費用がかかります。退職時に1000 万円あった蓄えは、卒業するときには100万円を切っていました。

ビジネススクールを卒業すれば仕事が見つかるだろう、という私の考えは安直でした。20 社近い企業に応募しましたが、仕事が決まらないまま卒業することになりました。

卒業して 2 カ月経った 2010年9月、私は妻と、四谷三丁目のスターバックスで 1 杯のドリップコーヒーを分け合い、将来について不安を募らせながら外を眺めていました。

腰かけていたカウンター越しのテラスに、愛犬をベビーカーに乗せた老婦人が現れました。老婦人は店内でマンゴー味のフラペチーノを注文するとベビーカーのところへ戻り、愛犬にフラペチーノを食べさせ始めました。

貯金8万円のどん底が起業の原動力に
この瞬間、私は言い表しようのない衝撃を受けました。

品のいい飼い主に大事にされているこの犬は、フラペチーノをおいしそうに食べている。片や一大決心をして財務省を辞め留学した私は、無職でお金もなく、昼間から 1 杯のコーヒーを妻とシェアしている。自分は世の中に必要とされていない人間なのではないか──。

このとき、経済的にも切羽詰まっていました。生活費が残り2~3ヵ月分しかないという現実を突きつけられると、近所のスーパーの野菜の値段に敏感になります。一袋200円だったジャガイモが230円になると、体がビクッと反応しました。

やや遅れて頭が「ジャガイモが値上がりしたけれど、今日はカレーを食べられるかな」と考えます。野菜を買うのをためらうほどなので、果物はもちろん贅沢品でした。

このどん底での経験が、私のその後の人生を鼓舞してくれています。どん底から4年後、マッキンゼーを退職して起業しようと思い立った時、「失敗するかもしれない」という不安が頭をよぎりました。

統計上、 7 割の会社が創業から 3 年以内に倒産します。真っ先に思い浮かんだのが、あの“フラペチーノ事件”でした。うまくいかなくても大丈夫だ、あの時ほどひどい境遇にはならないだろう、と腹をくくりました。どん底を見た経験が、私を精神的に強くしてくれたように思います。

この翌月、私はマッキンゼーから内定をもらいました。夫婦の貯金は 8 万円にまで減っており、まさに間一髪のタイミングでした。

マッキンゼーで経験した別世界
マッキンゼーで働き始めた私を待っていたのは、別世界でした。“フラペチーノ事件”など幻だったかと思えるほどの高収入とVIP待遇は、私を有頂天にさせました。

特に入社から 1 年半でニューヨーク・オフィスに移ると、クレジットカードはプラチナカードになり、飛行機は毎回ファーストクラスにアップグレードされ、出張先のホテルではスイートルームを用意されるようになりました。

ある時ニューヨークで国際線の飛行機を降りると、自分の名前のカードを掲げたグランド・スタッフが待機していました。グランド・スタッフは、行列に目もくれず入国審査官のいる場所へまっすぐに私を誘導します。

「お客様をお通しください」と彼女が言うなりスタンプが押され、あっさり入国できてしまいました。空港の出口には、航空会社が手配した黒塗りのハイヤーが待機していて、そのままマンハッタンに向かいました。

ホテルでも同じような待遇を受けました。あるグローバルなホテルチェーンでは、 1 年間の宿泊が100日を超えると、専任のコンシェルジュが付きます。

コンシェルジュに連絡すれば、「満室」であっても世界中のホテルを簡単に予約してくれます。ライバルチェーンのホテルを予約してほしいという願いも、即座に聞き入れられました。スイートルームが空いていればアップグレードされ、部屋には支配人からの手紙とともにフルーツが用意されていました。

最初のうちは好奇心も手伝い、VIP待遇を心から楽しんでいましたが、そのうち、心のどこかが落ち着かなくなっていきました。ひどく不釣り合いな待遇を受けているのではないかという不安です。

「ファーストクラス=幸せ」ではない
冷静に考えれば、私がお金を払ってファーストクラスに搭乗し、スイートルームに泊まっているわけではありません。仕事柄、出張が多く、航空会社やホテルからお得意様だと思われているだけで、それもマッキンゼーのメンバーとしての特別扱いです。会社を離れれば消えてしまう、かりそめの姿にすぎません。

やがて出張では、スイートルームへのアップグレードを断るようになりました。普段から広い家に住んでいる人にとっては心地よいのだと思いますが、東京の狭いアパートに慣れていた私は、ホテルの部屋も狭いくらいのほうが落ち着きました。プラチナカードも解約しました。

どん底の生活からマッキンゼーに拾ってもらい、きらびやかな世界に心を奪われた瞬間があったのは事実です。航空会社やホテルの最上級会員になってみたい、プラチナカードを手に入れてみたいという気持ちも確かにありました。しかし、欲しかったものを手に入れても幸せを実感できず、それどころか不安に襲われました。

高収入もVIP待遇も幸せをもたらさないことに気づいた私は、「本当の豊かさとは何か」「自分にとって大切なものは何か」をようやく考え始めました。周りが決めた豊かさや幸せの基準に従うのではなく、自分自身にとって本当に大切なものとは何か、本当にかなえたい願いとは何か、自分の心の内なる声に耳を傾け始めたのです。

そして私は、「お金は自由を得る手段だ」という結論に至りました。お金が十分にあれば、夢や目標を実現できるチャンスが広がります。お金のためだけに働く必要もなくなります。

一方で、お金に執着すると自由を失うこともあります。もし私がVIP待遇を受け続けたいがために、お金に執着して仕事を続けていたとしたら、ウェルスナビを起業することはなかったでしょう。お金を得ることが自己目的化すると、かえって不自由になってしまうのです。

お金は人生と切っても切り離せない存在です。お金と向き合い、お金とのちょうどいい距離感をつかむことは、私たち一人ひとりの人生をより豊かにしてくれると思います。

※ 本稿は柴山和久『元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いたこれからの投資の思考法』(ダイヤモンド社)の一部を再編集したものです。

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


遊ぶ by the PLANET from NEBULA

遊ぶことがこんなに大事だったなんて、半世紀も生きちゃってから気づいても、ちょっとなあ。。。

でもね、気づいただけマシ。
でしょ?

よく喩えに出される英語のレクリエーション、Re-Creation、まさに再創造です。

したいことがあったらとっととやってみる、という性分なので、この年まで生きれば、もう本当〜にしたいことは大方経験済みです。これがしたい、あれがしたい、というのが無くなりました。

それはそれで安らかで良いのですが、したいことが特別なくたって、定期的に遊ぶことが必要な時にね、なかなかモチベーションが上がらないんですよ。。。

先月の京都行きも、行きたいというより行った方がよいだろう、と重い腰を上げて…やっぱり大正解でした。

面白いタイミングですが、京都から帰って来て、とある雑誌で、伊集院静氏の旅についてのエッセイを読みました。

大の旅行好きで、月単位の周遊も含め、しょっちゅう海外へという人が、仕事が忙しくなりすぎて旅行もしなくなり、とうとう体調を崩してしまったそうです。

彼のことを知り抜いている夫人が、「あなた旅行をなさったら?」というので、「この忙しさで海外旅行なんて、絶対無理だよ」という答えたところが、「国内でも良いではないですか」という名案を授かったそう。

そこで二月に一度、国内旅行をするようにしたところが、体調が戻ったそうです。

ルーティーンの中に埋もれてしまい、義務や同じことの繰り返しなどによる疲れが溜まってくると、エネルギーがどんどん淀んで回転が悪くなるのを感じます。

この停滞にカツを入れ、再び人生を創造する力を与えてくれるのが、「遊び」なのです。

the PLANET from NEBULAより転載します。

遊び

遊ぶ事は別に不謹慎な事でもなんでもありません。遊ぶこととは自分のエネルギーをフルに使って好きなことをすること、または自分が心の底から一番やりたい事をすること、これが遊ぶことです。ですからワクワクを追いかけることも遊ぶことでありエンジョイすることを意味していますから、サバイバル視点の真反対の視点に降り立つ事を意味しています。
 
世間一般的に遊ぶことは生きるために直接必要のないものだと認識されています。よって”無駄なこと”をしているといった認識があるため、不謹慎な気分になったり罪悪感を感じたりするのです。しかし、幸せで満たされた人生を生きる人たちはみな遊びを知っています。心から自由に遊び、エンジョイする仕方を知っています。心がゆっくりしたいと感じれば、ゆっくりした時間を過ごします。そこに何の罪悪感もありません。外に出かけたいと感じれば、それを素直に受け取ります。義務感や罪悪感なしに心に沿って自然に身体が反応しています。
 
真の幸せとは心が満ち足りて満足する意識の事ですから、もちろん罪悪感や義務感から得られるエネルギーではありません。つまり、真の幸せは貴方のワクワクが齎してくれるのです。ですから大いに遊んで楽しみましょう!

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


ハレルヤ!!好きだから諦めない

これもいいなあ。。。

15歳のカイル・トムリンソンが数年前、まだ12歳でチャレンジした時、他の審査員は優しかったのに、一人が「君には歌の先生が必要だよ」と意地悪く言い放ったそうです。

その審査員が今回もいて、他の審査員にいじられているのも可笑しい。。。

カイルは、数年間先生についてスキルを磨き、自信をつけて戻ってきました。ご両親にもたくさんの励ましとサポートを受けてきたことが、様子からよくわかります。

彼の歌も素晴らしいですが、動画に溢れるエネルギーも素晴らしいです。これは先日ご紹介したスーザン・ボイルの動画も一緒ね。

好きなことは、自分と自分の人生を肥やします。

他の人に認められる機会があるのは嬉しいことですが、それは本質的には、必須じゃありません。

自分で自分に拍手しながら、地球ビザが切れるまで、あるいはその後も(^^)楽しく続けたらいい。。。

そして、挫折もまた良し。

カイル君が私たちにまで分けてくれた感動は、彼の辛い挫折と「意地悪な」審査員がいなければ、なかったことでしょう。

Britains Got Talent Kyle Tomlinson performs "Hallelujah"


  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


15日(土)ギャザリングキャンセルです(;;)

先ほど、長らく心臓病を患っていた高齢の伯母が、人生の素晴らしい実りと共に、そして多くの人の感謝と共に、故郷に帰られたという知らせを受けました。

大変残念ですが、葬儀への参列のため、今月のギャザリングはお休みさせていただきます。

幸い翌週22日(土)に、今年はクリスマス会を入れております。

ギャザリングを楽しみにしていただいた方には申し訳ないのですが、まだ年内22日にお目にかかれますので、ご都合がよろしければ、是非クリスマス会にご参加くださいませ。

午後2時半〜4時半
新百合ヶ丘駅すぐの会場で、アフタヌーンティーをいただきながら、一足早いクリスマスのお祝いです。
参加費 2700円〜3300円程度(飲食代)

15日(土)まで、ご参加を受け付けております。
メールにて、mirusclub@gmail.comまでお申し込みくださいませ。
詳細は、改めてメールにてご連絡させていただきます。

  1. お知らせ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


聖なる虹の橋を見る

人生にかかる虹の橋は、愛の目を通してしか見えません。

この世界には評価というものがあって、私たち全員がまだ頭も心も柔らかいうちに、人と自分を比べたり、外側からの評価によって切り刻まれるような楔を打ち込まれます。

一種の洗脳ですね。。。

私たちは、遺伝子レベルからそれぞれ完全に違う存在です。

おまけに、家庭環境、生育歴、兄弟姉妹の中での生まれ順にも重大な影響を受け、世界にただ一人のユニークな存在として人生を旅します。

私は昔、人に理解されずに否定的な事を言われて悔しい思いをした時、心の中で「あなたは、私の人生を生きたのか!」と叫んでいました。

今は、自分自身を理解するのさえ難題だというのが、セラピストの経験を通してよ〜くわかっているので、誰かが私のことを理解できなくても、当然くらいに思えます(^^)

他の人生を具体的に生きて、千差万別な諸々の条件を理解することは不可能なのに、粗雑な判断基準で優劣なんかを判断する。これは一種の暴力かもしれません。

そうやって、勝手すぎ、公平でもない外側の評価システムを放り出しても、自分自身を無条件に受け入れ、弱点まで含め、自分自身のあるがままが一番と受け止める、その愛の目が育っていないと、人生のそこここに光っている達成に気づけないでしょう。

愛の目があれば、大きなことでなくても、自分自身に拍手できることは多いです。

ガイドはいつもそうやって私たちを愛の目で見守り、拍手してくれていますが、自分で自分にそれが出来るようになったら、人生変わります。マジで変わります。

ほんとよお〜☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)


☆ エネルギーリーディング・クラス

小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分の川崎市アートセンターにて開催

詳しくは、すご〜く下の方にあるカテゴリ「リーディング・クラス」より、内容をご確認ください。

1月度 ご予約受付中!
5日(土)  13時〜16時

2月度
2日(土)  13時〜16時

3月度
2日(土)  13時〜16時


☆ ギャザリング

川崎市アートセンター3階研修室にて開催

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「ギャザリング」にて詳細をご確認ください。

1月度 ご予約受付中!
19日(土) 13時〜16時

2月度
16日(土) 13時〜16時

3月度
16日(土) 13時〜16時


☆ Lによる個人セッション

日時につきましては、メールにてご相談ください。

こちらも、うんと下の方にあるカテゴリー「個人セッション」にて詳細をご確認ください。

最新トラックバック

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -