FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



魔法のテーブル

親切な人たちが掃いて捨てるほどいる国ですから、嬉しい親切や有り難い親切はしょっちゅうでも、最近その親切の度合いが桁違いな体験を時々します。

前のブログのお役所のサポートにも感動しましたが、11月に京都に行った際お世話になったホテルのサービスは、オーバーでなく度肝を抜かれました。

辛い系の香辛料や小麦が入った調味料もダメ、お茶やコーヒーも全滅、林檎由来のペクチンが入ったジャムを少し食べただけでも具合が悪くなる人で、NG食材がここまで色々あると先方も困るだろうと、ホテル滞在の際は必ず事前に打ち合わせをします。

なぜかこの時は、メールでのやり取りで、数年前に突然発症して以来外食が困難になったことを書いたところが、それはご不自由でしょうと心のこもった返信がありました。

メニューも全て決めてしまえば後は安心で、きちんとしたホテルでは自宅同様、問題があったことがありません。

東京の某外資系ホテルでは、食器類まで別に洗ってくださったそうで、重症ではないのでショックなどはおきません、と伝えておいたのですが、本当に頭が下がりました。

美味しいご馳走が安心して食べられる、それだけでお食事の不自由な方にとっては極楽ですが、そのためにあれこれ面倒なことをしていただかなくてはならず、いつも申し訳なく思うようです。

京都行きもきっちり前準備ができたので、以前のようにカフェ巡りはできませんが、久しぶりの外食=ホテルでの食事を楽しみに出かけました。

両親を見送った後の怒涛の大仕事が終わったお祝いにと張り込んだお高いホテルで、京都らしい眺めの美しい部屋で満足していると、それがやってきました。

ウェルカムフルーツからして違うわあ、と呑気に構えていたところが、夕食はとんでもないことになりました。

メールのやり取りからお世話をしてくださった担当の方が、翌日の朝食まで全て面倒を見てくださったのですが、この方がキッチンの各所に根回しをしてくださっただけでなく、あれこれ念の入ったサービスが準備されていました。

外食不可になってしまったとのことでしたので…と、インルームダイニングなのに、レストランよろしく、ワゴンではなく、お部屋のテーブルにレストラン仕様のテーブルクロスがかけられると、ナフキンが飾られた絵皿が置かれ、カトラリーがセットされ、と、まるでレストランにいるようなサービスが始まりました。

翌朝の洋朝食では、以前はラウンジスタッフだったという彼女のアイデアでしょう、アフタヌーンティースタンドにパンなどが美しくセットされた物が運ばれてきました。

まあもう、どぎまぎしてしまって、『小公女』の魔法のテーブルを思い出すようでした。

チェックアウト時に「こちらをお渡しするように言われております」と差し出されたホテルの封筒を見ると、食事の面倒を見ていただいたスタッフのお名前が書かれていました。

帰りにちょっとだけ時間があったので、確実に飲める物があるスタバ、それも京都で一番のお気に入りのスタバで、六角堂を見渡せる席が運良く空いており、そこでゆっくり封筒を開けると、私がテーブルのご馳走を前にして超ご機嫌な写真がカードにしてあり、心のこもったメッセージが添えられていました。

お食事の不自由な方は、あたたかな思いやりと驚くようなサービスに、深く深く癒されたのでした。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


お役所仕事

相変わらず投稿が難しい状態が続いています。

9月頃だったか、実家の整理と売却が一段落する前後に亡くなった母が夢に出てきて、あと半年は大変なのに…と警告めいたメッセージを残してくれました。

「そうでしょう、そうでしょう、リフォームや引越しがあるからね」と思った私は甘かったです(^^;)

難抜歯の手術とそれに伴う検査のあれこれ、検査でも入院ともなれば、同意書をはじめとして結構な量の書類を書いたり、ホテルとは違って、忘れ物をしたらハウスキーピングに電話して「持ってきてね」というわけにもゆかず、また病院特有の決まりに沿った物も含め、細々としたものを揃えなければなりません。

リフォームと病院あれこれが重なっただけでも充分ですが、実家の売却で発生した譲渡益を確定申告しなければならず、税理士さんにお願いした方がよいかとリーディングしたら、自分でできる…でも急ぎなさい、ということで調べてみたら…

めんど〜〜〜〜!!!

あれこれ書類を揃えねばならず、区役所ではダメで市役所の担当窓口に郵送で申請しなければならない証明書もありました。

いつもの調子で確定申告の受付が始まってから、なんてやっていたら、歯の手術やそれに続く治療もあったりして間に合わなかったでしょう。

税理士さんに頼むにしても、あれこれ書類を揃えるのは私なので、やっぱり一緒。。。

最初の関門はパソコンでした。

ウチのマシーンは全てAppleで、申請書を刷り出したら、案の定、書式が崩れてしまった。。。

これ、法定相続情報一覧図を提出した時と一緒で、頭を抱えました。お役所は書式が崩れてしまった書類は、たとえ正確にきちんと内容が書かれていても、受け付けてくれません。

お隣の友人はパソコンは使わないし、旦那さんも最近はもっぱらスマホということで…致し方なく、無駄だろうと思いつつ、お役所に電話をしました。

そこからが奇跡のようでした。

明るく柔らかな応対の声で、「それではメールを送ってください。こちらでPDFに変換した物をメール添付でお送りします」と言われた時には、ちょっと驚きました。

親切〜〜(^^)

これで問題解決だとよかったのですが、必要書類のうちのいくつかは、手持ちの物が該当しているのかどうかわからない物もありました。

こちらも親切に、メールに添付すれば、事前に確認していただけるとのことで、有り難いことこの上ありません。

手取り足取りの大層親切な対応は、お役人というよりは一流ホテルのコンシェルジュのよう。

何回かメールのやり取りをして、無事に申請書もプリントアウトして書類も揃い、市役所宛に送ったところが…電話があり、一箇所記入が間違っているとのこと…

ありゃまあ…(--;)

もう一度申請書をプリントアウトして、記入して、市役所に送って…と頭は忙しく動きながら、口はお手数をおかけして申し訳ありませんとお詫びをして…

「それでは、こちらで記入し直して書類提出とさせていただきますね」という答えが返ってきました。電話の向こうの微笑みが見えるようでした。

たくさんお礼を言って電話を切った後、鳥相手に「ね、ね、今の聞いた?親切〜!!!」としばらく大興奮でした。

この何年か、両親のお引越しに伴う膨大な手続きに関しては、区役所をはじめとしてたくさんの公務員の方にお世話になりましたが、とても親切で感じの良い方が多く、混んでいて待つのは仕方なくても、仕事は早くて正確で、いつも感謝するようでした。

それ以来、「お役所仕事」って死語だよねと思ってはいましたが、寧ろ定義を正反対な物に変えた方が良いのかもしれません。

  1. 何でもなくて天国な日常
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


内側にあった不愉快な体験

自分自身のエネルギーが現実を作っていることは間違いありません。

自分の内側にフォーカスする習慣があり、潜在しているエネルギーを引っ張り出すことにも慣れていれば、このことに気付くのは簡単でしょう。

お世話になっている口腔外科で、まさにこの現実創造をありありと実感するチャンスに恵まれました。

初日、一般クリニックの紹介状を持って、総合病院の口腔外科に行った際は久しぶりにちょっと不愉快な思いをしました。

まず、お医者さんがものすごくおしゃべりで、こちらの話を聞いてもらえない上に、ネガティブな思い込みで話を進められるので、濡れ衣のような状態になりました。

診察中、強烈な自己防衛とそのベースの恐怖に気づきましたが、大学を出てまだ間も無い方だったので、そうでしょう、そうでしょう、とは思ったものの、ちと度が過ぎています。

その上、アレルギーの検査結果が出てからでないと手術の予約はできないと言われてしまい、1ヶ月から2ヶ月待ちのような混み具合の中、キャンセルも計算に入れて最短で予約を入れなければ、いつになるかわかりません。ウ〜〜ン、虫歯が進んじゃうよ。。。

この心地良くない診察から解放されると、この現実を投影したモトがあるはずでしょ、と自分自身の内側に視線を転じた瞬間に💡

待合室でしたから、声を上げることはできませんでしたが、心のうちでは手を叩いて大受けです。

歯肉を切ったり、場合によっては骨を削ることもあるとか、術後の痛みが1、2週間続いたり、悪くすると口を開けたり閉じたりするのに支障をきたすとか…

おまけに避け続けてきた抗生物質が確実に処方されるし…おそらくリーキーガットで食品アレルギーを発症したので、腸を荒らす抗生物質なんてNG中のNGでしょ? 
リーディングして飲むかどうか、決めなきゃ…

この難抜歯だけでもハードルは高いのに、去年麻酔にアレルギーが出ちゃったこともあり、麻酔どうするんだあっ!?

緊張やら不安やらが、ごっちゃりありました(^0^)

あははははっ

種明かし、終了です。
もう何も気になりません。

これだけでは「たまたまそうだったんでしょ」と言われてしまうかもしれませんが、この手のことは日常的にあり、ほんの数日後には、同じ口腔外科で天と地ほども差がある体験ができました。

次回はそれを書きます。

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


今、幸せになりましょう by ∞9Dアークトゥリアン評議会(D・スクラントン経由)

欠如に焦点を合わせず、手にしているものにフォーカスし、満足感や喜びを味わう…それはシンプルな知恵ですが、パワフルなツールです。

さらに、一切の具体的な条件をつけず、自分自身のうちなる満足感や幸福感、喜びにフォーカスして幸せでいることも可能です。

そして、その心底満たされた感覚や、嬉しい感じ、幸福感がエネルギーとして投影されれば、その通りの現実が出現する、一般的にはまだ非常識で奇跡の類かもしれませんが…

それが宇宙の真実であり、実際に日々体験していると、こっちが本来の常識なのだと思えてきます。

世界のエネルギーが上昇したからこそ、こうしたことも容易になりました。

さらに諸々の肉体を持たないスーパー助っ人のみなさんがサポートまでしてくださるという!

いよいよ次元の違いを実感するようですね(^^)


黄金時代がやってくるより転載します。


アークトゥリアンの要求を実現する ∞9Dアークトゥリアン評議会

ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン評議会です。皆さんとつながることができ、嬉しく思います。

私たちは、話し言葉でも考え言葉でも、皆様のあらゆるご要望にお応えすることが可能です。私たちへの要望を書き留めることをお勧めします。何も稼がなくてもいいし、特別である必要もない。魔法のマントラを繰り返す必要もない。そして、あなたがイシュアやソースやプレアディアンではなく、私たちに注目することを選んだので、私たちはあなたのための配達システムになることを喜んでいます。高次元の存在であれば、誰でもあなたの依頼を処理することができます。

私たちは皆、あなたを助けるのが好きですし、あなたが求めているものを受け取るに値すると見ています。さて、あなたが頼んだものが届けられるタイミングにあなたは同意できないかもしれませんが、あなたが平和と喜びの中で生きていくためには、それに慣れ始めなければならないことです。自分ができることに興味を持ち、ワクワクしながら生きる方法を見つけることが重要です。そして、自分が求めたものがすべて実現しなくても、幸せな人生を送ることができたら、あなたは一種のスピリチュアル・マスタリーを達成したことになります。もしあなたが、自分の人生を顕在化、つまり自分の欲しいものを手に入れることとし、それを「この特定の時間枠の中でやってこなければならない」と制限してしまうと、ジェットコースターに乗り続け、とてもマスターしたとは思えなくなります。

あなたの思考、言葉、行動が、あなたがいる高い波動を反映しているとき、あなたはより受け取りやすくなり、そして、あなたが受け取ったものは、あなたの生きている人生の頂上の桜となるのです。あなたが何かを必需品にするとき、つまり、あなたが幸せになるため、満たされるため、あるいは完全であると感じるために必要なものにするとき、それはあなたが不完全な状態、つまり低い波動の状態から顕在化しようとしているため、それを押し退けているときなのです。

今、幸せになりましょう。今、満たされていること。今、興味を持ち、ワクワクするようなことを見つけて、その要求を一度手放してみましょう。毎日繰り返さなければならないとか、言葉が足りなかったからまだ来ていないとか、考えないでください。それでは、あなたはまだ不足に焦点を合わせているのです。

あなたの精神、あなたの魂、あなたの自己の充足に焦点を当てます。あなたの周りには、どれだけの空気があり、それを意識的に吸い込めば、どんなに美味しいか、そして、空気があなたに届けようとしているものをすべて受け取ろうとするその意図に焦点を合わせてください。そして、私たちやガイド、その他のヘルパーに力仕事をすべて任せて、あなたはリラックスし、自分を開放し、今あるやり方以外のものへの執着を手放すことによって、いつでも利用できる高いバイブレーションを見つけることができるのです。

私たちはアークトゥリアン評議会で、皆さんとつながることを楽しんでいます。
 
日本語訳 Raul

  1. スピリチュアル・アーカイブ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


新年明けましておめでとうございます

旧年中、当ブログにお越しいただきました皆さま、有難うございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

更新がままなりませんが、しばらくは以前のように書くことができません。

過労死するかと思った実家の整理が完了する前から自分自身の引越しが決まり、この大事な時に現実まみれで物質の世話に没頭するかい…(--;)と思いましたが、星のチャートを見れば、生まれる前に決めてきたタイミングのようです。

おまけに全てが整い落ち着いた時点で、と考えていた親知らずの難抜歯の手術まですることとなり、12月のスケジュール帳は真っ黒、こんなに予定が詰まったことって初めてかも…

素直に生えずにお隣さんにぶつかっている親知らずを抜くだけでも普通の歯医者さんでは無理ですが、部分麻酔にもアレルギー反応が出ちゃう厄介なアレルギー持ちは、うっかりすると死ぬので、まずそっちの検査からです。

口腔外科と同じ病院内の皮膚科に通ってまず検査を受けてくれと言われ、診てもらったところが、ここではダメだからと、日本で一番だとかのアレルギー科がある激混みの国立病院を紹介されました。

去年のように松の内はゆっくり休養して態勢を立て直したいところでしたが、うう(;;)三が日が明けたら病院通いです。

親の付き添いで散々大病院にはご厄介になりましたが、自身がお世話になるのはものすごく久しぶりで、それも手術なんて40年ぶりです。

検査入院があるかもしれず、なんとまあ新年早々ワクワクすること…

今までの人生からすると、最近はちと盛り沢山が過ぎていますが、新しい年が明けただけでなく、去年の特別な冬至を超えて、ものすごく新しくパワフルなエネルギーが流れています。

まあもう、何もかも楽しもうと思います。

皆さまも、どうぞお元気で最高の良き一年でありますように!

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新記事

最新トラックバック

« 2022 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -