FC2ブログ

フツ―で不思議な楽しい毎日 6次元に定着するための/6次元を定着させるための覚え書き

オカメなハート



一緒に生きて経験すること

少しちゃんと休もうと思って、以前から興味があった映画「グリーン・ブック」を見ました。

ロードムービーなのですが、運転手のイタリア系の白人と、彼を雇った音楽家の黒人が、衝突しながらも理解し合い、次第に心を通わせて、支え合う友情を培う様子が描かれています。

NYのカーネギーホールの上の豪奢な「城」に住む気取った芸術家で、博士号まで持つドン・シャーリーが、北部を出て偏見に満ちた南部に入ってからは、そこここで陰湿な差別を受ける、それも当然のように。

貧しいブロンクスのイタリア移民の家に生まれた運転手のトニーも、もともとは、黒人への偏見を持っていたにも関わらず、あからさまな差別を受けて傷つく人の側で行動するようになると、その差別の残酷さと受ける痛みを思い知るようになります。

肌の色での差別だけでなく、傍から見ただけでは窺い知ることのできなかったドンの深い孤独と痛みに触れることで、トニーの中に、彼への理解と愛が育つのです。

いつも思っていることですが、傍目からは人がどのように見えたとしても、それは本当のその人ではないです。

本当のことは、その人の人生を、生まれた瞬間から生きてみなければ、決してわからない、つまり、その人自身でなければわからない筈です。

少なくとも、本当にその人の側に立ち、その人の心が経験している事や時間を共有していなければ、片鱗も理解できていないと思った方が良いでしょう。

クライアントとして来られる方々が、一見何の苦労も無さそうに見えるのに、その奥底に耐え難い痛みを抱えていて、だからセッションにいらっしゃる訳ですが、この傍から見える人はその人じゃない、という真実は身に染みて知っていました。

「相手の靴を履く」という、「相手の立場に立って理解する」という意味の英語の表現がありますが、実際に相手のすぐ横に立って、一緒にその心の痛みを生きることで、深い理解と共感に到達するという、稀有な人生の贈り物を描いたのが、この映画なのかもしれません。

ただ楽しい時間を共有するだけでは決して浮上することのなかった、ドンの深い真実や痛みが、時々訪れる危機的状況を通して噴き出してしまう、それを受け止めるトニーの本物の優しさにも感服。

ほんとに素晴らしい☆
ほんとに羨ましい☆

良い映画でした。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


音の痛み止め

最後に残った親知らずを抜いてもらいました。
これからしばらく、しょぼくれたカピパラです(爆)

下の親知らずで、全く頭が出ていない状態だったため、歯茎は切開しましたが、2月の反対側と違い、妙な物も無く短時間で済みました。

が!

なぜか今回は痛みが強くて、普段お医者から出されても使ったことのなかった痛み止めを初めて使いました。

星の配置もずっと厳しいので、まあ、そんな影響もあるのかもしれません。

なにしろ、ずっとトランシットの火星が私の太陽にスクエアかけてくれてるって…

先日の天王星蝕まで伴った月蝕もあれやこれやの星々と一緒にグランドクロス作ってくれましたし。

そのタイミングで、自分で計画した訳でもなかったのですが、えらくハードなワークをする羽目になりました。

後から考えてみたら、星の配置としてはパーフェクトなのですが、ソフトではなく、目一杯ハードなのでそれなりに消耗して、今日の手術に備えて体調を整えて〜などという計画は吹っ飛びました。

食品でおかしくなってから、麻酔に弱い特異体質になってしまい(元々薬品には弱いかも)、いざという時のために留守番をしている鳥のことをお願いする一筆は一応バッグに忍ばせて行きましたが、体調イマイチどころかいま二でも、今回の麻酔反応は大したことがなく、ちゃんとフツーに歩いて帰って来れました。

波動でも痛み止めになるような音楽を聞いて、よく休もうと思います。

心身に負担がかかっている方、どうぞお嫌いでなければ、音楽の癒しも利用してみてくださいね。お菓子やお酒と違い、副作用もありません。

あ、勿論、炎症が治まるまで、あたしは禁酒です(;;)禁断症状で苦しまないようにと、ノンアルのOPIAを買っておいたのに、甘いものも炎症にはよくないですよね。麻酔が効いている時は、飲めないじゃないのよお〜!と思ったものの、口内の不具合のせいか、今のところお白湯だけで充分満足なので、まあまあ…(*^^*)

広橋真紀子 ただようままに


  1. Music!
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


リーディングの応用としての夢読み

夢の情報が分かりにくかった場合、というか、夢の言語に慣れていないと、理解できないことが殆どかもしれません。

そうした場合でも、エネルギー・リーディングと同じ方法で、意味を読むことができます。

きっちりエネルギー調整をすることが、リーディングでも精度を上げるコツですが、調整して充分に波動を上げれば、もう一度おぼろにでも覚えている夢に入り直して、意味を取ることが可能になります。

途中で、夢とは違う絵が見えてきても、慌てないでください。

必要な情報は必ず取れますし、夢の言語は別次元が差し出している情報の象徴に過ぎないので、もっと分かりやすい象徴に変わることもあります。

インターネット上にも夢の言語の解釈についての情報がたくさんあるので、参考にしてみてください。

ただ、ネット上や辞典類の解釈も完全ではないし、現実以上に豊かで複雑な夢の全てを網羅するのは不可能です。

ご自分でリーディングしてみるのが、一番正確な情報ゲットになるでしょう。

夢読みやリーディングに興味のある方は、Mirus Clubにご参加いただき、ご質問いただければ、より詳しくご説明させていただきます。

エネルギー調整は、Mirus Clubの最初に毎回行いますので、是非ご参加ください。

尚、12月以降、個人セッションも再開する予定ですので、そちらにお申し込みいただくことも可能です。こちらは今しばらくお待ちください。

  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


ブレイクスルー達成でパフェ確定

前々回のSさんの夢のお話、まだ素晴らしい続編がありました。

夢の次元で、亡きお母様からプレゼントをいただいた、それが何かわからなかったというので、瞑想に入って是非そのプレゼントの内容をリーディングするようお薦めしたところが…

これがもう、今年一番どころか、それ以上のブレイクスルーに繋がりました。

本質的な変容が起こり、急に部屋が明るく感じられたそうです。パラレルの牛蒡抜きでしょうか。

私も聞くだに嬉しくなり、ほんと元気出たわあ。。。

実は、「冬至までにお互い大物を片付けましょうね」とSさんと約束していて、そのご褒美にちょっぴり贅沢なフルーツパフェを食べることに決めていました。

私も最近ブレイクスルーを経験したばかりで、しかも彼女とほぼ同時だったのも面白いシンクロ。

これで冬至を待たずに、パフェでお祝いできます…

と書いたものの、それぞれに経験したブレークスルーの大きさからすると、パフェかあ…ちと格違いのような(*^^*)

並木さんは、以前から2022年と23年は、今まで絶対に外せないと思っていたものでも外せる、と繰り返し言っていて、半信半疑で聞くだけ聞いていましたが、変容のチャンスが降り注いでいることには間違いありません。

今は、本当にチャンスなのだと思います。

年内に、もう一つビッグな狙いをつけてみますかね〜☆

  1. スピリチュアル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


睡眠で得られるもの

夢は様々なレベルで見るため、単に起きていた時に経験したことを心が整理しているだけだったり、顕在意識の反映みたいだと、情報としてはイマイチですね。

やはり、完全に高波動の別次元に出て、そこでガイドと出会ったり、自分がこちら側の世界で体験していることの本質などなど、感動したり、何らかのお役立ちな情報が欲しいですね。

ただし、夢として見なくても、目が覚めて「あれ?ああ、あの出来事にはこういう意味があったんだ。。。」とか、「あれはこうすればいいんだ。。。」みたいな、明らかに自分自身の考えではなく、あちらからのアイデアやガイドを受け取っていた、というような事もあります。

この睡眠から覚めた時のひらめき、というのは大勢の人が経験しています。

私たちは、眠っている時のことを、起きている時のことほどクリアーに覚えていないし、制限を受けた大脳の理解には余るような経験は、スルーされたり歪曲されて記憶に残るため、リアルでも実用的でもないと感じるでしょうが、それは感じ方の問題です。

夢見を大切にして、別次元からの情報を日常的に求めたり使うようになれば、情報やガイドがやってくる通い路でもある夢をスルーするなんて、勿体無くてできなくなるでしょう。

一つだけ注意しなければならないのは、瞑想やリーディングにも言えることですが、自分自身の波動をひどく落としている時に受け取る情報は、当てにならない、ということです。

エネルギーの法則で、意識であっても、自分自身の波動とシンクロする次元やパラレルにしか行けないので、低次の世界で受け取った物は、当然ですが、役に立ちません。

いつも可能な限り波動を上げ、クリアーでいること、それが目に見えない世界の有益な情報を受け取る基本です。

  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

 L

Author: L
メインのキャラクターは、瞑想・哲学・隠遁系と言われているシリウスB。


オカメインコ教(狂)信者。

海外に一人でふらふら行ったりもします。これまでに訪れた国と地域は、あとちょっとで30。まだまだ行ってみたい場所多数。


著書(著者名 tomoko)

『あなたの「うつ」の本当の理由』(文芸社 2012.7)
『あなたが愛されない本当の理由』(文芸社 2013.10)
『あなたの人生がうまくゆかない本当の理由』(文芸社 2013.10)

最新トラックバック

« 2022 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -